エンダー ドラゴン 倒 した 後。 【マインクラフト】エンダードラゴンの倒し方!安全に攻略!

【マイクラPE】エンドへ行く方法とエンダードラゴンの倒し方

エンダー ドラゴン 倒 した 後

前回のあらすじ こんにちは、Hiroです。 前回は見つけた要塞を探検しました。 よくわからない建造物や図書館など探検していてとても楽しい要塞でした。 そしてなんといってもエンドへのポータルが見つかったのが良かったです。 用意していたエンダーアイもはめ込み、エンドへの準備はバッチリです。 私がエンドにならないようにエンドへ行きます!! ・ ・・ ・・・ あ、ツッコミ待っていたけど出先だからブキカジさんいなかったわ(笑) エンドについて まずは軽くエンドについてふれておきます。 エンダードラゴンがいる• エンダードラゴンのいる場所以外は奈落になっている• ドラゴン以外はエンダーマンしかいない• エンダードラゴンを倒さないと帰れない です。 重要なのはエンダードラゴンがいて、それを倒さないと帰れないということですね。 エンダードラゴンに挑む前にしっかりと情報を知っておきましょう。 エンダードラゴン エンダードラゴンには下記のような特徴があります。 エンダークリスタルがあると体力を回復する• 攻撃を受けると上空に吹き飛ばされる です。 なんかVitaとかPS版より強くなったという噂ですから気を引き締めていきましょう。 以前の記事で落下耐性をブーツのエンチャントでおすすめをしましたが、理由はここにあります。 上空に吹き飛ばされてそのまま落ちるとほぼ死亡してしまいますから。 そのため、 エンダークリスタルを壊すことがエンダードラゴンを倒す一番の近道です。 持ち物チェック それではエンダードラゴンに挑むために用意する持ち物を紹介します。 力のポーション(攻撃力アップ)• 雪玉(クリスタル壊すため)• エンダーパール(上空に飛ばされた時無事に地上にワープさせるため)• 空のビン(ドラゴンブレスをとるため)• 弓(無限だとなおよし)• ツルハシ(クリスタルが柵で囲まれているため)• 剣(弓が効かない時のため)• ピストンとレッドストーントーチ(ドラゴンの卵入手のため) です。 持っていく理由も一緒に書いておいたので参考にしてみてください。 まさかこんなに遠くにスポーンさせられるとは! ちょっとしたイジメですよ。 なんせ、奈落に落ちてしまったらアイテム回収できませんからね。 画像のように常にドラゴンはクリスタルからパワーを受けて体力を回復しています。 まずはクリスタルを破壊しましょう。 いい弓がない時には雪玉でも壊せます。 ただ、新しいバージョンからクリスタルは鉄の柵で囲まれているものも出てきたので、わざわざ登って柵を壊してクリスタルを壊さないといけなくなりました。 ここで空のビンを使うとドラゴンブレスが入手できます。 あとで醸造台で使います。 ドラゴンの攻撃に上空へ吹き飛ばすものがあります。 落ち着いて地上に向かってエンダーパールを投げましょう。 ワープをする形になるので、最小のダメージで切り抜けられます。 ただ、落下耐性のいいものがあれば管理人は特に死ぬことはありませんでした。 この時弓を弾きます。 無駄な努力を続けたのが画像に出てますね(笑) ですので、 ここは力いっぱい最強に鍛えた剣でタコ殴りましょう(笑) というか、ぶっちゃけてしまうと力のポーションを飲んで殴ったほうがダメージが高いです。 これをアイテムとして入手する方法はこちら。 砂をアイテム化する時と理屈は一緒ですね。 最初から設置されている松明で卵をアイテム化します。 今回は触れませんが、ちょっと紹介。 ちなみに現実世界に帰るにはあの宇宙のようなワープゾーンに飛び込むと帰れます。 初めての時にはエンドロールが流れます。 エンドラ討伐はマイクラの1つの目標ですよね。 なかなか強いですが、やりがいがあります。 準備をしっかりして挑んでみてください。 ここまで読んでくださった方ありがとうございます。 よろしければコメントで感想やアドバイスをよろしくお願いします。

次の

【マイクラ】エンダードラゴンを復活させよう!やり方を簡単に解説!

