クロス 投手。 【パワプロアプリ】クロスナイン(十文字東高校)の立ち回りと攻略

茨城県高校野球大会 清真、投手と捕手入れ替え 固い絆の2人全力投球 鹿島学園

クロス 投手

野球で「クロスファイヤー」という用語があります。 一般的な使われ方は、 左投手が右打者に投げるインコースストレートのことで、理論的には、右投手でも同じ軌道が存在しますが、「クロスファイヤー=左投手の武器」が定着しています。 今回は、そんなクロスファイヤーの意味や由来について解説し、投げ方のポイントについても触れたいと思います。 「クロスファイヤー」の意味・由来 まずはクロスファイヤーの意味・由来についてみていきます。 クロスファイヤーを英語で表記すると Crossfire で、軍事用語である「十字砲火」のことです。 この 「十字砲火」は 、左右から放たれて交差する火線のことで、左投手が投げるクロスファイヤーは十字砲火になぞらえています。 左投手の武器「クロスファイヤー」とは? 左投手の武器とされているクロスファイヤーは、冒頭でも話しましたが、右投手でも投げることはできます。 しかし、一般的には、左投手が右打者のインコースに投げるストレートのことを指します。 なぜ左投手の投げるボールだけがクロスファイヤーと言われるようになったのか詳しいことは定かではありませんが、左投手が投げる右打者への厳しいインコースへのストレートは、打者からすると 体に向かってくるようなボールで、詰まることが多いため、それだけ脅威になるということでしょう。 「クロスファイヤー」の投げ方 クロスファイヤーの定義は曖昧な部分が多く、正しいクロスファイヤーの投げ方が存在する訳ではなく、あくまで左投手が右打者を詰まらせるインコースのボールが投げられれば、クロスファイヤーとして称されるのですが、そうしたボールを投げるに以下のようなポイントがあります。 【クロスファイヤー投げ方のポイント】 ・プレートを踏む位置は一塁側の端 ・体の開きを抑える クロスファイヤーの効果を大きくするためにまずプレートの一塁側の端を踏むことが大切です。 一塁側の端を踏むから投げることでより角度が生まれやすなります。 また、体の開きをギリギリまで抑えることで、ボールのリリースが遅れるため、打者からすると急にボールが出てくるような感覚になり、より詰まりやすくなります。 関連記事: 「クロスファイヤー」を投げる時の注意点 ・ボールを置きにいかない ・死球を恐れない 投げられれば、大きな武器になるクロスファイヤーですが、注意しなければならないこともあります。 インコースへのコントロールを重視するあまり、ボールを置きにいくと打者を詰まらせるどころか、絶好球で打たれる確率が上がります。 また死球を与えないようにと考えすぎると厳しいインコースに投げきるのが難しくなります。 もちろんコントロールは無視して、いくら死球を当ててもいいと言う訳ではありませんが、 思いっきりの良さが最も大切になります。 日頃から投げたいコースにきっちり投げ分ける練習をした上で、打者との対戦ではボールを置きにいかず、死球を恐れず投げることが求められます。 まとめ ここまでクロスファイヤーの意味や由来、投げ方、注意点について解説してきました。 左投手であれば、多くの人が憧れるクロスファイヤーは、コントロールや球速ももちろん必要ですが、打者に向かっていくメンタル面も重要になります。 こちらの記事もおすすめ!.

