河合あんり。 河井案里緊急搬送!服用した薬は何?飲酒の量は?自殺未遂?迷惑だと非難殺到!

河井あんりは適応障害?選挙法違反の疑いでも議員を続ける理由は?|COCO×LAB

河合あんり

結論から言うと、補欠選挙です。 とはいうものの、勘違いするといけないので、一応説明しておくと・・・ 議員選挙があったあと、選挙日から3ヶ月以内に何らかの理由で欠員が発生した場合には、次点者の繰り上げ当選になります。 3ヶ月を超えて欠員が発生した場合、国会議員の場合は選挙区の定数の4分の1を上回る欠員となった場合に補欠選挙になります。 今年の参院選は7月21日に実施されているため、10月21日で3ヶ月となったため、繰り上げではなく補欠選挙の対象になります。 また広島選挙区の定数は3のため、1名の欠員で補欠選挙になります。 例えば東京選挙区の場合は定数が6なので、1名が欠員になっても補欠選挙にはなりません。 ちなみに補欠選挙が実施される場合の時期ですが、9月16日~3月15日までに欠員が発生した場合には、4月の第4日曜日に補欠選挙になると決まっています。 このため、今日辞職しようが、1ヶ月後に辞職しようが、補欠選挙の日程は同じ日になります。 ただし・・・ 実は例外があって、本当に辞職しても4月に補欠選挙が出来るかは分かりません。 というのも、7月21日の参院選について、別途選挙無効を求めて裁判が実施されています。 俗に言う、一票の格差訴訟です。 選挙無効の裁判が実施されている場合には、その裁判の確定判決が出るまでは補欠選挙が出来ない。 というルールがあります。 補欠選挙で当選しても、そもそも補欠選挙を発生させる原因となった人の当選が無効になってしまえば補欠選挙の根拠がなくなるからです。 なので一票の格差訴訟が終わるまでは補欠選挙は実施されません。 とりあえずはそんな感じですね。 長くなりましたがとりあえずはこの辺で。

次の

河井克行の嫁(妻)あんり(案里)が美人!子供は?文春の過去の評判がヤバい

河合あんり

1月23日、案里氏は、取材陣に対して、1億5,000万円の入金があった事実を認めたうえで、「違法性はない」と回答しました。 自民党の案里氏への公認決定が遅れた下で、「選挙まで短期間で党勢を拡大しなければならず、資金が集中した」と説明。 また、当該選挙資金については、今後、政治資金収支報告書に記載する意向を表明しました。 夫である河井克行衆議院議員も、「妻の説明に尽きる」と説明しています。 (出所:共同通信) こうした河井案里・克行氏の説明に対して、二階幹事長や安倍首相は、支持する見解を示しています。 二階俊博・自民党幹事長「最終責任は幹事長にある」 まず、1月27日の記者会見で、自民党の二階俊博幹事長は、1億5,000万円の支出について、「党から出ている。 最終責任は当然幹事長にある」と、事実関係を認めました。 そのうえで、金額が多いことは「問題ない」としたうえで、「選挙資金は、各候補者に対し基本的に平等に対応することが大事だが、時期や選挙情勢、当落の必要性を勘案して、党が判断する。 選挙の強い、弱いによって決めるわけなので、問題ない」と説明しています。 広島選挙区では、二名が当選する二人区に、自民党から、当時・現職であった溝手顕正氏(元国家公安委員長)に加えて、新人候補として河井案里氏を擁立。 当初は、知名度で劣る案里氏は不利と予想されていましたが、大激戦の結果、野党系の現職と案里氏が当選し、溝手氏は落選しました。 なお、溝手氏への自民党からの選挙資金は、案里氏の10分の1の1,500万円であった、と報道されており、えこひいきではないか、との批判が出ています。 安倍晋三・首相「何の問題もない」 1月27日の衆議院・予算委員会で、安倍首相は、河井氏への選挙資金の「政党本部から政党支部への政治資金の移転は何の問題もない」としたうえで、「政治資金の運用は党本部に任せており、個別の件は承知していない」と、自分が選挙資金の支出を決めた訳ではない、と答弁。 さらに、2019年7月の参議院選挙の際に、河井陣営には自身の秘書を応援のために派遣したのに対して、自民党から別途立候補していた溝手氏の陣営には派遣しなかったのは、えこひいきではないか、という指摘に対しては、「自民党から2人当選させるにはつらい判断をしなければいけない。 知名度がない側に秘書を入れるのが党全体のバランスをとることにつながると考えた」とし、「どちらか一方に肩入れしたということではない」と反論しました。 選挙資金1億5,000万円に与党自民党からも驚きの声が! これに対して、1億5,000万円の巨額の支払いについては、与党議員からも驚きの声が上がっています。 下村博文選挙対策委員長「相場の10倍で、本当に驚いている」 1月23日に放送されたテレビ番組(BS日テレ「深層NEWS」)で、下村氏は、選挙資金について「相場の10倍で、本当に驚いている」とコメント。 そのうえで、巨額の資金の入金を誰が指示したかについて、明言を避けつつも、「党本部ということで言えば、幹事長の判断、あるいは総裁の判断ということ」と指摘しました。 さらに、「都道府県連に振り込むことはあるが、候補者の支部(への入金)というのは普通あり得ない」として、この巨額入金が極めて異例の判断であったとの認識を示しています。 中谷元・元防衛相「1億5,000万円は破格を通り越している」 1月26日に放送されたテレビ番組(フジテレビ系「日曜報道THE PRIME」)に生出演した中谷氏。 「私の事務所も調べたんですけど、(選挙資金の支給は)1,500万円でした。 公認料と活動費なんですけど。 やっぱり1億5,000万円というのはにわかに信じられません。 破格を通り越しているということで、何に使ったのかなということなんですけど」とコメントしました。 また、「当選した案里さん自身も、私も知りません、というのは良くないと思います。 候補者もきちんと事務所の中、管理しないといけません。 政治家自らがしっかり説明できるようにしないといけません」と指摘しています。 さらに、「党内の規律は公平公正が、必要でそうじゃないと組織が動かなくなってしまうと思う。 野党の時に、原点に戻って謙虚に国民目線で、と政権復帰したわけですから、この気持ちを忘れずにやっていかないといけない」と述べています。 記事をご覧頂き、どうもありがとうございました!.

