有働真帆 ジャニーズ。 桑子真帆アナのNHK退社を阻むのは大先輩の有働由美子アナだった!?

MAHO UDO (有働真帆)のプロフィール

有働真帆 ジャニーズ

報道番組「news zero」(日本テレビ系)メインキャスターを務める有働由美子アナが、ゲスト出演した音楽プロデューサーのヒャダインに対して失礼なあしらいぶりを見せたとして、一部の視聴者が不快感を訴えているという。 10月18日の放送では本編終了後にネット配信される「ウドウ反省会」にヒャダインが出演し、その日に取り上げたニュースについての意見を交わした。 ここでヒャダインは、大手住宅メーカーが約55億円をだまし取られた事件を取り上げ、犯行グループの「地面師」というキーワードに反応。 テレビゲームを例に出し、「《地面師》というと、たとえば『ファイナルファンタジー』に出てくる《風水師》だったりとか、ジョブチェンジする時に出すワードみたいなんですよね」と、熱をこめて語っていた。 すると有働は、「もう一回言ってください。 (私は)ゲーム全然やらないんですよ」と、ヒャダインに対して追加の説明を要求。 これに対してヒャダインは「《赤魔導士》だったり《黒魔導士》だったり、いろいろ職業があるんですよ。 それと同じ並びで《地面師》っていうのがいそうで」と語ったうえで、「ファンタジー心をくすぐるんですよ」と強調した。 しかし有働には話がまったく理解できないようで、口をキッと結んで「んあー、うーん」と言葉にならない反応だ。 それが《地面師》」とみずからの気持ちを吐露。 これに対して有働は「ウズウズしちゃう?」と苦笑交じりでオウム返しするにとどまり、次の話題に移ったのである。 この一連のやり取りについて芸能記者が首を振りつつ語る。 「この会話には有働が抱えるキャスターとしての弱点がさらけ出されていました。 まず、ゲームなど自分が興味を持たない話題になるとうまく対応できず、オロオロしてしまう点。 しかも相手の話を理解しようとする態度すら見せず、適当に受け流して次の話題に行く姿は、何のための《反省会》なのか疑問ですね。 そもそも『news zero』は有働と同世代のサラリーマンが主な視聴者層の一つなのに、その年代にとっては社会常識ですらあるテレビゲームについて無知だというアンテナ感度の悪さも大きな問題。 本人は『ゲーム全然やらない』と開き直っていましたが、報道番組という観点で見てもテレビゲームはクールジャパンを体現するジャンルであり、任天堂やソニー、スクウェア・エニックスといった世界的企業を擁する分野です。 それを自分の嗜好だけで切り捨ててしまっては、23時台の報道番組は成り立たないですよ」 そして芸能記者の有働批判は、その人間性にまで及ぶ。 アイドル楽曲をメインに手掛ける彼を下に見ているのではと実に不快でした。 しかしヒャダインは決して自分からは言いだしませんが、現役で京都大学に合格し、人間関係論を専攻していたインテリ。 大阪大学に落ちて女子大に進学した有働なら、むしろヒャダインに敬意を払うべきでしょう。 この調子では、そのうち、ゲスト出演してくれる人がいなくなってしまうのでは?と心配になる視聴者も少なくないことだろう。 (金田麻有).