エンダー ドラゴン 倒 した 後

長かったマイクラもついにラスボスです! エンダードラゴン討伐に持っていく物 エンダードラゴンはかなりの強敵です。 しっかり準備して挑みましょう。 オススメ防具• ダイヤのヘルメット• ダイヤのプレート• ダイヤのレギンス• ダイヤのブーツ 基本はダイヤ装備にしましょう。 エンダードラゴンは非常に攻撃力が高いのでしっかり装備を固めます。 エンチャント「ダメージ軽減」があると楽になります。 また高所での作業があるのでブーツに「落下耐性」が付いていると良いでしょう。 エンチャントがあれば楽ですが、一応無くても何とかなります。 オススメ武器• ダイヤの剣• 弓と矢(128本ほど) エンダードラゴンに攻撃するための武器です。 エンチャント「ダメージ増加」を付ければさらに効率よくダメージを与えられます。 弓矢は攻撃の他に、高所にあるブロックを壊すのにも使います。 エンチャント「無限」があれば弓矢を無限に撃てるようになりますが、128本ほど用意しておけば十分足ります。 力のポーション 力のポーションを飲めばさらに攻撃力を上げることができます。 ただし時間制限がありますので(1分30秒~)短期決戦になる剣の場合に有効です。 弓で戦う場合は長期戦になりますので、ポーションはオススメしません。 大量の梯子、もしくは砂• ツルハシ• 水バケツ 後程詳しく説明しますが高所にあるブロックを壊すのに使います。 梯子か砂どちらかを使って登ることになりますが、砂の方がお手軽でオススメです。 高所に登っている最中エンダードラゴンに攻撃されて落とされることがありますが、下に水を流しておけばダメージを0にすることができます。 回復アイテム• 体力回復用の食糧(沢山)• 治癒のポーション• 再生のポーション エンダードラゴンはとにかく長期戦になります。 沢山ダメージを受けるので回復アイテムも沢山用意しましょう。 基本は食事で大丈夫ですが、緊急回復用に「治癒のポーション」もしくは「再生のポーション」も持っておきましょう。 ポーションは食事と違ってすぐさまHPを回復してくれます。 不死のトーテム• エンダーチェスト もしもの時の保険アイテムです。 不死のトーテムは(どちらかの手に持っている場合のみ)死亡時に即復活することができます。 貴重な装備を着込んで戦うことになりますので、あれば心強いです。 一度使うと不死のトーテムは壊れます。 不死のトーテムは手に持っていないと発動しないので注意してください!(所持品にあるだけでは効果がありません。 ) もう一つがエンダーチェストです。 どうしても勝てない時にエンダーチェストに貴重品をしまっておくことができます。 アイテムを収納したら自身は死亡することで表世界に戻ることができます。 ジ・エンドに入る前の注意! ジ・エンドは一度入ったらエンダードラゴンを倒すまで出られません。 「様子見でちょっとだけ入ってみよう」とやってしまうと出られなくなります。 入る際はしっかりと準備し「必ずエンダードラゴンを倒して帰る!」ぐらいの気持ちで行きましょう。 ちょっとだけ見学したい場合はツルハシ一本と足場になるブロックだけ持っていきましょう。 ワープ先が地中だったり空中だったりすることがあるのでツルハシと足場ブロックが必要になるのです。 黒曜石の足場(初期ワープ先) エンドポータルからジ・エンドに飛ぶと「黒曜石の足場」の上にワープします。 