ウイイレ ポジション ランキング。 【ウイイレアプリ2020】プレースタイルの解説とポジション別のおすすめ

ウイイレアプリ

ウイイレ ポジション ランキング

LWGランキングトップ10<最強LWG>(ウイイレアプリ2019)最強のLWGはネイマールじゃないかもよ!? 今回は最強選手だらけのLWGでランキングをやっていきたいと思います。 いろいろな評価ポイントはあると思いますが、目標としては、 左サイドをスピードもしくはドリブルで突き抜けて、最後はシュートをブチ込める ことを目指しています。 そこで以下の5ポイントに絞って、LWGをランキングしました。 「スピード」があれば一気に抜け出せますし、誰が使っても同じような結果になります。 抜け出た後はウイイレテクニックが重要になってくるかもしれませんが、ドリブルだけが高い選手でテクニックで抜いていくよりは楽ですよね? 今回は 誰が使っても最強なLWGをランキングしていることになります。 能力値も最大レベル上限に上がった時に能力値を重要視しています。 そのため、若手の有望株がばんばん登場します! もちろん スピードだけの選手は圏外ですが、スピードが遅い選手は他の能力が高くても圏外になっています。 そのため、ウイイレアプリに愛されている男、も圏外です。 (スピード79) さらに5ポイントにプラスアルファとして、以下のスキルをもっていることも重要視しています。 コントロールカーブ• アウトスピンキック(左利きなら) 「コントロールカーブ」は、スルーパスで抜け出た後に、右足で綺麗に巻いてゴールを決めるのにとても重要なスキルなんで大切です! 同じように左利きのLWGだった場合には抜け出た後に、アウトスピンで巻いてゴールを決めるのに 「アウトスピンキック」は重要になってくるので加点しています。 「オフェンスセンス」は今回評価ポイント入れていませんが、 「ウイングストライカー」のプレースタイルをもっているとあまり「オフェンスセンス」に関係なく切り込んできてくれるので評価対象外にしました。 それでは早速第10位から見ていきましょう! ( )内は最大レベル上限の総合値or能力値です。 確定スカウトは最後です。 シザーズ• 足裏コントロール<新スキル>(追加)• ライジングシュート <新スキル>(追加)• シザーズ• エラシコ• シャペウ• アクロバィックシュート• ワンタッチシュート• マリーシア• 足裏コントロール<新スキル>(追加)• ライジングシュート <新スキル>(追加)• コントロールカーブ• ピンポイントクロス• チェイシング• スーパーサブ <インシーニエの最大レベル上限(LV45)の能力値> LV30 LV45 オフェンスセンス 83 86 ボールコントロール 89 92 ドリブル 85 88 グラウンダーパス 84 86 フライパス 87 90 決定力 81 83 プレースキック 83 86 カーブ 82 85 ヘディング 55 58 キック力 77 80 スピード 85 88 瞬発力 88 92 ボディバランス 58 61 ボディコントロール 84 87 ジャンプ 64 66 スタミナ 89 92 コンディション安定度 6 6 総合値 86 91 <スーパーサブ発動時のインシーニエ> <LV30> LV30 スーパーサブ発動 オフェンスセンス 83 88 ボールコントロール 89 94 ドリブル 85 90 グラウンダーパス 84 89 フライパス 87 92 決定力 81 86 プレースキック 83 88 カーブ 82 87 ヘディング 55 60 キック力 77 82 スピード 85 90 瞬発力 89 94 ボディバランス 58 63 ボディコントロール 84 89 ジャンプ 64 69 スタミナ 89 94 コンディション安定度 6 6 総合値 86 ? LV45 スーパーサブ発動 オフェンスセンス 86 91 ボールコントロール 92 97 ドリブル 88 93 グラウンダーパス 86 91 フライパス 90 95 決定力 83 88 プレースキック 86 91 カーブ 85 90 ヘディング 58 63 キック力 80 85 スピード 88 93 瞬発力 92 97 ボディバランス 61 66 ボディコントロール 87 92 ジャンプ 66 71 スタミナ 92 97 コンディション安定度 6 6 総合値 91 ? 第6位:ロイス【総合値87(91)】 スキル• コントロールカーブ• 無回転シュート• アウトスピンキック• ヒールトリック• ワンタッチパス• ワンタッチシュート• アクロバティックシュート• ドロップシュート(新スキル)(追加)• シザース• ダブルタッチ(ネイマール固有スキル)• エラシコ• ルーレット• シャペウ• 軸裏ターン• コントロールカーブ• ラボーナ• マリーシア• エッジターン(追加)• ドロップシュート(追加)• やっぱり、ネイマールが第1位でした。 すいません。 ぶっちゃけ心の中ではアザールなんですが、数値をみていくとスピードもドリブルもほんの一歩だけ、いや半歩だけネイマールが前にいる気がします。 しかもダブルタッチがあるんで、さらにネイマールにはプラスアルファがありますしね。 でも、このランキングはウイイレ2019にアップデートした時にもう一度見つめ直したいと思います。 あとは、スーパーサブをもってる選手はヤバすぎですね。 ドウグラスコスタはぶっちゃけネイマール超えしちゃっていますが、一応後半だけなんでネイマールのが上ということにしました。 選手ごとの選出理由はまた後ほどアップしていきます。 次は、RWGランキングとスーパーサブランキング<2019版>をやります。