次の

【画像】河井あんりの若い頃が美人!現在までの顔の変化まとめ

河合あんり

高校:宮崎大宮高等学校 大学:慶應義塾大学 総合政策学部 大学院:慶応義塾大学院 政策・メディア研究科修士河井あんりさんは、幼稚園から中学まで宮崎大学の付属に通っていました。 中学校では、美術部と合唱部に所属していたそうです。 高校では生徒会の役員になり、当時高校で禁止されていたコートマフラー自由化運動をしていたようです。 学生の頃から 社会をを変えようとする活動に興味があったのかもしれません。 大学は慶應義塾大学ですので頭の良さがよくわかります。 大学院まで進み、「政策と民営化・民間活力の導入」の研究をし、科学技術振興事業団に勤務することになります。 2001年に知人の紹介で、同じ慶應義塾出身の政治家の河井克行さん知り合い結婚します。 ちなみに 仲人は橋本龍太郎元首相です。 そして河井克行さんの選挙をサポートした際に、「君は政治に向いている」と後押しされ県議選に立候補し初当選を果たします。 そこからは当選と落選をどちらも経験し政治一本で活動され、2019年に 参議院選挙で当選されます。 河井克行 1985年 松下政経塾に入塾 1988年 アメリカオハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生になる 1990年 松下政経塾を卒業 1991年 広島県議会議員選挙 初当選 1996年 衆議院議員総選挙 初当選 2004年 外務大臣政務官に就任 2006年 自由民主党国防部会長に就任 2007年 法務副大臣に就任 2008年 自由民主党副幹事長に就任 2015年 内閣総理大臣補佐官に就任 2019年 法務大臣に就任 河井克行さんは松下政経塾を出られた後は、まさに エリート議員と言わんばかりの輝かしい経歴の持ち主です。 政治家になるためには「地盤 看板 カバン」が必要と言われますが、河井克行さんの両親は政治家ではありません。 地盤も看板もありませんから、そこからここまでの経歴を作られたのはすごいのではないでしょうか。 河井あんり・河井克行の年収と収入は? ここでは2人の年収と収入について紹介致します。 年収 河井克行さんの年収ですが、こちらは国会議員の所得公開データの集計が出ています。 給与:1580万円 不動産・利子など:0円 その他収入:3円 公開所得:1583万円 出典: こちらのデータによると、河井克行さんの 年収は1583万円になります。 さらに期末手当というボーナスで、 323万円支給されています。 なので、 総年収は1906万円になります。 河井あんりさんのデータは見つかりませんでした。 しかし、一般の国会議員の給与については法律に書かれています。 『国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律』 第一条 各議院の議長は二百十七万円を、副議長は百五十八万四千円を、議員は百二十九万四千円を、それぞれ歳費月額として受ける。 出典: 月額:129万4000円 年収:1552万8000円 さらに河井あんりさんには期末手当で 192万円支給されていますので、合計で 1744万8000円ということになります。 ただあくまで一般ですので当選間もない河井あんりさんは、これより 低い水準ではないかと思います。 収入 国会議員にはさらに給与とは別に「文章通信交通滞在費」が 月額100万円支給されます。 これは「公の書類を発送し及び公の性質を有する通信をなす等のため」と定められていますが、基本的に届け出なしで自由に使えます。 また「会派」に所属している場合、「立法事務費」で 月額65万円が支給されます。 立法に関する調査研究費なのですが、これもまた届け出なしで自由につかえますので、色々と問題視されているようです。 ですので、 給与とは別に月額165万円の収入を得ていることになります。 そうなると2人の総収入は次の通りになります。 河井克行 3886万円 河井あんり 3532万8000円 まとめ 河井あんりさんと河井克行さんの学歴や経歴、年収と収入を調べてみました。 お二人に関しては選挙違反の疑いの報道で、どんな人なんだろうと思った方が多いのではないでしょうか。 とても頭がよく 学生の頃から政治に関心を持っていたようなので、きっと社会を良くしたいと思っていたと思います。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました!.

次の