骸骨 騎士 様 只今 異 世界 へ お 出掛け 中 漫画。 [小説]骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

骸骨 騎士 様 只今 異 世界 へ お 出掛け 中 漫画

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 ジャンル 小説 著者 秤 猿鬼 イラスト KeG 出版社 レーベル オーバーラップノベルス 刊行期間 2015年6月25日 - 巻数 既刊9巻(2019年3月時点) 漫画 原作・原案など 秤 猿鬼(原作) KeG(キャラクター原案) 作画 サワノアキラ 出版社 オーバーラップ 掲載誌 発表号 2017年2月10日配信 - 発表期間 2017年2月10日 - 巻数 既刊4巻(2019年3月時点) - プロジェクト 、 ポータル 、 『 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』(がいこつきしさま、ただいまいせかいへおでかけちゅう)は、秤 猿鬼によるの。 はKeGが担当している。 オーバーラップノベルズ()より、6月から既刊9冊(2019年3月現在)が刊行されている。 また、WEBコミックサイト『』()にて、2月から連載されている。 シリーズ累計は2020年2月時点で110万部突破。 あらすじ [ ] 主人公はオンラインゲームの世界に、自分のゲームキャラクターであるアークの姿と能力で転移した。 ゲームで装備していた最強クラスの武器防具があり、覚えていた魔法も使え、レベル255までキャラクターを鍛えていたため、アークは異世界での生活に何も不自由を感じなかった。 ただし姿形もキャラクターのままの骸骨人間状態であった。 しかしアークは深く思い悩まず気ままに異世界を旅して歩く。 第1巻ではダークエルフのアリアンに雇われ、ローデン王国の街ディエントでエルフ奪還作戦を成功させる。 第2巻では獣人の忍者チヨメの依頼で王都オーラヴに囚われた獣人を開放する。 第3巻では拐われたエルフを追って訪れた神聖レブラン帝国の街ライプニッツァで、イフリートを召喚して魔獣使いの使役するヒュドラを倒す。 第4巻では全ての呪いを解く「解呪の泉」と呼ばれる温泉を探し出す。 湯に浸かると、ゲームで骸骨姿の前に使用していたダークエルフ風の外見に一時的に戻る。 それと同時に異世界に転移してから抑制されていた1ヶ月分の感情が一気に蘇り、その精神的負荷に翻弄されて一週間昏睡する。 アークが怒り・悩み・恐れなどの負の感情に惑わされずに異世界で過ごせたのはある種の呪いであった。 感情を溜め込むことに生命の危機を覚えたアークは定期的に泉で負荷を開放することを決意する。 第5巻ではトマトやトウガラシなど地球世界と共通する食材を求めて南の大陸に赴き、虎人族の里やレブラン大帝国が支配するタジエントの街を襲う黒巨人を掃討した。 またチヨメはアンデッドとなり黒巨人を街に誘導した兄弟子、サスケを葬る。 さらにアークは巨大なカエルのような姿に変身したヒルク教国の七枢機卿のひとり、チャロス・アケーディア・インダストリアを倒した。 登場人物 [ ] アーク オンラインゲーム中に寝落ちし目覚めたら異世界に放り出されていた主人公。 ゲームキャラクターのアバターを『全身骨格』にしていたため、その姿は骸骨そのものである。 ゲームの最強装備である『ベレヌスの聖鎧』『夜天の外套』『テウタテスの天盾』『聖雷の剣(カラドボルグ)』を装備している。 レベルやステータスは最大まで成長させてあったため、異常な程のパワーがあり、ゲームでジョブである天騎士までに習得していた攻撃魔法・転移魔法・召喚魔法・回復魔法・蘇生魔法が全て使用可能である。 骸骨であることについては呪いによるものと誤魔化している。 社にあった解呪効果のあった温泉に触れたり飲んだりする事で、一時的に生身に戻る事が出来るのだが、その際、骸骨の時に感じるはずだった感情を一気に受ける為、最初に戻った際は、一週間昏睡状態となってしまった。 以後は定期的に生身に戻る事で対処している。 生身に戻った際の姿は、人族ではなく、骸骨姿にする前のアバターの姿で、褐色肌・赤目のゲームで言う所のダークエルフ風だった。 後に、ララトイアの里に所属する事になり、アーク・ララトイアと名乗る事になった。 アリアン・グレニス・メープル(アリアン・グレニス・ララトイア) 薄紫色の肌と白く長い髪、金色の瞳を持つダークエルフの女性戦士。 魔術や剣術、体術に優れている。 エルフ解放のために奔走しておりアークと出会った際に協力を依頼し、その後は一緒に行動している。 アークから渡された「獅子王の剣」を使用している。 