ご 面倒 を おかけ し ます が。 「ご多忙の折」の意味・使い方と例文

「ご不便をおかけしますが」は日本語として正しい?使い方と英語表現

ご 面倒 を おかけ し ます が

meiwaku wo kakeru : aite ga komaru koto wo suru koto desu. rei : uchi no ko ga o taku no mado garasu wo wah! ta sou de. hontouni go meiwaku wo okake si te sumimasen. mendou wo kakeru : aite nitotte 「 mendoukusai koto 」 wo sa seru koto desu. jibun no tame ni nani ka si te morah! ta toki ni yoku tsukai masu. sono koto de aite ga komaru baai ha 「 meiwaku wo kakeru 」 to koukan kanou na baai mo ari masu. rei : syorui no tetsudzuki ya , senpou he no renraku nado , iroiro go mendou wo okake si masi ta. doumo arigatou gozai masi ta. maa tasikani mendou ja nakah! ta to ha ie nai keredo , kessite meiwaku da nante omoh! te i nai yo. めいわく を かける : あいて が こまる こと を する こと です。 れい : うち の こ が お たく の まど がらす を わっ た そう で。 ほんとうに ご めいわく を おかけ し て すみません。 めんどう を かける : あいて にとって 「 めんどうくさい こと 」 を さ せる こと です。 じぶん の ため に なに か し て もらっ た とき に よく つかい ます。 その こと で あいて が こまる ばあい は 「 めいわく を かける 」 と こうかん かのう な ばあい も あり ます。 れい : しょるい の てつづき や 、 せんぽう へ の れんらく など 、 いろいろ ご めんどう を おかけ し まし た。 どうも ありがとう ござい まし た。 まあ たしかに めんどう じゃ なかっ た と は いえ ない けれど 、 けっして めいわく だ なんて おもっ て い ない よ。

次の

【迷惑をかける】 と 【面倒をかける】 はどう違いますか?