次の

MAHO UDO (有働真帆)のヒストリー

有働真帆 ジャニーズ

退所した主なジャニーズJr. グループデビューした者も含む 生年順 1951年生まれ 1954年生まれ 青山信宏 1956年生まれ 鳥越晃、近藤昌 1957年生まれ 山縣孝良、、長沢悟 1958年生まれ 近藤純市、平岡洋二、鈴木寛、吉田義久 1959年生まれ 原川吉臣、柏木孝夫、古本洋 1960年生まれ 天野光男、杉浦城之、柴谷英樹 1962年生まれ 大野祥孝 1963年生まれ 、渡辺和晃、山口裕章、岩崎富美雄 1965年生まれ 牧村稔、武口明、吉田奨、、川井康徳 1966年生まれ 、阿部順一、叶屋博基、木暮毅、中本雅俊 1967年生まれ 松原康行、、成田健一、守屋二郎、蓬田利久、時田孝明、猶場輝彦、、百武治明 1968年生まれ 佐野好市郎、栗原茂、菅沼文敏、正垣吉朗 1969年生まれ 武末守嗣、松原一平 1970年生まれ 大沼雄一郎、桑名兼司、松元治郎 1971年生まれ 鞆田紀世彦、松崎力、岩佐克次、甲斐友一、川部智文、菅沼貴之、金田未来、谷本勇人 1972年生まれ 渡辺一久、長谷川文高、椎貝健夫、中川正樹、小林直行、太田哲司、大野靖司、川鍋順司 1973年生まれ 野口隆史 、酒井貴史、熊谷有一、吉行智成、木部淳哉、原嶋秀行 1974年生まれ 河井誠 1975年生まれ 伊東正美、五十嵐剛 1976年生まれ 斎藤恭央 1977年生まれ 前村友和、星英徳、平俊之、木村伸一(関西Jr. からの転籍) 1978年生まれ 1979年生まれ 喜多見英明、丹治直人、鈴木淳也、鈴木康哲、安田麻人、小川直希、、日吉圭吾 1980年生まれ 、、小倉和義、小林勇太、、坂口剛、田中祐太、中辻宏之、儘田修司、山本真暢 1981年生まれ 、植村良侑、、鎌田淳、川島学、菊池健太、ジュロウ・ガムリー、田村悠、、、松本淳一、水野伸哉、三宅秀明、三代瀬裕介、山浦豊、渡辺瑠威、安倍将彦 1982年生まれ 猪狩裕一、及川雄介、、大屋健司、尾田善希、河内章吾、、黒田航平、、小山雄治、左近充優、、関戸将義、外海翔平、高木誠一郎、、友塚孝之、、、原田琢、平井豪、古畑信吾、松田真弥、三浦勉、宮城智之丈、目黒正樹、森嶋茂太、森裕幸、、矢代徳久、吉田大地、、 1983年生まれ 秋山知哉、穴沢真啓、安蒜厚志、石松晃、井上和英、岩元弘志、上里亮太、遠藤司、大槻誠吾、岡崎正志、興津辰哉、小倉信作、小野島聖仁、小池寿明、小高公博、篠原雅彦、、田井郁己、髙橋譲、ダサリア麻巳、戸山政一、中江川力也、成瀬剛、二本樹顕理、根本大輔、長谷川竜、花房孝史、早川信大、広野真一郎、高橋譲、松本和希、森近政司、盛哲也、山崎哲寛、山本圭一、淀川由浩、 1984年生まれ 相浦拓也、伊藤博行、岩倉具博、岩沢勇典、小関航、梶山知愉、亀田貴弘、坂本雅行、提箸一平、佐藤崇、佐藤祐介、志鎌拓大、志鎌啓大、島田直樹、鈴木強太、髙橋龍、高橋良輔、田野倉亮、寺西鋭時、中村翔、野田優也、萩原幸人、伴貴将、藤家和依、牧野紘二、望月隆一郎、米村大滋郎 1985年生まれ 、伊藤達哉、宮城俊太、岡田政治、伊東亮輔、相沢祐輝、小川清人、後町優太、橋田康、高井宙也、小林英和、金子直行、田中英人、津久井佑貴、嘉成有悟、畑野健人、シーバスット・キンダ、加峯克彦、長坂和彦、笹川雷太、田村アンディー、清水宏紀、鈴木将洋、鈴木将大、後藤ゆう、大島幸広 