次の

【ウイイレアプリ2020】黒玉CMFポジション別レベマ総合値ランキング(通常選手)

ウイイレ ポジション ランキング

プレースタイルについて プレースタイルとは選手が持っているもので プレースタイルによって動きが変わってきます。 プレースタイルは最大一つしか所持していません。 プレースタイルが無しの選手もいます。 ラインブレイカー 対応ポジション:CF,ST 相手のDFラインの裏に抜ける動きをします。 デコイラン 対応ポジション:CF,ST,OMF おとりになる動きを行ってスペースを作ってあげるなど 味方が攻めやすくなる動きをします。 ボックスストライカー 対応ポジション:CF 中央にとどまってボールが供給されるのを待つ。 ポストプレイヤー 対応ポジション:CF 前線でくさびのボール 縦パス を 受けられる位置にポジションを取る。 ポイントになってくれて、攻撃の起点となる。 チャンスメイカー 対応ポジション:ST,LWG,RWG,OMF,RMF,LMF 前線からボールを受けるために下がって受けに来る。 攻撃を組み立てる役割をする。 ウイングストライカー 対応ポジション:LWG,RWG サイドから中のスペース DFラインの裏 に 積極的に飛び出していく。 インサイドレシーバー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドから中へ絞ってパスを受けに来る。 サイドにスペースを作る。 クロサー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドのタッチラインまでしっかり張って、 クロスを狙う。 ナンバー10 対応ポジション:ST,OMF,CMF あまり動き回らずに中央にポジションを取り、 パスで試合を組み立てていく司令塔タイプ。 2列目からの飛び出し 対応ポジション:ST,OMF,CMF,LMF,RMF 攻撃時は常に相手DFラインの裏や ゴール前に行くことを意識している。 ボックストゥボックス 対応ポジション:OMF,CMF,DMF,RMF,LMF ピッチを駆け回って攻守にわたり貢献していく。 アンカー 対応ポジション:DMF 中盤の底にポジションを取って、守備の安定を図る。 ハードプレス 対応ポジション:CMF,DMF,CB 激しいプレスで相手に寄せていき、攻撃の芽を摘む。 プレーメイカー 対応ポジション:CMF,DMF 攻撃時はDFライン近くまで低い位置を取り、 ビルドアップを行い、攻撃の起点となる。 ビルドアップ 対応ポジション:CB 後ろのポジションからパス回しに参加し、 前線へのロングフィードも行う。 オーバーラップ 対応ポジション:CB 積極的に前線への攻撃参加を行う。 攻撃的サイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 高い位置を取ることを意識し、積極的に攻撃に参加していく。 守備的サイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 常に低い位置でポジションを取り、守備に備えている。 インナーラップサイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 高い位置を取ることを意識し、相手ゴール近くでは 中のスペースに入っていく。 攻撃的GK 対応ポジション:GK 飛び出しを積極的に行い、DFラインの裏をケアしていく。 守備的GK 対応ポジション:GK ゴールマウス付近にとどまってポジショニングを取る。 ポジション別おすすめプレースタイル CF ラインブレイカー ボックスストライカー ポストプレイヤー このポジションは得点を第一に考えるか、 つなぎやすさで考えるかで変わってくる。 