渋谷 東急 プラザ。 東急プラザ酒井歯科室|渋谷駅すぐの歯科医院|東急プラザ酒井歯科室

とんかつとんQ東急プラザ渋谷店

渋谷 東急 プラザ

各路線改札からの所要時間 渋谷駅あるあるなのですが、混雑を考慮すると、以下の1. 5倍から2倍かもです。。 渋谷駅の距離感はちょっと特殊です。。 起点となる改札 歩行距離 徒歩で何分 190m 3分 130m 2分 140m 2分 130m 2分 650m 10分 340m 5分 290m 4分 280m 4分 330m 5分 150m 2分 140m 2分 190m 3分 180m 3分 180m 3分 90m 1分 渋谷フクラスってどんなところ? 一言でいうと「40代以上」向けの施設 運営側では「あえて言うなら40代以上」というプランで店舗構成等しているようです。 もちろん年齢で区切るのはちょっと乱暴なのかもですが、若者の街の渋谷駅周辺エリアなかでは異質になりそうです。 2Fから8F、17F、18Fが東急プラザエリアですので、東急プラザ銀座とか表参道に近い雰囲気はあるのかもです。 特徴的なテナントは以下 「shibuyasan」 「ペッパーパーラー」 「東急プラザ」 ・shibuyasan 1Fのバスターミナルに乗り入れる空港バスの出入り口には主に外国人用のサポート施設ができるようです。 渋谷駅周辺では、英語が通じるお店は多いですが、「観光案内のサポートが出来ますよ」という場所が、バスターミナル内に出来るのはバス利用者、観光客としては安心ですよね。 渋谷フクラスの1F、リムジンバスの乗り場前に位置しています。 しかも営業時間もこういった施設にしては珍しい23時まで。 渋谷フクラスは外国人の方がなにげに集まるエリアになるのでは。。 ・ペッパーパーラー 5Fのワッフル系のカフェ pepperparlor 人型ロボットがいますが、、注文を受けてくれるわけではないです。 画面の説明をたまにする程度、、現状はまだ客寄せパンダ的な感じにしかみえないです。 この半円のエリアは隣の席との敷居代わりになっているので、プライベート感があってリラックスできそうです。 でも、、一人の方はきついかな。。 スターバックスみたいに平机がありますが、全部埋まっていました。 なんか窮屈そうで、あの場所では作業はしたくないかもです。 壁ぎわに一人用の席があるにはありますが、3席のみ。 結構快適そうです。 印象としては、年齢高めのせいなのか?おっきい声で喋っている人はいなかったです。 ・東急プラザ 運営側では、渋谷から遠のいてしまった人たち、年代の人が、再度足を運ぶようになることを目指しているとのことです。 都心の東急プラザで似てるのは東急プラザ銀座と雰囲気的に近くなるのかなぁと思います。 100円ショップとか、食べ放題的なお店は当然なくて、敷居が高いな。 というイメージになるかと。 報道資料には17、18Fは大人の社交場という言い方をしていますし、セラビィがその象徴なんだと思います。 ちなみに、マークシティ周辺(井の頭線の西口周辺)は、昭和な感じのお店も多く、フクラスのラグジュアリー感と違和感がある?ような気も。 「シブニワ」からの眺めは? 360度展望ではなく、北側と東側のみです。 渋谷フクラスの立地だとちょうど東側には渋谷スクランブルスクエアというでかいビルが目の前に出来てしまっているので、眺望にはちょっと邪魔です。 シブニワ(17F)から「東側」の眺望 (正面に見えるのが渋谷スクランブルスクエア東棟) 「北東」側はこんな感じ スカイツリーは分かりやすい感じで見えます。 手前のドーム場の建物が新国立競技場です。 「北」側はこんな感じ 新宿の高層ビル郡と明治神宮の森林郡が見えます。 右手前のアーチ部分は工事中の宮下公園です。 「西」側は富士山が見える方角なのですが、シブニワからは東側の景色しかみることができません。 西側の富士山見るならスクランブルスクエアの渋谷スカイからですね。 参考: 北側はスクランブル交差点が見下ろすことができるのですが、、いい感じの角度ではないですね。 渋谷で最も高いスクランブルスクエアの屋上(渋谷スカイ)の方が、遠くの景色はダイナミックに見れそうです。 渋谷スカイの規模感にはかなわないですね。 参考:渋谷スカイへの行き方 観光支援施設(shibuyasan) 観光案内所ではなく、観光支援施設という呼び方を運営側ではしています。 一般的な観光案内所は、対面式のカウンターがあって、人がいなくて、英語ぐらいしか通じなくて、営業時間も19時ごろが終了みたいな感じですよね。 渋谷フクラスの「shibuyasan」では外国人留学生が観光コンシェルジュとして常駐。 営業は23時まで、しかもバーまで設置です。 あと観光客同士でコミュニケーションが取れる施設にしたいようです。 個人的な印象はユースホステル的な感じが近いかもです。 wifi、手荷物預かりも完備しています。 デジタルハチ公(ハチ公SQUARE) 2Fエントランスホールが新しい待ち合わせ場所になりそうです。 今後、渋谷フクラスの建物は建設予定の駅ビルとなる「スクランブルスクエア渋谷の西棟」と2Fデッキで連結する予定なので、このエリアは人の出入りが多くなりそうです。 たくさんの人だかりから、「可愛くない・・」という声が結構聞こえて来ました。