「黒曜石の足場」の生成される位置はランダムなので画像のように空中に放り出されることもあれば、地中に埋まっている場合もあります。 「黒曜石の足場」の上にはチェスト等が置けません。 次回ジ・エンドに入った際に全て消えてしまいますので注意してください。 チェストや作業台は少し離れた所に置きましょう。 初めてジ・エンドに入った時「黒曜石の足場」の上にチェストとか作業台置いてたんですが、次回入ったら全て消えてました…。 ベッドで寝ると爆発する ネザー世界と同様ですが、ジ・エンドにベッドを設置して寝ようとすると爆発します。 即死級のダメージを受けますので注意しましょう。 浮島から落ちたら即死 浮島の下は全て奈落になっており、落ちたら即死します。 当然アイテムも落下して消失してしまうので全ロスト確定です。 落ちないように十分注意しましょう。 エンダードラゴンの倒し方 それではいよいよエンダードラゴンと戦っていきます! エンダードラゴン攻略の流れ まずはエンダードラゴンの基本的な動きについて解説します。 ジ・エンドではこのように円の形に巨大な塔が生成されています。 エンダードラゴンはこのように塔の周囲を飛び回りながら、たまに中心に寄ってきて止まります。 この周囲の塔の上にはエンダークリスタルが設置されており、エンダードラゴンが近づくと線のような物が出て回復しています。 そのため、まずはエンダークリスタルを全て破壊しなければなりません。 エンダークリスタルを破壊する エンダードラゴンの回復を阻止するため、まず初めにエンダークリスタルを全て破壊しなければなりません! エンダークリスタルを破壊するのにオススメなのは弓矢です! このように下から狙えば、塔を登らずに破壊することができます。 しかし、エンダークリスタルの中には鉄柵のついている物があり、これは弓矢では壊せません。 しっかりと登ってツルハシで鉄柵を壊しましょう。 塔には梯子か砂を使って登ります。 砂の方が扱いやすいのでオススメです。 塔に登っている最中もエンダードラゴンがブレス攻撃をしてきます。 ブレス攻撃に当たると落下してしまい、最悪落下ダメージで死んでしまいます。 足元に水を撒いておくと落下ダメージを0にできるのでオススメです。 上に登ったらツルハシで鉄柵を壊しましょう。 この時、密着した状態でエンダークリスタルを攻撃してはいけません!ツルハシでちょっと触れただけでもアウトです! エンダークリスタルは攻撃すると大爆発します。 塔の上は足場が狭いので、もろに爆発のダメージを受けてしまいます。 このように、鉄柵だけ壊して下から弓矢で狙うのが一番安全でオススメです。 あとはエンダードラゴンを攻撃するだけ! エンダークリスタルを破壊したらあとはエンダードラゴンを攻撃するだけです! エンダードラゴンは中央に置かれた噴水のような物に止まる習性をもっています。 普段は飛び回っていて攻撃できませんが、この中央に止まった時がチャンスです!安全に倒したい場合は弓矢で、短期決戦で行きたい場合は剣で攻撃しましょう(剣で攻撃する場合は足場を組まないと攻撃が届かないので注意!) チクチクと長時間攻撃してついにエンダードラゴンを倒しました!演出がかっこいい! エンダードラゴン撃破時に大量の経験値オーブが降ってきます。 約70レベル分の経験値です、すごい。 帰る時は エンダードラゴンを倒すと中央のオブジェにエンドポータルのようなゲートが開いています。 ここに入ると表世界に帰ることができます。 