アークのお目付け役という名目で、メープルの里から故郷ララトイアに所属を変えたため、エルフの慣習に従い名前を変えている。 チヨメ 外見は忍者であり獣耳と尻尾を持つ獣人種。 初代ハンゾウにより救助されたジンシン一族の末裔。 虐げられていた獣人たちを解放するために様々な所に潜入し、情報を集めて救出を行っており、エルフ解放の際にアークたちと出会った。 「チヨメ」は本名ではなく、代々優秀な忍者が引き継ぐ名前の一つである。 兄弟子である「サスケ」の行方を探していた。 ポンタ 綿毛狐という精霊獣で正式名称は『ベントゥヴォルピーズ』。 外見は尻尾が大きいキツネで、前足と後足の間に皮膜があり、ムササビのように風を受けて飛ぶことが出来る。 盗賊に捕まっていたのを助けられて怪我の治療を受けたことからアークに懐き、共に行動している。 他の綿毛狐とは違って人懐っこく、木の実や果物を好んで食べる。 アークの兜の上が定位置で、戦闘になると首元にやってきてマフラーのようになっている。 食べ過ぎで太ってしまい、自身の起こした風で飛び上がる事すら出来なくなった為、ダイエットをさせられた事がある。 紫電 南の大陸に生息する疾駆騎竜(ドリフトプス)と呼ばれる大型爬虫類で外見は6本足のトリケラトプスである。 元々は虎人族が所有していたが、諸事情によりアークが所有することになった。 草食であるがそのパワーはアークも本気で相手をしないと抑えられないほど強く、走る速度も6本脚によりかなり速い。 ただし、騎乗するためには力試しとして1対1で戦って勝利する事で始めて騎乗することが可能になる。 普段はアークが住居として修復を行っている社の回りで生活している。 制作背景 [ ] 本作品は秤猿鬼の最初の小説 で、2014年10月19日よりに連載している。 オーバーラップノベルス()より書籍化され、2015年6月25日に第1巻が刊行された。 以後、4~5ヶ月に1冊のペースで刊行されている。 2016年2月より、オーバーラップのWEBコミックサイト『コミックガルド』にて漫画版が連載されている。 社会的評価 [ ] 書籍第2巻・3巻・5巻がによるライトノベル週間ランキングで共に最高7位となった。 このライトノベルがすごい! 2017において「事件があれば手を貸してしまうお人好しな骸骨騎士の活躍にワクワクが止まらない。 ゲームで鍛えた剣技や魔法で悪役相手に無双する様は痛快」と評されている。 書誌情報 [ ] 小説版 [ ] 秤 猿鬼(著)、〈オーバーラップノベルズ〉、既刊9冊(2019年3月25日現在)• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 I』、2015年6月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 II』、2015年10月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 III』、2016年3月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 IV』、2016年7月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 V』、2016年11月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 VI』、2017年4月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 VII』、2017年8月24日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 VIII』、2018年3月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 IX』、2019年3月25日発行、 漫画版 [ ] サワノアキラ 原作/秤猿鬼 キャラクター原案/KeG、〈ガルドコミックス〉、既刊4冊(2019年3月25日現在)• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 I』、2017年8月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 II』、2018年6月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 III』、2018年9月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 IV』、2019年3月25日発行、 出典 [ ].

