バイク保険 相場。 バイク任意保険は必須!相場と使用目的別オススメプランの選び方

車両保険の金額はいくらが目安(相場)なの?|チューリッヒ

バイク保険 相場

目次情報 125~250ccのバイクの特徴について紹介 125㏄~250ccのバイクのメリット 125㏄~250ccのバイクの維持費 ガソリン代、改造代・整備費 125㏄~250ccのバイクの税金 250ccバイク自賠責保険〇 250cc 任意保険必要性入らないと?〇 ファミリーバイク特約〇 250cc 任意保険 必要書類〇 125㏄~250ccバイクの任意保険料の相場 250ccバイク【年代ごと】の保険料 17歳〇 18歳〇 19歳〇 20歳〇 21歳〇 26歳〇 35歳〇 まとめ 125~250ccのバイクの特徴について紹介 125㏄~250ccのバイクのメリット 125㏄~250ccの排気量クラスは車検が無い事が一番のポイントです。 400㏄以上の中型バイクの場合、2年に一度車検があり、その都度出費がかさみます。 車検整備代や税金などで5万円以上かかることもあります。 249㏄ 400㏄ 1000cc 自賠責保険 (24か月) 14,290円 13,640円 13,640円 重量税 3,600円 6,000円 6,000円 印紙代 0円 1,700円 1,700円 手数料 0円 2万円前後 2万円前後 合計 17,890円 41,340円 41,340円 車検費用だけを比べると23,450円の差があります。 もちろんこのほかに整備費用が掛かりますが、当然大きなバイクの方がお金が掛かります。 250㏄未満のバイクは車検がなく、ランニングコストを抑えられます。 走行についても、原付2種では走行できない高速道路、自動車専用道路を走行できます。 維持費 ランニングコストがリーズナブルといってもどのくらいかかるのでしょうか? ナンバープレートを付けたバイクで道路を走る上で必ず払わなければいけない費用があります。 12か月(1年):9,150円• 24か月(2年):14,290円(1年あたり7,150円)• 36か月(3年):18,970円(1年あたり6,320円) 契約期間が長くなればなるほど1年あたりの保険料は安くなるのがわかりますね。 コストパフォーマンスをよくするなら、自賠責保険の長期契約するのが良いですね! 250ccバイクの自賠責保険の補償内容 自賠責保険の役割は「事故相手を最低限守ること」です。 そのため、保険料も安い代わりに補償内容も最低限しか受けられません。 また、事故相手の「ケガ」に対してのみ補償されるので、相手の車両修理費用や、自分自身のケガは補償されません。 250ccの任意保険の必要性! 任意保険に加入しなければ、250㏄未満の中型バイクのコストパフォーマンスは極端によくなります。 余計な出費がないのですから、その通りでしょう。 しかし、任意保険に加入しなくてもいいか?と言ったら絶対に加入してください。 もし任意保険に入ってなかったら・・・。 自賠責保険の補償は下の通りです• 死亡したとき 3000万円• ケガをしたとき 120万円• 自分のケガも、自分・相手のバイクや車の修理代は補償されません。 相手のモノの弁償• 自分のケガの治療費• 自分のモノの修理代 はすべて自腹で負担になります。 事故が起こったときは、相手のモノ自分のケガ、バイクの修理代と大きな経済的負担が発生します。 だからこそ、125㏄~250ccのバイクでも任意保険の加入は必要です。 そしてコストパフォーマンスを考えるときは任意保険をきちんと含めましょう。 ファミリーバイク特約は、原付バイク(ミニバイク)を補償ししてくれますが、その制限は「排気量125㏄未満」のバイクまでです。 任意保険に入らないとどうなるの? 任意保険に加入しないと、バイクの維持費が安くすみます。 それはもう全然かからないと言っても良いくらいお金が掛かりません。 しかし、事故に遭った場合支払わなかった任意保険料以上にお金が掛かることになります。 任意保険に入らなかったら、常に自分の人生をリスクにさらしながらバイクに乗る状況になるのです。 入りたいけど保険料が一番のネックにおなると思います。 入らないでいるのなら、一番安いバイク保険を探して加入すことをおすすめします。 125㏄~250ccバイクの任意保険料の相場 中型自動二輪(400cc未満)のバイクは16歳から免許を取れます。 一方保険の考え方では21歳未満の人は事故を起こしやすい世代とみなされています。 またバイクの構造上、どうしても事故の際、ケガをしやすくなっているため、自動車保険と比べるとバイクの任意保険は割高なものになっています。 バイク保険の見積もりを取りました。 ヤマハ YZF-R250ス平成27年7月登録• 使用者限定 本人配偶者限定• 使用目的 日常生活• 免許の色 ゴールド 【補償内容】 対物賠償 無制限 車両保険 なし 対人賠償 無制限 搭乗者傷害 なし 人身傷害 200万円~300万円 等級 6等級(新規加入) ダイレクト系保険会社の見積もりは A社 B社 C社 全年齢 76,800円 44,310円 69,060円 21歳以上補償 36,440円 23,980円 26,900円 26歳以上補償 24,030円 16,840円 22,000円 30歳以上補償 なし 16,710円 14,760円 保険料は、人身傷害で契約をしたり弁護士特約をつけたりと変わってきます。 人身傷害や日常賠償特約は、自動車保険で契約している場合重なって契約になります。 重ねて契約しても使えるのは1つですので、ほかの同様の契約と被らないようにしましょう。 「17歳」「18歳」「19歳」「20歳」の【バイク保険料】 初めてバイクの免許を取得できるのが16歳からなので、未成年の時に中型免許を取るのは車よりも先にとれるので、ドキドキして嬉しかった思い出があります。 しかし、問題は保険料が高いことです。 未成年である17歳~20歳のバイクの保険料は、年齢制限が利用できないため高額になります。 ここでは未成年に向けて安い保険に加入する方法とおおよその価格を紹介します。 A社 B社 C社 17歳 135,845円 85,694円 69,060円 18歳 125,475円 81,544円 68,060円 19歳 115,475円 79,510円 67,050円 20歳 100,790円 74,210円 65,460円.