次の

東急プラザ渋谷(渋谷フクラス)のアクセス!渋谷駅から行き方と出口

渋谷 東急 プラザ

再開発のため2015(平成27)年3月に閉館した「東急プラザ渋谷」(渋谷区道玄坂1)が12月5日、新複合施設「渋谷フクラス」内に復活した。 若者のイメージのある渋谷で、あえて「大人」をターゲットに据え、食やファッションだけでなく、健康やライフプランなども軸とし全69店舗を集積する。 この日はオープン前から100人以上が並び、9時55分にドアオープンを迎えた。 旧「東急プラザ渋谷」は、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催翌年となる1965(昭和40)年6月13日に、前身となる複合ビル「渋谷東急ビル」として開業。 開業当時から営業していた店や、生鮮食品売り場、40代以上の女性向けのアパレルショップなど約90店が営業し、最終営業日には約3万人が訪れ閉館を惜しんだ。 復活した新生・東急プラザ渋谷でも、大人やシニア世代をターゲットに、「高感度」「成熟」「都会派」などのキーワードを打ち出し集客を図る。 [広告] オープニングセレモニーには、東急不動産社長の大隈郁仁社長や、長谷部健渋谷区長、女優の板谷由夏さんらが参加しテープカットを行った。 大隈社長は「4年前、49年の歴史に幕を閉じた東急プラザ渋谷が装いも新たに本日開業する。 若者の街というイメージの渋谷で『大人を楽しめる渋谷へ』をコンセプトに、多様な人々が遊べる場所を具現化したい」とあいさつ。 板谷さんは「私にとって福岡から上京して東京=渋谷というイメージ。 ここ数年、進化を遂げている渋谷に子どもたちを連れてくるたびに、懐かしさと新しさでワクワクする。 私も同じように年を重ねながら渋谷の街を見ていきたい」と話した。 東急プラザ渋谷は、「渋谷フクラス」の中でも、地上2階~8階と屋上階層の17階・18階に出店する。 「待ちに待った日が来た。 若者の街で(大人をターゲットに据える)チャレンジは冒険。 裏の中央街もますます活発になる」と期待を寄せた長谷部区長も「個人的に注目」と話した待ち合わせスポット「デジタル・ハチ公」が、玄関口の2階で客を出迎えるほか、最上階には約1200平方メートルの屋上空間「SHIBU NIWA(シブニワ)」が広がり、広場に面する形で、シンガポール「マリーナベイ・サンズ」にも出店する高級エンターテインメントレストラン「CE LA VI(セラヴィ)」が日本初出店し華を添える。 施設の「目玉」フロアとして、新たなチャレンジの場に位置付ける5階は、「シブヤライフラウンジ」をテーマに、ロボットとの共生から終活まで、「人生の集大成」に向けたライフスタイルを提案。 