次の

漫画 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 第01

骸骨 騎士 様 只今 異 世界 へ お 出掛け 中 漫画

その姿とは、見た目は鎧、中身は全身骨格の骸骨騎士!? 目立たず傭兵として過ごすことを決意したアークだが、目の前の悪事は捨て置けなかった。 襲撃された貴族の美少女たちを救出! 軍隊出動レベルのモンスターを討伐!! と、ゲームで鍛えたスキルで快刀乱麻の大活躍! そんなある日、彼はダークエルフの美女アリアンに雇われ、囚われたエルフ族の奪還作戦に協力することに。 幽霊船で同族? を討伐!? と、空前絶後の大冒険! そして、アークはついに目的地に到着するも、なんとそこは……温泉!? 一方、エルフ族との交易を目論むローデン王国第二王女・ユリアーナは、策謀を張り巡らせ覇権を狙う第一王子・セクトに相対するーー! まだ見ぬ食材を求め、新天地へお出掛けすることになった骸骨騎士のアーク。 精霊獣のポンタ、ダークエルフの美女戦士アリアン、獣耳忍者少女チヨメのお馴染みのメンバーに、さらに筋骨隆々の獣人の戦士ゴエモンも加わり、安穏無事な旅になるはずだった。 恐竜モドキと素手で対決!? と、今まで以上に、何でもありの珍道中! 希少品のトウガラシを求め、虎人族の里に辿り着いたアーク達。 しかしそこは黒い巨人に襲撃され、多くの虎人が命を落とす戦場と化していた。 虎人族に助太刀するアークだが、突如謎の影による奇襲が!? 「……サ、スケ……兄さん……っ!? 圧倒的な力を人助けに役立ててきた骸骨騎士のアーク。 拠点の社からエルフ族の里に戻ったアークは、精霊獣のポンタ、ダークエルフの美女戦士アリアン、獣耳忍者少女チヨメに、疾駆騎竜 ドリフトプス の紫電を加え、チヨメの兄弟子サスケの真意を探るべく「ヒルク教国」へお出掛けすることになる。 船室で仲間の着替えシーンに遭遇!! と、波乱含みの船旅に。 なんとか上陸できたアークは、道中で蜘蛛の化け物に襲われる馬車に遭遇。 人外じみた力で化け物を倒し、ノーザン王国第一王女・リィルを助け出す。 そしてアークは、不死者 アンデッド の軍勢から王都を救ってほしいとリィルに依頼され……!? 「天騎士の本領を見せてやろうぞ!! ついに「天騎士」の力を解き放った骸骨騎士のアーク。 ノーザン王国の王都を襲撃する不死者の大軍勢を葬り、精霊獣のポンタ、ダークエルフの美女戦士アリアン、獣耳忍者少女チヨメ、そしてアークに王都の救援を依頼したノーザン王国第一王女・リィルと再び合流する。 迫る化け物を瞬殺!? と、ノーザン王国に降りかかる未曽有の危機を収拾していく。 そこに現れたのは、王都に滞在していたヒルク教の枢機卿パルルモ。 体に纏わりつく死臭と穢れを見抜かれたパルルモは、禍々しい異形に変貌を遂げ、アーク達に襲いかかる。 しかしアークは「天騎士」のスキルを行使した反動に苛まれており……!? 龍王 ドラゴンロード フェルフィヴィスロッテを味方に付けた骸骨騎士のアーク。 いよいよ「ヒルク教国」との戦争に臨むアークは、精霊獣のポンタ、ダークエルフの美女戦士アリアン、獣耳忍者少女チヨメ、そしてエルフ族の戦士達とともにカナダ大森林より「ノーザン王国」へと向かう。 王子と王女の対立で板挟み!! 龍王 ドラゴンロード に乗り大空へ出発! とマイペースを崩さずに開戦を迎える。 部隊を輸送する転移座標を設けるために、ひと足先に戦場に赴いたアーク。 そこで待ち受けていたのはヒルク教国の教皇にしてアークと同じ異世界転移者であるタナトスだった。 「ヒルク教国」教皇タナトスと配下の七枢機卿に勝利した骸骨騎士のアーク。 行方を晦ました残る二人の枢機卿の捜索を依頼されたアークは、精霊獣のポンタ、ダークエルフの美女戦士アリアン、獣耳忍者少女チヨメとともに手掛かりを探して聖都中央の教会を目指す。 怪我人を瞬く間に治療! 助けを求める姉妹を街から救出!! と相も変わらず人助けしながら先を急ぐ。 教会へ到着したアークは隠し金庫を発見。 一方でアークは余暇を使って拠点の社の修繕を進めていた。 大工を探していたら強力な魔獣と戦うことになったり、木材の買い付けで不穏な情報を掴んだり、アークの日常はかなり刺激的!?

