作文 用紙 の 書き方。 原稿用紙に設定する|ワード(Word)の基本操作

就活 作文作成の基本11ルール【書き方ガイド付き】

作文 用紙 の 書き方

もくじ• で!ここでは、その作文を書くときの「はじめ」をどう書けば良いかのパターンを3つ紹介します! ここで紹介する3つのパターンを覚えておくと、書きはじめられると思いますよ。 作文の書き方ではじめをどう書けば良いのか、私は次の3パターンをおすすめします。 以下で、詳しく説明しますね。 作文の書き方、はじめは『「」』(かぎかっこ) はじめに『「」』(かぎかっこ)ではじめるという作文の書き方です。 「」の中には、会話や音を書きます。 例えば、 「りんちゃん、また冬休みに会いに来てね。 」 おばあちゃんが電車の窓の向こうで言うのが聞こえました。 「最後まであきらめないでよく頑張ったな。 」 僕たちははじめてコーチにほめられました。 「ハッ、ハッ、クーン。 」 と、ないたあと、ポチは動かなくなりました。 「ザーザー」 という音から 「ゴーゴー」 という音に変わったので、私は怖くなってお母さんの部屋に行こうとしました。 一般的に「擬声語」「擬音語」と言われるものですが、 人の話し声や聞こえてきた音を文章として書くということです。 作文の書き方のひとつとして、はじめに、「」(かぎかっこ)を使って、話し声や音などからはじめると、 その後スムーズに作文を書くのに役立つと思います。 作文の書き方、はじめは『!』(結論) 作文の書き方、はじめをどう書けば良いのか、2つめのおすすめは、『!』(結論)からはじめることです。 作文の出だしに、思い切って、「結論」をドン!と書いてみましょう!というおすすめです。 例えば、こんな風な作文の書きはじめはどうでしょう。 おばあちゃんの作る混ぜ寿司は世界で一番美味しいと思いました。 (!) ぼくは将来、プロサッカー選手になるよう努力することを決心しました。 (!) わたしたちは、もっと責任をもってペットを飼うべきだと思います。 (!) 私は、自然災害の備えについてくわしく勉強することにしました。 作文の書き方、作文のはじめに、なにを書いたら良いかわからないときには、 思い切って、自分の言いたいこと、伝えたいこと、わかってほしいことなどをはじめに書くという方法もあるということです。 作文の書き方、はじめは『?』(問いかけ) 作文の書き方、はじめをどう書けば良いのか、3つ目のおすすめは『?』(問いかけ)です。 『!』と同じように『?(疑問符)』を書くということではありません。 作文の出だしを「問いかけ」「質問」ではじめてみるという方法です。 作文の書き方として、はじめを問いかけ文章にするのは、けっこう定石だったりするのですが、 作文は自分の考えや思いを伝える文章ですから、 自分の伝えたいこと(結論)に、興味をもってもらうという意味の『?』問いかけではじめることも良くあります。 会話や音の 「」• 結論をドンの !• もちろん、作文の書き方として考えたときには、いろんな書き方があるでしょうし、 はじめをどう書くかは自由なのが大前提です。 ただ、作文を書くのが、文章を作るのが得意ではない方の中には、出だしの部分が難しいという方もおられると思います。 はじめに何を書けば良いのか? ってときには、こちらの3パターンを参考にされると、スムーズにとりかかれるのではないかと思います。 まとめ 以上、ここでは、 作文の書き方として、作文の「はじめに何を書けば良いのか」について、 おすすめの書き出し3つを紹介しました。 夏休みなどには作文や読書感想文などの課題が多くなりますよね 笑 この記事を読んでくださった方々のお役に立てればと思います。 作文につきまして、以下の関連記事もご参照ください。 出だし以外につきましては、また別の機会に。

次の

作文の上手い書き方【上手い人と下手な人は構成が違う】

作文 用紙 の 書き方

会話文の書き方• 会話文はカギカッコ (「 」) を使用して書きます• 会話文の終わりの句点(。 )と閉じカギカッコ( 」 ) は、1つのマス目にまとめて書きましょう。 会話文の書き始め 原則、行を変えて書きます。 始めカギカッコ( 「 )は、1つのマス目に書きます。 その会話文から段落が始まる場合 1マス空けて会話文を書き始めます。 段落の途中に会話文がある場合 改行し、1マス空けずに開きカギカッコを書き、会話文を書きます。 会話文の後に続く文章 原則、行を変えて書きますが、段落の変わり目ではない場合、上を1マス空けずに書きます。 また、行を変えずに会話文を書くケースもあります。 会話文が2行以上続く場合 2行目以降は、上を1マス空けても空けなくても、どちらでも構いません。 会話文だけが続く場合 前後の文章はそれぞれ別の行に書きます。 カギカッコと二重カギの書き方 カギカッコには、カギカッコ「」 と二重カギ 『』の2種類があります。 それぞれを使うタイミングは次の通りです。 カギカッコ 「 」 を使うケース• 会話文を書くとき• 語句や文章を引用するとき• 語句や文章を限定するとき• 語句や文章を強調するとき• 二重カギ 『 』 を使うケース• カギカッコのなかで、更にカギカッコを使いたいとき• 書名などを書くとき カギカッコと句点を使うとき 会話文の場合は、終わりの句点。 と閉じカギカッコは、同じマス目に書いて1マスにまとめます。 それ以外は、閉じカギカッコの内側に句点は不要です。 会話文以外でカギカッコを使うとき カギカッコは会話文以外でも、語句や文章を強調するときなどに使われます。 その場合は、会話文のように改行せず、そのまま続けて書いて構いません。 また、閉じカギカッコと一緒に句点をつける必要も、閉じカギカッコの後で改行する必要もありません。

次の

作文の上手い書き方【上手い人と下手な人は構成が違う】

作文 用紙 の 書き方

段落の書き始め方 段落を書き始めるときは、上を1マス空けて書き始めます。 また、改行して新しい段落にするときも、上を1マス空けて書き始めましょう。 (引用元:) 段落の書き方についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。 句読点の書き方 句読点とは「。 」や「、」のことです。 文字と同じように1マスに1つ書くようにしましょう。 位置は、マスの右上に書くようにしましょう。 また、句読点は行の始めに書くことができません。 そのため、前の行の最後のマスに文字と一緒に書くか、前の行の欄外に書きます。 (引用元:) 句読点の使い方についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。 小さな字「っ、ゃ、ゅ、ょ」の書き方 ふつうの文字と同じように1マスに1文字書きます。 書く位置はマス目の右側です。 (引用元:) 小さい「つ」の使い方についてはこちらの記事でも「詳しく解説しています。

次の