護衛艦 わかば。 J38「1/700 海上自衛隊 護衛艦 DE

わかば (護衛艦)

護衛艦 わかば

護衛艦の幽霊 護衛艦の幽霊 私が、海上自衛隊で最期に乗艦した護衛艦がSだった。 Sは1988年に施行した護衛艦なので、とかく古い艦だった。 然るに、所謂「心霊話」が豊富だった。 曰く、艦橋上部に旧海軍士官が立っているのを見た。 曰く、艦橋上部に繋がるタラップ 梯子 の隙間に病死した司令の顔を見た。 曰く、見張り中に肩を叩かれて、振り返ると誰もいなかった、等といった具合である。 「鉄道員」で好評を博した浅田次郎氏が「自衛官は肉体を信奉しており、そういった幽霊等、およそ肉体的とは言い切れない得体の知れないものに対して畏怖をする傾向にある」と述べているのには納得した次第である。 あの話を聞いたのは、確か7月だったと記憶している。 その日、護衛艦Sは射撃訓練の為、予め指定された海域に向っていた。 当時、Sは海士が不足しており、三等海曹と言えども見張りに回される事が多かった。 私も御他聞に漏れず見張りだった。 見張りは、通常航海直で2時間、艦内哨戒第三配備が令されると3時間、立ちっぱなしで備え付けの望遠鏡を覗き込まなければならない。 日中は訓練等で気が紛れるが、深夜直では2〜3時間の仮眠しか取れないこともざらで、眼鏡の接地部に顔を預けて熟睡する二等海士が後を絶たなかった。 その日、私は2345〜0245の直に着いていた。 この時間帯の直は、睡眠時間が余り取れず、嫌われていた直であった。 私は幾度かの危ない瞬間を乗り越え、何とか寝ずに見張りの任務を全うしていた。 やがて時間が経ち、交代の人間が艦橋に上がってきた。 私と交代するのはY海曹という古い兵隊だった。 測的目標等の申し継ぎを終え、解散を命ぜられた私は、どうにも目が覚めてしまい、仕方が無くY海曹と煙草を呑みつつ他愛も無いことを喋っていた。 そして、「心霊話」へと話題が移り、その話を聞いてしまった。 20年前、横須賀にNと言う護衛艦が寄港した。 入港後、直ぐに上陸が許可され、銘々が飲み屋へと繰り出したと言う。 Aと言う海曹も、仲間と連れ立って夜の街に繰り出した。 帰艦時間が近づき、帰路に着いたAの目の前で交通事故が発生した。 若い女が車に轢かれたのだ。 発生直後、Aは女性の死体に何かしたという それは何かとY海曹も当時の先輩に聞いたそうだが、教えてもらえなかったそうだ。 兎も角常識では考えられない行動だったそうだ。 それを仲間が諌め、艦へ引っ張って帰っていった。 艦に着き、陸上に架けられているタラップを千鳥足で歩くA。 その時、舷門 停泊中の当番の立直場所 の当番は、Aの背後にぴったりと寄り添う女の姿を見たそうだ。 勿論異常なので、当番はAを呼び止め、問いただそうとしたが、既に女の姿は無かった。 Aは因縁をつけるな、と当番にビンタを張ったそうだ。 そしてNは横須賀から出港した。 その航海中、N艦内では女の幽霊が多発した。 一番最初に遭遇したのはAである。 Aが睡眠中、ベッドのカーテンがひとりでに開いたそうだ。 赤灯の薄明かりの中、目を凝らすと女が覗き込んでいた。 ベッドの淵に手を架け、無表情で覗き込んでいたらしい。 因みにAのベッドは三段の内の床から30センチも無い高さの一番下であった。 また、機関科であるAの友人が、深夜の見回りで主機室を点検した際、隅の方に女が立っていたそうだ。 無表情で、口を大きく開け、虚空を見つめながら何かを叫んでいたそうだが、エンジンの騒音で叫び声は聞こえなかったようだ。 それから、別の港に入港後、Aは失踪し、異常を感じたある幹部が関係者に事情聴取し、事が発覚。 すぐさまNの名と同じ島の神主を呼んでお払いをしてもらい、それ以降女の幽霊が出ることは無かったそうだ。 「只、今でもその女は成仏してないらしく、自衛官を見ると執着して憑くらしいぜ」 と、一番聞きたくなかったオチをつけられた私は、結局ベッドにつくことがなかなか出来なかった。 奇しくも、そのとき私のベッドは一番下だったのだ。 Good カテゴリ: 戻る HOME.

