炭 治郎 イラスト 可愛い。 《鬼滅の刃》禰豆子(ねずこ)のかわいいをまとめてみた!可愛いシーンやイラストからコスプレまで!

#腐向け #炭治郎受け 可愛いあの子は鈍感です。

炭 治郎 イラスト 可愛い

を作ったり投稿者のMinlyさん。 今度は炭治郎と禰豆子をイメージした和傘を折り紙で作ってくれました。 まずは市松と麻の葉の折り紙を用意する方法です。 市松と麻の葉模様を白黒でコピーします。 さらにイラストマーカーで必要な大きさを塗ります。 力技での再現に「そうきたかww」「雰囲気めっちゃ尊重していて良いね」のコメントが。 正方形に切ったらオリジナル折り紙の出来上がりです。 この折り紙を表用にします。 材料のサイズです。 先端と持ち手に使う紙は画像のように切っておきます。 表用から折っていきます。 まずは半分に。 途中までは鶴を折るときと同じです。 ここからは鶴と違って中を開き、中心線に合わせて折り畳んでいきます。 角が8個になりました。 次は長い辺を中心線にあわせて畳み、折り目をつけて開きます。 このとき竹串を差し込むと綺麗になるそうです。 全部折ると角が16個になりました。 まっすぐな線のところでハサミで切ります。 先の尖っている方も少し切り、棒を通す穴を開けました。 裏用の折り紙も同じように折り、5mmくらい小さくなるように切ります。 真ん中に切り込みを入れました。 折り紙を開き、切り込みの外側部分の折り目が逆になるよう折り目を付け直します。 外側を折り終わったら切り込み部分で折り返し、表用の折り紙と貼り合わせます。 真ん中に穴を開け、黒のロリポップスティックを傘に通します。 竹串でもいいそうです。 傘の先にマスキングテープを巻き付けます。 普通の紙でもOKです。 テープを巻いた上にボンドを塗り先端用の紙をかぶせます。 紙を押さえつけながらタコ糸でぐるぐる巻いて縛ったら、結び目にもボンドを付けて糸を適当な長さで切ります。 持ち手用の紙は動かせるようにボンドを付ける場所に注意します。 表用の紙の折り目部分にハサミで切り込みを入れていきます。 山になる部分はくさび型に。 切り込みを入れたら内側に折り込んでボンドで貼り付けます。 炭治郎と禰豆子をイメージした和傘の完成です! 持ち手を動かすことができ、ちゃんと開いたり閉じたりできます。 爪楊枝で骨を入れるとまた別の雰囲気になりました。 小さいのにちゃんと傘になっています。 「ほんとすごいな」「凝ってる」「すてきー」などの声が寄せられました。 制作の詳細についてはぜひ動画でご確認ください。 作り方のちょっとしたコツなどもあり、わかりやすいです。

