パクボゴム 佐藤健。 ソンソンカップル結婚1周年♡ 恋愛したい多国籍彼氏リスト、韓国代表パクボゴム!

佐藤健 日本で初開催となる『2017 MAMA in Japan』にプレゼンターとしてサプライズ登場!

パクボゴム 佐藤健

佐藤健は5日午後、「第20回釜山国際映画祭」の「アジアキャスティングマーケット Asian Casting Market 」のキャスティングボードに韓国のキム・ウビン、キム・ゴウン、中国のマーク・チャオ 趙又廷 、台湾のチャン・ロンロン 張榕容 、日本の長澤まさみとともに、国際舞台に進出する若くて有望なアジア代表俳優として参加した。 この日、佐藤健はキャスティングボードに続き、野外舞台挨拶で韓国のファンと短い出会いの時間を持った。 映画「るろうに剣心」で韓国でも多くの若年層ファンを保有している佐藤健の登場に、会場から「佐藤健」を呼ぶ声が響き渡り熱狂的な反応を見せ彼の韓国での人気ぶりを立証した。 その後、招待俳優および映画関係者が一緒に参加する「スター・ネットワーキング・レセプション」を最後に、短い公式日程を終えた。 何よりも、今回のイベントで「アジアキャスティングマーケット」のキャスティングボードの第1回カーテンコール俳優に選ばれた俳優ソン・ガンホと出会ったことを最も忘れないという佐藤健は、「ソン・ガンホさんは普段から尊敬する俳優で、彼の作品をたくさん見てきた。 今回の映画祭で是非お会いしたかったので、実際にお会いできて光栄だった。 いつか必ず一緒に作品をやってみたい」と感激した感想を伝え、強い印象を残した。 【佐藤健コメント】 昨日の夜は、ソン・ガンホさんやキム・ジウン監督と食事をさせて頂く機会がありました。 そんなことも映画祭ならではでとても嬉しかったです。 今回、僕が招待していただいた「アジアキャスティングマーケット」を通じて、日本にある数多くの素晴らしい映画、そして監督、キャストのことをもっと深く知ってもらえるようなきっかけになればと思います。 その為には、僕自身がさらに努力を重ね、より多くの人に感動を与えられるような作品に挑戦し続けていきたいと思います。 韓国の公式日程を終えた佐藤健は日本に帰り、映画「バクマン。 」のプロモーション活動に専念する予定だ。 映画「バクマン。 」は先月10日に開催された「ソウルドラマアワード2015」でアジアスター賞を受賞した神木隆之介と共同主演を務めた映画だ。 日本では10月3日に公開され、見事今週の観客動員数1位を獲得している。

次の

ソンソンカップル結婚1周年♡ 恋愛したい多国籍彼氏リスト、韓国代表パクボゴム!

パクボゴム 佐藤健

Say! とは 映画『バクマン。 』は、『DEATH NOTE』で有名な大場つぐみさん・小畑健さんの原作漫画の実写化作品で、監督を務めるのは、映画『モテキ』で注目を浴びた大根仁さんです。 主演を務めるのは、イケメン俳優の佐藤健さんと神木隆之介さんコンビです。 バクマン。 のPR動画で魅力を再確認。 『バクマン。 』の公式PR動画です。 人気作だけあってやはりPR動画だけでも面白そうですね! バクマン。 とはどんな作品?あらすじを紹介 漫画家の叔父を持つ平凡な高校生・真城最高(通称サイコー)は、ある日クラスメイトの高木秋人(通称シュージン)に初恋の相手・亜豆美保を描いた落書きを見られてしまいます。 最高の絵の才能に惚れ込んだ秋人は、ふたりで漫画家にならないかと提案します。 そして、美保の夢が声優だと知った最高は、「お互いの夢が叶ったら結婚してください」と勢いで言ってしまいます。 それから最高と秋人は、週刊少年ジャンプに漫画を持ち込み、連載漫画がアニメ化されることを目標に奮闘するのでした。 バクマン。 の良いところ、オススメポイントは? 原作とは少し設定が違いますが、実際の週刊少年ジャンプの編集部を使っていたり、漫画を描いている過程をプロジェクションマッピングを使って立体的に見せるという斬新な手法が使われています。 そして、最高と秋人の再現率が素晴らしいです。 ビジュアル的には配役が逆じゃないかと言われていましたが、演技力で見事にカバーしています。 バクマン。 原作では亜豆が編集長達の反対を押し切り、病室で作画を続ける応援をしますが、映画ではふたりの関係が事務所にバレたからと言い、「先に行くから」と別れとも取れる言葉を残して去ってしまいます。 休載は覆りましたが、連載は徐々に人気が落ち、打ち切りになりました。 そして、アニメ化の夢を叶えた原作とは違い、高校の卒業式の日、新たな新作に向けて動き出すという、まさかのゴールのない結末を迎えました。 バクマン。 の主要人物を紹介 主人公のひとり、真城最高は叔父で漫画家だった川口たろうに憧れていました。 絵の才能も受け継いでいましたが、秋人に誘われるまでは漫画家になる夢は諦めていました。 高木秋人は、学年一の秀才で、文章の才能が飛び抜けています。 ですが、絶望的に画力がないため、最高の絵の才能に惚れてコンビを組みます。 ヒロインの亜豆美保は、最高の初恋の相手で、実は両思いだったという関係です。 声優を目指していて、ふたりの夢が叶ったら結婚すると約束をします。 バクマン。 の感想とまとめ 限られた時間の中でこの世界観を忠実に再現するのは難しいので、登場人物をかなり絞ったのは正解だと思います。 原作ファンとしてはメインキャラが減って残念な部分もあるかもしれませんが、エピソードを絞ることで、最高と秋人の友情、美保との恋愛、ライバル作家・エイジとの切磋琢磨という三本柱が際立っていて綺麗にまとまっていたと思います。 バクマン。 はこんな人におすすめ! 原作がDEATH NOTEコンビで、原作者自身の実話といううわさもあるので、ファンの人には特におすすめです。 また、週刊少年ジャンプが好きな人は、この業界の裏事情を知ることができるし、また新たな魅力を発見できると思います。 バクマン。 のキャスト 真城最高:佐藤健 高木秋人:神木隆之介 亜豆美保:小松菜奈 服部哲:山田孝之 佐々木編集長:リリー・フランキー 川口たろう:宮藤官九郎 新妻エイジ:染谷将太 福田真太:桐谷健太 平丸一也:新井浩文 中井巧朗:皆川猿時.

