メイド イン アビス グロ。 メイドインアビス深き魂の黎明はグロいしエグい?年齢制限もあるのか解説

【トラウマアニメ】メイドインアビスはグロいけど泣ける最高のアニメ

メイド イン アビス グロ

2017年の夏アニメとして放映された『メイドインアビス』 放送されている間、全く観ようとも思っていなかったのですが、ふとAmazonのプライムビデオをチェックしていると見放題に入っていたので、再生してみたところ・・・。 第1話ぼく「ほう、なかなか面白いやん?」 第2話ぼく「ほう、そういうことね」 第5話ぼく「ほう、なるほど 」 第10話ぼく「ウワアアアアアアアア・・・ウワー・・・」 第11話ぼく「生命ってなんだろうな」 第12話ぼく「生きるって、なんなんだろうな(悟り)」 第13話ぼく「はやくっ、はやく2期を観せてくれ」 という感じで一気に見終わってしまいました。 なんか冒険心というか子ども心を思い出させてくれる作品でしたね。 原作も買ってしまいました。 Amazonの評価では、驚異の星4. 6を記録しています。 今年一番の覇権アニメ、最近のアニメで一番良かった、といったレビューがたくさん寄せられています。 原作はウェブコミックということもあり、コアなファンも多かったようですが、原作を知るファンからも「納得の映像化」「違和感のない出来になっている」といった声が多数。 出典: まだ観てない方、要チェックですぜ。 魅力的な世界観 世界設定が男のロマンをかきたてるものになっていて、とてもワクワクします。 簡単にストーリーを説明すると、地下深く何千メートルに伸びる巨大な縦穴「アビス」に潜って、遺物(過去の文明の遺産?)をサルベージしてくる『探窟家』のおはなしです。 アビス(abyss)とは英語で深淵とか地の底という意味です。 隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。 どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。 「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。 そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。 アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。 そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…? より引用 この設定がとても良い。 ワクワクさせてくれる正統派冒険活劇といった感じでとても良い。 この大穴の中には何があるのか、かつてこの大穴の底で何があったのか、なぜこの大穴は生まれたのか。 失われた過去の文明の色を多分に残すアビスの設定は、ポストアポカリプス風のにおいを感じさせます。 イメージとしてはDSで発売された『世界樹の迷宮』っていうゲームソフトの世界観が近いかな。 どんどん下に降りていくというテーマはスペランカーっぽくもある。 不思議な生態系 アビスのなかには、人智を超えた動物や巨大な植物が跋扈し、独特の生態系が築かれています。 小さな女の子と男の子が、化物じみた動物に襲われ、翻弄され、蹂躙される、そういうシーンが目白押しです。 出典: 非力な人間が化け物じみた動物を避けてこそこそと探索していく様子は、なにかのRPGっぽくてとても面白い。 巨大な動物ってそれだけでワクワクするじゃないですか。 メイドインアビスの世界設定は夢があるよ、ほんとに。 クリーチャーが好きな人は絶対に観たほうが良いですよ。 ナウシカの腐海とかが好きな人は良いと思います。 あと無人惑星サヴァイヴとかを思い出しました。 出典: また大穴「アビス」のなかには、人体を侵す呪いと呼ばれる現象もあり、探窟者たちを阻みます。 この「アビスの呪い」の正体もまた、重要なテーマのひとつです。 アビスの呪いのせいで不自由な探索を強いられる主人公たち。 その理不尽さにもぜひ注目して作品を観てほしいです。 12歳の主人公 主人公は12歳の女の子とロボットの女の子。 お互い、幼いながらもしっかりとした芯を持っています。 この作品に登場する子どもたちは、とてもたくましいのが特徴です。 子どもとは思えないほどたくましく、肝が座っている主人公たちですが、まだまだ幼い面を持ち合わせているのも事実。 そんな健気な少年少女が、過酷な環境の中でズタボロになっていく描写はちょっとだけ観る人を選ぶかも。 出典: メイドインアビスの世界は「生と死」がとても身近な世界として描かれていますので、どうしても命にまつわる描写は多めになっています。 動物の内蔵をさばいて食べる、そういう描写は当たり前。 幼い子どもでも躊躇なく動物を殺して食べる、そういう世界です。 一部の回ではグロテスクな描写もあり、多くの反響を呼びました。 ほのぼのとした絵柄ではありますが、序盤からシビアでシリアスなシーンも多く、謎も深まっていくので、大人でも見ごたえのある作品と言えるでしょう。 スプラッタな描写について、一部では「グロすぎる」「作者は異常性癖じゃないのか」というような意見も見受けられますが・・・。 そういった描写は、この作品の世界を描く上で必須だと思います。 原作の意図するところを見事に映像化していますよ。 個人的には、グロい描写はそれほど心配する必要はないかなと思います。 確かにグロい描写もありますが、それ以上に人間の汚いところがよーく分かる作品です。 少年少女が冒険心に突き動かされ、大穴の底を目指すストーリーはわたしたちの胸を打つものがあります。 過酷な冒険のなかで、極限状態におかれた人間の尊厳はどうあるべきなのか、そういったテーマにも踏み込んだ考えさせられるアニメと言えるでしょう。 圧倒的な映像美と音楽 この作品のウリとして挙げられるのが映像美です。 とにかく細かいところまで描かれた背景美術は圧巻です。 青々とした草が生い茂るアビスのふち、風が吹き抜けるオースの街、差し込む太陽光、きらめく街路、おどろおどろしいアビスの深層の景色など、美麗な背景美術がすごい。 「劇場作品かと思った」という人がいるほど凝った映像が作られています。 週間アニメのクオリティとは思えない勢いです。 民族音楽風のBGMもまた、作品の世界観づくりに大きく寄与しています。 オープニング曲である「Deep in Abyss」が軽快な曲なので、聴いていて気持ちいい。 まとめ 可愛い絵柄からは想像できないくらい、濃密でシビアな作品となっている「メイドインアビス」。 今後、2期の制作が待たれるところです。

