ビルゲイツ コロナ ウイルス - ビル・ゲイツ「コロナパンデミックは終わる」…「来年末には“正常復帰”」(WoW!Korea)

コロナ ウイルス ビルゲイツ 「あれはヌーディストみたいなもの?」ビル・ゲイツ、マスク着用に抵抗する人々を理解できず

コロナ ウイルス ビルゲイツ ビル・ゲイツとコロナワクチン、「陰謀説」では片付けられない事実

ビル・ゲイツ「コロナパンデミックは終わる」…「来年末には“正常復帰”」(WoW!Korea)

コロナ ウイルス ビルゲイツ コロナを暴いている南米ではコロナはビルゲイツ等が作ったと判決!

ビル・ゲイツが語る“コロナ後の世界”「ワクチンなしに日常は戻らない」

コロナ ウイルス ビルゲイツ コロナを暴いている南米ではコロナはビルゲイツ等が作ったと判決!

ゲイツ氏 コロナ終焉時期の予測を発表

コロナ ウイルス ビルゲイツ ビル・ゲイツ「コロナパンデミックは終わる」…「来年末には“正常復帰”」(WoW!Korea)

ビル・ゲイツとコロナワクチン、「陰謀説」では片付けられない事実

コロナ ウイルス ビルゲイツ ゲイツ夫妻は何年も前からパンデミックに備えていた…財団からコロナ対策へ2億5000万ドルを提供

流行の黒幕説も…ビル・ゲイツ氏、新型コロナ陰謀論の標的に 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ ウイルス ビルゲイツ 新型コロナワクチンはビルゲイツ財団の人口削減計画の利権ツール

【新型コロナウイルス】の超ヤバイ正体!!あの男は全てを知っている。|非常識な投資家M|note

コロナ ウイルス ビルゲイツ 新型コロナワクチンはビルゲイツ財団の人口削減計画の利権ツール

コロナ ウイルス ビルゲイツ 米国が「平常に戻る」のは2023年以降に、ビル・ゲイツが指摘(Forbes JAPAN)

コロナ ウイルス ビルゲイツ ゲイツ夫妻は何年も前からパンデミックに備えていた…財団からコロナ対策へ2億5000万ドルを提供

コロナを暴いている南米ではコロナはビルゲイツ等が作ったと判決!

ビル・ゲイツ「コロナパンデミックは終わる」…「来年末には“正常復帰”」(WoW!Korea)

彼によると、これまでのところワクチンは「金持ちの国」のみに配布されているため、感染力が高い変異株が海外で広がり、それが米国に忍び寄るリスクが残っているという。

  • 」 ビルゲイツはワクチンにマイクロチップを埋め込み人体を管理すると発言 「ワクチンにはマイクロチップでデジタル証明が入る」とビルゲイツは語る。

  • 『しかし今、世界的な大惨事が起きるとしたら、恐れるべきものはそういうものではない。

  • ジョーンズは自らを悲観主義者、ゲイツを楽観主義者と位置付ける。

ビル・ゲイツとコロナワクチン、「陰謀説」では片付けられない事実

この感染症は見た目が健康な豚から始まった。

  • 時間を歪めるような役割を果たしている」 「わたしは人々に『諦めてはいけない。

  • 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• ポリオに感染したほとんどの子供たちは自然によるウイルスではなく、ワクチンに混入されたウイルスでポリオに感染した。

  • そうすれば日常生活ではもちろん、投資の世界においても騙されカモにされる確率が圧倒的に軽減できるかと思います。

ゲイツ氏 コロナ終焉時期の予測を発表

しかし、それが3年後に始まる可能性を度外視すべきではない」と語った。

  • その際に 「1千万人以上の人々が 次の数十年で亡くなるような災害があるとすれば、それは戦争というよりはむしろ感染性の高いウイルスが原因となる」 と発言をしております。

  • com' are trademarks of A Red Ventures Company. 新型コロナウイルスのパンデミック以降、 は、医療用品の配備や感染症に対応したワクチンと治療法の開発支援に向けて、少なくとも、2億5000万ドル(約270億円)の資金を提供してきた。

  • しかし、ゲイツは「大きな問題は、世界的なパンデミックを終わらせるための十分な対策が取られていないことだ」と警告した。

流行の黒幕説も…ビル・ゲイツ氏、新型コロナ陰謀論の標的に 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。

  • つまりHIVと一致しているという事です。

  • 』 まぁ原子力爆弾ですね。

  • そしてビル・ゲイツは次のように続けます。

【第1回】ビルゲイツがコロナウィルスとワクチン両方を作り出した?【ワクチン陰謀論】

このイベント201の内容は「この世の終わりのリハーサルが行われていて大規模なコロナウイルス感染症の発生をシュミレーションする」というものだ。

  • 」 ゲイツ氏は米国では秋には「ほぼ平常の生活」に戻り、ほぼすべての学校が授業を再開し、レストラン業も部分的に再開し、スポーツイベントも行われるようになるだろうが、パンデミックに最終的に打ち勝つには「世界全体を救わねば」ならないと強調している。

  • 『しかし今、世界的な大惨事が起きるとしたら、恐れるべきものはそういうものではない。

  • ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。

人類は間もなく次のパンデミックに直面する=ビル・ゲイツ

人類削減計画は10年以上前から緻密に計画されていた デビットロックフェラーが設立したローマクラブ ロシア公共放送のこの「人と法律」という番組では、デビッドロックフェラーが1968年に設立したローマクラブについて言及した。

  • 「はしかのようだ」とゲイツは言う。

  • 状況は良くないのだから、ありのままの現状に対処するしかないのでは?」 するとゲイツは「マスクはより多くのことを教えてくれる」と話した。

  • ビル・ゲイツはマイクロソフト社の創設者で世界トップクラスの大富豪として知られています。

米国が「平常に戻る」のは2023年以降に、ビル・ゲイツが指摘(Forbes JAPAN)

ビル・ゲイツはこのような機関に対しても1兆円ほどの資金を投資しており、世界で予防接種つまりワクチンを広めようとしているワケです。

  • もしきれいな水がなかったら?もし十分な食料がなかったら?どこに行けばいいの?家族として何をすればいいの?」と。

  • ゲイツ氏は、世界全体が平常な状態に戻ることは2022年まではあり得ないと。

  • つまり生物兵器だと言えます。




2021 cdn.snowboardermag.com