ドリュウズ 徹底。 ドリュウズ

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドリュウズ 徹底

型破りステロによる 後続エースの全抜き補助兼 汎用襷アタッカー ドリュウズは型破りを持っており、エーフィ等のマジックミラー持ちに阻害されず確実にステロを撒くことが出来る。 また、襷さえ残っていればアタッカーとして多くの相手を岩石封じ+アイアンヘッド・地震の範囲で落としやすい。 剣舞を採用するならば広い流し性能を利用した詰ませアタッカー、そしてリザードンやウルガモス等の積みストッパーともなれる。 このように二種類の役割を併せ持っており非常に腐りにくい。 電気無効氷等倍という 高い対電気性能。 電気+めざ氷のみの電気相手には無条件に強い。 水・火ロトムは型破り地震で落とせ、気合玉を搭載するアタッカーボルトは岩石封じ2発で落とせるなど、充分信頼できる対電気性能を持つ。 サンダーは熱風の存在から厳しいのが難点。 ニンフィア等のフェアリーのストッパーとなれる 物理鋼枠 妖タイプはDが高い相手も多く、特殊鋼では確定で落としにくい。 高火力のスキンハイボを受ける回数にも関わってくることや、物理鋼は多くないこともあり、物理鋼であることは充分な採用理由になる。 タイプ一致型破り地震の高い一貫性。 型破り地震により浮遊を無効化して地面技を撃てる。 型破り地震をタイプ一致で打てるのはドリュウズのみであり、サザンガルド・クレセドラン等の並びにタイプ一致で一貫を取れる。 これを無効化するには飛行タイプの後出しが必要であり、その場合ステロ・岩石封じのいずれかが刺さるため、これらとのシナジーも抜群。 ドリュウズ自身のカスタマイズ性の高さによる 選出抑制 この型では再生技持ちの物理受け相手に詰みやすいが、型破り一撃必殺の存在をちらつかせることで相手は積極的な後出しをしにくくなる。 持ち物・特性の欄にてもう少し詳しく説明。 持ち物・特性 陽気or意地っ張りの2択。 ステロ型の場合、Sを甘えた100族や陽気マンムーを抜ける陽気も良いが、ドリュウズに一撃で倒されるリザードンなどの100族は先発対面だとスカーフ警戒で引かれることも多く、マンムーを抜いても陽気だとアイヘ一撃で落とせないので、耐久振りニンフィアやボルトロスの乱数を動かさないためにも意地っ張り推奨。 剣舞型の場合は、積んだ後の抜き性能を確保するため、準速にして80族前後の相手を抜けなくなるのは好ましくない。 差別化 タイプ・特性・技範囲とどのポケモンにも劣らない差別化は容易だが、役割の似たポケモンとの差別化を簡単に。 襷ガブリアス 絶対的王者。 ドリュウズに足りないSを持っている。 ドリュウズの勝る点として、ミトムニンフィアゲンガーに強く、マンムー相手にも一方的不利を取られない点が挙げられる。 ランドロス 威嚇により物理相手には基本的に強く、地面透かしができる。 こちらもガブと同じくミトムニンフィアゲンガーに強く、マンムーに不利を取られない点で差別化できる。 特にミトムはランドに対して出てきやすいので最も大きな差別化点となる。 メガ ハガネール 同じタイプでステロ撒きも可能で、頑丈持ちなので行動回数の確保もできる。 しかしSの差は大きく、岩石封じも相まってドリュウズは2回以上の行動の確保が容易である。 何よりミトムに強い。 またミトムかよ 正直に言えば向こうに差別化をお願いしたい程度には実用性で勝っている。 確定技• じしん 流石に抜く理由がない。 アイアンヘッド 妖全般に刺さり、無効もなく安定して打てるメインウエポン。 怯み効果も稀に役立つ。 ポリ2が怯んで突破された時は台パンしました。ほぼ確定。 H180ニンフィア 112. ステルスロック 剣舞との選択。 ドリュウズは先発性能が高く、後続補助をしやすい。 後続に抜きエースを添える必要があるが、鋼・地面というタイプ補完の取りやすさのおかげで選択肢は多い。 がんせきふうじ ステロと同時に採用したい。 ゲッコウガゲンガーボルトを筆頭に多くの高速アタッカーに刺さる。 当たれば135族も抜くことができる。 つのドリル 地割れ ステロ採用時に岩石封じとの選択。 有利対面からぶっ放すだけで相手は死ぬ。 強い技ではあるがどうしても安定性に欠けるため非推奨。 一応型破りなので頑丈貫通。 つるぎのまい ステロとの選択。 ドリュウズに打点を持たないポケモンは少なくないため交代を誘発しやすく、その際に積む事で全抜きを狙うことができる。 地震のダメ計を約2倍していただければ分かるように、1度積めば多くの敵の確定数が変動する。 いわなだれ 剣舞採用時に。 岩石封じよりも威力が高く、怯みにも期待できる。 H236B240化身ボルト 53. 襷の欠点として、優秀な耐性からの繰り出し性能を失ってしまうことは痛いが、どんな相手にもなんらかの仕事は出来るため1:1交換+ステロor岩石封じ辺りも充分に望めるだけの性能を持つ。 またステロ撒きとして、裏に抜きエースを据える必要が有る。 候補となるのが砂パ偽装が出来る竜舞バンギ、相性補完の優秀なメガボーマンダ、メガリザYなど。 ここまででガブガルが重くなりがちなのでそれらを受けるクレセ辺りも補完に欲しいところ。 ステロ型とは違い初手に出さないことも多いため、S上昇したメガリザXや蝶舞を積んだウルガモスなどのストッパーにもなれる。 起点作りには砂偽装が出来るステロ欠伸カバルドンが優れている。 他には相手のミトムに後攻ボルチェンできるS無振りの起点ミトムなども相性補完が良く候補に挙がる。 最後に ここまで見ていただきありがとうございました。 何か至らぬ点がありましたらご指摘お願いいたします。 荒れる要因となるコメント等は無言削除する場合があります。 また、コメントに対する返信は時間がかかることがありますので、ご了承ください。 荒らしは無言削除するかもしれません。 シンプルに解説されていていいなと思いました。 最メジャーの位置までくることは全くありませんがひっそりと環境に刺さってますよねこいつ。 「殺られる前に殺れ」なスカーフと「殴られていいから殺れ」な襷では対処法も大きく変わってくるので読み外しは痛いですよね。 実際は型破りor珠砂かきまで考慮する必要があるので他よりも対処に悩むポケモンだと思います。 気付きませんでした。 以前これの剣舞型とおぼしき奴に当たり、物の見事にパーティー崩壊しました。 スカーフだと高をくくったのがいけなかった・・・。 読み違えると本当に脅威ですね。 一つお聞きしたいのですが、ステロと剣舞の同時搭載はありでしょうか?場面に応じて補助と攻撃が出来るかなと思ったのですが。 ステロ型はアイヘで耐久振りニンフィアがギリギリのラインで岩石封じの乱数意識の意地っ張り選択だったので、それらを切った型にする場合は陽気推奨となります。 僕も相手のサマヨールが3連続で怯んで無傷で倒したときはさすがに笑いました。 今度参考にします。 もし評価出来るなら評価5です。 心内評価ありがとです。 内心で申し訳ないですが評価5でお願いします。 ご参考になれば幸いです。