次の

『鬼滅の刃』炭治郎と禰豆子をイメージした小さな和傘が完成! イメージ通りの“折り紙”を作るところから始めた作品に「可愛い」「意表を突かれた」の声

炭 治郎 イラスト 可愛い

仲間の炭治郎が柱に捕まってるという話を聞きつけ急いでその甘味処に向かってます… でもまぁ、どうしてこんな状況になっているか予想はついてるんですけどね、 それでも仲間想いの俺は手を差し伸べに行くわけですよ。 [newpage] 甘味処の前まで来ました。 我妻善逸です。 …やばいよこれ!?中から嫉妬、嫉妬、嫉妬、困惑、怒りの音が聞こえてくるんですが!? 柱の皆さんの音ですねぇぇ!柱の皆さんってこんな感情起伏激しい方でしたっけ?? ……そうでした。 柱って炭治郎の事になると感情制御出来ないやつの集まりなんだった。 あぁぁもう怖いけど中に入って状況把握をまずはしよう! 怖いけど!炭治郎を助けるために! 中に入ると隠の言ってた通り炭治郎を真ん中にしてそれを囲う様に柱の皆さんが座ってお茶をしていた。 「で、どうしてこんな事になってんだ?派手に説明してもらおうか!!」 「うむ!俺も理解できていない!!炭治郎は俺と付き合っていたはずだ!!」 「…違うよ。 僕と炭治郎が付き合ってるんだ」 「…炭治郎」 以下略。 柱の目線は皆炭治郎に向けられる。 炭治郎はと言うと、皆に目線を向けられマァ困った顔をしていた。 簡単に説明すると、柱の皆さんは「自分と炭治郎がお付き合いをしている筈なのに、どうして他の連中も炭治郎と付き合ってると言っているのだ!?」と騒ぎ立てているということ。 いや!お前が!悪いんだよ!?炭治郎!? 炭治郎は恋愛というものをほーーーんとになぁーーーんも知らない。 炭治郎のおバカちんが! でもさ柱も柱だよね!? 柱の皆さんにも平等に優しさを配る炭治郎にキュンキュンしちゃうのも分かるよ!? 優しくて、話上手、感情を読み取るのが上手くて気配りも出来る。 にっこり笑った顔は見る人を癒す。 そして自分を甘やかしてくる長男力。 自分だけを特別扱いしてくれていると勘違いしてしまう程の優しい言葉を沢山かけてくれる。 つまり天使なのだ炭治郎は。 だけど恋愛的な意味で炭治郎も自分の事好きどと勘違いする!?この子恋愛に疎いの!! マァ自分も勘違いした男の1人なのですがね。 炭治郎の隣にいる俺でさえ「炭治郎ぉぉ好きぃぃ!!炭治郎も俺の事好きだよなぁ!?頭なでなでしてくれたりさぁ!してくれるじゃん!?特別扱いしてくれるじゃん!?つまり俺の事…」 炭治郎は「ハァ?何言ってんだ?」的な目を俺に向けていた。 アッ、勘違いでしたね。 ごめんなさい。 となるわけでしてね。 長時間一緒にいれない柱たちが自分を炭治郎の特別 両想い と勘違いしちゃうのも分かる。 いやでも皆さん炭治郎はね、 弟達にやっていた事を無意識に相手に 年上だろうが関係なし やっちゃうだけなの。 でも炭治郎が悪い!!!人たらしめ!!! 可愛いのが悪い!!! 「…まずはこうして集まる事になった経緯を話そうか。 」 誰かが呟いた発言に皆頭を縦にふる。 あっ、実はその現場を俺は見ていました。 それはそう数週間前の話になる。 柱と隠、何故か俺もいた時に唐突に煉獄さんが話始めた事から始まった。 「皆に聞いてもらいたい事があるんだが!良いだろうか。 」 「なんだなんだ?煉獄が改まって話するとは、何かあったのか?」 いち早く反応したのは宇髄さんだった。 その後にわらわらと柱達が煉獄さんの元に集まり、そのちょっと離れた所から冨岡さんと俺は煉獄さんの話に耳を傾けていた。 いや俺はね、柱の皆さんの中に入るなんてしませんよ!?だって部外者とも言えるわけでして、だけど冨岡さんまで離れて聞く必要なくない!? 「実は最近恋人が出来た!しかし俺は柱の身。 なかなか会えなくてな…。 階級も異なる。 自分の元から離れて行ってしまわないか気が気じゃないのだ。 そこで相談なのだが!相手を惹き付ける贈り物とかないだろうか!!」 …煉獄さんに恋人?? 「煉獄に恋人が!?それも隊員の中にいんのか!!俺と同じじゃねぇか!」 「…?宇髄には嫁がいただろう?」 「4人目の嫁になるんだ。 そのつもりで付き合ってる。 俺もなぁ、なかなか会えねぇし、あいつ疎いからなぁ助平な事の1つも出来ねぇ。 」 「同じだ。 奥ゆかしいと言うか、俺を甘やかしてくるのに、俺が甘やかそうとすると逃げるんだ。 長男だから慣れてないんです。 と言うが!!!俺な甘やかしたい!そして助平な甘やかしもしたい!!」 「…長男?俺も相手長男だわ。 そこも同じかよ!?」 「待て…もしや…」 あれ?雲行きが怪しいぞ? これもしや、もしやだわ。 た、炭治郎なのでは!? その時俺は見てしまった。 冨岡さんが…「!!! 」という顔をしていた。 えっと…まさか冨岡さんも!? そして周りの柱を見渡すと冨岡さんの様に気づいた者、血の気が引いてる者 あぁぁぁ炭治郎ぉぉぉ!!!お前ーー!! 柱の皆さん落としてたんですねぇぇ!?!? 「……彼奴ぶっ殺すゥゥゥ!!!」 「…炭治郎は僕のだ」 「…炭治郎が、なぁ?」 「うむ!!これが浮気というやつか!!」 逃げてぇぇぇ炭治郎!!! [newpage] という訳なんですよね。 まさか今日炭治郎の尋問が始まると思って無かったから助けに来るの遅れちゃったけどさ、炭治郎も誰構わず優しくするの駄目だと気づいて欲しいので様子見させてもらう。 乱闘騒ぎ 柱同士の が始まったら炭治郎を連れて逃げようかなと 「…と、言う訳だ。 皆その時に炭治郎が自分以外とも付き合っていると気づいたのだ。 」 「あん時はビックリしたぜ。 なぁ、どうしてくれようか?俺たちと浮気してたんだぜ?責任とってくれよなぁ?」 可哀想に炭治郎。 炭治郎は何が起こっているのか分かっていない。 だって炭治郎にとっては普通に柱と会話したり、お出かけしたりと、楽しんでただけなのだ。 なのに付き合ってたじゃんか!と騒ぎ立てられ責められている。 「ご、ごめんなさい ? 俺、皆さんを傷つけるつもりは、無くて。 あの、もう皆さんと関わるの辞めます。 」 炭治郎は匂いで何となく察した。 柱の皆さんは自分に怒っているのだ。 どうしてかは分からないけど。 炭治郎は目をうるうるさせて上目遣いになりながら柱たちを見渡す。 柱たちは驚愕の表情をしていた。 マァだよな。 だって大好きな子から「もう関わらない」と言われたらねぇ? 1部は炭治郎の上目遣いに「うぐぅぅ可愛い、なんという破壊力!!」っていう音をさせていたけど。 「僕は炭治郎と離れるなんて嫌だ。 …炭治郎が気に食わないんなら他の人達は炭治郎と別れたら良いよ。 」 「気に食わないとは言ってない!炭治郎にはこの中で1人だけを選んで欲しいのだ!俺を選ぶ以外の選択肢は無いがな!!」 「え、選ぶ!?俺がですか!?出来ません!!そんな…」 今度は炭治郎が驚愕の表現をする。 「仲良くする相手を1人に絞ってくれ。 」と勘違いしてるのだこの炭治郎は。 本当は恋人になる相手を1人決めてくれ。 なのだが。 そして炭治郎は爆弾発言をする。 「皆さんと仲良くするのは、ダメですか!?」 えっ? 柱の皆さん 「皆さんと仲良く 意味深 するのは、ダメですか!?」と解釈する。 違うからね!? 「成程なぁ。 マァ炭治郎が良いなら俺は良いぜ。 炭治郎と別れるのは耐えられねぇし」 「共有という事か!!むう!まぁそれも良しとしよう!!」 「…炭治郎と一緒にいれるのなら、僕もそれで良いよ。 」 満場一致 炭治郎は柱の共有物となった。 乱闘騒ぎにならず丸く話は収まり炭治郎もにこやかになる。 「よく分かりませんが、皆さんが嬉しそうで俺も嬉しいです!これからもよろしくお願いします!」 「…はぁぁぁ!?!?!?ダメです!!ダメです!炭治郎はお前たちに渡しませんぅぅぅ!!!勘違い野郎達に可愛い炭治郎は渡しませんぅぅぅ!!!」 可愛い子を手放しにしちゃダメなんだって気づきました。

