快速 サン ポート。 サンポート

快速サンポートについて ▽205系(JR東日本の廃車車両。4ドア・オールロン...

快速 サン ポート

電車愛好会(電車でGO! プロフェッショナル2・土讃・予讃線快速サンポートキハ58系) Here is... 急行からローカル線区の普通列車まで幅広く活躍。 世代交代でその数は減りつつあるが、今も山岳路線を中心に運用されている。 90キロ以降の加速力は弱くなる。 ブレーキはそこそこ効く。 停車時には高速域でB6やB5。 その後B4〜B3、最後はB1くらいで停車する。 80キロなら280MでB6、以下70キロ190M、60キロ140M、50キロ100MでB5に緩め、40キロ70M、30キロ40MでB4に緩め、20キロで25M、10キロで10M。 ここからはB2以下で合格範囲内に調整する。 80キロまで加速。 善通寺停車。 金蔵寺停車。 50制限は300MからB6で減速して合わせる。 多度津停車。 讃岐塩屋停車。 上り勾配があるので速度が落ちすぎないように。 丸亀停車。 340MよりB6に入れて50キロへ落とす。 宇多津停車。 坂出停車。 200M前より85キロへ加速。 通過時は85キロ以上。 端岡停車。 17:30:50より加速。 「第2場内注意」になるので900MでB6に入れて閉塞区間に入る500Mまでに50キロに落とす。 高松停車。

次の

サンポートホール高松

快速 サン ポート

6000系 近郊形直流電車 快速「サンポート」 予讃線 八十場駅 2008年10月1日 JR四国では民営化後、JR東海で余剰となっていた111系電車を譲り受けて各種改造の上使用していたが、経年劣化が進んだためにこれを新車に置き換えるべく1995年に製作したのが6000系である。 客室内は転換クロスシート(デッキ部は固定クロス)で、室内灯は特急車両並のグローブ付き、平天井にラインフローと京阪神の新快速電車と比べても遜色のない設備である他、四国での使用を考慮して中間車に業務用スペースを設けたり、運転台背後の車掌業務用通路スペースが確保されるなど、細かい設計上の配慮が見られる。 四国の普通列車用車両の中では格段に静かで乗り心地も良くて座席のかけ心地もよく、車内吊り広告の全く無いすっきりした客室とも相まって、非常に快適である。 ただしM車比率が低くて性能余裕がやや少なく、特にかつて存在した7100形を併結した朝の通勤列車(1M3T)では雨天などの悪天候時には遅延することもあった。 最高速度は110km/hで7000系との併結が可能となっており、上り形先頭の6000形の運転台側を除いて三相連結器を装備している。 3両編成が基本で、現在は1995年に登場した2編成6両のみが高松運転所に在籍。 およそ8年ぶりに定期運用で復活した、7100形を増結した4両編成。 快速「サンポート」として高松〜伊予西条間を往復している。 <運用等> 当初は岡山運用を中心に使用されていたが、一時期はそれを113系に譲って香川県内限定(予讃線 観音寺以東と土讃線 琴平まで)運用となっていた時期もあった。 朝の通勤時間帯には1239Mなどで7100形を併結した1M3Tの定期編成もあったが、これは2011年3月改正で一旦消滅した。 2016年3月26日改正から、岡山運用が復活&伊予西条運用が登場して、登場から20年を経て初めて愛媛県内への定期乗り入れを開始した。 2019年3月16日改正では、岡山〜四国間のローカル列車が消滅したことから岡山運用が無くなり、四国島内のみの運用となった。 高松〜伊予西条間の1往復は、下り方に7100形を連結した4両編成となっており、8年ぶりに当該定期編成が復活した。 <6000系充当列車>(2019年3月16日改正) 2編成保有の2仕業と予備車無しで運用されるため、点検時は(主に性能面の理由で)7000系または7200+7000系に車種変更となる場合がある。 快速「サンポート」は4本を担当。 147Mと112Mは、7100形を増結した4両編成。 〜予讃線・土讃線〜 1227M/1255M 快 /147M 快 /155M 112M 快 /116M/1230M 快 /1258M 形式名 6000形 6100形 6200形 製造元 日本車輌 製造両数 2 2 2 形式写真 車体 主電動機とインバータ発電装置を搭載する上り向きの先頭車。 走行関係機器はすべてこの車輌に集中して搭載されている。 集電性能確保のため、パンタグラフを2基搭載しているのが外観上の大きな特徴である。 下り向き先頭の付随制御車。 また、7000系との併結が考慮され、下り方にサービス電源用の三相連結器を装備している。 中間付随車で、上り方車端部にトイレ設備を有する。 床下機器類を殆ど搭載しておらず、車重もかなり軽い。 下り方車端部に業務用スペースと身障者対応設備が設けらている。 屋根上 ダブルパンタと避雷器、無線アンテナ、信号煙管、それに冷房装置を搭載。 冷房装置の他には無線アンテナと信号煙管しかない。 7100形の屋根上とよく似ているが、運転室の位置に対する冷房装置の向きが逆になっているのが相違点。 モハ113形同様、冷房装置以外何も無いすっきりした屋根上。 補強用リブが入っているのが、113系との相違点。 8 t 28. 0 t 28. 6 kW 11.