次の

左投手はこの練習をしなさい!投球練習時に考えること

クロス 投手

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。 【質問】 いつも興味深く読ませて頂いております。 投手の踏み出す足の位置ですが、 通常、軸足の土踏まず(orつま先orかかと)から目的位置に向かって真直ぐ線を引き、その線上に踏み出す足が乗るように、 投げるところに対して真直ぐ踏み出すことを教わり、桜井さんもほぼ同様と認識しております。 しかし、最近のいわゆる大投手、いい投手といわれる投手は、ほとんどインステップになっているように思えます。 右投手だと、極端な場合、右バッターボックスの後ろの線くらいに向かって左足ステップが為されて投げているようにも見える投手さえいます。 ホントのところ、どうなんでしょうか。 速い球、強い球、伸びのある球をコントロールよく投げることに対して、インステップ、アウトステップとかは、あまり関係ないのでしょうか。 体重移動や下から上の順番にパワーを伝えることはわかるのですが、やはり、ある程度のコントロールを前提に速い球を投げることは 投手の憧れであるもの。 そのことに、ステップはどの程度影響するものでしょうか。 しかしステップの位置だけで良し悪しを決めることはできません。 フォーム全体をみて、また体の力を考慮し最適なステップの位置を選択することが重要です。 例えば、典型的なオーバースローの投手が極端なインステップで投げようとしても思うように腕があげられません。 オーバースローで投げるためには、利き手ではないほうに体を傾けてあげることで腕を高くあげることができます。 しかしインステップをすることで、体を傾けようとしてもバランスがくずれ、腕をあげてくることができません。 逆にサイドスローの投手が極端なアウトステップで投げようとしても、体が開きすぎてしまいバランスをくずしてしまいます。 体力的なところでみても、インステップをすると内側に入った上半身を戻してこなければいけませんが、体の力がまだ弱い子どもだと投げたい方向へ戻しきれないことがあります。 そうすると強く腕を引っ張ってコントロールしようとします。 力のない子どもには上半身や腕への負担が大きくなってしまいます。 つまり最もスムーズに腕を振りぬける状態をつくってあげることです。 そして、上半身を捻りきるためには自分がどの位置から腕を出すのかを見極めたうえで、最適なステップの位置を選択していただきたいと考えています。 踏み出し足についてはコチラをご覧ください。

次の

左投手の最大の武器 『クロスファイヤー』

クロス 投手

Contents• クロスファイアとはどういう意味? 野球におけるクロスファイアとは、一般的に左ピッチャーが右バッターの内角に対角線上に投げ込むボールのことをいいます。 もしくは、ピッチャーが利き腕と対角線上に投げ込むことをいいます。 球種としては、ストレートということになります。 プロ野球でも解説などで、クロスファイアという言葉を聞いたことがあるという人もいるでしょう。 左ピッチャーが先発の時には聞くことがあるかもしれません。 クロスファイアの効果について では、このクロスファイアでどのような効果を期待することができるのでしょうか? まず、クロスファイアは角度がつくので打ちづらいということがあります。 また、右バッターの内角にボールが来るので、詰まらせることができます。 内角を意識させることが出来れば今度は外角を攻めるということも出来ます。 右バッターにとってクロスファイアはとても厄介な存在であると言えます。 左ピッチャーが右バッターを抑えるのに非常に有効であると考えられています。 クロスファイアを動画で確認! クロスファイアは簡単に言えば、対角線上に投げ込むボールのことですが、どのようなものであるのかがイメージしづらいという人も多いでしょう。 そこで実際に動画で確認してみましょう。 こちらも内角に非常に力強いボールを投げ込んでいて、右バッターが非常に苦労している、打ちづらそうにしているというのがよくわかるでしょう。 このような投球をされたらお手上げともいえるでしょう。 注意しておきたいのが、 しっかりと投げ切らなければならないということです。 というのは、左ピッチャーが右バッターの内角に投げ込むのでデッドボールのリスクもあります。 それを恐れてコントロールが甘くなれば長打の危険性もあります。 左ピッチャーであれば誰でも投げ込めるというものではなく、 コントロールの良い投手、それからストレートに力のある投手が投げるクロスファイアが非常に有効であるということです。 クロスファイアの場合、左ピッチャーであれば プレートの一塁方向の端から投げるというのが一般的です。 右バッターには自分の方に向かってくるボールになるので、非常に打ちづらくなります。 左の好投手と言われる人は、このクロスファイアを投げることができるという人が多いです。 プロ野球中継などで、左ピッチャーが先発の試合では左ピッチャーのクロスファイアにぜひ注目して見てください。 クロスファイアについてのまとめ! 野球におけるクロスファイアとは、一般的に左ピッチャーが右バッターの内角に対角線上に投げ込むボールのことをいいます。 もしくは、ピッチャーが利き腕と対角線上に投げ込むことをいいます。 右バッターであれば、自分の体の方へ近づいてくるというボールになるので、非常に打ちづらく有効なボールであると言われています。 左の好投手にはこのクロスファイアを上手く活用している投手が多いです。

次の