次の

ドリュウズ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ドリュウズ 徹底

はじめに こんばんは、です。 今回はのランクマッチで最終7位を達成した構築の詳細と選出や立ち回りなどを紹介していこうと思います。 レンタルチーム チームid 0000. 0004. G8PF. 戦績 最終レート2085 最終7位 構築経緯 じーん zeen172M さんの動画を参考にして構築を組み始めました。 はと違って、怠けるというデメリット無しに使える回復技 も眠るで体力を回復することができますが、2ターン眠り状態になってしまうので採用したくない があり、 のダイアースやダイスチル等の耐久をあげるックス技との相性が良く、より優れているように見えます。 しかし、はと違って、と同時に選出しなくても、龍の舞や弱点保険で火力を上げることができ、自身が強力な勝ち筋になります。 そのためが苦手な構築には、を軸として戦っていくなど様々な構築に対応した戦略を立てることができるため、今回はではなくを採用しています。 のこの指止まれや欠伸で盤面を整え、のックス技での耐久をあげ倒せ無くして勝ちです。 hirotoapple.

次の

ドリュウズ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ドリュウズ 徹底

ドリュウズ ちていポケモン ぜんこくNo. 530 高さ 0. 7m 重さ• 4kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Excadrill タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 31で『モグリュー』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 天気が『すなあらし』の時、自分の『じめん』『いわ』『はがね』タイプの技の威力が1. 3倍になる。 また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 通常攻撃。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 USUM New! 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。

次の