次の

サンポート

快速 サン ポート

( 快速サンポート号の車両) JR四国を走る快速サンポート号は、普通列車と同じ車両が使われており、乗車券のみで乗車することができます。 快速サンポートの車両には113系電車、121系電車、6000系、7000系電車などが使用されています。 座席は6000系電車は転換式クロスシートで、それ以外はセミクロスシートです。 快速サンポート南風リレーの場合、JR丸亀駅などで岡山と高知方面を結ぶ特急南風号に連絡しているという点が異なっています。 特急南風号にスムーズに乗換をすることができるようダイヤが組まれているのです。 スポンサーリンク ( 快速サンポート号の停車駅) JR四国の快速サンポート号はJR高松駅〜JR坂出駅間は快速運転され、以遠は各駅に停車していきます。 JR高松駅〜JR琴平駅間を運行する快速サンポートは基本的には以下のような停車駅になります。 こんもりとした山が両側に近づいてきて、田んぼと家々が連なるまちなみを走るとJR端岡駅に停車します。 JR端岡駅からも、琴平行の快速サンポート号はのどかな讃岐平野を割って走っていきます。 ビュートと呼ばれる三角形をした小高い山が車窓に連なるのがこの路線における車窓風景の特徴。 JR坂出駅は岡山へ向かう快速マリンライナーの乗換駅です。 JR坂出駅を出ると、右手から瀬戸大橋線の高架が合流しJR宇多津駅に停車。 右手には外観が金色の158mの展望タワー「ゴールドタワー」がそびえ立っているのが見えます。 JR宇多津駅から3kmほど走ると、琴平行の快速サンポート号はJR丸亀駅に停車。 丸亀は京極氏が築いた城下町で重厚な瓦屋根を構えた商家も点在。 特産物は丸亀うちわです。 多度津は高松築港が完成するまでは、香川県の海の玄関口として栄えた港町。 まちの随所にその面影が残されています。 JR多度津駅を出ると琴平行快速サンポート号はJR予讃線の線路から分かれていき、高知方面へ向かうJR土讃線のレールに入っていきます。 カーブを描きながら田畑を縫ってJR金蔵寺駅。 均整のとれた讃岐富士(飯野山)を左手に見て善通寺市に入っていきます。 JR善通寺駅は、四国88カ所霊場75番札所「善通寺」の最寄り駅。 善通寺は真言宗を開いた弘法大師のふるさととして知られています。 善通寺駅からは山々に囲まれた田園地帯のなかを走り勾配をあげていきます。 琴参閣をはじめとする大型の宿が象頭山の麓に連なるのが右車窓に見えると、まもなくJR四国の快速サンポート号は終点のJR琴平駅に到着です。 その参道にはこんぴら温泉の温泉宿も連なります。 運転日にご注意ください (ツアー情報) ( 金刀比羅宮とは)「讃岐のこんぴらさん」と呼ばれ親しまれている四国を代表する名刹のひとつ。 金比羅宮の主祭神は大物主神で、「海の神様」として海上安全などに御利益があるとされています。 初詣などはあふれんばかりの参拝客で、金比羅宮やその参道は埋め尽くされます。 金刀比羅宮は象頭山の中腹に位置します。 表参道から795段もの石段をのぼり、ようやく御本宮にたどり着きます。 奥社は更に奥にあり、なんと1368段の階段をのぼった先に佇んでいます。 (地図)琴平町観光協会 参道そぞろ歩きMAPは ( 灸まんとは?) 琴平に来れば、至るところに「灸まん」とかかれた黄色い看板が立っています。 初めて琴平に来られた方はその多さとインパクトに驚かれるかもしれません。 一体「灸まん」とは何かというと、琴平名物のおまんじゅうです。 小麦粉の薄皮のなかに黄身餡を詰めたお灸の形をしたひと口サイズのおまんじゅうで。 茶菓子にぴったりのやさしい味わいを楽しめます。 ちなみに、今上天皇が参られた際に香川県知事が献上したのも「灸まん」でした (楽天市場:琴平名物「灸まん」) >> ( こんぴら温泉とは) 金刀比羅宮の門前町として栄えた琴平のまちには温泉「こんぴら温泉」も湧いています。 海山の幸と肌にやさしい湯が、参拝客の疲れをゆったりいやしてくれることでしょう。 (宿泊情報) >> >>.

次の