迷宮壁 歌詞。 神宮寺寂雷(速水奨) 迷宮壁 歌詞

神宮寺寂雷(速水奨) 迷宮壁 歌詞

迷宮壁 歌詞

「私が麻天狼代表神宮寺寂雷。 御誂え向きの邪悪なるステージ。 ここで一石を投じる。 そして芸術を重んじる。 幾度となく流してきた血や涙、 それらはいつしか糧となり力になる。 とは、決して言い難い、 指折り数えてもまたきりがない、思い。 目先のことが見えず 噛みちぎった爪の先、まるでそれは小さな三日月。 生温い環境に冷めぬよう、私はあえて凍てついた道を選ぶ。 」 生きる為に死ぬかもしくは死ぬ為に生きるか、答えならば後者、 それが私たちの宿命だ、だが、身を削る意味を履き違えて、 この身を滅ぼす民をこの目で何人も見てきた。 犬や猫にだって勿論痛みは存在する。 愚かな人間によって支配されたこの地球、自由な現状にこそに縛られ、 幸せを見定め、自らの力では生きることは到底不可能だ。 表現すら音楽。 変わり映えのない明日を待ち望むか怖れるか どちらにせよ時計の針は左には進まない。 分かってる、街並みは騒いでる。 雑踏に紛れこんだ民達もいずれ息絶える。 明日かもしれない。 いや今かもしれない。 だとすりゃ笑ってられない。 黙ってはいられない。 正解はない、だが追い求め走りたい。 嘲笑いも仕方ない、生命は儚い、ならばこの身一つで 死ぬ直前には笑いたい。 死んだら何処に向かうんだろう。 生きている私らに分かりはしない場所。 地球は何故丸いのに尖っているんだろう。 憎しみを抱き、啀み合いを繰り返すの? 生きることが生きがいか? 幸せとは何か? 探しているつもりなのに分からないままなんて、笑わせてくれるな。 嘲笑って見てる奴。 誰かが逝けばまた騒ぎ立てるんだろう? いつしか、繋がれたチェーンで身動きも取れず、 塞がれた鼓膜でも伝えたいリアルがある。 12色の色彩じゃ収まりきれないほどの何種類の声や表情がある。 一筋の光明、手を伸ばす、記憶にも残るの? 今も尚、蔓延ってる世の不条理、誰だって笑いたい。 誰だって夢見たい。 なあ息絶えたアイツだって生きたかったはずだろ。 死んだら何処に向かうんだろう。 生きている私らには分かりはしない場所。 地球は何故丸いのに尖っているんだろう。 憎しみを抱き、啀み合いを繰り返すの? 誰も教えてくれる訳なんてなく。 孤独でも身を削り追い求める術を知る。 足掻いても生きてやれ。 疑いも必要だ、 傷の舐め合いはせず、自らで血を洗え。 時代が変わろうと、人の真心は変わらないから。 苦い経験も甘い蜜にきっとなる。 嫉妬や妬み誹謗中傷に敗北を喫する負けざまなど 私はこれ以上は見たくない。 不安定な情緒が安定しても立ち上がれ。 開眼する瞼から垂れ落ちる涙雨、成り上がれ、 小手先の言葉には信頼はない。 見えぬ者がきっと見てる何も心配はない。 一切破壊せずに有無も言わせない。 既成概念に囚われて自分を見失うな。 瞳孔を開いたままで今も夢を見てる。 今に見とけではなく今の私を見てくれ、 狭いこの地球上を見下ろして笑うな広い空。 そこから見上げて天に願い探す憩いの場。 「迷宮壁のラビリンスウォール。 抜け出すためにまだまだ時間はかかりそうだ。 生きるということは痛いんだ。 その答えに今もなお悶え、 私達人間は争いを繰り返してる。 人生は勝ち負けなんだ。 綺麗事は通用しない。 弱さを自負することの強さ、強さを自負することの弱さ、 挫折や敗北、の味を噛み締め食い縛りながら今日も立ち向かうよ。

