ネッツ 対 ペイサーズ - ブルックリン・ネッツ

ペイサーズ ネッツ 対 ブルックリンネッツ V/S

ケビン・デュラントが今季自己最多42得点、ネッツはペイサーズに快勝で4連勝

ペイサーズ ネッツ 対 ネッツがペイサーズ戦の連敗を9でストップ、4年ぶりのプレイオフ進出が決定

ペイサーズ ネッツ 対 ケビン・デュラントが今季自己最多42得点、ネッツはペイサーズに快勝で4連勝

ペイサーズ ネッツ 対 ブルックリン・ネッツ

ペイサーズ ネッツ 対 ケビン・デュラントが今季自己最多42得点、ネッツはペイサーズに快勝で4連勝

ペイサーズ ネッツ 対 日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編

ペイサーズ ネッツ 対 ペイサーズに完勝したネッツ、ケビン・デュラントがシーズンハイの42得点「ダブルチームを仕掛けられるようにしたい」

ハーデンの交換要員が離脱 ペイサーズ移籍のルバートは腎臓に腫瘍― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ペイサーズ ネッツ 対 ネッツ、疲労をものともせずペイサーズに勝利 写真7枚

ペイサーズ ネッツ 対 ペイサーズに完勝したネッツ、ケビン・デュラントがシーズンハイの42得点「ダブルチームを仕掛けられるようにしたい」

ペイサーズ ネッツ 対 ネッツがジェームズ・ハーデン獲得を正式発表

ブルックリンネッツ V/S オーランドマジック

「終盤の勝負どころでリバウンドで負けたのが痛かった。

  • 268 ニュージャージー・ネッツ 1977-78 24 58. :1996-2002• マッチアップ以外の見どころは、お互いに相手守備をどう攻略するのかです。

  • 『事実上のファイナル』と呼ばれたキングス対レイカーズのカンファレンス決勝は、第4戦で"ビッグショット・ロブ"ことレイカーズのがチームを逆転勝利に導くブザービーターを沈めると、第5戦ではキングスのマイク・ビビーが残り8秒からキングスの勝利を決定付けた逆転レイアップショットを決めた。

  • オールスターには負傷したインディアナ・ペイサーズのに代わり、ディアンジェロが選ばれた。

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編

2004年の乱闘事件 [ ] 詳細は「」を参照• :1994-1996、1997-2000• 全試合で30得点10リバウンド以上を達成し、シリーズ平均36. 2016-17シーズンは、HCにトップACのを昇格。

  • 、デトロイトの本拠地パレス・オブ・オーバーン・ヒルズ(the Palace at Auburn Hills)で行われたペイサーズ対戦で、NBA史上最悪の選手とファンを巻き込んだ喧嘩とも言うべき乱闘が起こった。

  • ベンチから20-20なんて、文字通り彼はコートのあらゆるところに顔を出して、オフェンシブリバウンドを記録して、チームのペースをプッシュしてくれた。

  • 負け越しながらイースタン7位でプレーオフに進出したが、1回戦でに4戦全敗した。

腎臓に腫瘍が見つかったペイサーズのキャリス・ルバート、2カ月ぶりの復帰戦で勝利に貢献「感謝の気持ちでいっぱい」(バスケット・カウント)

: 2016-2017• 655 1回戦勝利 ABA準決勝勝利 ABAファイナル優勝 ネッツ 4, 1 ネッツ 4, 0 ネッツ 4, 1 1974-75 58 26. :2000-2004• ミラーの時代 [ ] レジー・ミラー ペイサーズは80年代後半に後の時代の核となる選手を獲得した。

  • :1991-2000• 地元財界による支援などで辛うじてこの状況を克服し、以降もペイサーズはNBAのチームとして残ることになった。

  • :2001-2008• 勝ち星を前シーズンの倍となる52勝をマーク、リーグに驚きを与えキッドはシーズンMVP投票で2位となっている。

  • チームの財政難もあって大きな補強はできず、成績の低迷は続き、前年を下回る32勝50敗と10年来で最低の成績に終わった。

ネッツからペイサーズへと正式に移籍したキャリス・ラバートが無期限の離脱へ

しかし続く1998-99シーズンの序盤で黒星を重ねたカリパリは解任された。

  • 他チームも狙ってくると思うんだけどなぁ。

  • 3アシストを記録。

  • :1974-1975 C• スクリーンのないハーデンの1対1になっても持ちこたえるでしょう。

31試合目:ペイサーズvsネッツ

それにバックスのまとまった様々なアクションに対応できるような守備は持っていない気もします。

  • ただ、連敗中は相手が強かったのも確かですから、ここから借金を返して、プレイオフ圏内に行きたいところです。

  • ジャーメイン・オニール 25試合出場停止、後に15試合出場停止に処分軽減)• : 2010-2012, 2017-2019• 536 地区準決勝勝利 地区決勝勝利 ABAファイナル敗退 ペイサーズ 4, 2 ペイサーズ 4, 3 4, ペイサーズ 1 1975-76 39 45. 2021年2月11日 木 09:30 ネッツ対ペイサーズ• オールスターにはT・チャンドラー、P・ガソル、J・ジョンソン、Z・ランドルフ、G・ウォーレス、T・パーカー、G・アリーナス、M・オカーの8人が選出されている。