次の

バイク保険のランキング2020年版 オリコン顧客満足度|調査企業10社の比較・クチコミ・評判

バイク保険 相場

バイク保険に加入するにあたり、まず気になるのが保険料ではないでしょうか? 「バイクライフを安心して送りたいけど維持費は安く抑えたい・・・・・・」という方のために、ここではバイク保険料の相場をご紹介します。 任意保険の保険料が決まる仕組みについても触れているので、ぜひ料金比較の参考にしてください。 あなたのバイク任意保険は何等級? バイク保険の料金は、多くの条件により変動しますが、料金の割引率を決める仕組みに「等級制度」があります。 等級制度とは、過去の事故歴(補償適用歴)に応じて、契約者に1~20の等級が課せられる仕組みのこと。 無事故(補償未使用)の年数が長くなるほど等級は上がり続け、最大20等級で保険料が最も多く割り引かれる仕組みです。 反対に、一度の事故で等級は1~3等級下がり、割引率は減少します(等級制度は全ての保険会社で採用されていますが、各等級の割引率は保険会社によって異なります)。 自動車保険(四輪車)では一般的な等級制度ですが、バイク保険にも等級制度が適用されることを覚えておきましょう。 ちなみに、すでに自動車保険に加入していても、原則、バイク保険(二輪車)は6等級からスタートします。 (例)• マイカーの保険で15等級の人がバイク保険に加入した場合・・・・・・6等級• 自動車未所有の人がバイク保険に加入した場合・・・・・・6等級• 任意保険未加入でバイクに乗っていた人がバイク保険に加入した場合・・・・・・6等級 そのため、保険料比較やシミュレーションを行う際に等級の入力が必要ならば、6等級で算出しましょう。 大型と原付で異なる保険料 次に、排気量によって異なる保険料について見ていきましょう。 バイク保険は補償適用の年齢を指定することで料金が変動しますが、まずは「年齢問わず補償するタイプの保険」を例に、排気量別の料金相場をまとめました。 年齢問わず補償するタイプの保険料相場 排気量 料金 原付を含む125cc以下のバイク 28,000円~74,000円 126cc~250cc以下のバイク 43,000円~133,000円 251cc以上 43,000円~133,000円 年齢問わず補償できる保険は一見魅力的ですが、「バイク保険にここまで費用をかけられない・・・・・・」という場合は、しっかり自分の年齢に適したバイク保険を選びましょう。 年齢指定がつくだけで、保険料は以下のように変動します。 年齢を指定したタイプの保険料相場 排気量 年齢 料金 原付を含む125cc以下のバイク 21歳以上 18,000円~38,000円 26歳以上 14,000円~38,000円 30歳以上 13,000円~38,000円 126cc~250cc以下のバイク 21歳以上 23,000円~60,000円 26歳以上 18,000円~41,000円 30歳以上 14,000円~39,000円 251cc以上 21歳以上 23,000円~60,000円 26歳以上 18,000円~41,000円 30歳以上 14,000円~39,000円 バイク保険料は251cc以上の大型と原付で大きく異なります。 しかし、年齢指定をするなど保険内容を見直すことで、半額近く保険料を安くできるのもバイク保険の大きな特徴です。 特に30歳以上の方は年齢を限定したほうが保険料を抑えやすいため、補償範囲や補償限度額のバランスを見ながら予算に収まるよう工夫してみましょう。 保険料の相場を知るには、一括見積もりサイト利用もおすすめ このほか、バイク保険料は選ぶ保険会社や商品、指定の条件によって変動します。 自分が希望する条件のバイク保険料相場を知るには、一括見積もりができるサイトを利用するのも良いでしょう。 一括見積もりサイトなら、簡単な車両情報や希望条件を入力するだけで複数社の保険料(目安)を比較できるので、保険料比較やバイク保険選びをスムーズに進められます。 まとめ• バイク保険の等級は原則、6等級からスタートする• バイク保険料は総排気量や補償範囲、選ぶ保険会社によって変動するが、年齢を限定するだけで大幅に節約できる• 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

