源氏 物語 若紫 品詞 分解 - 『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説2

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語『若紫/北山の垣間見』品詞分解のみ(4)

分解 若紫 品詞 源氏 物語 定期テスト対策_古典_源氏物語「若紫」現代語訳と品詞分解

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語『若紫/北山の垣間見』品詞分解のみ(1)

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語 若紫

源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(1)

分解 若紫 品詞 源氏 物語 『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説2

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語 若紫

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(1)

分解 若紫 品詞 源氏 物語 【紫式部】源氏物語のあらすじ・現代語訳・品詞分解は?

分解 若紫 品詞 源氏 物語 源氏物語『若紫/北山の垣間見』品詞分解のみ(4)

『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説2

例:「舟」の縁語は「漕ぐ」「沖」「海」「釣」など この和歌では「露」の縁語として「若草・消ゆ」が用いられている。

  • 平安時代中期の長編物語『源氏物語』の光源氏と若紫との出会いの場面の現代語訳と品詞分解を解説しています。

  • 尼君からの敬意。

  • 心配だ、気がかりだ、不安だ いとはかなうものし給ふこそ、あはれに後ろめたけれ。

『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説2

25 おぼえたる ヤ行下二段動詞「おぼゆ」の連用形+存続の助動詞「たり」の連体形。

  • 読みは「いぬき」。

  • 案内を依頼すること、声をかけること。

  • ただ =副詞、ちょうど、すぐに。

源氏物語『若紫/北山の垣間見』品詞分解のみ(4)

帰り =ラ行四段動詞「帰る」の連用形 給ひ =補助動詞ハ行四段「給ふ」の連用形、尊敬語。

  • 【源氏物語(桐壺)】. たいそう見苦しい様子を、だれか見てしまったでしょうか。

  • 簾を少しまき上げて、花をお供えするようである。

  • 言ふかひなう ものし 給ふ かな。

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳(9/14ページ)

」 とて、いみじく泣くを見 たまふも、すずろに悲し。

  • 差し上げる。

  • かの 小 こ 柴垣 しばがき のもとに立ち出で 給ふ。

  • 尼君は、(少女の)髪をしきりになでては、「くしけずることをいやがりなさるけれども、美しい御髪ですこと。

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳(9/14ページ)

ひどく見苦しい様子を、誰かが見てしまっただろうか。

  • と =格助詞 す =サ変動詞「す」の終止形、する らむ =現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。

  • 」とて、いとくちをしと思へり。

  • 奉り =補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語。

源氏物語『若紫/北山の垣間見』品詞分解のみ(1)

六条御息所 東宮の死後、年下の光源氏と恋愛関係に陥る。

  • と =格助詞 うち泣き =カ行四段動詞「うち泣く」の連用形 て =接続助詞 またゐたる大人、「げに。

  • 空 =名詞 なき =ク活用の形容詞「無し」の連体形。

  • 「生ひたたむありかも知らぬ若草を 源氏物語 - 若紫 『わらはやみにわづらひたまひて…』 (原文・現代語訳) 紫式部が平安時代中期(10世紀末頃)に書いた『源氏物語(げんじものがたり)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。

源氏物語『若紫/北山の垣間見』品詞分解のみ(4)

と申し上げるうちに、僧都があちらからやって来て、 「こなたはあらはにや侍らむ。

  • 素晴らしい。

  • 「こなたはあらはにや 侍 はべ らむ。

  • 中に、十ばかり にやあらむ 【注3】と見えて、白き衣、 山吹 【注4】など の 【注5】 なえたる 【注6】 着 【注7】て、 走り来たる 【注8】女子、 あまた 【注9】 見えつる 【注10】子どもに 似るべう 【注11】も あらず 【注12】、 いみじく 【注13】 生ひ先 【注14】見えて、 うつくしげなる 【注15】 かたち 【注16】 なり 【注17】。




2021 cdn.snowboardermag.com