次の

神宮寺先生と迷宮壁(解釈全部わし)|仁淀の航跡|note

迷宮壁 歌詞

「 私 わたくしが 麻 ま 天狼 てんろう 代表 だいひょう 神宮寺 じんぐうじ 寂雷 じゃくらい。 御誂 おあつらえ 向 むきの 邪悪 じゃあくなるステージ。 ここで 一石 いっせきを 投 とうじる。 そして 芸術 げいじゅつを 重 おもんじる。 幾度 いくどとなく 流 ながしてきた 血 ちや 涙 なみだ、 それらはいつしか 糧 かてとなり 力 ちからになる。 とは、 決 けっして 言 いい 難 がたい、 指折 ゆびおり 数 かぞえてもまたきりがない、 思 おもい。 目先 めさきのことが 見 みえず 噛 かみちぎった 爪 つめの 先 さき、まるでそれは 小 ちいさな 三日月 みかづき。 生温 なまぬるい 環境 かんきょうに 冷 さめぬよう、 私 わたくしはあえて 凍 いてついた 道 みちを 選 えらぶ。 」 生 いきる 為 ために 死 しぬかもしくは 死 しぬ 為 ために 生 いきるか、 答 こたえならば 後者 こうしゃ、 それが 私 わたしたちの 宿命 しゅくめいだ、だが、 身 みを 削 けずる 意味 いみを 履 はき 違 ちがえて、 この 身 みを 滅 ほろぼす 民 たみをこの 目 めで 何人 なんにんも 見 みてきた。 犬 いぬや 猫 ねこにだって 無論 むろん 痛 いたみは 存在 そんざいする。 愚 おろかな 人間 にんげんによって 支配 しはいされたこの 地球 ちきゅう、 自由 じゆうな 現状 げんじょうにこそに 縛 しばられ、 幸 しあわせを 見定 みさだめ、 自 みずからの 力 ちからでは 生 いきることは 到底 とうてい 不可能 ふかのうだ。 表現 ひょうげんすら 音楽 おんがく。 変 かわり 映 ばえのない 明日 あしたを 待 まち 望 のぞむか 怖 おそれるか どちらにせよ 時計 とけいの 針 はりは 左 ひだりには 進 すすまない。 分 わかってる、 街並 まちなみは 騒 さわいでる。 雑踏 ざっとうに 紛 まぎれこんだ 民 たみ 達 たちもいずれ 息 いき 絶 たえる。 明日 あしたかもしれない。 いや 今 いまかもしれない。 だとすりゃ 笑 わらってられない。 黙 だまってはいられない。 正解 せいかいはない、だが 追 おい 求 もとめ 走 ばしりたい。 嘲笑 あざわらいも 仕方 しかたない、 生命 せいめいは 儚 はかない、ならばこの 身一 みひとつで 死 しぬ 直前 ちょくぜんには 笑 わらいたい。 死 しんだら 何処 どこに 向 むかうんだろう。 生 いきている 私 わたしらに 分 わかりはしない 場所 ばしょ。 地球 ちきゅうは 何故 なぜ 丸 まるいのに 尖 とんがっているんだろう。 憎 にくしみを 抱 だき、 啀 いがみ 合 あいを 繰 くり 返 かえすの? 生 いきることが 生 いきがいか? 幸 しあわせとは 何 なにか? 探 さがしているつもりなのに 分 わからないままなんて、 笑 わらわせてくれるな。 嘲笑 あざわらって 見 みてる 奴 やつ。 誰 だれかが 逝 いけばまた 騒 さわぎ 立 たてるんだろう? いつしか、 繋 つながれたチェーンで 身動 みうごきも 取 とれず、 塞 ふさがれた 鼓膜 こまくでも 伝 つたえたいリアルがある。 12 色 しょくの 色彩 しきさいじゃ 収 おさまりきれないほどの 何種類 なんしゅるいの 声 こえや 表情 ひょうじょうがある。 一筋 ひとすじの 光明 こうみょう、 手 てを 伸 のばす、 記憶 きおくにも 残 のこるの? 今 いまも 尚 なお、 蔓延 はびこってる 世 よの 不条理 ふじょうり、 誰 だれだって 笑 わらいたい。 誰 だれだって 夢見 ゆめみたい。 なあ 息 いき 絶 たえたアイツだって 生 いきたかったはずだろ。 死 しんだら 何処 どこに 向 むかうんだろう。 生 いきている 私 わたしらには 分 わかりはしない 場所 ばしょ。 地球 ちきゅうは 何故 なぜ 丸 まるいのに 尖 とがっているんだろう。 憎 にくしみを 抱 だき、 啀 いがみ 合 あいを 繰 くり 返 かえすの? 誰 だれも 教 おしえてくれる 訳 わけなんてなく。 孤独 こどくでも 身 みを 削 けずり 追 おい 求 もとめる 術 すべを 知 しる。 足掻 あがいても 生 いきてやれ。 疑 うたがいも 必要 ひつようだ、 傷 きずの 舐 なめ 合 あいはせず、 自 みずからで 血 ちを 洗 あらえ。 時代 じだいが 変 かわろうと、 人 ひとの 真心 まごころは 変 かわらないから。 苦 にがい 経験 けいけんも 甘 あまい 蜜 みつにきっとなる。 嫉妬 しっとや 妬 ねたみ 誹謗 ひぼう 中傷 ちゅうしょうに 敗北 はいぼくを 喫 きっする 負 まけざまなど 私 わたしはこれ 以上 いじょうは 見 みたくない。 