次の

バイク保険の保険料の相場は?【保険市場】

バイク保険 相場

125㏄以下のバイクといえば原付きバイク。 通学・通勤、仕事で原付きに乗り始めるにあたって、任意で加入する バイク保険は何がいいのか、どんなバイク保険があるのかと悩んでいる人も多いでしょう。 バイク保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。 自賠責保険は加入が義務づけられているバイク保険ですが、任意保険はそれぞれの判断によって好きなバイク保険を選ぶことができます。 やはり任意保険にも入った方がいいのだろうかと疑問に思う人もいると思います。 今回は、バイク保険にはどのような 種類があるのか、 価格や特約はどのような内容があるのか、おすすめのバイク保険を徹底的に比較していきます。 バイク保険の種類 バイク保険には自賠責保険と任意保険の2種類がありますが、それぞれ、どのように内容が異なるのかをまずは見ておきましょう。 任意保険は文字通り任意で加入する保険になりますが、任意保険の内容を理解しておくと、何を基準に選んだらいいのか判断しやすくなります。 自賠責保険 「自賠責保険」は、 「自動車損害賠償責任保険」を略したもので、車やバイクを運転する人に法律上、加入が義務づけられている保険です。 補償の対象は、 事故によって 他人の身体に損害を与えてしまい、損害賠償責任を負った際にかかる費用を支払うものです。 基本的に、他人の所有物である車やバイクなどの物損事故、自分自身が受けた損害である自損事故・単独事故では保険金の支払いは行われないものです。 また、自賠責保険の大きな特徴は、 保険金の支払い額に 上限があることです。 傷害事故:120万円 死亡事故:3,000万円 後遺障害:75万~4,000万円 さらに、自賠責保険の特徴として、 自賠責保険は損害保険会社が販売するものですが、各保険会社の代理店や車・バイクの販売店などでも簡単に加入できるもので、どこの保険でも一律に同じ内容や価格で販売されていることです。 任意保険 任意保険は、各損害保険会社が販売している保険になりますが、それぞれ様々な内容・特約・価格があります。 任意保険は自賠責保険にて足りない部分を補足するために入るものとも考えられており、車やバイクを運転する人であれば 最悪のケースを考慮して入っておく方が安心だと言えます。 任意保険の特徴としては、• 対人賠償責任で自賠責保険の上限を超えてしまった場合も補償できる• 他人の所有物(車・バイクや建物の一部など)に損害を与えた場合の補償• 本人が死亡・傷害した場合の補償• 本人の所有物(車・バイクや建物の一部など)の損害に対する補償 となります。 以上のように、任意で加入するバイク保険は、個人では負担することが不可能な数千万単位(時には億になることもあります。 )の賠償金を補償することで、ライダー自身を守ってくれるものとなります。 バイク保険(任意保険)は必要? そこで、125㏄以下の場合は原付きバイクが多くなると思いますが、中には原付きだから、そんなに乗らないから、任意保険は加入しなくてもいいだろうと考える人もいるかもしれません。 確かに、125㏄以下のバイクであれば小型ですから、車や大型バイクなどによる損害と比較すると、少額になる可能性は高いのかもしれません。 まして、あまり乗らないのであれば、事故に合う確率も低いと言えます。 しかし、誰がいつ、どこで、どのように事故に合うのかは誰にも予測はできません。 これは、自賠責では補償することができない内容になります。 また、気をつけたいのが、原付きのみを注視した時には、重傷者の数が全体の約半分以上を占めているということです。 つまりは、原付きで事故を起こした場合には重症を負ってしまう確率が高いということになります。 原付きでもバイク保険は必要 以上のことからも、任意で加入するバイク保険の重要さが理解いただけるかと思います。 原付きだから、自分は事故に合わないだろう、そんなに乗らないから損害は小さいだろう、と思うのは厳禁です。 