おへそ の ごま。 「おへそのゴマを取るとおなかが痛くなる」は本当?おへそと腸ってどんな関係があるの?|ビフィックスマガジン|BifiX(ビフィックス)ヨーグルト|グリコ

「おへそのゴマを取るとおなかが痛くなる」は本当?おへそと腸ってどんな関係があるの?|ビフィックスマガジン|BifiX(ビフィックス)ヨーグルト|グリコ

おへそ の ごま

スポンサーリンク へそのごまの掃除はオリーブオイルでスルンと取れる へそのごまのケア方法はベビーオイルやワセリンなども良いですが、 一番おすすめはオリーブオイルです。 この" オレイン酸"は、人の皮脂と似た成分です。 このためにオリーブオイルは肌にとてもなじみやすく乾燥からお肌を保護する効果があるといわれています。 病院で開腹手術の処置を行う際、感染症を防ぐため患者さんのおへそを掃除するようなのですが、 その掃除の際には医療用のオリーブオイルが使用されているようです。 このような事からも、 オリーブオイルは安全で安心して体に使えるとわかりますね。 できればラップなどを使っておへそに蓋をして、 数分から数時間置いて、へそのゴマに油を滲み込ませます。 オリーブオイルパックですね。 こうやって滲み込ませていくことで、かなり取れやすくなります。 どの程度の時間滲み込ませていくかは、汚れ具合や大きさなどによって加減してください。 ふやけてきたらガーゼや綿棒を使って、また、その先にもオリーブオイルを少しつけて、 おへその中をそっと拭い取ります。 ぬぐい取るときは、優しく大きくぐるっと動かすようにしておへそを傷つけないようにしてくださいね。 使うオリーブオイルは食用でも医療用でもどちらでも大丈夫です。 綿棒を使うときは、おへそを傷つけないように、なるべく先が大きく丸くなっているものを使いましょう。 拭い切れずおへそにオイルが残っていても、無理に取ろうとしないように気を付けて下さいね。 スポンサーリンク へそのごまの掃除お風呂も有効活用しましょう オリーブオイルで掃除する以外でも、お風呂を使ってケアするのも安全でおすすめです。 お風呂でバスタブにゆっくり浸かりましょう。 ゆっくり浸かっていると、そのうち指の先もふやけてきますがおへその中の汚れもふやけた状態になります。 こうすることで、おへその中にしつこくこびりついた汚れが取れやすくなっているので、 お風呂上がりに柔らかいカーゼやタオルなどで、そっと拭い取るだけでも綺麗になりますよ。 また石鹸で体を洗うときにも、おへそをぐるっと大きくなぞるように洗うだけでもかなり綺麗になります。 奥の汚れまで取れない場合は、無理にゴリゴリ洗わないでくださいね。 痛みや、おへその皮膚が赤くなるようだったら中断しましょう。 へそのごまは日常的にケアしていきましょう おへそのゴマは長期間溜めてしまうと、皮膚に張り付いたり、カチカチに固まって取りにくくなってしまいます。 「塵も積もれば山となる」という有名なことわざがありますが、 へそのごまに関しては積もってほしくないものだなと筆者は思います。 積もる前の予防策として、おへそ掃除は日常的にしていくことが良いと思います。 オリーブオイルで週に一回でもクルクルとふき取るのもいいですし、 お風呂で体を洗うときのついでにクルクルとおへそ部分も綺麗にするのもいいですね。 日常的にこまめにしておけば、汚れも大量に溜まる事はありません。 お部屋の掃除と一緒ですね。 ただし! 毎日掃除をするのはやりすぎになってしまい、おへその皮膚を傷つけてしまうので、週一程度にしておきましょう。 巷には、手軽にへそのゴマを掃除できる商品も販売されています。 そういう商品を使って日常ケアするのも手軽で簡単なので、おへそケアとしておすすめです。 まとめ おへそのごまの掃除には、人間の皮膚と似た成分が含まれているオリーブオイルがおすすめですよ。 へそのゴマが溜まっていくと、感染症を引き起こしてしまう可能性もあると言われています。 ついつい忘れてしまいがちなおへそ部分ですが、日常的にケアをしていって汚れをためないようにしていきましょう。

