100 分 de 名著 資本 論 - 読書感想文5「100分de名著 資本論」

資本 名著 100 論 分 de 読書感想文5「100分de名著 資本論」

資本 名著 100 論 分 de 100分de名著カール・マルクス『資本論』をみた!斎藤幸平が『資本論』を歪曲!

資本 名著 100 論 分 de 斎藤幸平 出演の「100分de名著

名著105「資本論」:100分 de 名著

資本 名著 100 論 分 de 読書感想文5「100分de名著 資本論」

資本 名著 100 論 分 de 【NHK100分de名著】マルクス『資本論』をヒントに考え直す理想の在り方

読書感想文5「100分de名著 資本論」

資本 名著 100 論 分 de 読書感想文5「100分de名著 資本論」

資本 名著 100 論 分 de 100分de名著カール・マルクス『資本論』をみた!斎藤幸平が『資本論』を歪曲!

資本 名著 100 論 分 de 【NHK100分de名著】マルクス『資本論』をヒントに考え直す理想の在り方

【100分de名著メモ】マルクス『資本論』と『パラサイト 半地下の家族』で描かれる格差について

資本 名著 100 論 分 de 100分de名著カール・マルクス『資本論』をみた!斎藤幸平が『資本論』を歪曲!

NHKEテレで放映された「100分de名著」の『資本論』に関しまして、ど...

資本 名著 100 論 分 de 斎藤幸平 出演の「100分de名著

NHKEテレで放映された「100分de名著」の『資本論』に関しまして、ど...

この『資本論』の核心をスルーしているのが斎藤さんの『資本論』解釈の特色です。

  • ところが現実には生身の労働を機械の働きに置き換えることによって、生産性は向上し、次第に脱労働社会化しつつあるわけです。

  • 実際、マルクス主義を謳ったソ連が崩壊して以降、世界中で左派は弱体化していきました。

  • マルクス自身が認めているように、第一巻の冒頭部分はとりわけ難解で、そこで挫折した人も少なくないはずです。

【NHK100分de名著】マルクス『資本論』をヒントに考え直す理想の在り方

そういうのは杞憂だと世界経済フォーラムはつい最近まで言っていました。

  • 」 開いた口がふさがらない、とはこういうことを言うのである!すべては「豊かな暮らし」という「富」を守るためだと!「労働日の制限」によって「労働力の商品化」を「制限」できるだと! 既に第一回放送について言及した「その(1)」で明確に突き出していたことではあるが、斎藤の精神的原理・ハイマートは、「豊かな暮らし」であり、の自己解放とはおよそ無縁な小的は「生活者」意識なのである。

  • 今回の記事では、NHK「100分de名著」のマルクス著『資本論』シリーズについて、内容のおさらいや感想をまとめます。

  • 彼らは、現在の石油エネルギー関連の産業に従事している労働者を合理化=解雇していくことを必ず画策すると推測しなければいけない。

【100分de名著メモ】マルクス『資本論』と『パラサイト 半地下の家族』で描かれる格差について

ジャーナリストとして頭角を現すも、当局に目を付けられて亡命を迫られます。

  • 菅政権も国内の温暖化ガス排出を2050年までに実質ゼロとする方針をだした。

  • お金を商品とする金融業界まで現れ、人間の発想力はすごいですね。

  • だが、だが斎藤は忘れている。

【100分de名著メモ】マルクス『資本論』と『パラサイト 半地下の家族』で描かれる格差について

ここまで見てきた、長時間労働や経済格差の拡大、賃労働者の貧困などの労働にまつわる諸問題や、地球環境破壊の進展。

  • ここでは、ただ単に資本制的蓄積の本質的な把握にもとづいて未来を予見しているわけではない。

  • 資本主義以前の労働は、具体的な目的のために行われていたからだそうです。

  • 生きることに私たちは依存し、執着しているんだなあ、とそんなことを感じました。

斎藤幸平著『100分de名著 カール・マルクス「資本論」』について

それに対し、住居をバルセロナ市民の手に取り戻す、という運動が行われているようです。

  • その際に生身の人間労働だけが価値を生むのだから、剰余価値を生むのも生身の人間労働だけだということになります。

  • すると資本家は、労働者に支払う日給を8000円に下げることができます。

  • 『』そのものの根底に脈打つの解放のイデーを熱く吐露しているのである! このような的イデーを抹殺すること、「豊かな生活」のために労働者に、それ自体不可能な労働力の売り惜しみを奨めることが斎藤の仕事であり、それはの根本的否定である。

100分de名著カール・マルクス『資本論』をみた!斎藤幸平が『資本論』を歪曲!

それで大変売れ行きが良かったからか、2021年1月にNHKEテレで『100分de名著 カール・マルクス「資本論」』を四回にわたって放送したのです。

  • 私も 『人新世の「資本論」』 書評した以上、 『100分de名著 カール・マルクス「資本論」』 についても目を通して論評しておく義務があると感じまして、早速テキストを入手しました。

  • 人間の生活手段となる対象的諸条件とともに、人間主体にかかわる「コミュニケーション能力」や「職人技」も挙げられている。

  • 斎藤自身の立場を示すものであり、彼が描く「」の立場でさえあるのだ。

100分 de 名著

その一部は、折から高揚した(温暖化反対・汚染反対を軸とする)に乗っかって生きることを選んだ。

  • マルクスの生きた19世紀の資本主義と資本家、これと現代の資本主義と資本家は同じ部分もありますが異なります。

  • もちろん、ジェネレーション・レフトが求めているのはソ連や中国のような社会主義を標榜する独裁国家ではありません。

  • それを考えるヒントとして紹介されたのは、19世紀を生きた革命家マルクスの著作『資本論』です。

100分 de 名著

斎藤の〝心痛〟が滲んでいるかのようにも見える。

  • 加えて、賃労働を行い賃金を手にする以外の生計手段を持たないため、賃労働に依存せざるを得ない状況下にいるのです。

  • わたしの所有資産は数千億ドルを超えたけどまだまだを続けるよ! みんなわたしのでどんどん商品を買ってね! パイナップルが1000億個以上食べられるだけの資産を持っていてもまだまだ資産を増やすつもりのようです。

  • だからそういうのは古いと言われるのなら、将来の社会主義や共産主義も定常経済でいくべきだとはっきり語っているところを引用すべきです。




2021 cdn.snowboardermag.com