原付きであろうと、ほとんど乗らない人であろうと、バイクに乗る以上はすべての人が自分や他人の命に関わる事故を起こす可能性を秘めているのです。 自分を守るためにも他人への賠償に責任を持つためにも、任意保険にも加入しておくべきです。 バイク保険の特徴 一般的にバイク保険とは自賠責とは区別され、任意で加入する二輪用の保険のことをいいます。 バイク保険は自動車保険の1種であり、基本的な補償にプラスする特約などが異なり、それぞれ付加的についてくるサービスや価格も様々です。 バイク保険の基本補償 搭乗者傷害補償 搭乗者傷害補償とは、契約しているバイクに乗っている本人や、一緒に同乗している人の損害を補償します。 人身傷害補償 人身傷害補償とは、本人または同乗者が死傷した際に保険金が払われるもので、医療保険の役割が大きくなります。 過失割合に関わらず、事故によって、生じる医療費、休業損害、精神的損害などを請求することができます。 バイク保険の価格 バイク保険の場合は、自賠責のように価格が一定ではなく、契約する損害保険会社やプランによって価格が様々です。 大まかなところで、だいたいの価格を見ておきましょう。 バイク保険の価格は、以下の要素によって左右されます。 バイクの排気量(原付なら125㏄以下を選びます)• 純新規契約(全く初めてバイク保険に加入する場合)• 保険期間• 免許の色• 使用目的• 基本的な補償に対する支給金の金額• その他の特約 例えば125㏄以下(原付き)の場合の保険料の価格は、保険比較サイトの保険市場の情報を参考にすると、 年間で28,000円~74,000円くらいとなります。 これまでの事故統計からも若い人ほど事故を起こす確率が高いことから、年齢が進むにつれて保険料は安くなっていきます。 バイク保険の特約 基本的な補償に付加的に組み合わせができるのがバイク保険の特約です。 個人の判断によって追加料金で付けることができます。 特約にはどんなものがあるのでしょうか。 特約にも色々な種類がありますが、おすすめの特約をいくつか挙げておきます。 弁護士費用特約 事故に合った時には、責任の所在などにおいて過程が難航する場合が考えられます。 例えば、事故に合った双方の言い分がそれぞれ異なる場合もあり得るわけです。 そんな際に役に立つのが弁護士費用です。 法律の専門家に賠償責任などの交渉を任せることで、円滑に進めていくことができます。 他車運転特約 借りたバイクにて事故を起こした場合に、バイクの持ち主に一切迷惑をかけずに損害を補償するものです。 ただし、借りたバイクそのものの修理費用などは、バイクの持ち主が自分の加入している保険を使わなければなりません。 無保険者障害特約 事故の相手が保険に加入していなかった場合に、相手方から十分な損害補償が得られない場合もあります。 そんな時に負担すべき損害賠償責任の不足分を限度額に応じて補償するものです。 ロードサービス レッカーサービスや鍵開け、ガス欠時のガソリン供給、バイクの故障・修理など基本的に30分未満が無料で利用できるプランもあります。 ロードサービスの内容は各保険会社やプランによって大きな違いがありますので内容を確認して下さい。 盗難補償 盗難補償は、バイク本体が施錠していたにも関わらず盗まれてしまった場合に適用できる補償です。 盗難補償の中にはバイク本体だけでなく、本体に積んでいた所有物の補償が含まれるものもあります。 ファミリーバイク特約 ご家族の方や本人がすでに自動車保険に入っている場合は、特約として125㏄以下(原付き)であれば「ファミリーバイク特約」に加入することができます。 ファミリータイプバイク特約には、「自損タイプ」と「人身タイプ」の2種類があります。 自損タイプ 自己過失100%(単独事故など)で、一定額の損害を補償するものです。 相手がいて、相手過失70%だった場合は損害額の70%は相手が補償してくれますが、残り30%は自己負担となります。 