次の

J38「1/700 海上自衛隊 護衛艦 DE

護衛艦 わかば

在庫状態 : 売り切れ ・プラスチックモデルキット(未組立/未塗装) ・エッチングパーツ付 ・昭和20年3月に竣工した橘型駆逐艦「梨」は同年7月瀬戸内海にて米艦載機の攻撃により沈没しましたが、戦後引き揚げられ大規模な改造工事の上、昭和 31年5月に海上自衛隊護衛艦「わかば」として生まれ変わりました。 当初非武装で完成した「わかば」は後日76mm連装砲やヘッジホッグを装備。 昭和35 年には艦橋上にSPS-8B高角測定レーダーを搭載する等、昭和46年に除籍されるまで各種装備の実験艦として活躍しました。 ・キットは実艦同様橘型をベースとしながら、追加パーツを新金型にて作成。 高角測定レーダーの巨大なパラボラアンテナを装備した姿をモデル化いたします。 また、一部部品の選択や小改造により、各年次の状態で作成することも可能となっています。 ・キットをそのまま組むと、昭和38年頃の状態になります。 ・他の年時を作成する場合は小改造が必要となります。 ・パッケージの実艦写真と、実際の製品は異なります。 ・エッチングパーツにはマストや高角測定レーダー、艦尾爆雷ラックなどが含まれます。 ご了承ください。 次回生産の予定は現在のところございません。