1986年生まれ 、内澤祐豊、、伊東和宏、有賀達也、我妻恒太、富沢宏順、山田幸博、高橋宏宜、原裕太、渡辺竜平、野付健太、長谷部隼、宍戸正人、長田卓也、小沢慧、樫村洋平、匠健太郎、島田淳也、川本将太郎、須藤邦海、松嶋大河、武内幸太朗 1987年生まれ 安藤靖浩、飯田恭平、加藤幸宏、、、、中川直人、飯井郁弥、石橋剣道、赤沢裕紀、服部将也、深沢和樹、谷澤拓歩、松永匡史、小森輝明、中村一也、藤井雄大、高松和矢、細川一哉、金子圭佑、松隈達彦、丸山誠、佐藤貴洋、照井遼、向井光希、中川賢一、有山勇輝、小山貴也、原田規由、ハリー・リコヤ、エリック・マッツィーリ、佐藤貴洋、政次邦彦、武田翔、唐木友也、星野正樹、吉田雄基、藁谷亮太 1988年生まれ 伊郷アクン、川村陵、小坂真郷、斉藤正喜、小川大樹、秋山伊織、我妻祐太、田崎翔、小川恵光、石塚恵太、三好研伍、久保寺晋哉、野付裕太、吉田光希、丸野優、森達也、ラファイ・エディ、村田和哉、星野裕太、上野航平、圓城裕司、三部望、 1989年生まれ 、制野峻右、冨岡海翔、千葉一樹、塩谷司、田村昴之、堤広樹、太田隆司、加藤智規、黒田幸誠、大崎誠也、大嶋雄也、大畑聡、前田紘利T. グループデビューした者も含む。 生年順 1974年生まれ 稲光一哉 1975年生まれ 斎藤淳示 1977年生まれ 木村伸一(関東Jr. に転籍)、渡具知直也、宮本正寛 1978年生まれ 池田健太郎 1979年生まれ 朝村智史、金谷彰浩、川島直城、神原和夫、谷口博之、、土山俊樹、永島智広、中浜慶幸、松尾祐樹、若村真利 1980年生まれ 、大西由郎、金谷亮、後藤大祐、塩田修、立木勝、西山和孝、女寺豊、福光俊也、牧山雄亮 1981年生まれ 、今川晴司、瓜阪康裕、、黒木学、黒田和博、曽根正太郎、、野中和久、日根野谷省吾 中島省吾 、堀川弘樹、村田大介、吉岡篤史 1982年生まれ 朝野敢太、内川一孝、塩屋順次、、北風順平、北川功一郎、木村廣太郎、、小島彰仁、犀川紘平、清水大輔、高黒徹、武藤雅博、種澤賢一、福原一哉、福村友秀、藤井邦仁 1983年生まれ 今西章登、内川雄希、北浦将弘、熊谷侑真、千野善美、田中大樹、仲村隼樹、福田正、山中優介 1984年生まれ 石田友一、伊藤政氏、大堂裕史、大堀治樹、川崎智彦、北脇玲男、小宮健太、佐谷章吾、竹田隼也、永田剛司、新居裕久、畠山友明、久田祥寛、廣本和久、福江祐治、水野清仁 1985年生まれ 麻田泰佑、浅田学、朝日清孝、今山透、菊岡正展、斯波大将、、野田真人、福岡優誠、松本一平、松本浩孝、三宅将馬、、渡辺悠馬 1986年生まれ 秋国晋吾、安達雅哉、石黒佑樹、牛田裕大、有働真帆、梅阪剛司、岡田翔平、梶本剛司、小嶋海平、三藤昌幸、高杉政治郎、高梨秀輔、西川勇樹、西嶋拓也、野村一成、長谷川豊、堀田豊寛、丸山紘史、向井一貴、 1987年生まれ 畝本将吾、落合兄丞、小西亮一、佐藤駿、瀧川尚樹、中川賢一、中村尚貴、、、山崎侑平、横田和則 1988年生まれ 居村雅典、鮫島章洋、土井誠、土井龍二、向井一博、向井祥博、森山隆太 1989年生まれ 内山裕介、武久祐介、中川侑哉、中嶋悠耶、、中本進也、鍋野幸大、山田浩次 1990年生まれ 大田裕明、岡本修、佐々木尚遙、佐竹滉輝、千崎涼太、高島知宏、中島悠輔、林真鳥、平野勇気、藤本和哉、星野翼、 1991年生まれ 