人身タイプ 人身タイプは自己過失が何%であっても、一定額の損害を補償するものになります。 相手過失が70%だったとしても全額補償が可能となるのでお得な保険ですが、その分保険料は高くなります。 バイク保険の割引 バイク保険の価格は、以下のように割引できる場合があります。 選ぶ保険会社やプランなどによって異なりますので、加入前にどんな割引が適用できるのかを確認しておきましょう。 免許の種類や年間の走行距離による保険料の割引• インターネットからの申し込みの場合の割引• キャンペーン期間中の割引• 年間払いによる割引 など。 他にも加入してから適用される割引システムに等級制度というものがあります。 等級制度 加入期間中の事故歴によって、等級がランクアップしていくもので、等級がアップするごとに月額保険料は安くなっていく制度です。 バイク保険の加入方法 バイク保険に加入する方法は2つあります。 各保険会社の 代理店に直接行って申し込む方法と インターネット上で申し込む方法です。 支払い方法は振込、振替、クレジットカードから、年払いと月払いと選ぶことができます。 いずれの場合でも、まずはオンラインや郵送にて数社見積もりを出した上で、価格や特約などを比較検討することが大切です。 125㏄以下(原付き)でおすすめのバイク保険 それでは、これからバイク保険を検討していくために、おすすめのバイク保険を代理店手続きとインターネット手続きの2種類に分けてご紹介したいと思います。 おすすめのポイントとして、まずは価格、特約の2点のお得感、そして、その他のサービスなどを考慮して選びました。 自分に合ったお気に入りのバイク保険を探す参考にしてみて下さい。 インターネットで手続き3社 チューリッヒ バイク保険にかかる 費用を極力抑えていきたい方は、チューリッヒのスーパーバイク保険がおすすめです。 インターネットで見積もりからお申込みまでして頂けます。 携帯電話からもフリーダイヤルで相談できるのが嬉しいですね。 価格:30代~50代であれば年間 2万円以下のプラン、10代~20代は2万円代~3万円代から加入できます。 割引:インターネット申し込み割引、お米券プレゼント、2台目割引 特典:• ロードサービスの利用が無料• 故障時のレンタカー利用、帰宅費用、宿泊費用、ペット費用(業界初!)のサポート• 車体の応急処置は時間の制限なく無料 基本補償 対人賠償補償、対物賠償補償の2つ。 基本補償を最低限必要な2つに絞ることで、料金を抑えることが可能です。 オプションとして、搭乗者傷害保険、自損事故(単独事故)障害特約を追加することができます。 特約 人身傷害保険、無保険車障害保険、弁護士費用特約、盗難時の臨時費用特約、車輛保険など 三井ダイレクト損害保険 万が一の事故の際に安心したサービスを受けたい方は、三井ダイレクト損害保険がおすすめです。 弁護士や事故相談窓口のネットワークが充実している保険だから安心です。 価格:要問合せ 価格例:30代で年間2万円~4万円前後 割引・特典:インターネット最大3,500円引き、ロードサービス無料 キャンペーン:見積もりを保存すると、「クルマ生活応援サービスクラブオフ」で、ガソリンスタンドやファミレスが割引になる、お試し割引クーポンが取得できます。 基本補償 対人賠償、対物賠償、無保険者障害特約 特約 弁護士費用補償、人身傷害補償特約、搭乗者傷害補償、無保険車障害特約、自損事故傷害特約 アクサダイレクト 年間走行距離に応じて保険料が設定されるアクサダイレクトは、走行距離がすくない方におすすめのバイク保険です。 ゴールド免許の保持者はさらに安いプランが組めるのが魅力です。 価格:40代以上なら年間1万5千円以下が可能、20代でも年間2万円以下のプランもあります。 概ね年間保険料は2万~3万円くらい。 割引・特典:インターネット割引が最大10,000円!弁護士費用特約が2,280円でセットにできます。 ロードサービスは無料でご利用頂けるのと、玄関カギ開けサービス、バイクの故障による会社や家族へのメッセージサービスが独特です。 