不安定 ふあんていな 情緒 じょうちょが 安定 あんていしても 立 たち 上 あがれ。 開眼 かいがんする 瞼 まぶたから 垂 たれ 落 おちる 涙雨 なみだあめ、 成 なり 上 あがれ、 小手先 こてさきの 言葉 ことばには 信頼 しんらいはない。 見 みえぬ 者 ものがきっと 見 みてる 何 なにも 心配 しんぱいはない。 一切 いっさい 破壊 はかいせずに 有無 うむも 言 いわせない。 既成 きせい 概念 がいねんに 囚 とらわれて 自分 じぶんを 見失 みうしなうな。 瞳孔 どうこうを 開 ひらいたままで 今 いまも 夢 ゆめを 見 みてる。 今 いまに 見 みとけではなく 今 いまの 私 わたしを 見 みてくれ、 狭 せまいこの 地球上 ちきゅうじょうを 見下 みおろして 笑 わらうな 広 ひろい 空 そら。 そこから 見上 みあげて 天 てんに 願 ねがい 探 さがす 憩 いこいの 場 ば。 「 迷宮 めいきゅう 壁 へきのラビリンスウォール。 抜 ぬけ 出 だすためにまだまだ 時間 じかんはかかりそうだ。 生 いきるということは 痛 いたいんだ。 その 答 こたえに 今 いまもなお 悶 もだえ、 私達 わたくしたち 人間 にんげんは 争 あらそいを 繰 くり 返 かえしてる。 人生 じんせいは 勝 かち 負 まけなんだ。 綺麗事 きれいごとは 通用 つうようしない。 弱 よわさを 自負 じふすることの 強 つよさ、 強 つよさを 自負 じふすることの 弱 よわさ、 挫折 ざせつや 敗北 はいぼく、の 味 あじを 噛 かみ 締 しめ 食 くい 縛 しばりながら 今日 きょうも 立 たち 向 むかうよ。 」 「 私 watakushi が ga 麻 ma 天狼 tenrou 代表 daihyou 神宮寺 jinguuji 寂雷 jakurai。 御誂 oatsura え e 向 mu きの kino 邪悪 jaaku なる naru ステ suteー ジ ji。 ここで kokode 一石 isseki を wo 投 tou じる jiru。 そして soshite 芸術 geijutsu を wo 重 omo んじる njiru。 幾度 ikudo となく tonaku 流 naga してきた shitekita 血 chi や ya 涙 namida、 それらはいつしか sorerahaitsushika 糧 kate となり tonari 力 chikara になる ninaru。 とは toha、 決 kextu して shite 言 i い i 難 gata い i、 指折 yubio り ri 数 kazo えてもまたきりがない etemomatakiriganai、 思 omo い i。 目先 mesaki のことが nokotoga 見 mi えず ezu 噛 ka みちぎった michigitta 爪 tsume の no 先 saki、 まるでそれは marudesoreha 小 chii さな sana 三日月 mikaduki。 生温 namanuru い i 環境 kankyou に ni 冷 sa めぬよう menuyou、 私 watakushi はあえて haaete 凍 i てついた tetsuita 道 michi を wo 選 era ぶ bu。 」 生 i きる kiru 為 tame に ni 死 shi ぬかもしくは nukamoshikuha 死 shi ぬ nu 為 tame に ni 生 i きるか kiruka、 答 kota えならば enaraba 後者 kousya、 それが sorega 私 watashi たちの tachino 宿命 syukumei だ da、 だが daga、 身 mi を wo 削 kezu る ru 意味 imi を wo 履 ha き ki 違 chiga えて ete、 この kono 身 mi を wo 滅 horo ぼす bosu 民 tami をこの wokono 目 me で de 何人 nannin も mo 見 mi てきた tekita。 犬 inu や ya 猫 neko にだって nidatte 無論 muron 痛 ita みは miha 存在 sonzai する suru。 愚 oro かな kana 人間 ningen によって niyotte 支配 shihai されたこの saretakono 地球 chikyuu、 自由 jiyuu な na 現状 genjou にこそに nikosoni 縛 shiba られ rare、 幸 shiawa せを sewo 見定 misada め me、 自 mizuka らの rano 力 chikara では deha 生 i きることは kirukotoha 到底 toutei 不可能 fukanou だ da。 