次の

『メイドインアビス』が支持される本当の理由 まだグロマンガだと思ってるの?

メイド イン アビス グロ

この表紙の絵を見て「なんだ子供とかオタク向けのマンガか」と思った人は 今すぐ読みはじめてください。 そおやって油断した分、 恐ろしいほどの衝撃を受けることになります。 【2020-1-17追記】 映画『劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明』がR15になってしまったのは、多くの人に観て欲しいファンからしたら少しショックだけど、反面ものすごく納得。 だってワンシーンの画像だけでこの地獄感ですもん... メイドインアビスめっちゃ面白い。 話が進むに連れてグロくなっていくけど面白くもなっていく。 深くへ行けば行くほど強くなる、この呪いの症状があまりに残酷。 深界3層から地上に帰ろうとする時に発症する「全身の穴という穴から流血」は怖すぎるし、深海7層の 「確実な死」って、もう何も言えない。 スポンサーリンク とても可愛いキャラクターたちが容赦なく追い込まれる この恐ろしい大穴アビスに挑む、おさない主人公リコたちが素敵な絵で描かれていてとても可愛い。 レグの可愛さも「可愛い男子好き女子」たちにはたまらないはず。 しかしそんな可愛いキャラクターたちが「えっ?なんか違うマンガの世界に連れていかれちゃったの?」と思うくらい残酷に追い込まれていくのがアビスの恐ろしいところ。 美しくて可愛い作画だからこそ、逆に余計にグロい。 読んでいて辛いが、だからこそ他のマンガとは次元が違うレベルで主人公たちを応援してしまう。 ストーリーが進むに連れて、残酷さは増して行く。 救いが少なすぎる。 リコもレグもどんどん追い込まれていく。 読みすすめていくうちに「これもう無理です〜!無理ですね〜!!」とKindle PaperWhiteの画面に向かって叫びたくなる。 そして二人が出会う「 ナナチ」というモフモフ可愛いキャラクターが持つ、 過去の壮絶さは、もう見ていられない。 メイドインアビス、帯にも書いてあるけど、可愛い絵柄だけど内容も表現も残酷でグロくてギャップがすごい。 それも含めて演出なんだと思う。 グロは苦手。 でも、それでもページをめくる手を止められない。 自分のことを『成れ果て』と説明する彼女の過去はまちがいなく、現時点までのメイドインアビスでもっとも暗く切ない。 メイドインアビス三巻悲しすぎるんだけど…こういうの苦手だわ… — おもす omosu7010 冒険マンガの全てがある あまりに衝撃的だったため、メイドインアビスの残酷さばかりを取り上げてしまったが、ただ残酷描写があるだけのマンガではない。 『ワンピース』が好きな人も、『アイアムアヒーロー』が好きな人も『まどマギ』が好きな人もきっと夢中になるはずだから読んでほしい。 メイドインアビスとかはもう殿堂入りですしレジェンドですし — Ciron Ciron460 おわりに 久しぶりにマンガで泣いてしまいました。 ぼくは何者でもないですが、自信をもっておすすめできる完ぺきなマンガです。 ベッキーの不倫だったり、北川景子の結婚だったり、SMAPの解散なんて、メイドインアビスに出会えた衝撃に比べると、中華料理でいったら「ザーサイ」ぐらいなもんです。 メイドインアビスは「エビチリ」です。 メイドインアビスのすばらしさを曇らせてしまうような、中途半端な例えがでてきたのでここらへんでおしまいにします。 1巻のあとがきで作者の、つくしあきひとさんが「どんどん面白くなる予定です」という素晴らしい言葉を書いてくれているので、これからも期待して読み進めましょう。 【2019-08-14追記】 (この記事から三年が経ち、作者の言葉通り本当にどんどん面白く、そして残酷になっています。