基本補償 対人賠償保険、対物賠償保険にそれぞれ特約を選ぶことができます。 特約 人身傷害補償特約、搭乗者傷害保険、無保険車障害保険 代理店で手続き3社 東京海上日動火災保険 東京海上日動火災保険では、自動2輪、原付きに対応するバイク保険としてトータルアシスト自動車保険が利用できます。 東京日動のメリットとしては、基本補償が充実している点にあります。 また、ファミリーバイク保険への展開や、自転車保険やその他住宅関連の保険などを付加することも可能なので、幅広い対応を希望する方におすすめです。 価格:30代~40代であれば、家族まとめて2万円以下のプランも可能です。 予算に合わせて、お安いプランが組めるから便利です。 割引・特典:基本的なロードサービスは無料。 車両保険が付いているのも安心です。 等級アップごとの割引率が充実しているので、無事故で年月が経つほどお得になっていきます。 基本補償 対人・対物賠償、人身傷害保険、車両保険 特約 弁護士費用特約、入院時アシスト特約、レンタカー費用補償特約、新車用車両特約、ドライブレコーダーなど 損保ジャパン日本興亜 26歳以上であれば損保ジャパンの自動車保険にバイク保険として加入することができます。 基本補償がかなり充実していることが損保ジャパンの魅力となり、高額なバイクに乗っている人やバイクの利用頻度が多い人におすすめです。 価格:年間4万円~7万円 特典:HONDA、YAMAHA、SUZUKI、Kawasakiの4大ブランドと連結したネットワークで管理している、バイク盗難保険ロードサービスが利用できるのが大きなメリットです。 (別途料金がかかる) リンク: 基本補償 対人・対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害、車両保険、その他自損事故傷害特約、ロードアシスタンス特約などが自動セットとなっています。 特約 対物全損時特約、弁護士費用特約、個人賠償責任特約など 三井住友海上火災 三井住友海上火災でも、自動車保険・一般にてバイク保険に加入することが可能です。 年間で約230万件以上、1日6,000件以上の事故対応の実績があることで、信頼の高い保険会社の1つです。 価格:要問合せ(自動車の場合年間費5万~7万円) 割引・特典:ロードサービスは無料。 バイク保険加入の際には、自動車の1DAYへの加入が割引となります。 等級制度にて等級アップごとに料金は安くなり、自分がケガをして人身傷害保険のみを利用した際にはノーカーウントとなり、等級ダウンにならない制度になっています。 基本補償 始めて保険に加入される方は、「安心パック」といって、安心度・安全性の高い内容がセットになった保険プランがご相談頂けます。 相手への賠償、自分への補償、バイクへの補償、その他盗難などの補償などがまとまったもの。 特約 新車特約、車輛全損特約、修理費用特約、地震特約など まとめ 車もバイクも事故によって、死亡や傷害など周りの人を巻き込んでしまう可能性があるのは、とても恐ろしいことです。 もし、相手がまだ歩き始めたばかりの小さな子供だったとしたら、どうなるでしょうか。 仮に死亡させた相手が十分に人生を満喫した高齢者だったとしても、本人や周りの人に与える損害は測りしれないものがあるでしょう。 心から反省して謝罪することは当然だとして、せめて、高額な賠償金を払うことで相手に誠意を見せることができます。 交通事故は、たった3秒のスキによって思いがけず起きてしまうものです。 (ちなみに筆者はバイク事故の経験者です。 ) バイクの運転は、 自分自身にとっても危険であるばかりでなく、 他人にも取り返しのつかない影響を与える可能性があることを、しっかりと認識することが大切です。 運転者の最低限の義務として、 最悪の事態に備えるバイク保険への加入を軽視しないように注意したいものですね。 カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の