表現 hyougen すら sura 音楽 ongaku。 変 ka わり wari 映 ba えのない enonai 明日 ashita を wo 待 ma ち chi 望 nozo むか muka 怖 oso れるか reruka どちらにせよ dochiraniseyo 時計 tokei の no 針 hari は ha 左 hidari には niha 進 susu まない manai。 分 wa かってる katteru、 街並 machina みは miha 騒 sawa いでる ideru。 雑踏 zattou に ni 紛 magi れこんだ rekonda 民 tami 達 tachi もいずれ moizure 息 iki 絶 ta える eru。 明日 ashita かもしれない kamoshirenai。 いや iya 今 ima かもしれない kamoshirenai。 だとすりゃ datosurya 笑 wara ってられない tterarenai。 黙 dama ってはいられない ttehairarenai。 正解 seikai はない hanai、 だが daga 追 o い i 求 moto め me 走 bashi りたい ritai。 嘲笑 azawara いも imo 仕方 shikata ない nai、 生命 seimei は ha 儚 hakana い i、 ならばこの narabakono 身一 mihito つで tsude 死 shi ぬ nu 直前 chokuzen には niha 笑 wara いたい itai。 なあ naa? 死 shi んだら ndara 何処 doko に ni 向 mu かうんだろう kaundarou。 生 i きている kiteiru 私 watashi らに rani 分 wa かりはしない karihashinai 場所 basyo。 地球 chikyuu は ha 何故 naze 丸 maru いのに inoni 尖 tonga っているんだろう tteirundarou。 憎 niku しみを shimiwo 抱 da き ki、 啀 iga み mi 合 a いを iwo 繰 ku り ri 返 kae すの suno? 生 i きることが kirukotoga 生 i きがいか kigaika? 幸 shiawa せとは setoha 何 nani か ka? 探 saga しているつもりなのに shiteirutsumorinanoni 分 wa からないままなんて karanaimamanante、 笑 wara わせてくれるな wasetekureruna。 嘲笑 azawara って tte 見 mi てる teru 奴 yatsu。 誰 dare かが kaga 逝 i けばまた kebamata 騒 sawa ぎ gi 立 ta てるんだろう terundarou? いつしか itsushika、 繋 tsuna がれた gareta チェ cheー ン n で de 身動 miugo きも kimo 取 to れず rezu、 塞 fusa がれた gareta 鼓膜 komaku でも demo 伝 tsuta えたい etai リアル riaru がある gaaru。 12 色 syoku の no 色彩 shikisai じゃ ja 収 osa まりきれないほどの marikirenaihodono 何種類 nansyurui の no 声 koe や ya 表情 hyoujou がある gaaru。 一筋 hitosuji の no 光明 koumyou、 手 te を wo 伸 no ばす basu、 記憶 kioku にも nimo 残 noko るの runo? 今 ima も mo 尚 nao、 蔓延 habiko ってる tteru 世 yo の no 不条理 fujouri、 誰 dare だって datte 笑 wara いたい itai。 誰 dare だって datte 夢見 yumemi たい tai。 なあ naa 息 iki 絶 ta えた eta アイツ aitsu だって datte 生 i きたかったはずだろ kitakattahazudaro。 なあ naa? 死 shi んだら ndara 何処 doko に ni 向 mu かうんだろう kaundarou。 生 i きている kiteiru 私 watashi らには raniha 分 wa かりはしない karihashinai 場所 basyo。 地球 chikyuu は ha 何故 naze 丸 maru いのに inoni 尖 toga っているんだろう tteirundarou。 