安芸翔亮、石田英剛、岡俊祐、沖島友紀、川畑貴、小陣雄飛、佐藤俊太、清水飛鳥、城ノ内健太、新矢悠貴、杉村公実、鈴木揚也、手塚大貴、野村雄輝、福野麗生馬、藤原駿、前田穣、三牧颯、宮浦世奈、向奥裕基、森川たくや、柳田憲一郎、山碕薫太、山下颯 1992年生まれ 荒木翔、有本祐、掛川悠哉、上山聖太、熊井塁郁、小松拓巳、 、 竹村佑輝、、中辻航輝、南野凱、根来孟秀、根来将光、宮司知英、室田大樹、森和樹、森田悠介 1993年生まれ 青木佑樹、赤間信一、足立匡 、磯辺宏輝、植田慎一郎、、大渕将克、小林剣太朗、竹本慎平、田村和也、中島聖也、錦戸翔太、西田怜留、バッケス健人 、坂東駿、向井達郎、山下風雅、横山京平、 1994年生まれ 上仲百波、岡村美輝、小野美勇士、勝木湧也、楠本幸登、小西真、都倉秀城、仁田直人、馬場寛史、フューガル・ショーン・悟空、室将也、桃井竜真、森順一、山口健太 1995年生まれ 岡崎拓弥、北田和也、清元奨琢、、中田有哉、西村和宏、長谷圭祐、福原夢、石地雄介、北浦颯希、杉村怜音 1996年生まれ 、大石憂、桂隆人、、川上悠、川岸航洋、川久慎太郎、楠本幹太、児玉貫、中島聖也、中田篤志、松家晴輝、松本侑也、森下景太、山本男 1997年生まれ 新裕樹、岩本やすあき、寺東武蔵、小手川炎、松家英樹、溝端翔、安井陸 1998年生まれ 大谷怜爾、岡井光輝、岸将臣、高司悠眞、米津維吹、戸田圭太、吉岡廉 1999年生まれ 伊原尚希、阪本颯輝、三田壮一朗、白本祥大、谷川拓紀、 、元一輝、丸山珠希夜、 、川端誠生 2000年生まれ 赤名竜乃介、石澤晴太郎、、溝口大輝、長亮太郎 2001年生まれ 、梅川大陸、吉野伊織、西村龍星、小吹駿、守屋周斗、山本琉輝 2002年生まれ 岩本享也 2003年生まれ 川北翔、辻本良 2004年生まれ 小城原颯太、中来田悠真 (生年不明) 《あ行》浅井拓郎、阿部嶺宏、池田真明、今泉篤二、伊良波翔太、岩崎栄治、上時裕介、上原教春、右馬裕己、梅北雄也、大橋智晴、大久保勝友、小畑大 《か行》勝村健児、門田忠士、河村将規、神田亮、貴多章紀、木村篤、清友聡、黒崎たくや 《さ行》坂元功尚、澤本拓実 《た行》高木雄平、高橋竜介、高矢仁、竹中学、武村拓、武村豊、塚本悠詞、辻井敬太、寺田充、富吉新 《な行》中嶋慶介、中島仁、中道颯栞、中路学、凪慎太郎、南野澄、西野俊浩、西村慶太、野中茂造 《は行》萩原岳、広瀬南生、藤山隆稔、船橋勇喜、文山彬、古川雄尉、古澤良、堀尾大樹 《ま行》松尾武、宮田としはる、村坂行秋 《や行》屋舗憲司、安坂州平、柳瀬友昭、山内実、山口卓也、山崎智史、山田浩次、横田直也• 後にジャニーズアイランド代表取締役社長• 後にジャニーズ事務所役員代表取締役副社長(死去後は社長)• 現:映画監督・演出家• 現:いがらし奈波• 山下莉央の兄• 現:山下玲央。 山下翔央の弟• 現:(PDS株式会社)• 現:Hiro• ・の息子• を経て、に参加。 第3回発表で脱落、最終順位34位。 PRODUCE 101 JAPAN 2019年9月. 2019年9月23日閲覧。 現:メンバー。 、YsR 仮 で活動後、PRODUCE 101 JAPANに参加。 最終順位6位。 PRODUCE 101 JAPAN 2019年9月. 2019年9月4日閲覧。 GAME WATCH 2018年12月22日. 2018年12月22日閲覧。