次の

漫画 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 第01

骸骨 騎士 様 只今 異 世界 へ お 出掛け 中 漫画

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 ジャンル 小説 著者 秤 猿鬼 イラスト KeG 出版社 レーベル オーバーラップノベルス 刊行期間 2015年6月25日 - 巻数 既刊9巻(2019年3月時点) 漫画 原作・原案など 秤 猿鬼(原作) KeG(キャラクター原案) 作画 サワノアキラ 出版社 オーバーラップ 掲載誌 発表号 2017年2月10日配信 - 発表期間 2017年2月10日 - 巻数 既刊4巻(2019年3月時点) - プロジェクト 、 ポータル 、 『 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』(がいこつきしさま、ただいまいせかいへおでかけちゅう)は、秤 猿鬼によるの。 はKeGが担当している。 オーバーラップノベルズ()より、6月から既刊9冊(2019年3月現在)が刊行されている。 また、WEBコミックサイト『』()にて、2月から連載されている。 シリーズ累計は2020年2月時点で110万部突破。 あらすじ [ ] 主人公はオンラインゲームの世界に、自分のゲームキャラクターであるアークの姿と能力で転移した。 ゲームで装備していた最強クラスの武器防具があり、覚えていた魔法も使え、レベル255までキャラクターを鍛えていたため、アークは異世界での生活に何も不自由を感じなかった。 ただし姿形もキャラクターのままの骸骨人間状態であった。 しかしアークは深く思い悩まず気ままに異世界を旅して歩く。 第1巻ではダークエルフのアリアンに雇われ、ローデン王国の街ディエントでエルフ奪還作戦を成功させる。 第2巻では獣人の忍者チヨメの依頼で王都オーラヴに囚われた獣人を開放する。 第3巻では拐われたエルフを追って訪れた神聖レブラン帝国の街ライプニッツァで、イフリートを召喚して魔獣使いの使役するヒュドラを倒す。 第4巻では全ての呪いを解く「解呪の泉」と呼ばれる温泉を探し出す。 湯に浸かると、ゲームで骸骨姿の前に使用していたダークエルフ風の外見に一時的に戻る。 それと同時に異世界に転移してから抑制されていた1ヶ月分の感情が一気に蘇り、その精神的負荷に翻弄されて一週間昏睡する。 アークが怒り・悩み・恐れなどの負の感情に惑わされずに異世界で過ごせたのはある種の呪いであった。 感情を溜め込むことに生命の危機を覚えたアークは定期的に泉で負荷を開放することを決意する。 第5巻ではトマトやトウガラシなど地球世界と共通する食材を求めて南の大陸に赴き、虎人族の里やレブラン大帝国が支配するタジエントの街を襲う黒巨人を掃討した。 またチヨメはアンデッドとなり黒巨人を街に誘導した兄弟子、サスケを葬る。 さらにアークは巨大なカエルのような姿に変身したヒルク教国の七枢機卿のひとり、チャロス・アケーディア・インダストリアを倒した。 登場人物 [ ] アーク オンラインゲーム中に寝落ちし目覚めたら異世界に放り出されていた主人公。 ゲームキャラクターのアバターを『全身骨格』にしていたため、その姿は骸骨そのものである。 ゲームの最強装備である『ベレヌスの聖鎧』『夜天の外套』『テウタテスの天盾』『聖雷の剣(カラドボルグ)』を装備している。 レベルやステータスは最大まで成長させてあったため、異常な程のパワーがあり、ゲームでジョブである天騎士までに習得していた攻撃魔法・転移魔法・召喚魔法・回復魔法・蘇生魔法が全て使用可能である。 骸骨であることについては呪いによるものと誤魔化している。 社にあった解呪効果のあった温泉に触れたり飲んだりする事で、一時的に生身に戻る事が出来るのだが、その際、骸骨の時に感じるはずだった感情を一気に受ける為、最初に戻った際は、一週間昏睡状態となってしまった。 以後は定期的に生身に戻る事で対処している。 生身に戻った際の姿は、人族ではなく、骸骨姿にする前のアバターの姿で、褐色肌・赤目のゲームで言う所のダークエルフ風だった。 後に、ララトイアの里に所属する事になり、アーク・ララトイアと名乗る事になった。 アリアン・グレニス・メープル(アリアン・グレニス・ララトイア) 薄紫色の肌と白く長い髪、金色の瞳を持つダークエルフの女性戦士。 魔術や剣術、体術に優れている。 エルフ解放のために奔走しておりアークと出会った際に協力を依頼し、その後は一緒に行動している。 アークから渡された「獅子王の剣」を使用している。 