表世界で最後に眠ったベッドに戻ります(ベッドが無い場合は初期スポーン地点)。 まとめ 今回はエンダードラゴンの安全な倒し方をご紹介しました。 エンダードラゴンは周囲の塔から出る光で回復してしまうので、まず初めにこれを壊さなければいけません。 下から弓矢で狙うと良いでしょう。 柵が付いているエンダークリスタルはツルハシで柵を壊しましょう。 エンダークリスタルを全て破壊したらあとはエンダードラゴンを攻撃するだけです、剣か弓矢で直接攻撃しましょう。 ジ・エンドは一度入るとエンダードラゴンを倒すまで出られないので注意!• エンダードラゴンは強敵なのでしっかりと装備を固めていきましょう。 エンダードラゴンはエンダークリスタルから出る光で回復します、まずはエンダークリスタルを全て破壊しましょう。 エンダークリスタルは弓矢で狙うのがオススメです。 鉄柵が付いているエンダークリスタルは、登ってツルハシで壊しましょう。 エンダークリスタルを全て破壊したら、後はエンダードラゴンを攻撃するだけです!• エンダードラゴンを倒すと、表世界に戻るゲートが出現します。 アクションゲーム苦手な私でも、先ほどなんとかエンダードラゴンを倒せました。 ダイヤ装備を揃え、ポーションや食事を用意して挑んだもののあっさり奈落に落ちて全ロスし、やる気を失いかけましたが、 いろいろ調べた所、強い弓さえあれば鉄装備でも十分との事。 釣りで弓を入手し(エンチャントの入れ食いや宝釣りがあると楽)弓を強化。 私は耐久3無限1パワー4まで付けました。 食事はパンで十分です。 力や回復のポーションも用意しましたが結局使いませんでした。 装備は全てアイアンで、頭だけ飾りカボチャを被ります。 視界が狭くなりますがエンダーマンに絡まれなくなるのはかなり大きいです。 しかし視界が狭くなり奈落に落ちやすくなるので、暗視ポーション使用がお勧めです。 松明を置いて明るくするのも有効でした(戦ってるうちに慣れて暗視切れてもいけましたが) まず準備として足場の砂とツルハシ、カボチャのみで入り、囲われたクリスタルに登り殴って死亡し壊します(2箇所) 後は装備や食事を持って入り、常に動く事を心掛け、ドラゴンの攻撃をかわしつつ残りのクリスタルを弓で破壊します。 なるべくドラゴンの位置を把握し続けるのがポイントです。 ちょっと当たるくらいでも動き続ければエンチャ無しの鉄装備で十分に攻撃に耐えられます。 ドラゴンは中央に止まってるときに弓で撃つのが安全ですが、剣で殴ればもっと早く倒せる感じでした。 ご参考までに。 昨日の記録を見返した所、ダイヤ装備全ロスの後でつい村人を殴ってしまい、 その時点でゴーレム対策のため難易度をピースフルに変更した事を失念しておりました。 マイクラはスイッチ(統合版)でプレイしていますが、ピースフルの場合エンダーマンは出ません。 お腹も減らず、ドラゴンは襲ってきますが攻撃は軽くなっています。 どうりで・・・ なので昨日の書き込みの食事、ポーションについては他の難易度の場合、充実させる必要があります。 逆に言えばピースフルにすればエンダードラゴンはかなり楽に倒せるという事ですね。 エンダーマンが出ないのでカボチャ被る必要もなく、強い弓・・・いや、時間をかけて良いなら鉄の剣数本でもいけそうです。 (倒せば経験値も卵も普通に手に入りました) 装備については攻撃を避けさえすれば他の難易度でもアイアンでいけると思います。 奈落に落ちたら死ぬのはどの難易度も一緒なので、落下にだけは注意してください。