次の

桑子真帆アナのNHK退社を阻むのは大先輩の有働由美子アナだった!?

有働真帆 ジャニーズ

6を購入してしまった程度に関西ジャニーズ界隈に洗脳されつつあるが、 ここ数日はふぉ~ゆ~が気になって気になって仕方ない。 アラサーJr. をどうしても応援したくなるのはなぜなんだぜ。 因みに、『パリピポ』は現在、私の部屋にそびえ立つ積みCDの頂点に君臨している。 ジャニヲタになってから再び音楽を聴き始めたため、溜まりに溜まったMP3やを一度消化したいのだ。 久々だよ、BandCampを利用したのは。 の音楽趣味」、「2. ダンサーとしてのGang Star」、「3. この際だから語りたい辞めた関西ジャニーズJr. について」の3本立てでお送りしたい。 強引な構成は仕様です。 元7WESTは現在若者真っ盛りであるためか、若者らしさに溢れており、荒んだBBAにとって大きな癒しとなった。 このトラック、ワブルベースがほぼない! 彼が登場した時からダブの醍醐味であるサウンドエンジニアリングが影を潜めた代わりにトランシーなシンセがトラックを覆っていたが、もうブロステップという言葉が死後になる程、より派手な音が好まれる時代になったんだなーとしみじみ思う。 界隈もここのところが異常に速くなり、音も派手になった。 ミニマル好きの安住の地はどこだ。 もっとデータ量の少ないJ-POPがあってもいいのに。 神山さんはの中で音楽やファッションへの言及が一番多いメンバーと勝手に捉えている。 経由でEDMに辿り着いたのか、元々エレクトロ・ハウスやトランスがお好きだったのかは不明だが(そういや彼の部屋のカーテンって豹柄なんですよね。 奇抜チビここに極まれり)、彼の嗜好がに還元されるのが楽しみだ。 やを持ち出したら逆に「惚れてまうやろー!」案件としてずーっと持て囃すが、そんな地味にコアな男子がに所属しているといろんな意味で心配になる。 この80年代ディスコ感が、小瀧さんを始めとする2010年代のティーンにとって「新鮮な音楽」という印象を与えているのか否か、だ。 80年代と2010年代は鳴っている音そのものが異なるだけに、「80年代っぽさこそ若者にウケる要素である」とは断言できないが。 当時と現在ではレコーディング機材がまるっと変わったからだろう、80年代に比べ音に奥行きや丸みがないというか、音がパキっとしている。 神山さんほど言及しないだけで、藤井さんも割と音楽へのこだわりは強かったりするのだろうか。 Hardwellもお好きなようですし。 音楽的な意味で、藤井さんはチェックしたい。 2.Dance Square vol. が割り込むとは……ファンに強烈なトを与えたリチャードさんマジメンディー。 しかし、さんがなぜミュージック・ステーションに関西ジャニーズJr. をダンサーとして採用できたのか、Gang Star採用に事務所の承諾が得られるまでの過程が本当に知りたい。 私が事務所の人間であれば、交通費・宿泊費等の経費削減のために東京のジャニーズJr. を使えと説得する。 「得意なダンススタイル」に大半がヒップホップを上げていたが、音楽しか知らん私からすれば、なのか、でもさんぴんCHAMP世代なのかのようにJ-POPに寄り添うタイプなのか、サザン・ヒップホップなのか、ラクトなのか、グライムまで飛んでしまうのか……と屁理屈をこねくり回したくなる。 ダンスという観点から見たヒップホップは音楽畑とはまた異なる捉え方なのだろう。 とにかく、彼らのアイドル以外の側面から切り込むアプローチは非常に興味深かった。 ダンスを愛する彼らも楽しくインタビューを受けられたはずだ。 お若いとはいえ、特に膝と腰には気をつけて頂きたい。 私がジャニヲタではなかった遠い昔、ダンスが好きな妹とケント・モリについて話していた時に、妹から「Udo Mahoは高校卒業まで関西ジャニーズJr. に在籍していた」というエピソードを聞いた記憶がある。 米国ロサンゼルスに拠点を置き、世界を舞台に活躍するの日本人ダンサー・有働真帆氏(28)は、(以下略) 有働氏がダンスに出会ったのは12歳の時。 当時アイドルに憧れていた有働氏は初めて人前で踊り、「全身がしびれる感じ。 これは楽しい、これが一番楽しい」と衝撃を受けダンスを追求することに。 saopauloshimbun. saopauloshimbun. の宝だ。 3.この際だから辞めた関西ジャニーズJr. についてもう少し言及したい。 のさんとさん、さんとというバンドを組んでいらっしゃった水野清仁さんが、WEBマガジンで音楽やグラフィック作品を発表していらっしゃるのを発見した。 退職なさった方を追い掛け回すのはナンセンスだが、水野さんの作品が私好みであるため、思わず紹介したくなった。 水野さんの作品が掲載されたWEBマガジンの記事を貼り付けておく。 vol. 0063 of AFTERMOD E-PRESS vol. 0061 of AFTERMOD E-PRESS vol. 63に掲載されている動画はぜひ再生して頂きたい。 ミニマルキター!とテンション爆上げになること請け合いだ、私が。 水野さんの音楽や映像、グラフィックから、ジャニーズを辞める理由が前向きなものであることが窺い知れる。 金内柊真さんの退職理由も新たな目標へ向かうための選択であろう。 ファンにできることは、彼等の選択をそっと応援することだ。 knsmjhny.

次の