新 日本 プロレス g1 結果。 G1クライマックス28 試合結果 2018/8/10 日本武道館

新日本プロレス

新 日本 プロレス g1 結果

2020年は史上初の東京ドーム2連戦 2020年の東京ドーム大会は1. 4、1. 5の2連戦となりました。 6も大田区体育館で興行があり、新日本プロレスは3連戦ということでかなりの攻勢を仕掛けてきた感があります。 観客数は40008人ということで久しぶりに4万人の観客を超えたのはさすがです。 この3連戦での最大の注目は獣神サンダーライガーの引退です。 4、1. 5では引退試合が2試合行われ、1. 6には引退セレモニーが行われます。 あとはIWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタルの統一戦の行方が気になるところです。 では1. 4に行われた試合でいくつか気になったものにふれていきたいと思います。 実況もかつてライガーの試合を実況してきた田畑アナウンサーです。 スペシャル8人タッグマッチは獣神サンダー・ライガー、藤波辰爾、ザ・グレート・サスケ、タイガーマスク vs 佐野直喜、大谷晋二郎、高岩竜一、田口隆祐という顔ぶれで、それぞれライガーに想いを寄せた特別なコスチュームでした。 ライガーのデビューからずっと見てきた自分としてはそれぞれの入場で大満足でした。 レフェリーを務めたのはライガーと激闘を演じてきた保永昇男でしたが、現役時代の面影は全くありませんでした。 それぞれの選手が得意技を出し、やや駆け足の展開となりました。 最後は新日本プロレス所属の田口がどどんでライガーから3カウントを奪っています。 価値を感じることのできないIWGPタッグと少しだけ新鮮味があったIWGP USヘビー級選手権試合 IWGPタッグ選手権試合はタンガ・ロア、タマ・トンガ組にワールドタッグリーグ2019を優勝したデビット・フィンレー、ジュース・ロビンソン組が挑戦です。 IWGPタッグは空いている選手でカードを回している感じです。 新日本プロレスはタイトルごとに割り振りが決まり過ぎているのがネックであると自分は思っています。 オカダや内藤などがタッグ戦線に絡んで盛り上がるようにしてほしいものです。 タッグこそプロレス最大の醍醐味であると思うのでシングルタイトル並みに扱ってほしいものです。 結果はフィンレーがアシッドドロップでタマ・トンガから3カウントを奪って新チャンピオンとなっています。 続いて、ジョン・モクスリーやジュース・ロビンソン専用のタイトルであるIWGP USヘビータイトル戦は、ランス・アーチャーにジョン・モクスリーが挑戦しました。 この組み合わせは新鮮なものがあり、内容もかなり充実したものがありました。 イスなどの凶器をふんだんに使用した試合は壮絶なものとなり、最後は場外への机への断崖式デスライダーでモクスリーがアーチャーをKOして新王者となっています。 激しくハチャメチャな試合のなかでも、モクスリーとアーチャーの巧さというものが光った試合でした。 高橋ヒロムがIWGPジュニアタイトルを奪取 先月の12月に首の怪我から復帰した高橋ヒロムがウィル・オスプレイのIWGPジュニアタイトルに挑戦です。 高橋ヒロムの動きは決して悪くありませんでしたが、オスプレイが試合を引っ張っているという印象がありました。 終盤はかなりハイレベルな返し技の攻防となり、タイムボムを返された高橋ヒロムは抱え込み式の変形タイムボムという新技を繰り出してタイトル奪取に成功しました。 IWGPヘビーはオカダ・カズチカが防衛 IWGPインターコンチネンタルは内藤哲也が奪取 IWGPインターコンチネンタル選手権試合のジェイ・ホワイト vs 内藤哲也は内藤に対するファンの期待感がドームに充満していました。 