ご 面倒 を おかけ し ます が

「話せる」英語をマスターしたいと思った時、自分が日常の中で何気なく発している言葉の一つ一つが、「英語ではどうやって言うんだろう?」と気になってしまうかもしれません。 日本人の私達が、わりとよく口にする言葉の一つが、 「面倒くさい」ではないでしょうか? 日常の中で、何気なく言ってしまいますよね~。 「あー夕ご飯のしたく メンドクサイ。 」 「通勤はそれほど遠くないよ。 駅の乗り換えがちょっと めんどくさいけどね。 」 などなど。 「面倒くさい」って、英語でどう言えばいいでしょうか? あるいは、 「ちょっと 面倒で申し訳ないですが、こちらの書類に記入していただけますか。 」 「色々と 面倒をおかけしました。 」 なんて言ったりもします。 日本語のコミュニケーションの中では、わりと欠かせない 「面倒」という言葉。 英語では、どんな時、どんなふうに表現したらよいのでしょう? 今回は、 「面倒」に関する 英語表現を、シチュエーション別に、例文と共に、紹介します。 「面倒なこと・人」を表す英単語 まず、 「面倒なこと」とは、どういうことでしょうか? たとえば、物事が 思い通りにいかなくて手間取ったり、やる必要がないことを わざわざやることになったり、 あえてそれをするのが煩わしく感じたり……。 そういうシチュエーションが思い浮かびます。 人をそんな気持ちにさせる、 「面倒だと感じさせる 物・人・事」を表す英単語というのが、いくつかあります。 bother 「人に余計な手間をかけさせる物・人」「人を煩わせる物・人」 =面倒な物・人、という意味の 名詞です。 また、 bother は 動詞でも使われます。 その場合、「(人・物・事が) 人を煩わせる・面倒をかける」と言った意味になり、やはりよく使われる形です。 (例文は以降で紹介します) 2. trouble こちらも、 「人に手間をかけさせて煩わせる物・人・事」という意味がある名詞です。 ただし、 trouble には他にも、文脈によって「困難」「問題」「災難」「けんか」等の意味もあるので、ちょっと注意が必要です。 ここから、 「面倒な物事・人」という表現に使われますが、時として「 迷惑をかける物事・人」と訳した方がピッタリな場合もあります。 hassle 特に カジュアルな会話表現で使われ、 「面倒な物事」「手間のかかる物事」を表します。 では、実際に、英語の会話の中では、どんなふうに使われるのでしょうか? シチュエーションごとに、使い方と例文を挙げて行きます。 「面倒なこと」「面倒な人」 「 ~は面倒だ」と簡単に言いたい時には、 She thinks cooking is a bother. 彼女は料理を面倒だ(料理はめんどくさい)と思っている。 The children loved Zip their Collie dog, but sometimes he was a bother. 子ども達はコリー犬のジップが好きだったが、時には(ジップは子ども達にとって)面倒であった。 Nothing is a bother. 何一つ面倒なことはない。 (何も不便・煩わしいことはない) Weeds are a nuisance to the gardener. 雑草は庭いじりをする人にとって、面倒な物だ。 彼女はひどく面倒な人だ。 (厄介な人・トラブルの種になる人) All this paperwork is a hassle. この書類作成作業を全部やるのは、面倒だ。 一言、「めんどくさい!」「面倒だ!」 人間誰でも、思わず「あーメンドクサイ!」って言いたくなる時ありますよね(笑)。 What a bother. メールを送ろうとすると、このポップアップ画面が必ず出て邪魔してきて、メールを書き続けるにはそれを消さないといけないんだ。 超めんどくさい。 Do it anyway. 子どもが小さい時は、服を着させるのも面倒くさいよね。 でもとにかくやらなきゃ。 何かを やらない理由として「だって めんどくさいもん。 」って言うこともあります。 先ほど、 bother は 動詞でも使う、と書きましたが、 At night there is so much going on; dinner, homework sports practice. 夜にはとてもたくさんのことがある。 夕食、宿題、スポーツの練習。 明日のことなんてめんどくさくて考えられない。 今夜は料理をしたくない。 めんどくさいもの。 彼女は忙しそうだから、面倒をかけたくなかった。 もしも音が迷惑だったら、(音楽を)止めるよ。 夜のこんな時間に面倒をかけてごめんなさい。 Why does he always bother me? なぜ彼はいつも私をうんざりさせるんだろう?(=うざい) 逆に、相手が何かをしようとした時、「わざわざ面倒な手間をかけなくてよいですよ。 (だから結構です。 )」と言って断ることもあると思います。 お手間を取らせて申し訳ありませんが、ちょっとお話させていただけるでしょうか。 面倒をかけてごめんなさい、もう一度その番号を教えてもらえますか? I hate to be a bother, but could you show me how the copier works? 面倒をかけてすみませんが(面倒をかけたくないんだけど)、このコピー機の動作を見せてくれますか? I hate to be a nuisance, but could you help me? 面倒をかけてすみませんが、手伝ってもらえますか? 逆に、こんなふうに 何かを頼まれた時、あるいは 自分から何かを申し出る時、 「大丈夫ですよ、全然面倒じゃないので。 私は毎週金曜日に姉(妹)の家に行って子ども達の面倒を見ています。 I have to take care of my little sister this afternoon. 今日の午後は、妹の面倒をみないといけない。 よく使う表現なので、これはぜひ覚えておきたいですね。 まとめ 「面倒」に関するいくつかの表現を紹介しました。 色々とバリエーションがあって、一気に覚えるのはなかなか難しいですよね。 日本人にとっては、「面倒をかける」とか「面倒くさい」とか、日常的にすごく身近な言葉だと思います。 が、英語圏で生活しながら英語を学ぶ身として言うと、英語を覚える優先度としては、実はそれほど高くはないんじゃないかな?と思います。 というのは、日々の身の回りの問題を解決するために、もっと覚えなければいけない基本的な単語や表現がたくさんあるからです。 もう一つ、「めんどくさい」と言いたい時、例えば、あえて bother や nuisance を使わなくても表現することができます。 この宿題やりたくないなぁ、だって、めっちゃたくさん漢字を書かないといけないから。 ホントに疲れるしうんざりする( =めんどくさい)。 「日本語の単語 = 英語の単語・表現」と対比させて覚えることが全てではありません。 「その 日本語を言う時に近い状況・心情を、 知っている英単語を使って表現する」ことを意識するとよいと思います。 言いたい単語を知らない時に、知っている単語で表現する方法については、以下の記事が役立ちます。 また逆に、今回紹介した 「面倒」を表す英単語も、単純に「面倒」に対応しているわけではなく、 いくつかの意味がある中で日本語の「面倒」に重なる部分もある、ということがわかると思います。 ただ、特に bother は、色んな使い方があります。 今回紹介した、定番の言い回しを知っておくと、色んな場面で役立つと思います。 覚えておくと便利です。

次の

【迷惑をかける】 と 【面倒をかける】 はどう違いますか?