次の

護衛艦

護衛艦 わかば

1945年8月15日に太平洋戦争が終結、生き残った日本海軍艦艇は戦地から将兵を引き上げさせる特別輸送艦としての任務について後、多くは戦勝国への賠償艦として引き渡され、あるいは解体、自沈などの手段で処分されました。 それでも戦後日本で生き続けた例はあり、今回はそのいくつかを紹介したいと思います。 護衛艦「わかば」 旧駆逐艦「梨」 By — , Attribution, 駆逐艦「梨」は、戦時急増型の丁型駆逐艦 松型駆逐艦 をさらに簡易化した改丁型駆逐艦 橘型駆逐艦 の10番艦として1945年3月15日に就役、第十一水雷戦隊に配属されて訓練に従事。 その後は本土決戦時に最後の反撃を行う水上戦部隊、第三十一戦隊に配属されて、訓練や対空戦闘に従事しますが、 7月28日呉軍港空襲で多数のロケット弾が命中。 浸水の増大で沈没しました。 それから9年後の1954年9月に海底から引き上げられた結果、状態良好として復旧工事が行われ、創設されたばかりの海上自衛隊で 乙型警備艦 沿岸用護衛艦 DE-261として1956年5月に再就役しています。 その際、ひらがな艦名が採用されている海上自衛隊で 護衛艦「なし」では 名前が「無し」と思われそうなことから、 「わかば」と改名。 一応警備艦 護衛艦 籍にはあったものの、長年海水に浸かっていた戦時急増駆逐艦ということもあって、通常の護衛艦のように使役するのには向いておらず、 実際には各種装備の実験艦として使われました。 部品の欠乏や状態の悪化により結局短命で、再就役から15年後の1971年には除籍、1975年に解体。 「おじか」型巡視船 旧海防艦「日振」型および「鵜来」型 By — 掃海OB等の集い 世話人会 2012-09-30. in 日本語 PDF. Retrieved on 2013-03-13. , Attribution, 対空・対潜能力に優れた大型の甲型海防艦として量産された 日振型、鵜来型海防艦は1944年から1945年にかけて29隻が建造され、20隻が終戦時も残存していました。 武装を解除された上で復員用の特別輸送艦や進駐軍の連絡船、海軍省の後処理組織である第二復員省所属の掃海艦として機雷除去任務に従事するなどして、戦後も多くが活動を続けています。 その後は賠償艦として戦勝国に配分されたものを除き運輸省へ移管して 定点気象観測船となった5隻が1954年に海上保安庁に移管されて、巡視船となりました。 該当するのは以下の5隻です。 おじか 旧「生名」、以下同様 、あつみ 竹生 、さつま 鵜来 、つがる 新南 、こじま 志賀。 老朽化と後継巡視船の建造で1962年から1966年にかけて相次ぎ解役されますが、「こじま」のみ千葉市の海洋公民館として1993年まで使われ、1998年に解体されました。 かささぎ型巡視船 旧「第一号」型駆潜特務艇 沿岸防御や雑務用の小型艇として203隻が建造された駆潜特務艇の残存艇は、木造で磁気感応式機雷に強いことから戦後も機雷掃海任務に多くが従事し 、海上保安庁掃海船時代にはGHQの命令で朝鮮戦争にも従事しました。 そのうち35隻が海上保安庁の巡視船となり、うち25隻はさらに海上自衛隊に転籍しましたが、最後の巡視船「ほおじろ」 旧第71号駆潜特務艇 が除籍されたのは1963年12月25日と、意外に長く使われています。 「ちよづる」型 旧「第一号」型駆潜特務艇 、「うきしま」型 旧「第一号」型哨戒特務艇 掃海艇 By — , Attribution, 写真はちよづる型「ひよどり」 前述の駆潜特務艇と、やや大型の哨戒特務艇のうち、前者25隻が「ちよづる」型、後者10隻が海上保安庁と、その後転属した海上自衛隊で 掃海艇として使用。 さらに雑役船へと種別変更されたものも含め使われ続け、最後まで在籍していた掃海艇「はつたか」が除籍されたのは1965年3月でした。 巡視船「栗橋」 旧救難船「栗橋丸」 最終的に海上保安大学校の初代練習船となる「栗橋」が就役したのは 何と19世紀末の1897年。 スウェーデン ネプチューン社の救難船ヘラクレスをして建造され、 1905年に日本海軍が購入して救難船「栗橋丸」となります。 横須賀港務部所属の救難船兼曳船として太平洋戦争も生き延び、第二復員省所属の特別輸送艦として復員輸送に従事後、復員庁第復員局の保管船を経て運輸省海上保安庁に曳船として移管。 1949年には何と巡視船として 船齢52年の老嬢が運用続行されることとなり、巡視船「栗橋」として就役したのでした ただしGHQの許可を得てのことで、正式な巡視船籍への変有は1952年4月。 1951年8月からは大型なことから海上保安大学校の練習船となり、1954年に練習船「こじま」 前述のおじか型巡視船 へと役目を譲って、ようやく解役されたのでした。 1955年に「栗橋」は解体されましたが、おそらく海上保安庁でも群を抜く旧式船だったのではないでしょうか。 大型巡視船「宗谷」 旧特務艦「宗谷」 By natto — 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, 元は1938年に就役した商船「地領丸」で、1940年2月に海軍の特務艦「宗谷」となりました。 測量任務も可能な雑用運送艦として使われて戦争を生き延びて後、海上保安庁の灯台補給船を経て1955年12月には大型巡視船へと船種変更。 南極観測船として1962年まで使われた後は巡視船として使われ、1978年解役。 その後はお台場の 「船の科学館」で公開されており、旧海軍で軍艦旗を上げていた艦艇の中で 唯一「海に浮いている船」となっています。 掃海艇「ゆうちどり」など迎賓艇に改装されて1978年まで使われましたが、他にも民間に放出されたものが長く使われています。 その中でも抜きん出ていたのが、九州商船の旅客船「水光丸」に改装されて定期航路で使われて後、 鳥羽で海上レストラン「シーホース」として使われていた、 飛行機救難船 雑役船 930号です。 「シーホース」がいつ頃閉店したのかは定かではありませんが、 船自体は2009年9月時点で三重県の浜島港に赤錆を浮かべた状態で放置されている姿が確認されていました。 現在は解体されて現存しないようですが、何とも惜しいものです。

次の