ジェイ・ホワイトの膝攻めに苦しみましたが、最後はデスティーノで3カウントを奪って内藤がIWGPインターコンチネンタルを奪取しました。 ここで内藤が勝利しなければとんでもないフラストレーションが溜まってしまうので安心しました。 IWGPヘビー級選手権試合はオカダ・カズチカ vs 飯伏幸太です。 飯伏にとっては2017年のオカダvsケニー・オメガを超えられるかというテーマも持っています。 さすがオカダと飯伏ということで2019年8月のG1公式戦の内容は超えてきました。 ケニー・オメガとの試合とは違いますが充分に素晴らしい内容でした。 最後はレインメーカーでオカダが勝利してタイトルを防衛しましたが、最後までどちらが勝つか分からない素晴らしい攻防でした。 これでオカダはIWGPヘビーを通算30回防衛を達成しています。 4を経た1. 5の展開は 1. 5のダブルタイトル戦はオカダ・カズチカ vs 内藤哲也ということとなりました。 どちらが勝ってどのような展開を迎えるのか大変楽しみです。 フルタイムドローという結果にならないことを祈りたいところです。 ライガーがIWGPチャンピオンに対して見せる最後の戦いをしっかりと見届けたいと思います!• 1月5日東京ドーム大会の記事はコチラです。 5東京ドーム大会が生中継されるテレ朝チャンネル2はスカパー!で視聴することができます。

次の

G1 CLIMAX29星取表

新 日本 プロレス g1 結果

概要 [ ] 発案者は当時の新日本プロレス社長だったで、「G1」はファンとしても知られる坂口が競馬のレースから取って名づけている。 1991年に第1回大会が開催され、毎年8月上旬頃に開催されている(2014年以降は7月中旬から開催)。 当初こそ数日間の開催であったが近年では大会期間が約4週間程と長くなっており、業界の現状から「プロレス界で最も長く過酷なリーグ戦」との呼び声も高い。 試合会場は、やなど、普段ビッグマッチでも使用する大中規模会場が選ばれ、優勝決定戦にはを使用するのが恒例となっている。 ただし、2014年には、での優勝決定戦となった。 また2018年と19年は国技館が改修工事のためで開催。 また2019年はアメリカ・ダラスで開幕戦を行った。 なお、1993年から1998年までは国技館だけで行われた。 基本的にはヘビー級、ジュニアヘビー級を問わず、新日本プロレス最強の選手を決定する大会だが、外国人選手や他団体の選手が参加することもある。 大会形式には以下の3通りがあり、年によって方式が異なる。 (1992年、1993年、1997年、1998年) 2005年から「」が開催されるようになった為、トーナメント方式の大会はそちらへ受け継がれた。 リーグ戦+決勝トーナメント方式(1995年、2000年~2007年、2009年) AとBの各ブロックで総当たりのリーグ戦(30分1本勝負)を行い、得点が1位、2位の選手が決勝トーナメントに進出し、勝ち抜いた選手が優勝決定戦で最強者を決定する。 最高得点者が同点だった場合は進出者決定戦、リーグ戦での直接対決により順位、決勝進出者を決めるなどで対応している。 以下に主な例外を挙げる。 1995年-同点者が出た場合は勝ち試合のタイムが短い選手が上位となった。 Aブロックでは2位争いとなった蝶野とリック・フレアーが勝点で並んだ為(ともに1勝1敗1分)、勝ちタイムの短かった蝶野が決勝トーナメントへ進出した。 1999年-最終日にリーグ戦が終了した時点でAブロックのとが同点だったため、決勝進出決定戦で勝利した武藤が1位として優勝決定戦に進出。 最終日に1日に3試合を行った。 2000年-4ブロックでリーグ戦が開催され、各ブロックの1位の選手が決勝トーナメントに進出した。 