次の

#腐滅の刃 #炭治郎愛され 炭治郎は可愛い子

炭 治郎 イラスト 可愛い

仲間の炭治郎が柱に捕まってるという話を聞きつけ急いでその甘味処に向かってます… でもまぁ、どうしてこんな状況になっているか予想はついてるんですけどね、 それでも仲間想いの俺は手を差し伸べに行くわけですよ。 [newpage] 甘味処の前まで来ました。 我妻善逸です。 …やばいよこれ!?中から嫉妬、嫉妬、嫉妬、困惑、怒りの音が聞こえてくるんですが!? 柱の皆さんの音ですねぇぇ!柱の皆さんってこんな感情起伏激しい方でしたっけ?? ……そうでした。 柱って炭治郎の事になると感情制御出来ないやつの集まりなんだった。 あぁぁもう怖いけど中に入って状況把握をまずはしよう! 怖いけど!炭治郎を助けるために! 中に入ると隠の言ってた通り炭治郎を真ん中にしてそれを囲う様に柱の皆さんが座ってお茶をしていた。 「で、どうしてこんな事になってんだ?派手に説明してもらおうか!!」 「うむ!俺も理解できていない!!炭治郎は俺と付き合っていたはずだ!!」 「…違うよ。 僕と炭治郎が付き合ってるんだ」 「…炭治郎」 以下略。 柱の目線は皆炭治郎に向けられる。 炭治郎はと言うと、皆に目線を向けられマァ困った顔をしていた。 簡単に説明すると、柱の皆さんは「自分と炭治郎がお付き合いをしている筈なのに、どうして他の連中も炭治郎と付き合ってると言っているのだ!?」と騒ぎ立てているということ。 いや!お前が!悪いんだよ!?炭治郎!? 炭治郎は恋愛というものをほーーーんとになぁーーーんも知らない。 炭治郎のおバカちんが! でもさ柱も柱だよね!? 柱の皆さんにも平等に優しさを配る炭治郎にキュンキュンしちゃうのも分かるよ!? 優しくて、話上手、感情を読み取るのが上手くて気配りも出来る。 にっこり笑った顔は見る人を癒す。 そして自分を甘やかしてくる長男力。 自分だけを特別扱いしてくれていると勘違いしてしまう程の優しい言葉を沢山かけてくれる。 つまり天使なのだ炭治郎は。 だけど恋愛的な意味で炭治郎も自分の事好きどと勘違いする!?この子恋愛に疎いの!! マァ自分も勘違いした男の1人なのですがね。 炭治郎の隣にいる俺でさえ「炭治郎ぉぉ好きぃぃ!!炭治郎も俺の事好きだよなぁ!?頭なでなでしてくれたりさぁ!してくれるじゃん!?特別扱いしてくれるじゃん!?つまり俺の事…」 炭治郎は「ハァ?何言ってんだ?」的な目を俺に向けていた。 アッ、勘違いでしたね。 ごめんなさい。 となるわけでしてね。 長時間一緒にいれない柱たちが自分を炭治郎の特別 両想い と勘違いしちゃうのも分かる。 いやでも皆さん炭治郎はね、 弟達にやっていた事を無意識に相手に 年上だろうが関係なし やっちゃうだけなの。 でも炭治郎が悪い!!!人たらしめ!!! 可愛いのが悪い!!! 「…まずはこうして集まる事になった経緯を話そうか。 」 誰かが呟いた発言に皆頭を縦にふる。 あっ、実はその現場を俺は見ていました。 それはそう数週間前の話になる。 柱と隠、何故か俺もいた時に唐突に煉獄さんが話始めた事から始まった。 「皆に聞いてもらいたい事があるんだが!良いだろうか。 」 「なんだなんだ?煉獄が改まって話するとは、何かあったのか?」 いち早く反応したのは宇髄さんだった。 その後にわらわらと柱達が煉獄さんの元に集まり、そのちょっと離れた所から冨岡さんと俺は煉獄さんの話に耳を傾けていた。 いや俺はね、柱の皆さんの中に入るなんてしませんよ!?だって部外者とも言えるわけでして、だけど冨岡さんまで離れて聞く必要なくない!? 「実は最近恋人が出来た!しかし俺は柱の身。 なかなか会えなくてな…。 階級も異なる。 自分の元から離れて行ってしまわないか気が気じゃないのだ。 そこで相談なのだが!相手を惹き付ける贈り物とかないだろうか!!」 …煉獄さんに恋人?? 「煉獄に恋人が!?