美咲ちゃん 現在。 Yahoo! JAPAN

山梨小1女児行方不明…そっくり類似の小説が存在!事件真相のヒントとなるか?【小倉美咲ちゃん】

美咲ちゃん 現在

山梨県道志村の椿荘(つばきそう)オートキャンプ場で行方不明になっている小倉美咲ちゃん(7)ですが、現在もまだ見つかっていません。 捜索3日目となった24日は、ドローンやヘリコプターで地上から捜索していますが、今のところ手がかりになるようなものは発見されてないようです。 また、最後の姿を目撃している母親の証言によると、小倉美咲ちゃんは午後3時半ごろ、他の子供たちを追いかけて森に入って行ったそうです。 しかし、戻ってくることがなったため、110番通報。 椿荘オートキャンプ場は、森の奥の方が特にややこしいので、道に迷ったのでしょうか? 今日も現場は雨が降ったりしているらしいので、一刻も早く無事に見つかることを願うばかりです。 そこで今回は、小倉美咲ちゃんの居場所を霊視した結果や、母親の後ろに心霊写真が写っている件。 さらに、通っていた小学校、母親のインスタやツイッター、ブログが判明しているので検証したいと思います。 小倉美咲ちゃんを霊視で居場所を特定? 現在、警察やボランティアなど70人態勢で、椿荘オートキャンプ場周辺を捜索していますが、行方不明になっている小倉美咲ちゃんの居場所は、いまだつかめていません。 はたして、小倉美咲ちゃんはどこにいるのでしょうか? 一番最悪なのは、何者かによって連れ去られる「誘拐事件」や、誤って川に落ちて、そのまま流されるというパターンです。 椿荘オートキャンプ場にある川は、テレビで観ていると水深は深くなさそうですが、結構流れが速いように見えました。 落ちた場合、大人なら何ともないでしょうが、小学1年の美咲ちゃんの身長なら、流される可能性があります。 霊視ではそのことを示唆していて、その人物によると、捜索しても見つからないのは「出発地点ではなく下流に行かないと出会えない、川より陸地にいる時の方が簡単に会えたりします」と助言。 霊能者の言う通りなら、小倉美咲ちゃんは下流で発見されてもおかしくはないということになります。 しかし、これはあくまでも霊視の結果なので、まだ犯人が誘拐した可能性も残っているのです。 小倉美咲ちゃんの心霊写真? 椿荘オートキャンプ場で、小倉美咲ちゃんの心霊写真が写っていることをツイートしている人がいるようですね。 これが拡散されている心霊写真ですが、何度見ても分かりません。 しかし、本人いわく少し離れて見ると分かるそうです。 そう言われても自分はただの髪の毛にしか見えませんが、小倉美咲ちゃんはどこかに連れ去られて、誘拐された可能性は大いに残っています。 過去には同じように、北海道北斗市立浜分小学校の田野岡大和君(当時2年)が、北海道南部七飯町の山中で行方不明になったことがありました。 このときは、家族4人が車に乗っていて、「悪いことをするとこうなる」と、しつけの意味で、大和君だけが七飯町の未舗装の林道で車から降ろされたのです。 そして家族が乗った車は発車。 その後、降ろした場所に戻ると、大和君が行方不明になっていたのです。 当初、父親はインタビューで「山菜採りの最中に行方不明になった」と説明。 しかし、その後、行方不明になった経緯を二転三転させたことで、「狂言しているのでは?」と、父親に疑いを持つことになります。 この事件でも、警察や消防、陸上自衛隊などが連日、100人以上の態勢で捜索していたのですが、中々発見できず。 やはり、父親が犯人かと思われたのですが、捜索から6日後、行方不明となった場所から7キロ離れた「北海道鹿部町本別の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内」で、マットの間に挟まりながら寝ていた大和君を自衛隊員が発見。 結局、大和君は水だけで6日間を生き延び、その生命力が話題になりました。 また、最近ではスーパーボランティア・尾畠春夫さんが、山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳男児を発見した例もあります。 今回、尾畠春夫さんはまだ来ていないようですが、椿荘オートキャンプ場付近には、空き家も存在するとか。 大和君のように小倉美咲ちゃんも、空き家にいる可能性があるので、何とか無事に発見されてくれたらと思います。 小倉美咲ちゃんの小学校と母親のインスタやブログ 小倉美咲ちゃんは千葉県成田市の小学1年生で、今月の21日に家族らおよそ30人と、椿荘オートキャンプ場へ遊びに来て、行方不明になっています。 一緒に来ていた母親は、千葉県成田市で犬・猫のトリミングサロンを経営。 店の名前は「トリミングサロンBUDDy」。 インスタのアカウントは「buddy. ogura」、ツイッターのアカウントは dogcatbuddyです。 また、母親はアメーバーブログも開設。 ブログは、インスタやツイッターと違って、いろんなことが細かく書かれています。 (小倉美咲ちゃんと母親のとも子さんと姉の結菜さん) 出典元:とも子さんのブログより ブログによると、小倉家の家族は4人で、母親の名前が小倉とも子さん。 一緒に来ていた姉の名前が結菜さんということが分かっています。 そして、現在行方不明になっている小倉美咲ちゃんですが、母親経営のトリミングサロンの住所からすると、「成田小学校」に通っている可能性があります。 美咲ちゃんの名前の由来は、「美しい花のようにみんなに愛されるこになるように。 明るく可愛いお花みたいに育って欲しい」。 と願いを込めて父親が考えたそうです。 父親がなぜ「美咲」にしたのかといえば、母親の出産中、待合室の窓から見た花が綺麗に咲いてたからだとか。 しかも、母親のとも子さんも妊娠中、生まれてくるのが女の子だったら「美咲」がいいなぁと考えていたといいます。 なので、美咲というのは、決まるべくして決まった名前だったようです。

次の

小倉美咲さんは誘拐ではなかった?現在は道志川へと転落し、相模川へと漂流か?