2001年-日本人選手だけの参加となったので、9月に「G1 WORLD」と銘打って外国人選手参加で行われ、優勝者同士で真王者決定戦を行う予定だったが、フライが直後に出場したで負傷した為、延期となっていたが実現されていない。 2004年-各ブロックの3位までが決勝トーナメントに進出する方式だったが、Aブロックの最高得点者が6人いたため、6人の直接対決と進出者決定戦により、が1位、が2位、が3位で進出した。 2009年-Aブロックの、、3人が勝ち点7で並んだが、田中は両選手に負け棚橋と真壁は引き分けだったため棚橋と真壁が同率1位となり、コイントスで1位2位が決められた。 優勝者には、、、そして優勝賞金1,000万円(1995年まで500万円だった)が授与される。 さらに副賞としてではない場合、自動的に王座への挑戦権を与えられる(2012年以降は後述する「挑戦権利書」という形で渡される)。 王者として優勝したのは、との2人だけで、武藤はグレート・ムタ(1997年)、健介はパワー・ウォリアー(1994年)として出場経験があり、また2人はのにも優勝している(武藤は2002年、2004年、2007年。 健介は2005年)。 正式大会名は2010年が「Powered by HEIWA」、2011年が「ブシロードPresents」、2012年から2016年は「バディファイト Presents」、2017年「 Presents」、2018年「戦国炎舞 -KIZNA- Presents」、2019年「HEIWA Presents 」と冠スポンサー名が頭につく。 第1回 蝶野正洋 A:、、、 B:、、、 武藤敬司 8月7日 - 11日 8選手による2ブロック・リーグ戦で開催。 蝶野が「1・2・3、ダァーッ! 」で締め、が上位を独占した。 第2回 蝶野正洋 蝶野正洋、、、、武藤敬司、、、クラッシャー・バンバン・ビガロ、スコット・ノートン、、、馳浩、、橋本真也、、 リック・ルード 8月6日 - 11日 16選手によるトーナメントで開催。 蝶野が優勝と同時に第79代となった。 第3回 藤波辰爾 藤波辰爾、馳浩、橋本真也、、、、、、蝶野正洋、、、、、スーパー・ストロング・マシン、武藤敬司、 馳浩 8月2日 - 8日 日本人16選手によるトーナメントで開催された。 トーナメント開催日は3日〜7日。 両国国技館7連戦。 第4回 蝶野正洋 A:蝶野正洋、長州力、武藤敬司、藤原喜明、、木戸修 B:、藤波辰爾、橋本真也、馳浩、越中詩郎、飯塚孝之 パワー・ウォリアー 8月3日 - 7日 日本人12選手による2ブロック・リーグ戦で開催された。 大会終了後、蝶野が武闘派転向を宣言した。 両国国技館5連戦。 第5回 武藤敬司 A:武藤敬司、蝶野正洋、、越中詩郎 B:橋本真也、スコット・ノートン、佐々木健介、 橋本真也 8月11日 - 15日 8選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催。 武藤が史上初、IWGP王者としてG1制覇(同時に2冠達成)。 同点者が出た場合は勝ち試合のタイムが短い選手が上位となる。 両国国技館5連戦。 第6回 長州力 A:長州力、佐々木健介、天山広吉、橋本真也、 B:蝶野正洋、武藤敬司、越中詩郎、、 蝶野正洋 8月2日 - 6日 日本人10選手による2ブロック・リーグ戦で開催。 優勝賞金が500万円から1,000万円になり、長州がの負傷欠場による不戦勝を含めて全勝で優勝した。 両国国技館5連戦。 第7回 佐々木健介 佐々木健介、蝶野正洋、小原道由、橋本真也、山崎一夫、小島聡、、、天山広吉、スコット・ノートン、平田淳嗣、、、 天山広吉 8月1日 - 3日 14選手によるトーナメントで開催された。 新日本 vs nWo がテーマ両国国技館3連戦。 健介はG1初制覇。 