それも隊員の中にいんのか!!俺と同じじゃねぇか!」 「…?宇髄には嫁がいただろう?」 「4人目の嫁になるんだ。 そのつもりで付き合ってる。 俺もなぁ、なかなか会えねぇし、あいつ疎いからなぁ助平な事の1つも出来ねぇ。 」 「同じだ。 奥ゆかしいと言うか、俺を甘やかしてくるのに、俺が甘やかそうとすると逃げるんだ。 長男だから慣れてないんです。 と言うが!!!俺な甘やかしたい!そして助平な甘やかしもしたい!!」 「…長男?俺も相手長男だわ。 そこも同じかよ!?」 「待て…もしや…」 あれ?雲行きが怪しいぞ? これもしや、もしやだわ。 た、炭治郎なのでは!? その時俺は見てしまった。 冨岡さんが…「!!! 」という顔をしていた。 えっと…まさか冨岡さんも!? そして周りの柱を見渡すと冨岡さんの様に気づいた者、血の気が引いてる者 あぁぁぁ炭治郎ぉぉぉ!!!お前ーー!! 柱の皆さん落としてたんですねぇぇ!?!? 「……彼奴ぶっ殺すゥゥゥ!!!」 「…炭治郎は僕のだ」 「…炭治郎が、なぁ?」 「うむ!!これが浮気というやつか!!」 逃げてぇぇぇ炭治郎!!! [newpage] という訳なんですよね。 まさか今日炭治郎の尋問が始まると思って無かったから助けに来るの遅れちゃったけどさ、炭治郎も誰構わず優しくするの駄目だと気づいて欲しいので様子見させてもらう。 乱闘騒ぎ 柱同士の が始まったら炭治郎を連れて逃げようかなと 「…と、言う訳だ。 皆その時に炭治郎が自分以外とも付き合っていると気づいたのだ。 」 「あん時はビックリしたぜ。 なぁ、どうしてくれようか?俺たちと浮気してたんだぜ?責任とってくれよなぁ?」 可哀想に炭治郎。 炭治郎は何が起こっているのか分かっていない。 だって炭治郎にとっては普通に柱と会話したり、お出かけしたりと、楽しんでただけなのだ。 なのに付き合ってたじゃんか!と騒ぎ立てられ責められている。 「ご、ごめんなさい ? 俺、皆さんを傷つけるつもりは、無くて。 あの、もう皆さんと関わるの辞めます。 」 炭治郎は匂いで何となく察した。 柱の皆さんは自分に怒っているのだ。 どうしてかは分からないけど。 炭治郎は目をうるうるさせて上目遣いになりながら柱たちを見渡す。 柱たちは驚愕の表情をしていた。 マァだよな。 だって大好きな子から「もう関わらない」と言われたらねぇ? 1部は炭治郎の上目遣いに「うぐぅぅ可愛い、なんという破壊力!!」っていう音をさせていたけど。 「僕は炭治郎と離れるなんて嫌だ。 …炭治郎が気に食わないんなら他の人達は炭治郎と別れたら良いよ。 」 「気に食わないとは言ってない!炭治郎にはこの中で1人だけを選んで欲しいのだ!俺を選ぶ以外の選択肢は無いがな!!」 「え、選ぶ!?俺がですか!?出来ません!!そんな…」 今度は炭治郎が驚愕の表現をする。 「仲良くする相手を1人に絞ってくれ。 」と勘違いしてるのだこの炭治郎は。 本当は恋人になる相手を1人決めてくれ。 なのだが。 そして炭治郎は爆弾発言をする。 「皆さんと仲良くするのは、ダメですか!?」 えっ? 柱の皆さん 「皆さんと仲良く 意味深 するのは、ダメですか!?」と解釈する。 違うからね!? 「成程なぁ。 マァ炭治郎が良いなら俺は良いぜ。 炭治郎と別れるのは耐えられねぇし」 「共有という事か!!むう!まぁそれも良しとしよう!!」 「…炭治郎と一緒にいれるのなら、僕もそれで良いよ。 」 満場一致 炭治郎は柱の共有物となった。 乱闘騒ぎにならず丸く話は収まり炭治郎もにこやかになる。 「よく分かりませんが、皆さんが嬉しそうで俺も嬉しいです!これからもよろしくお願いします!」 「…はぁぁぁ!?!?!?ダメです!!ダメです!炭治郎はお前たちに渡しませんぅぅぅ!!!勘違い野郎達に可愛い炭治郎は渡しませんぅぅぅ!!!」 可愛い子を手放しにしちゃダメなんだって気づきました。

次の