次の

パク・ボゴム×佐藤健、日韓イケメン2ショットが話題に…「2017 MAMA」楽屋での写真が公開

パクボゴム 佐藤健

俳優の佐藤健が、11月29日に横浜アリーナで行われた『2017 MAMA in Japan』にプレゼンターとして、サプライズ登場した。 今年は初めてベトナム(11月25日)、日本(11月29日)、香港(11月30日、12月1日)という3つの異なる地で開催されることでも話題となっている。 超満員の観客が見守る中、EXO-CBX、MONSTA X、SEVENTEEN、TWICE、Wanna One、BoA、I. Iなど人気K-POPアーティストによるスペシャルステージに加え、日本からもAKB48が出演し、K-POPアーティストとの豪華コラボステージを披露した。 そして、アジア最大級の音楽授賞式とあって、出演アーティストだけではなく、豪華プレゼンターが登場するのもMAMAの特徴。 サプライズ登場となった佐藤健のほか、藤井美菜、パク・ボゴム、原田龍二、石田ニコル、秋山成勲&SHIHO、ソ・ガンジュン、キム・ソヒョン、ソンフン、イ・ソンビン、イ・ホンジョンなど、日本と韓国から豪華セレブリティーが多数登場し、授賞式を盛り上げた。 歌手部門、ジャンル部門に分かれ、数々の賞が発表される中、佐藤健は<ベストダンスパフォーマンス男子グループ部門>のプレゼンターとしてサプライズ登場。 K-POPアイドルたちに負けない位の大声援で観客に迎えられた佐藤は「こんばんはー!アンニョンハセヨ!」と言う韓国語を交えた挨拶に続き「こんなにも豪華でグローバルな音楽祭に呼んでいただき、とても光栄です。 こういった機会がどんどん増えて、もっともっと国と国との距離が縮まっていけばこれからどんどんもっとよくなっていくのではないかと思います。 」とコメント。 止まない声援に「ありがとうございます。 でも、ちょっとしゃべらせてください(笑)。 」と言う場面もありつつ「K-POPが世界でこんなにも愛されている理由のひとつは、僕はダンスパフォーマンスなのではないかと思っています。 ダンスパフォーマンスで今年最も愛されたチームはどこのグループなのでしょうか?」と、いよいよ発表へ。 「どのグループも強者ぞろいです。 それでは発表します!2017 Mnet Asian Music Awards<ベストダンスパフォーマンス男子グループ>受賞者は…」という言葉に続き、「おめでとうございます!SEVENTEENのみなさんです!」と受賞者を読み上げた佐藤。 歓喜に沸くSEVENTEENのメンバーたちを代表してリーダーS. COUPS(エスクプス)にトロフィーを手渡し、受賞を祝福した。 降壇後に佐藤は「日本で初開催となる『2017 MAMA in Japan』にプレゼンターとして参加させていただき、とても光栄に思います。 このようなグローバルなイベントを日本で多くの音楽ファンの方が楽しまれている様子を見て、以前、僕が釜山映画祭に参加させていただいた時に韓国の俳優やファンのみなさんに温かく迎えていただいたことを思い出しました。 先ほどステージでも話しましたが、こういう機会がこれからも増えればいいなと思っています。 今日は、豪華なアーティストのみなさんの迫力あるパフォーマンスに触れ、僕も楽しませていただきました。 <ベストダンスパフォーマンス男子グループ部門>を受賞されたSEVENTEENのみなさん、そして各賞を受賞されたアーティストのみなさん、本当におめでとうございます!みなさんの益々のご活躍を期待しています!」と感想を述べた。 (左)韓国の人気俳優パク・ボゴム と共に 佐藤のサプライズ登場自体がかなり注目を集めたようで、生中継されていた韓国では佐藤がステージに登場するとNAVER検索ワード急上昇ランキングの1位に「佐藤健」の名前があがるほどだった。 主演映画『るろうに剣心』が世界各国で上映されるなど、アジアのみならず世界中にファンを持つ佐藤健。 2017年も主演映画『亜人』 9月公開 に続き、12月16日(土)には最新主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の公開が予定されている。 2018年にも『いぬやしき』『ハード・コア』と話題作への出演が続く彼の今後の活躍にも注目したい。

次の