少女 革命 ウテナ 考察 - 女性が男性に依存せず一人の人間として生きるようになったら、「男性性」の優位性はなくなり、男性もまた一人の人間として生きねばならなくなる。【少女革命ウテナ考察後編】

ウテナ 少女 考察 革命 【ウテナ考察】アンシー・暁生(依存)⇔アンシー・ウテナ(自立) という対比

ウテナ 少女 考察 革命 少女革命ウテナを考察していく

ウテナ 少女 考察 革命 少女革命ウテナ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ウテナ 少女 考察 革命 外に出れない男たち――桐生冬芽・御影草時・鳳暁生の『少女革命ウテナ』

ウテナ 少女 考察 革命 映画『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』感想|外の世界の解釈とワニの名

ウテナ 少女 考察 革命 外に出れない男たち――桐生冬芽・御影草時・鳳暁生の『少女革命ウテナ』

ウテナ 少女 考察 革命 いつか一緒に輝くための、最初の一歩――『少女革命ウテナ』感想

【少女革命ウテナ最終回考察】ウテナは王子様になれたか?

ウテナ 少女 考察 革命 【ウテナ考察】アンシー・暁生(依存)⇔アンシー・ウテナ(自立) という対比

原作コミックス『少女革命ウテナ』感想考察ネタバレ 漫画とアニメの違い 結末

ウテナ 少女 考察 革命 映画『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』感想|外の世界の解釈とワニの名

ウテナ 少女 考察 革命 少女革命ウテナ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

女性が男性に依存せず一人の人間として生きるようになったら、「男性性」の優位性はなくなり、男性もまた一人の人間として生きねばならなくなる。【少女革命ウテナ考察後編】

はるしにゃんの幾原邦彦論 Vol.3 ウテナと少女革命の真骨頂にゃん

ただこの場合、時子と香苗の義母の存在がかなりネックになる。

  • アンシーは最初からグイグイ来るため、とアンシーの距離感が近いと思いました。

  • 負けたのは花嫁のせいでもある」 と言い放ちます。

  • その後、アンシーが 入れ替わった に「西園寺先輩からの交換日記ですね」「書いておいて下さい。

少女革命ウテナを見た。

35話で西園寺が 「あの子はまだ柩の中にいる。

  • 樹璃と枝織の関係性 がGood は最後に ネタばらし をする 手法をよく採るので, 樹璃さんの気持ち 描かれていないではないか。

  • 桐生冬芽は 「王子様に憧れ、王子様になれなかった」という点 で、暁生と類似するキャターです。

  • 9話で冬芽が柩を開けようとしたときの描写だ。

いつか一緒に輝くための、最初の一歩――『少女革命ウテナ』感想

力がなければ、所詮誰かに依存した生き方しかできないのさ。

  • 学園の中で「終わりなき日常」に引きこもるわけではなく、宗教を信じて世界を相手に革命を起こすのでもない。

  • 嫌でも あの真っ黒な男っぽい服着て、学校行っている人いっぱいいるんですよ。

  • 暁生と冬芽はよく似ています。

少女革命ウテナを見た。

それでは「良くなかった」のだ。

  • 「君がその目で何を見ようと、それは君の世界のことでしかない」 「君が見ている世界、君が存在している世界、わずかな視界の中で、同じ道を彷徨い続けているだけの出口のない迷宮の世界。

  • そして 可視化された概念は、現実化する。

  • 男装を何かデザインとして都合よく使っている感じが 癪。

少女革命ウテナ 解説_3.『ウテナ』の虚構論

敗北後、最終決戦に向かうを決闘広場への道でた西園寺と冬芽。

  • そして二人は、ウテナとアンシーに分裂する。

  • 暁生の行動の目的は、ウテナを「トラウマのない女性性」にすることで、アンシーという人格と共に、トラウマを消失させることではないだろうか。

  • つまり最初に虚構(矛盾)を前提とすれば、後どんな不条理でも引き出すことが可能になるのである。

少女革命ウテナ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「王子様」を救うためその力を封じたその妹=姫宮アンシーは、「魔女」として人々の憎悪を一身にあつめ、その憎しみの具現である無数の剣に貫かれ続けることになった。

  • アニメ版を楽しめた人はぜひ観るべきでしょう。

  • 樹璃は枝織に近付く瑠果を批難しておきながら、 2人が別れた途端「よりを戻せ」と迫ります。

  • それは当然だ。

映画『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』感想|外の世界の解釈とワニの名

水が溢れているところも想像すると涼しげです。

  • ピンクだったんですねー。

  • 彼女自身が「普通=王子」であるためには、自分が守るべき女性性=アンシーが絶対に必要なのだ。

  • その円環の中で、かつて「王子様」だった男は、理想の体現者であるディオスと、現実を相手に戦い続けられるだけの狡猾さをもつ「世界の果て」=鳳暁生のふたつに、自身を分けざるをえなかった。




2021 cdn.snowboardermag.com