ご 面倒 を おかけ し ます が

迷惑 敬語「ご面倒」の本来の意味は「迷惑」です。 この「迷惑」という表現の意味は、他人のことで煩わしく嫌な目にあうという意味です。 しかし敬語「ご面倒」の意味は、相手に面倒な思いをさせることを謝り謝意を表す表現です。 この「迷惑」を使った敬語「ご面倒」の類似表現として「ご迷惑をおかけします」という表現が存在します。 このようにほんの少しのニュアンスの違いで相手に対し不快感を表す表現だったり、はたまた相手に対し面倒な思いをさせることを謝罪する表現だったりと日本語にはほんの少しの表現の違いで意味がまったく異なります。 敬語だけでなく日本語にもこのような表現はたくさん存在するので気をつけなければなりません。 敬語「ご面倒」の使い方 使い方 前述の項目でも紹介したように「ご面倒」という敬語表現には言い換えも存在します。 先ほど紹介した「ご面倒」の言い換え表現でもある「お手数をおかけします」「ご迷惑をおかけします」というものはビジネスシーンといった引き締まった場面での使用が非常に多いです。 もちろん「ご面倒をおかけします」という表現もしかりです。 例「お手数をおかけします」 この表現を使うことで相手に依頼するのが難しい内容もきつい印象を与えることなく伝えることができます。 いわばクッションとしての役割をもつ表現として使うことが可能です。 このクッションを持つ「お手数をおかけします」の類似表現としては「恐れ入りますが」といった表現も存在します。 ちなみにこの「お手数をおかけします」という表現は自分に対しては使用せず、また「お手数をかけさせますが」という表現も相手には失礼に聞こえてしまうという注意点が存在します。 敬語「ご面倒」の例文 ご面倒をおかけいたしました みなさんは「ご面倒をおかけしました」という敬語表現を聞いたことがありますか、と聞かれたら「ない」と答える人はいないでしょう。 それ程「ご面倒をおかけしました」という敬語表現の使用頻度は多いです。 この「ご面倒をおかけしました」を使う場面として考えられるのは主にビジネスシーンなどで相手が依頼内容に対して必要以上の手間がかかった場合や、相手に対しお詫びの気持ちを表現する場面での使用が主です。 ちなみにこの「ご面倒をおかけしました」という表現に「お手数」という表現を足すことによって聞く人によってはより丁寧な表現に聞こえます。 その場合はこのように使います。 「お手数をおかけして、申し訳ありません」 というように使用します。 この「お手数をおかけしました」という表現と「ご面倒をおかけしました」という表現は同義です。 「ご面倒」の別の敬語表現例 1. 意味 そもそも「ご迷惑」という敬語表現は「迷惑」という単語をより丁寧に表した表現です。 「迷惑」とは他人のことで煩わしく嫌な目にあうというマイナスイメージを持つ表現です。 ですが「ご迷惑」の類義語である「ご面倒」の意味は、相手に面倒な思いをさせることを謝り、謝意を表す表現です。 したがって、「ご面倒」という表現はマイナスとプラスの両方の意味を持っている表現といえるでしょう。 使い方 「ご迷惑」を使用した敬語表現は、自分の行動や状況などが相手に対して悪影響を与えてしまっている場合に使用する表現です。 「ご迷惑をおかけしました」「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」という表現がよく使用されます。 しかし、この「ご迷惑」を使用した表現でも間違って使ってしまっている表現も存在します。 「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という表現は実は間違いです。 このような場合は前述の項目でも登場した「お手数」という表現を使って「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」という表現が使われます。 しかし、「ご迷惑」という表現が使用できないのは「お手数」という表現が相手が自分に対しての手間などに対して謝意を表す表現であります。 なので「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」といった表現は間違っているので気をつけなければなりません。 その他の表現 いかがでしたか。 「ご面倒」の使い方と例文・敬語の種類・「ご面倒」の別の敬語表現について紹介してまいりました。 「ご面倒」「お手数」「ご迷惑」といった表現は日ごろよくビジネスシーンで使用されています。 主な使用場面は、やはりビジネスシーンでの使用が多いです。 しかし時と場合、はたまた自分が当事者の立場なのか相手の立場なのかによっても使用する言語が変化します。 その時の状況において区別できるように覚えておくことが非常に大切です。 敬語とは日本語の中に存在しているが、独立性を秘めている言語です。 日本人であっても使い方がイマイチ分からなかったりするように日ごろから学ばなければならない言語のひとつです。 正しい敬語を使えるということは正しい日本語を使えるための第一歩です。 日ごろから使い方を学ぶことが非常に大切なことであると同時に正しい日本語を使える常識人になる第一歩といえるでしょう。

次の