フロアの中心に位置し、ソフトバンクロボティクスが初めて手掛けるカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」では、ヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」5台が並んで客を出迎える店頭も見もの。 内装、プロデュースには、施設全体の商環境デザイン、ブランディングをそれぞれ手掛ける柴田陽子さん、森田恭通さんをそれぞれ起用する同店は、ヒューマノイドロボット「NAO(ナオ)」が時報代わりにダンスし、AI(人工知能)清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」が営業終了後に床を清掃。 「未来の想像が広がるカフェ」(柴田さん)を目指す。 そのほか、ビームスが「日本」をキーワードにさまざまなコンテンツをキュレーションする「BEAMS JAPAN(ビームスジャパン)」(2階)、刃物などの道具をそろえる創業227年の老舗「日本橋木屋」、月替わりで設定したテーマに沿い1カ月サイクルで4店舗が出店し、エントランスに設けたパッサーカウンター(人数計測装置)や属性推定カメラなどのセンシング機器などで客の消費行動も分析するプレミアムコンセプトストア「111-ICHIICHIICHI-」(以上、3階)、専門の購入前プログラムやスタイリッシュな展示スペースも目を引く補聴器専門店「東京ヒアリングケアセンター」(4階)などが出店。 6階・7階には食フロア「渋谷グラン食堂」をオープンし、「『日本初』のような派手さではなく、さまざまな気分でチョイスできるバラエティーあふれる13店舗」(長尾康宏総支配人)が集積。 共に老舗のうなぎ・日本料理店「鰻 渋谷松川」、すし店「ささしぐれ 築地玉寿司」(以上、6階)が旧東急プラザ渋谷からの再出店で復活を果たす。 渋谷フクラスではこのほか、17階に企業やクリエーターのスタートアップを支援し、クリエーティブコンテンツ産業や外国企業の進出の足掛かりとなる産業進出支援拠点を開設。 1階には、企業や自治体などの訪日プロモーション支援などを手掛けるJTBコミュニケーションデザイン(港区)と東急不動産が組み、総合プロデューサーにシティーガイド「タイムアウト東京」を運営する手掛けるオリジナル(広尾5)の伏谷博之社長を招く観光支援施設「shibuya-san(シブヤサン)tourist information&art center」がオープン。 施設に面したバスターミナルには、空港リムジンバスや東急バスの一部が乗り入れる。 飲食店ではほかに、1階につけ麺専門店「つじ田」やスターバックスコーヒー、レモネード専門店「LEMON by レモネードレモニカ」、プロントの新業態カフェ&バー「IL BAR(イルバール)」が11月に先行オープンしている。 東急プラザ渋谷の営業時間(一部店舗は異なる)は、物販・サービス=10時~21時、飲食・17階屋上テラス=11時~23時(屋上テラスは最終入場22時30分)。