  • 選手たちはそれだけプレイオフ進出を決めたがっていた。

ネッツがジェームズ・ハーデン獲得を正式発表

彼が戻って来てくれて、みんなすごく喜んでいたよ」 ネッツからペイサーズへのトレードは、ルバートにとって望んだものではなかった。

  • ピンチ パスミス をチャンスに変えたシュートがあった。

  • これによりデュラント、アービング、ハーデンによる超強力なビッグ3が形成された。

  • 今回のトレードに関して、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、「ブルックリンにとって素晴らしい動きだ。

インディアナペイサーズ V/S ブルックリンネッツ

ダンクミスもあった。

  • スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ジョー ハリス ジョー ハリス 終了 32 16 5 - 15 3 - 3 3 - 13 6 4 2 0 1 1 ジェフ グリーン ジェフ グリーン 終了 32 3 1 - 4 1 - 2 0 - 2 5 0 0 0 0 1 デアンドレ ジョーダン デアンドレ ジョーダン 捕 23 8 4 - 5 0 - 0 0 - 0 6 2 1 1 0 2 ジェームズ ハーデン ジェームズ ハーデン 試合数 34 19 4 - 15 9 - 12 2 - 8 4 9 2 0 3 4 カイリー アービング カイリー アービング 試合数 39 43 19 - 31 2 - 2 3 - 8 6 4 1 0 3 0 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Bruce Brown Bruce Brown - 24 7 3 - 6 1 - 2 0 - 0 7 2 0 1 0 5 Nicolas Claxton Nicolas Claxton - 23 7 3 - 6 1 - 2 0 - 0 4 2 1 1 0 1 Landry Shamet Landry Shamet - 20 6 2 - 5 0 - 0 2 - 5 1 1 2 0 0 0 タイラー ジョンソン タイラー ジョンソン - 13 4 2 - 4 0 - 0 0 - 1 0 0 0 0 1 2 Chris Chiozza Chris Chiozza DNP Reggie Perry Reggie Perry DNP ティモシー ルワウ ティモシー ルワウ DNP スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール アル・ファルーク アミヌ アル・ファルーク アミヌ 終了 23 5 2 - 5 1 - 1 0 - 3 7 3 0 0 0 2 アーロン ゴードン アーロン ゴードン 終了 36 38 14 - 20 3 - 6 7 - 8 6 4 1 0 7 1 ニコラ ブーチェビッチ ニコラ ブーチェビッチ 捕 38 22 8 - 24 4 - 6 2 - 8 14 8 2 1 4 4 チェイソン ランドル チェイソン ランドル 試合数 26 13 4 - 7 1 - 1 4 - 6 2 3 0 0 0 2 エバン フォーニエ エバン フォーニエ 試合数 35 31 10 - 13 5 - 6 6 - 8 3 2 0 0 4 2 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Dwayne Bacon Dwayne Bacon - 28 5 2 - 7 0 - 0 1 - 4 2 4 0 0 0 2 Khem Birch Khem Birch - 25 2 1 - 2 0 - 0 0 - 1 7 1 0 0 0 1 Chuma Okeke Chuma Okeke - 18 3 1 - 3 0 - 0 1 - 1 1 1 1 0 1 3 Mo Bamba Mo Bamba - 9 2 1 - 3 0 - 0 0 - 1 2 0 0 0 1 3 テレンス ロス テレンス ロス DNP Gary Clark Gary Clark DNP Karim Mane Karim Mane DNP. しかし、プレイオフでは1回戦を5試合まで戦い、復調を予感させてシーズンを終えた矢先の1993年6月、ペトロビッチが交通事故で死去するという不幸が起きた。

  • 2008年から2010年までの、主力を放出し、調子の上がらないに代わるPGとしてでの控えだったを獲得し開幕を迎えた。

  • この時ロケッツのの前に手も足も出ずにスイープ負けの屈辱を味わったは、7年を経た同じ舞台でネッツのインサイド陣を一蹴。




2021 cdn.snowboardermag.com