憎 niku しみを shimiwo 抱 da き ki、 啀 iga み mi 合 a いを iwo 繰 ku り ri 返 kae すの suno? 誰 dare も mo 教 oshi えてくれる etekureru 訳 wake なんてなく nantenaku。 孤独 kodoku でも demo 身 mi を wo 削 kezu り ri 追 o い i 求 moto める meru 術 sube を wo 知 shi る ru。 足掻 aga いても itemo 生 i きてやれ kiteyare。 疑 utaga いも imo 必要 hitsuyou だ da、 傷 kizu の no 舐 na め me 合 a いはせず ihasezu、 自 mizuka らで rade 血 chi を wo 洗 ara え e。 時代 jidai が ga 変 ka わろうと warouto、 人 hito の no 真心 magokoro は ha 変 ka わらないから waranaikara。 苦 niga い i 経験 keiken も mo 甘 ama い i 蜜 mitsu にきっとなる nikittonaru。 嫉妬 shitto や ya 妬 neta み mi 誹謗 hibou 中傷 chuusyou に ni 敗北 haiboku を wo 喫 kixtu する suru 負 ma けざまなど kezamanado 私 watashi はこれ hakore 以上 ijou は ha 見 mi たくない takunai。 不安定 fuantei な na 情緒 joucho が ga 安定 antei しても shitemo 立 ta ち chi 上 a がれ gare。 開眼 kaigan する suru 瞼 mabuta から kara 垂 ta れ re 落 o ちる chiru 涙雨 namidaame、 成 na り ri 上 a がれ gare、 小手先 kotesaki の no 言葉 kotoba には niha 信頼 shinrai はない hanai。 見 mi えぬ enu 者 mono がきっと gakitto 見 mi てる teru 何 nani も mo 心配 shinpai はない hanai。 一切 issai 破壊 hakai せずに sezuni 有無 umu も mo 言 i わせない wasenai。 既成 kisei 概念 gainen に ni 囚 tora われて warete 自分 jibun を wo 見失 miushina うな una。 瞳孔 doukou を wo 開 hira いたままで itamamade 今 ima も mo 夢 yume を wo 見 mi てる teru。 今 ima に ni 見 mi とけではなく tokedehanaku 今 ima の no 私 watashi を wo 見 mi てくれ tekure、 狭 sema いこの ikono 地球上 chikyuujou を wo 見下 mio ろして roshite 笑 wara うな una 広 hiro い i 空 sora。 そこから sokokara 見上 mia げて gete 天 ten に ni 願 nega い i 探 saga す su 憩 iko いの ino 場 ba。 「 迷宮 meikyuu 壁 heki の no ラビリンスウォ rabirinsuuoー ル ru。 抜 nu け ke 出 da すためにまだまだ sutamenimadamada 時間 jikan はかかりそうだ hakakarisouda。 生 i きるということは kirutoiukotoha 痛 ita いんだ inda。 その sono 答 kota えに eni 今 ima もなお monao 悶 moda え e、 私達 watakushitachi 人間 ningen は ha 争 araso いを iwo 繰 ku り ri 返 kae してる shiteru。 人生 jinsei は ha 勝 ka ち chi 負 ma けなんだ kenanda。 綺麗事 kireigoto は ha 通用 tsuuyou しない shinai。 弱 yowa さを sawo 自負 jifu することの surukotono 強 tsuyo さ sa、 強 tsuyo さを sawo 自負 jifu することの surukotono 弱 yowa さ sa、 挫折 zasetsu や ya 敗北 haiboku、 の no 味 aji を wo 噛 ka み mi 締 shi め me 食 ku い i 縛 shiba りながら rinagara 今日 kyou も mo 立 ta ち chi 向 mu かうよ kauyo。