次の

とんかつとんQ東急プラザ渋谷店

渋谷 東急 プラザ

再開発のため2015(平成27)年3月に閉館した「東急プラザ渋谷」(渋谷区道玄坂1)が12月5日、新複合施設「渋谷フクラス」内に復活した。 若者のイメージのある渋谷で、あえて「大人」をターゲットに据え、食やファッションだけでなく、健康やライフプランなども軸とし全69店舗を集積する。 この日はオープン前から100人以上が並び、9時55分にドアオープンを迎えた。 旧「東急プラザ渋谷」は、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催翌年となる1965(昭和40)年6月13日に、前身となる複合ビル「渋谷東急ビル」として開業。 開業当時から営業していた店や、生鮮食品売り場、40代以上の女性向けのアパレルショップなど約90店が営業し、最終営業日には約3万人が訪れ閉館を惜しんだ。 復活した新生・東急プラザ渋谷でも、大人やシニア世代をターゲットに、「高感度」「成熟」「都会派」などのキーワードを打ち出し集客を図る。 [広告] オープニングセレモニーには、東急不動産社長の大隈郁仁社長や、長谷部健渋谷区長、女優の板谷由夏さんらが参加しテープカットを行った。 大隈社長は「4年前、49年の歴史に幕を閉じた東急プラザ渋谷が装いも新たに本日開業する。 若者の街というイメージの渋谷で『大人を楽しめる渋谷へ』をコンセプトに、多様な人々が遊べる場所を具現化したい」とあいさつ。 板谷さんは「私にとって福岡から上京して東京=渋谷というイメージ。 ここ数年、進化を遂げている渋谷に子どもたちを連れてくるたびに、懐かしさと新しさでワクワクする。 私も同じように年を重ねながら渋谷の街を見ていきたい」と話した。 東急プラザ渋谷は、「渋谷フクラス」の中でも、地上2階~8階と屋上階層の17階・18階に出店する。 「待ちに待った日が来た。 若者の街で(大人をターゲットに据える)チャレンジは冒険。 裏の中央街もますます活発になる」と期待を寄せた長谷部区長も「個人的に注目」と話した待ち合わせスポット「デジタル・ハチ公」が、玄関口の2階で客を出迎えるほか、最上階には約1200平方メートルの屋上空間「SHIBU NIWA(シブニワ)」が広がり、広場に面する形で、シンガポール「マリーナベイ・サンズ」にも出店する高級エンターテインメントレストラン「CE LA VI(セラヴィ)」が日本初出店し華を添える。 施設の「目玉」フロアとして、新たなチャレンジの場に位置付ける5階は、「シブヤライフラウンジ」をテーマに、ロボットとの共生から終活まで、「人生の集大成」に向けたライフスタイルを提案。 フロアの中心に位置し、ソフトバンクロボティクスが初めて手掛けるカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」では、ヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」5台が並んで客を出迎える店頭も見もの。 内装、プロデュースには、施設全体の商環境デザイン、ブランディングをそれぞれ手掛ける柴田陽子さん、森田恭通さんをそれぞれ起用する同店は、ヒューマノイドロボット「NAO(ナオ)」が時報代わりにダンスし、AI(人工知能)清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」が営業終了後に床を清掃。 「未来の想像が広がるカフェ」(柴田さん)を目指す。 そのほか、ビームスが「日本」をキーワードにさまざまなコンテンツをキュレーションする「BEAMS JAPAN(ビームスジャパン)」(2階)、刃物などの道具をそろえる創業227年の老舗「日本橋木屋」、月替わりで設定したテーマに沿い1カ月サイクルで4店舗が出店し、エントランスに設けたパッサーカウンター(人数計測装置)や属性推定カメラなどのセンシング機器などで客の消費行動も分析するプレミアムコンセプトストア「111-ICHIICHIICHI-」(以上、3階)、専門の購入前プログラムやスタイリッシュな展示スペースも目を引く補聴器専門店「東京ヒアリングケアセンター」(4階)などが出店。 6階・7階には食フロア「渋谷グラン食堂」をオープンし、「『日本初』のような派手さではなく、さまざまな気分でチョイスできるバラエティーあふれる13店舗」(長尾康宏総支配人)が集積。 共に老舗のうなぎ・日本料理店「鰻 渋谷松川」、すし店「ささしぐれ 築地玉寿司」(以上、6階)が旧東急プラザ渋谷からの再出店で復活を果たす。 渋谷フクラスではこのほか、17階に企業やクリエーターのスタートアップを支援し、クリエーティブコンテンツ産業や外国企業の進出の足掛かりとなる産業進出支援拠点を開設。 1階には、企業や自治体などの訪日プロモーション支援などを手掛けるJTBコミュニケーションデザイン(港区)と東急不動産が組み、総合プロデューサーにシティーガイド「タイムアウト東京」を運営する手掛けるオリジナル(広尾5)の伏谷博之社長を招く観光支援施設「shibuya-san(シブヤサン)tourist information&art center」がオープン。 施設に面したバスターミナルには、空港リムジンバスや東急バスの一部が乗り入れる。 飲食店ではほかに、1階につけ麺専門店「つじ田」やスターバックスコーヒー、レモネード専門店「LEMON by レモネードレモニカ」、プロントの新業態カフェ&バー「IL BAR(イルバール)」が11月に先行オープンしている。 東急プラザ渋谷の営業時間(一部店舗は異なる)は、物販・サービス=10時~21時、飲食・17階屋上テラス=11時~23時(屋上テラスは最終入場22時30分)。

次の