美咲ちゃん 現在

ブログで誹謗中傷を繰り返す人物 中でも、とも子さんへの誹謗中傷の「急先鋒」として活動しているのが、「怨霊の憑依」と題するブログの管理人だ。 ブログは、とも子さんの名前でネット検索すると、上位に引っかかる。 公表されている管理人名は「和田隆二」だが、偽名を使っているとみられる。 肩書は「霊媒師」。 和田氏は、美咲ちゃんの行方不明直後からブログを立ち上げ、毎日のように更新を続けてきた。 タイトルには《とも子の周りは薬物関係者》《当日美咲ちゃんはキャンプに来ていなかった》《鬼畜の夫婦》などの文言が並び、とも子さんへの憶測や偏見を生み出す書き込みで埋め尽くされている。 ブログは事件の詳細を《育児疲れから次女美咲ちやんを自宅で殺し悪天候を利用し行方不明を企て、募金詐欺をした殺人事件》(2月25日付)、《美咲ちゃんの事件ですが、私は臓器販売で海外に連れ去られたと思います》(3月24日付)などと説明し、とも子さんや夫の雅さんの関与を主張している。 投稿には、美咲ちゃんの写真を複数枚掲載し、写真と美咲ちゃんが同一人物ではないことを訴えたいのか、《この写真にはホクロがありません》《髪質も美咲ちやんは猫毛で髪が細い》などと説明。 このほか、小倉さん一家が出かけたときの様子、とも子さんと雅さんの結婚式、美咲ちゃんの小学校入学式、誕生日、とも子さんの車……など、とも子さんの過去のSNSからごっそり抜き取った、ありとあらゆる写真が掲載されている。 一体、和田氏は何者なのか。 SNS被害が深刻化する中、発信する側の張本人に会ってみたいと思った私は、ブログに掲載の携帯番号にかけ、彼の家がある静岡県熱海市へと向かった。

次の

小倉美咲さんは誘拐ではなかった?現在は道志川へと転落し、相模川へと漂流か?

美咲ちゃん 現在

美咲ちゃんの両親が新たに3枚の写真を公開 山梨県のキャンプ場で行方不明となった小倉美咲ちゃん 7 の両親が不明となる直前に撮影した 写真を新たに公開した。 ショートヘアの黒髪で 黒色のハイネックの長袖シャツを着用している美咲ちゃん。 友達と遊んでいる最中なのか、楽しそうに口元が笑っているようにも見える。 美咲ちゃんはこの服装で行方不明となった。 別の写真ではキャンプ場の森の中で何かを見つめている様子が分かる。 身長約125センチの美咲ちゃんは 青色のジーンズにチェックのシャツ姿だ。 3枚目の写真ではしゃがんでいる様子とともに手がかりにつながる特徴的な エメラルドグリーンの運動靴が写っている。 山梨・道志村のキャンプ場で小倉美咲ちゃんが行方不明になって10月2日で12日目。 美咲ちゃんの家族が情報提供を求めるため新たに公開した3枚の写真。 いずれも行方不明となる当日キャンプ場で撮影されたものだ。 美咲ちゃんの母 小倉とも子さん 36 : 私があの時ちゃんと一緒に付いていってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています。 美咲に関わるどんな些細なことでも構いませんので皆様から情報を頂けましたらありがたいです。 当時の状況を公開された写真とともに振り返る 10月1日に母の智子さんが行方不明になった当日の詳細をまとめたメモを公開した。 当時の状況を公開された写真とともに振り返っていく。 正午過ぎにキャンプ場に到着した美咲ちゃん家族。 その際に美咲ちゃんは青いチェックのシャツを着ていた。 美咲ちゃんは午後1時には昼食を食べ、南の森で子どもたちとグレーの靴下エメラルドグリーンの運動靴を履き遊んでいた。 午後3時35分におやつを食べ終えた子どもたちが遊びに行く。 その5分後に美咲ちゃんが後を追いかけるように遊びに行く。 そのとき美咲ちゃんは黒色のハイネックの長袖シャツ姿だった。 この一枚が行方不明直前に大人たちが見た美咲ちゃん。 それからわずか20分を行方が分からなくなった。 薄手の長袖シャツ姿の美咲ちゃんに母は… 美咲ちゃんの母 小倉とも子さん 36 : 夜中に娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い同じ服装でずっと外にいましたが、暗くて寒くて不安ですごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした。 そんな思いをさせてしまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです 10月3日は山岳救助隊がキャンプ場南側の山を捜索 公開された美咲ちゃんの行方不明直前の姿にボランティアは… 男性ボランティア: 薄着で夜を過ごしていると思うと心が痛みますよね。 男性ボランティア: これはやっぱりちょっと寒さはしのげないないと思います。 捜索隊の腰まで水位がある道志川の下流付近や道志ダムなどで警察・消防・役場のスタッフなど47人態勢で捜索活動行われた。 10月3日は山岳救助隊を派遣して自衛隊が入れなかった キャンプ場南側の山を捜索する予定だ。 (「Live News it! 」10月2日放送分より).

次の