洋画 ランキング。 【サスペンス映画】洋画編おすすめランキング19選!ミステリー名作集

名作映画ランキング☆ベスト100!おすすめの絶対に見たい邦画・洋画

洋画 ランキング

『君の名は。 』で広く知られる新海誠監督の最新作品『天気の子』。 高1の夏に離島から家出し、東京にやってきた帆高。 怪しげなオカルト雑誌のライターとして働き始めた帆高と都会の片隅で出会ったのが、祈るだけで空を晴れにできる不思議な力を持つ少女・陽菜。 陽菜とただ一緒にいたいと心から願う帆高と、幼い弟と2人で明るく懸命に暮らす陽菜との美しく切ない愛の物語です。 2000人の中から選ばれた、帆高役の醍醐虎汰朗さんと陽菜役の森七菜さんの声もキャラクターの雰囲気にぴったりで、違和感なく映画の世界にグッと入り込めますよ。 相手のことをただひたすら想う2人の気持ちに心打たれること間違いなし。 これからもずっと一緒にいたいと思う大切な人と一緒に観てみてはいかがでしょうか。 映画の情報 主役である銀行家アンディを演じるのはティム・ロビンス。 アンディは妻殺しの容疑で、無実を訴えながらもショーシャンク刑務所に収監されます。 当初アンディは「自分はここにいるべき人間じゃない」という思いもあって他の囚人たちなどから孤立していましたが、銀行家としての能力を活かして刑務官に一目置かれるようになり、それをとおして囚人仲間の信頼も得て刑務所での生活のなかに一定の居場所を作りました。 しかし、そんな彼にある日、自分の無実を証明できるチャンスが訪れます。 最高の映画の1本としてタイトルを上げる方も多い不朽の名作。 不遇と、それに続く解放の瞬間は感動の一言。 爽快感のあるヒューマンドラマを見たいなら必見です。 映画の情報.

次の

洋画の名作人気おすすめランキング30選【恋愛・アクション・コメディ】

洋画 ランキング

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった<僕>(北村匠海/小栗旬)。 彼は、教え子・栗山(森下大地)と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく。 膵臓の病を患う桜良が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから<僕>(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。 結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた<僕>と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。 1918年、ニューオーリンズ。 黒人女性・クイニー(タラジ・ヘンソン)はある日、置き去りにされた赤ん坊を拾う。 そう、彼は80歳の老人の姿で生まれてきたのだ。 80代で生まれ、年を重ねるごとに若返っていくひとりの男の姿を描いた、F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説の映画化。 米国・ニューオリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。 青年まで若返ったベンジャミンは、世界を知るために旅に出る。 それは出会いと別れの旅でもあったー。 イギリス南西部に住む青年ティムは、自分に自信のなく年頃になっても彼女ができずにいた。 迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。 そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。 弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。 ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに…さらにどんな家族にも起こる不幸や波風は、どんな能力でも回避することはでいないのだと知ったティム。 時間旅行をしながら、本当の愛と幸せは見つかるのだろうか。 理想の人生のために能力を使えと父に言われたティムだったが、その意味が分かる時が訪れる。 可愛すぎる笑顔が魅力的な女優レイチェル・マクアダムス。 子供の頃から活発でスポーツ万能、演技に目覚めて女優としてデビューしてからもキュートさが際立つ彼女にはどんどん出演作が巡ってきてコンスタントに映画に出演。 プライベートでも、その可愛さで出演映画の共演俳優たちを思い切り虜にして恋の噂も途切れません。 交際した俳優たちもイケメン実力派揃いで、華やかなエピソードの連続です。 容姿のせいもありキュートな役や美しいヒロインを多くこなしていますが、キャリアを積むに伴ってシリアスな役も与えられて2015年には実話に基づく映画『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミーの女優助演賞のノミネートされるまでに!そんな彼女の魅力に迫ります!.

次の

一生に一度は絶対に見るべきおすすめ映画ランキング ベスト33【洋画編】面白い映画~泣ける映画まで

洋画 ランキング

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった<僕>(北村匠海/小栗旬)。 彼は、教え子・栗山(森下大地)と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく。 膵臓の病を患う桜良が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから<僕>(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。 結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた<僕>と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。 1918年、ニューオーリンズ。 黒人女性・クイニー(タラジ・ヘンソン)はある日、置き去りにされた赤ん坊を拾う。 そう、彼は80歳の老人の姿で生まれてきたのだ。 80代で生まれ、年を重ねるごとに若返っていくひとりの男の姿を描いた、F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説の映画化。 米国・ニューオリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。 青年まで若返ったベンジャミンは、世界を知るために旅に出る。 それは出会いと別れの旅でもあったー。 イギリス南西部に住む青年ティムは、自分に自信のなく年頃になっても彼女ができずにいた。 迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。 そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。 弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。 ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに…さらにどんな家族にも起こる不幸や波風は、どんな能力でも回避することはでいないのだと知ったティム。 時間旅行をしながら、本当の愛と幸せは見つかるのだろうか。 理想の人生のために能力を使えと父に言われたティムだったが、その意味が分かる時が訪れる。 可愛すぎる笑顔が魅力的な女優レイチェル・マクアダムス。 子供の頃から活発でスポーツ万能、演技に目覚めて女優としてデビューしてからもキュートさが際立つ彼女にはどんどん出演作が巡ってきてコンスタントに映画に出演。 プライベートでも、その可愛さで出演映画の共演俳優たちを思い切り虜にして恋の噂も途切れません。 交際した俳優たちもイケメン実力派揃いで、華やかなエピソードの連続です。 容姿のせいもありキュートな役や美しいヒロインを多くこなしていますが、キャリアを積むに伴ってシリアスな役も与えられて2015年には実話に基づく映画『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミーの女優助演賞のノミネートされるまでに!そんな彼女の魅力に迫ります!.

次の