次の

【中文翻譯】神宮寺寂雷-迷宮壁 @ 暴風ノ中庭

迷宮壁 歌詞

歌: 作詞:GADORO 作曲:横山克 「私が麻天狼代表神宮寺寂雷。 御誂え向きの邪悪なるステージ。 ここで一石を投じる。 そして芸術を重んじる。 幾度となく流してきた血や涙、 それらはいつしか糧となり力になる。 とは、決して言い難い、 指折り数えてもまたきりがない、思い。 目先のことが見えず 噛みちぎった爪の先、まるでそれは小さな三日月。 生温い環境に冷めぬよう、私はあえて凍てついた道を選ぶ。 」 生きる為に死ぬかもしくは死ぬ為に生きるか、答えならば後者、 それが私たちの宿命だ、だが、身を削る意味を履き違えて、 この身を滅ぼす民をこの目で何人も見てきた。 犬や猫にだって勿論痛みは存在する。 愚かな人間によって支配されたこの地球、自由な現状にこそに縛られ、 幸せを見定め、自らの力では生きることは到底不可能だ。 表現すら音楽。 変わり映えのない明日を待ち望むか怖れるか どちらにせよ時計の針は左には進まない。 分かってる、街並みは騒いでる。 雑踏に紛れこんだ民達もいずれ息絶える。 明日かもしれない。 いや今かもしれない。 だとすりゃ笑ってられない。 黙ってはいられない。 正解はない、だが追い求め走りたい。 嘲笑いも仕方ない、生命は儚い、ならばこの身一つで 死ぬ直前には笑いたい。 なあ?死んだら何処に向かうんだろう。 生きている私らに分かりはしない場所。 地球は何故丸いのに尖っているんだろう。 憎しみを抱き、啀み合いを繰り返すの? 生きることが生きがいか?幸せとは何か? 探しているつもりなのに分からないままなんて、笑わせてくれるな。 嘲笑って見てる奴。 誰かが逝けばまた騒ぎ立てるんだろう? いつしか、繋がれたチェーンで身動きも取れず、 塞がれた鼓膜でも伝えたいリアルがある。 12色の色彩じゃ収まりきれないほどの何種類の声や表情がある。 一筋の光明、手を伸ばす、記憶にも残るの? 今も尚、蔓延ってる世の不条理、誰だって笑いたい。 誰だって夢見たい。 なあ息絶えたアイツだって生きたかったはずだろ。 なあ?死んだら何処に向かうんだろう。 生きている私らには分かりはしない場所。 地球は何故丸いのに尖っているんだろう。 憎しみを抱き、啀み合いを繰り返すの? 誰も教えてくれる訳なんてなく。 孤独でも身を削り追い求める術を知る。 足掻いても生きてやれ。 疑いも必要だ、 傷の舐め合いはせず、自らで血を洗え。 時代が変わろうと、人の真心は変わらないから。 苦い経験も甘い蜜にきっとなる。 嫉妬や妬み誹謗中傷に敗北を喫する負けざまなど 私はこれ以上は見たくない。 不安定な情緒が安定しても立ち上がれ。 開眼する瞼から垂れ落ちる涙雨、成り上がれ、 小手先の言葉には信頼はない。 見えぬ者がきっと見てる何も心配はない。 一切破壊せずに有無も言わせない。 既成概念に囚われて自分を見失うな。 瞳孔を開いたままで今も夢を見てる。 今に見とけではなく今の私を見てくれ、 狭いこの地球上を見下ろして笑うな広い空。 そこから見上げて天に願い探す憩いの場。 「迷宮壁のラビリンスウォール。 抜け出すためにまだまだ時間はかかりそうだ。 生きるということは痛いんだ。 その答えに今もなお悶え、 私達人間は争いを繰り返してる。 人生は勝ち負けなんだ。 綺麗事は通用しない。 弱さを自負することの強さ、強さを自負することの弱さ、 挫折や敗北、の味を噛み締め食い縛りながら今日も立ち向かうよ。

次の