第8回 橋本真也 橋本真也、山崎一夫、蝶野正洋、中西学、越中詩郎、、小原道由、佐々木健介、藤波辰爾、天山広吉、小島聡、、安田忠夫、、武藤敬司、 山崎一夫 7月31日 - 8月2日 16選手によるトーナメントで開催、橋本が8度目の出場で初優勝を飾った。 両国国技館3連戦。 第9回 中西学 A:武藤敬司、、藤波辰爾、佐々木健介、小島聡、安田忠夫 B:中西学、蝶野正洋、越中詩郎、天山広吉、橋本真也、山崎一夫 武藤敬司 8月10日 - 15日 日本人12選手による2ブロック・リーグ戦で開催された。 武藤の場合、最終日に1日3試合を行った。 優勝決定戦では中西が武藤を破り、G1を初制覇した。 第10回 佐々木健介 A:藤波辰爾、飯塚高史、永田裕志、後藤達俊、 B:佐々木健介、木戸修、、小島聡、 C:中西学、安田忠夫、西村修、天山広吉、 D:蝶野正洋、越中詩郎、平田淳嗣、、 中西学 8月7日 - 13日 20選手による4ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催され、健介、IWGP王者としてG1制覇(2冠達成)。 Jrヘビー級の選手が初めて参加した。 第11回 永田裕志 A:永田裕志、藤波辰爾、中西学、、安田忠夫、 B:武藤敬司、蝶野正洋、天山広吉、小島聡、西村修、獣神サンダー・ライガー 武藤敬司 8月4日 - 12日 日本人12選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催。 優勝トロフィーが一新された。 9月には外国人選手参加の「G1 WORLD」が開催された(優勝=、準優勝=)。 永田がG1初制覇。 第12回 蝶野正洋 A:、佐々木健介、越中詩郎、吉江豊、、天山広吉 B:蝶野正洋、永田裕志、中西学、西村修、鈴木健想、安田忠夫 高山善廣 8月3日 - 11日 日本人12選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催された。 「新日本vs外敵」がテーマ。 第13回 天山広吉 A:天山広吉、、蝶野正洋、西村修、棚橋弘至、中西学 B:永田裕志、高山善廣、吉江豊、、安田忠夫、 秋山準 8月10日 - 17日 日本人12選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催。 から秋山が出場した。 第14回 天山広吉 A:永田裕志、中邑真輔、、蝶野正洋、、天龍源一郎、吉江豊、 B:天山広吉、棚橋弘至、西村修、、中西学、、高山善廣、佐々木健介 棚橋弘至 8月7日 - 15日 16選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催。 天山が史上2人目の連覇を新闘魂三銃士を3タテして達成した。 第15回 蝶野正洋 A:蝶野正洋、天山広吉、藤波辰爾、永田裕志、西村修、鈴木みのる、、 B:藤田和之、棚橋弘至、中西学、中邑真輔、真壁刀義、吉江豊、、後藤達俊 藤田和之 8月4日 - 14日 日本人16選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催、蝶野が史上最多5回目の優勝を飾った。 第16回 天山広吉 A:小島聡、棚橋弘至、中西学、、獣神サンダー・ライガー B:天山広吉、永田裕志、真壁刀義、金本浩二、 小島聡 8月6日 - 14日 10選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催。 最終日は超満員札止めにはならず。 第17回 棚橋弘至 A:永田裕志、蝶野正洋、ジャイアント・バーナード、、天山広吉、真壁刀義 B:棚橋弘至、中西学、中邑真輔、越中詩郎、矢野通、 永田裕志 8月5日 - 12日 12選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催。 