アークのお目付け役という名目で、メープルの里から故郷ララトイアに所属を変えたため、エルフの慣習に従い名前を変えている。 チヨメ 外見は忍者であり獣耳と尻尾を持つ獣人種。 初代ハンゾウにより救助されたジンシン一族の末裔。 虐げられていた獣人たちを解放するために様々な所に潜入し、情報を集めて救出を行っており、エルフ解放の際にアークたちと出会った。 「チヨメ」は本名ではなく、代々優秀な忍者が引き継ぐ名前の一つである。 兄弟子である「サスケ」の行方を探していた。 ポンタ 綿毛狐という精霊獣で正式名称は『ベントゥヴォルピーズ』。 外見は尻尾が大きいキツネで、前足と後足の間に皮膜があり、ムササビのように風を受けて飛ぶことが出来る。 盗賊に捕まっていたのを助けられて怪我の治療を受けたことからアークに懐き、共に行動している。 他の綿毛狐とは違って人懐っこく、木の実や果物を好んで食べる。 アークの兜の上が定位置で、戦闘になると首元にやってきてマフラーのようになっている。 食べ過ぎで太ってしまい、自身の起こした風で飛び上がる事すら出来なくなった為、ダイエットをさせられた事がある。 紫電 南の大陸に生息する疾駆騎竜(ドリフトプス)と呼ばれる大型爬虫類で外見は6本足のトリケラトプスである。 元々は虎人族が所有していたが、諸事情によりアークが所有することになった。 草食であるがそのパワーはアークも本気で相手をしないと抑えられないほど強く、走る速度も6本脚によりかなり速い。 ただし、騎乗するためには力試しとして1対1で戦って勝利する事で始めて騎乗することが可能になる。 普段はアークが住居として修復を行っている社の回りで生活している。 制作背景 [ ] 本作品は秤猿鬼の最初の小説 で、2014年10月19日よりに連載している。 オーバーラップノベルス()より書籍化され、2015年6月25日に第1巻が刊行された。 以後、4~5ヶ月に1冊のペースで刊行されている。 2016年2月より、オーバーラップのWEBコミックサイト『コミックガルド』にて漫画版が連載されている。 社会的評価 [ ] 書籍第2巻・3巻・5巻がによるライトノベル週間ランキングで共に最高7位となった。 このライトノベルがすごい! 2017において「事件があれば手を貸してしまうお人好しな骸骨騎士の活躍にワクワクが止まらない。 ゲームで鍛えた剣技や魔法で悪役相手に無双する様は痛快」と評されている。 書誌情報 [ ] 小説版 [ ] 秤 猿鬼(著)、〈オーバーラップノベルズ〉、既刊9冊(2019年3月25日現在)• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 I』、2015年6月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 II』、2015年10月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 III』、2016年3月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 IV』、2016年7月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 V』、2016年11月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 VI』、2017年4月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 VII』、2017年8月24日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 VIII』、2018年3月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 IX』、2019年3月25日発行、 漫画版 [ ] サワノアキラ 原作/秤猿鬼 キャラクター原案/KeG、〈ガルドコミックス〉、既刊4冊(2019年3月25日現在)• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 I』、2017年8月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 II』、2018年6月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 III』、2018年9月25日発行、• 『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 IV』、2019年3月25日発行、 出典 [ ].

次の