次の

『メイドインアビス』【感想・考察】アニメ『メイドインアビス』を見て【ネタバレ・グロ注意】

メイド イン アビス グロ

7巻まで読破。 世界観の作り込み方は素晴らしく、説得力がありますし、ストーリーは面白い。 完成度が高い作品だと思います。 しかし、あらゆる意味でアウトです。 この作品はR20でもいいくらいだと思う。 子どもの性的な裸体描写、子どもの際どい部分への接触、性的な部位を覗く描写、子どもを猟奇的に痛めつける描写、身体部位欠損、その際に痛み苦しみながらもどこか艶かしい表情、所謂リョナ表現 へそから徐々にとがったものを差し込んでいくなど、いかにも変態臭い を含みます。 特にカバー裏は未発達な乳房の描写が生々しく、裸体で苦しむ絵などもあり、ほぼアウト。 それらが、ストーリーのために必要であるならば理解できるけれど、むしろそれらを描きリョナ的嗜好を満足させるためにこの設定や展開があるのではないか、と思わせるほどに過度にセクシュアルで嫌悪感を覚えました。 テーマや生命の価値がどうとか、高尚そうにいって誤魔化しちゃダメだと思う。 この作品は面白いけど、決して健全でも一般的にOKな描写でもない。 子どもを性的に描くのは本当にNGです それを承知の上で楽しんで欲しい。 アニメを観て面白かったのでKindle版1巻~6巻まで買ってしまいました。 アニメは1巻~4巻の冒頭までの映像化でした。 アニメ最終回を観て号泣したシーンが描かれている3巻でも泣くほど感動しました。 絵は普通のファンタジーものでかわいらしい感じで、感動ポイントが要所ごとにありとても面白いのですが、過酷なアビスの大穴を冒険することの厳しさがしっかり描かれている印象があります。 冒険が進むにつれてシビアなシーンが多くなり厳しくなっていきます。 世界観やアビスの苛酷な環境がしっかり描けており、潜った深さにより地上に戻る時に身体への負荷が大きくなるというアビスの呪いが冒険を厳しいものにしつつもストーリーを上手く面白くできていると思います。 人と人とのつながりが上手く描けていることも感動できるほどに面白くしています。 ネタバレできませんが4巻~5巻は、それまでも過酷な冒険だったのに、桁違いに厳しくドス黒いです… 1巻~3巻までがオススメで、特に3巻は泣いた人も多かったのではと思えるくらい感動できるので色んな人に読んでもらいたいです。 今までに多くの作品を読んだり観てきましたが、ここまで泣くほど感動した作品は少なかったです。 4巻以降は、読む人を選ぶ内容かもしれませんがリコとレグを待ち受けている冒険が描かれています。 続きも期待しているので楽しみです。 6巻まで読んでの感想。 世界観描写や構成だけでも非常に完成度の高い優等生的な漫画だと思う、 キャラクター描写は魅力的だし、控えめな台詞で計算尽くの伏線を回収していくのもうまい。 超科学的な設定を説明するのに、生物学や民間療法でいかにもありそうな理論を持ってくる点など素晴らしいの一言に尽きる。 シャベルやズボンのバックルのようなガジェットの細かい描き込みにもセンスが光る。 何より自分にとってここまで「続きが気になる漫画」は過去に一つもなかった。 リコのキャミソールのガラッと空いた腋の布の隙間からその下の膨らみの形がうっすら見え隠れするところとか、 やたらとレグのおへそにとがった物がぶっ刺さって内出血する描写など、趣味丸出しのロリ・ショタ・リョナの表現は好き嫌いが分かれるだろうが、決してそれだけの作品ではない。 実際は細々したガジェット群、古代の重機、ふわふわした生き物、危険生物の恐るべき生態、サバイバルシーンでのどこか贅沢なひととき、 堅くてぬるぬるした毒虫、見知らぬ土地の文化、未知の食材と調理方法・・・etcといったものに対する作者の愛や萌えを凝縮した冒険漫画だといえる。 グロテスクな描写が多い等で評価が分かれているようだが、正確に言えばグロ表現そのものよりも、心身の「痛みの表現」こそがキツいと思う。 「子供らしいひたむきなな純粋さ」と、「作者の悪意すら感じるほどの苦痛表現」、この2つが表裏一体を為してしているのがが魅力でもありアクでもあるのだが、 3巻ぐらいまでは「グロ」「ホラー」「痛そう」で済ませられたものが、 4,5巻では読者の倫理観がグラグラしてくる位ドギツくなる。 6巻で少し緩和されはするが、キツい所はやはりかなりキツい。 こういう描写を作者が心から苦悩し涙しながら描いているのか、 あるいはパパ棒を度しがたくしてニヤニヤしながら描いているのか、 (おそらくどっちも正解なんだろうと予想する) このあたりの印象によって読者の受容の仕方は大きく変わってくると思う。 手塚治虫もこういう題材を好んで描いていた(しかもいちいち変態くさい)が、絵がマンガ的な分、読者に心理的な「逃げ」の余地があった。 本作にはそれがない。 作品をある程度突き放して読めず、かつ抑鬱傾向のある人にはまず絶対にお勧めしない。 ここまで読んできた読者として、パーティ3人のうち誰かが傷つくのはとても悲しいのだが、 しかし作者が変な自主規制をして、普通の健全な売れ筋冒険漫画になってしまうのはもっと悲しい。 おそらく最後まで構想をすべて固めた上で描いていると思うので、このまま作者が最もやりたい形で完結まで持っていってもらいたい。

次の