最終日は超満員札止めにならず。 棚橋が初優勝を飾った。 第18回 後藤洋央紀 A:真壁刀義、棚橋弘至、中西学、、ジャイアント・バーナード、小島聡、 B:、天山広吉、永田裕志、中邑真輔、矢野通、川田利明、吉江豊 真壁刀義 8月9日 - 17日 14選手による2ブロック・リーグ戦で開催。 後藤が初出場で初優勝を飾った。 最終日で3年ぶり超満員札止めを記録。 第19回 真壁刀義 A:真壁刀義、棚橋弘至、矢野通、ジャイアント・バーナード、、、 B:中邑真輔、天山広吉、永田裕志、中西学、後藤洋央紀、飯塚高史、 中邑真輔 8月7日 - 16日 14選手による2ブロック・リーグ戦+決勝トーナメントで開催された。 最終日は超満員札止めにならず。 優勝決定戦では真壁が中邑を破り、G1初制覇を決めた。 第20回 小島聡 A:棚橋弘至、真壁刀義、中西学、、矢野通、、、 B:小島聡、後藤洋央紀、永田裕志、井上亘、ジャイアント・バーナード、中邑真輔、、 棚橋弘至 8月6日 - 15日 16選手による2ブロック・リーグ戦で開催。 小島、新日本プロレス所属選手以外の優勝は史上初となった。 チャンピオン・カーニバルとG1の両制覇は史上3人目。 出場予定であったが開催目前にケガのため、プリンス・デヴィットが出場した。 最終日は超満員札止めにならず。 第21回 中邑真輔 A:内藤哲也、棚橋弘至、真壁刀義、永田裕志、矢野通、高橋裕二郎、、ジャイアント・バーナード、、高山善廣 B:中邑真輔、天山広吉、井上亘、後藤洋央紀、カール・アンダーソン、、ストロングマン、、小島聡、鈴木みのる 内藤哲也 8月1日 - 14日 20選手による2ブロック・リーグ戦で開催。 中邑が8度目の出場で初優勝となった。 最終日に3年ぶり超満員札止め。 第22回 オカダ・カズチカ A:棚橋弘至、永田裕志、小島聡、カール・アンダーソン、矢野通、高橋裕二郎、鈴木みのる、、 B:真壁刀義、天山広吉、後藤洋央紀、内藤哲也、MVP、中邑真輔、、ランス・アーチャー、 カール・アンダーソン 8月1日 - 12日 18選手による2ブロック・リーグ戦で開催。 オカダが初出場で初優勝、蝶野の記録(27歳11ヶ月)を上回り最年少優勝記録を更新した。 第23回 内藤哲也 A:棚橋弘至、真壁刀義、後藤洋央紀、小島聡、オカダ・カズチカ、、ランス・アーチャー、、プリンス・デヴィット、 B:天山広吉、永田裕志、内藤哲也、中邑真輔、矢野通、高橋裕二郎、鈴木みのる、シェルトン・X・ベンジャミン、カール・アンダーソン、 棚橋弘至 8月1日 - 11日 20選手による2ブロック・リーグ戦で開催され、後藤が「右下顎骨骨折」、天山が「肋骨骨折」により残り3試合を負傷欠場した。 内藤が4度目の出場で初優勝を飾った。 第24回 オカダ・カズチカ A:棚橋弘至、小島聡、永田裕志、、柴田勝頼、中邑真輔、石井智宏、シェルトン・X・ベンジャミン、デイビーボーイ・スミスJr. 、、 B:真壁刀義、後藤洋央紀、内藤哲也、天山広吉、オカダ・カズチカ、矢野通、鈴木みのる、ランス・アーチャー、、高橋裕二郎、カール・アンダーソン 中邑真輔 7月21日 - 8月10日 22名による2ブロック・リーグ戦で7月から開催され、国技館が会場のため優勝戦はで行われた。 なお、出場予定であった飯伏が開催目前に脳震盪による後遺症のため欠場となり、本間が代替出場した。 オカダが2年ぶり2度目の優勝を飾った。 第25回 棚橋弘至 A: 棚橋弘至、真壁刀義、天山広吉、柴田勝頼、内藤哲也、飯伏幸太、矢野通、AJスタイルズ、ドク・ギャローズ、バッドラック・ファレ B: 後藤洋央紀、永田裕志、小島聡、本間朋晃、オカダ・カズチカ、中邑真輔、石井智宏、カール・アンダーソン、高橋裕二郎、 中邑真輔 7月20日 - 8月16日 20名による2ブロック・リーグ戦で開催された。 