次の

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

おへそ の ごま

おそるおそる指で触ってみると、黒くて、ちょっと臭かったり…。 まさか、そのまま指でごまを取ろうとしていませんよね? そもそも、なぜ「ごま」がおへその中に溜まってしまうのでしょう? おへそのごまは、お察しの通り「垢」なんです。 皮脂や汗、毛、石鹸のかすなど、さまざまな汚れがおへその中に溜まることで、ごまがつくられていきます。 おへそは、意識してみていないと、わざわざ毎日お手入れしようとは思いません。 だからこそ、気がついたときには汚れが溜まりきっていて、場合によっては、ニオイを放っていることも…。 おへそを掃除すると、お腹が痛くなる!? おへそのごまに関しては昔から「へそのごまをとると、お腹が痛くなる」という迷信が言い伝えられています。 実は、この言い伝え、決して間違ってはいないのです。 おへそのごまを取るときに、必要以上に力を入れてしまうと、内側を覆っている腸膜にも傷がつき、急性腹膜炎になる可能性もあるともいわれているんです! おへそのごまが気になったら、決して無理やり取り除くのではなく、優しく丁寧に取ってあげないと、お腹が痛くなる場合も十分考えられます。 お風呂に入ったときに、もちろん体を洗いますよね。 そのときに、おへそのごまも取っていきましょう。 ただし、直接指で取り除くのは危険ですから、タオルでクルクルっと優しくこするだけでも、ごまを取ることができます。 まずは、オイルをおへその中に垂らし、15分ほど、そのままの状態で待ちます。 15分経ったらガーゼやティッシュでオイルを拭き取り、その後、綿棒でごまを優しく取っていきましょう。 夏真っ盛りだからこそ、おへそのお手入れには力を入れていきましょう! TOPICS特集• あの子はいったい何をしてるの?美容のプロであるライター達は、実際にどんな美容を自宅で行ったのか、気になる「リアル美容」!• お家時間が楽しくなる!ポジティブ美容を始めよう!自粛が明けて、自信の持てる自分でいられるかどうかは「今」美容を楽しんだかどうかで差がつきます!• 今知りたい!お家でできる美BODYケア。 これから晴れて外出できる日を楽しむために!今の暇な時間を活用し、お家でできるケアを実行してみては?• 春の訪れを感じる今日この頃。 コスメのアップデートはお済みでしょうか?新たなカラーをメイクアップに加えて、あなたの理想の仕上がりを見つけて。 寒暖差が激しく、カラカラに乾く日もある。 加えて早くも花粉が飛び出した!自分好みのアイテムを見つけ、なるべくトラブルを最小限におさえませんか?.

次の

へそ

おへそ の ごま

それとも都市伝説?そして、へそのゴマがたまると身体へ悪影響が及ぶのでしょうか。 今回は「へそのごま」について、詳しく解説いたしましょう。 へそのゴマの正体とは? そもそも「へそのごま」の正体は何なのでしょう? 皮膚が生まれかわると、皮膚表皮の角質がはがれ落ちます。 それに皮脂などが一緒になり、いわゆる垢(あか)として、溜まったものが「へそのごま」です。 ほこりなどの汚れも一緒につくので、ゴマのように黒っぽく見えます。 個人差はありますが、腹部に脂肪がついている人や汗をかきやすい人などは、比較的たまりやすい傾向にあるようです。 へそのゴマ、放置すると? 長い年月放置しておくと、皮膚からはがれ落ちた角質が石のようにカチカチになってしまい、いわゆる「臍石(さいせき)」とよばれる塊となることがあります。 小豆大から、大きいものはナッツほどにもなる場合もあるともいいます。 基本的になにか悪さを起こすものではありませんが、「なにか悪い腫瘤では?」と、びっくりして皮膚科受診する人もいるようです。 たしかにまれではありますが、へその組織からがんが発生することもあります。 皮膚科を受診すれば、とって鑑別してもらうことができます。 また、皮膚が奥まっている部分ですから、細菌が繁殖しやすく、臭いの原因となることもあります。 だからといって、指やつめなどでガリガリと無理にとろうとすると、かえって皮膚を傷つけ、そこから細菌感染を起こして炎症が起きることもあります。 決して行わないようにしましょう。 へその底部は腹膜に接していて、そのすぐ下には腸があります。 そのため、あまりいじりすぎると刺激してしまうことになり、お腹が痛くなる原因にもなり得ます。 では、どのようにお手入れするといいのでしょうか?.

次の