次の

【マイクラ】エンダードラゴンの倒し方を解説!やることは意外とシンプル | ひきこもろん

エンダー ドラゴン 倒 した 後

エンダードラゴンを復活させる 一度エンダードラゴンを倒してしまっても、もう一度エンダードラゴンを復活させ倒すことができます。 それには、 「エンドクリスタル(PE:果てのクリスタル)」が4つ必要です。 エンドクリスタルは岩盤と黒曜石の上にしか置くことのできないアイテムで、叩くと爆発します。 オブジェとして利用する以外にはあまり使い道が無いアイテムです。 もっとも有効な使い道が、エンダードラゴンを復活させることなんですね。 エンドクリスタルの作り方• ガストの涙はネザーにいるガストから入手できますが、ちょっぴり大変です。 ガストについて ガストはネザーの広い空間にスポーンします。 浮いていて倒すのが厄介なので、倒し方などをこちらの記事にまとめています。 ジ・エンドに行く エンドクリスタル4つと、エンダードラゴンを倒すための準備が整ったらジ・エンドに行きましょう。 すでに見つけてある、エンドポータルから向かいます。 「まだエンダードラゴンを倒したことが無い」もしくは、「久しぶりなので倒し方を忘れた」という時はこちらの記事に攻略手順を紹介していますので参考にしてください。 エンダードラゴンの巣にエンドクリスタルを置く エンダードラゴンの巣の中央の、オーバーワールドに帰るポータルがあるところにエンドクリスタルを配置していきます。 エンドクリスタルを配置する場所はこの通り。 上下左右の岩盤の中央に一つずつおいていきます。 4つ目を置くと、まず初めに壊されていた(壊していた場合)黒曜石の柱のエンドクリスタルが復活します。 配置したエンドクリスタルから、光が伸びていきエンドクリスタルが爆発と共に復活していきます。 鉄格子で守られているタイプのエンドクリスタルも復活します。 すべてのエンドクリスタルが復活すると、エンダードラゴンがついに復活します。 あとは戦うだけです! ちなみに 一度にエンダードラゴンは複数体出せるのでしょうか、その答えは「NO」です。 エンダードラゴンが生きている間に、エンドクリスタルをもう一度配置しても2体目のエンダードラゴンは現れません。 復活したエンダードラゴンを倒す 復活させたエンダードラゴンを倒すと、またたくさんの経験値がもらえます。 しかし、ドラゴンの卵は入手できません。 復活討伐とそのメリット ドラゴンを討伐すると、2つ目のエンドゲートウェイポータルが生成されます。 このポータルはジ・エンドの外縁部分に行くためのポータルです。 ジ・エンドの外縁部分の浮島には、エンドシティやエリトラのある、エンドシップなどが生成されています。 エンドシップが生成される間隔は近い場合も遠い場合もあります。 ジ・エンドのおおまかな見取り図 ジ・エンドの外縁部分の探索と攻略について書いています。 エンドシップが遠い場合を想定して、新しいポータルを使って行けば前のポータルとはまた違う浮島に出られます。 そこでエンドシップを探せば見つかる確率も高いハズ。 すでに見つけてあるエンドシップから、新しいエンドシップを探そうと思えば、最悪1000ブロック単位の距離を足場を作って移動しなければならない可能性もあります。 だから新しく生成されたポータルを使えば、それだけラクになるということです! すでにエリトラを持っている方はそれで飛んでいけば良いので、わざわざエンダードラゴンを復活させてまでするメリットは無いと思います。 けれど、滑空ミスによる事故死(奈落に転落)を防げるかもしれません。 進捗埋めをしている方には、「おしまい... 」が達成できます。 エンドゲートウェイポータルの数 エンダードラゴンを復活させるたびに、エンドゲートウェイポータルは増えていきます。 生成される数は20が限度です。 それ以上は復活させても生成されません。 あんまり数が増えると、どれが増えたのかわからなくなるので目印を立てておきましょう。 コマンドでエンダードラゴンを召喚 エンダードラゴンを復活させる、2つ目の方法はチート可な人向けです。 コマンドによって召喚させます。 すでにエンダードラゴンが召喚されている場合でも、2体目、3体目の召喚が可能です。 エンダードラゴン復活のまとめ• エンドクリスタル4つが必要• エンドクリスタルを上下左右に配置• 復活させると進捗「おしまい... 」が進む• 討伐すると、エンドゲートウェイポータルが生成 エンドシティ探しをしているときに、なかなか見つからなくてもっとラクに見つけられないか、と考えていたときに見つけた方法です。 残念ながらめちゃくちゃ簡単でもラクでも無いですが、当て所なく暗いジ・エンドをさまようよりは良いかもしれませんね。

次の