史上最多の全19大会でAブロック公式戦、Bブロック公式戦を交互に行う。 中邑が途中左腕の負傷で公式戦1試合を含む3大会を欠場した その後復帰。 両国国技館3連戦。 棚橋が8年ぶり2度目の優勝を飾った。 オメガが外国人選手として初優勝を飾った。 両国国技館3連戦。 第27回 内藤哲也 A:棚橋弘至、真壁刀義、永田裕志、飯伏幸太、後藤洋央紀、石井智宏、YOSHI-HASHI、バッドラック・ファレ、、内藤哲也 B:小島聡、マイケル・エルガン、、オカダ・カズチカ、矢野通、ケニー・オメガ、タマ・トンガ、鈴木みのる、SANADA、EVIL ケニー・オメガ 7月17日 - 8月13日 20名による2ブロック・リーグ戦で開催。 両国国技館3連戦。 内藤がオメガの連覇を阻止し、4年ぶり2度目のG1制覇を決めた。 第28回 棚橋弘至 A:棚橋弘至、真壁刀義、マイケル・エルガン、オカダ・カズチカ、、YOSHI-HASHI、バッドラック・ファレ、、EVIL、鈴木みのる B:ジュース・ロビンソン、後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、ケニー・オメガ、飯伏幸太、タマ・トンガ、内藤哲也、SANADA、ザック・セイバーJr 飯伏幸太 7月14日-8月12日 20名による2ブロック・リーグ戦で開催。 国技館が改修工事のため優勝戦などは武道館3連戦。 棚橋が決勝戦で飯伏と35分の熱闘の末に下して3年ぶり3度目のG1制覇を果たした。 オフィシャルテーマソング/「Break the Contradictions」 第29回 飯伏幸太 A:棚橋弘至、飯伏幸太、オカダ・カズチカ、、EVIL、SANADA、バッドラック・ファレ、ザック・セイバーJr、ランス・アーチャー、 B:ジュース・ロビンソン、石井智宏、矢野通、後藤洋央紀、、、内藤哲也、、ジェイ・ホワイト、 ジェイ・ホワイト 7月6日-8月12日 20名による2ブロック・リーグ戦で開催。 開幕は。 前年同様優勝戦などは武道館3連戦。 前回大会準優勝に終わった飯伏が念願の初優勝を飾った。 オフィシャルテーマソング/「Shine」 第30回 ??? ??? 9月19日 - 10月18日 五輪等の関係で秋開催。 優勝戦などは国技館3連戦。 主な記録 [ ]• 最多出場 - 21回 : (1995年~2009年、2011年~2016年)• 連続出場 - 19年 : (1999年~2017年)• 最多優勝 - 5回 : (1991年、1992年、1994年、2002年、2005年)• 連続優勝 - 2大会連続 : 蝶野正洋(1991年、1992年)、天山広吉(2003年、2004年)• 最多準優勝 - 3回: 1991年、1999年、2001年 、 2009年、2014年、2015年 、 2004年、2010年、2013年• 全勝優勝 - (1996年:リーグ戦+優勝決定戦。 不戦勝含む)、天山広吉(2006年:リーグ戦+決勝トーナメント)• IWGPヘビー級王者の優勝 - 武藤敬司(1995年)、(2000年)• 外国人出場者の優勝 - (2016年)• 新日本プロレス非所属選手の優勝 - (2010年:当時)• 最年少優勝 - 24歳9ヶ月 : (2012年)• 最短キャリアでの優勝 - 5年1ヶ月: (2008年:2003年7月デビュー)• 通算勝利 - 82勝 : 棚橋弘至• 最長試合時間 - 35分0秒: 棚橋弘至 vs 2018年8月12日 第28回大会 優勝決定戦• G1 CLIMAX、の両方優勝 - (2019年) 最終日での出来事 [ ]• 大会後には打ち上げパーティーが行われており、限定100名のオフィシャルファンクラブ「Team NJPW」会員が参加することが出来る。 1991年に蝶野が優勝した際、リング上にため、以後の使用が禁止されている。 優勝決定戦で先に入場した選手が優勝したのは、1991年の蝶野、2008年の後藤、2010年の小島、2011年の中邑、2012年・2014年のオカダ、2013年・2017年の内藤、2016年のオメガ。 1993年の優勝決定戦は最終日前日の8月7日に行われており、最終日はメインで橋本がとシングルマッチを行ったが敗れた。 1995年に優勝した武藤に副賞として贈呈されたガウンは、東京都にあるプロレスショップ「バトルロイヤル」で展示されていた。 1999年、2001年~2003年は、のスペシャル特番として夕方から地上波で生放送していたが、2006年からは、(当時スカイパーフェクTV! )ので生放送されており、さらに2012年から2016年までは当日深夜に地上波で放送している「」枠内でも放送された。 過去の大会での優勝実積のある選手同士で優勝戦が行われたのは、2000年の健介-中西戦、2014年の中邑-オカダ戦、2015年の棚橋-中邑戦、2017年のケニー-内藤戦。 2年連続で優勝戦進出を果たしたのは、連続優勝を果たした蝶野と天山を除くと、1999年と2000年の中西、2008年と2009年の真壁、2014年と2015年の中邑、2016年と2017年のケニー、2018年と2019年の飯伏。 2004年に優勝した天山に副賞の社「」が贈呈されて、同期のが同乗して国技館周辺を優勝パレードした。 2012年、柴田とがリング上で新日本への参戦を表明した。 2015年、優勝した棚橋が優勝旗の竿を折ってしまった。 翌年の(イッテンヨン)の大会の開催発表が行われるのが恒例となっている。 2019年、飯伏が優勝したことによって史上初のG1 CLIMAXとの両方の覇者となった。 WRESTLE KINGDOMのメインイベント挑戦権利書贈呈 [ ] 2012年から毎年G1の優勝者には翌年1月4日に開催される東京ドームイベント「」のメインイベント(IWGPヘビー級選手権)への挑戦権利書が『 挑戦者記入欄を無記入とした状態』で贈呈されることとなった。 権利書を贈呈されたG1優勝者には残りの半年間、その権利書を狙う挑戦者を相手に防衛戦を課せられることとなり、「 防衛に成功すれば保持者のまま次の防衛戦に、防衛に失敗すれば権利書は移動」の繰り返しを行い、年末のビッグイベント終了時 に権利書の挑戦者欄に所有しているレスラーの名前が記入され、「東京ドームのメインイベントの挑戦者」 として正式に選ばれることとなる。 尚2019年時点で権利書の防衛に失敗し権利書が移動した例は一度もない。 2018年までは権利書保持者が東京ドーム大会で勝利した事もなかったが、2018年優勝の棚橋弘至が2019年の東京ドーム大会にてケニー・オメガから勝利し、このジンクスは破られた。 脚注 [ ].

次の

G1 CLIMAX29星取表

新 日本 プロレス g1 結果

歴代チャンピオン History -Champions-• IWGPヘビー級王座 IWGP HEAVYWEIGHT• IWGPタッグ王座 IWGP TAG TEAM• IWGPジュニアヘビー級王座 IWGP Jr. HEAVYWEIGHT• IWGPジュニアタッグ王座 IWGP Jr. HEAVYWEIGHT TAG TEAM• IWGPインターコンチネンタル王座 IWGP INTERCONTINENTAL• NEVER 無差別級王座 NEVER OPENWEIGHT• NEVER無差別級6人タッグ王座 NEVER OPENWEIGHT 6-MAN TAG TEAM• USヘビー級王座 IWGP UNITED STATES ユニット UNIT.

次の