得点優先ならば ラインブレイカー、ボックスストライカー。 つなぎやすさなら ポストプレイヤー。 ST チャンスメイカー チャンスを演出するポジションなので 2列目からの飛び出しよりは チャンスメイカーの方が裏抜けせずに とどまってくれる。 LWG,RWG インサイドレシーバー、ウイングストライカー 得点のことを考えるなら ウイングストライカー サイドバックとの関係性を考えるなら インサイドレシーバー。 インサイドレシーバーの方が サイドバックが上がるスペースがある。 OMF 2列目からの飛び出し ボックストゥボックス チャンスメイカー 抜け出しで攻撃の厚みを一番に考えるなら 2列目からの飛び出し 守備参加を考えるなら、 ボックストゥボックス バイタルでのチャンスメイクに特化させるなら チャンスメイカー CMF ボックストゥボックス プレーメイカー 攻撃参加も求めるなら ボックストゥボックス 低い位置での組み立てをしっかりやりたい場合は プレーメイカー DMF プレーメイカー アンカー 低い位置での組み立てをしっかりやりたい場合は プレーメイカー RMF,LMF インサイドレシーバー 2列目からの飛び出し サイドバックとの関係性を深めるなら インサイドレシーバー とにかく裏抜けさせたい場合は 2列目からの飛び出し RSB,LSB 攻撃的サイドバック インサイドレシーバーと併用して使うなら、 インサイドレシーバーが中に入って空いたスペースに どんどん走りこんでいってくれる。 インナーラップサイドバックは動きが微妙。 守備的サイドバックは選手がそもそも少ない。 CB ハードプレス オーバーラップ ビルドアップは守備時のポジショニングが悪いので おススメはできない。 無駄な動きをせず相手のシュートに反応してくれるので。 攻撃的GKは、相手のパスに対して ポジショニングを大きく変えるので、 たまにシュートに反応しにくくなる時がある。 守備的GKにも、相手の裏パスを自動でケアしてくれない 弱点はある。 そこは自操作の判断でカバー。

次の

【ウイイレアプリ2020】トレードおすすめ!最強黒玉ランキング【ポジション別TOP5】|yasublog

ウイイレ ポジション ランキング

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 ウイイレアプリ2020で「FP」と「レジェンド」として搭載されている選手をプレースタイル別に、評価点の高い順にランキング化しました。 このページでは FP選手とレジェンド選手の中で「アンカー」のプレースタイルの選手のみをピックアップしてランキングしています。 評価点は各選手ごとにTwitterのアンケート機能で「選手評価アンケート」を実施しています。 アンケート結果を10点満点で計算した数値が「選手評価点」です。 「アンカー」の対応ポジション 【説明】アンカーは、中盤の底に位置して守備を安定させます。 LWG CF RWG ST LMF OMF RMF CMF DMF LSB CB RSB GK 選手評価基準 SS 上位3%の誰しもが欲しがる超神引き当たり選手 評価点:9. 99〜9. 50 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:9. 49〜9. 00 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 99〜8. 50 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:8. 49〜8. 00 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 99〜7. 50 C 基本的には使わない選手 評価点:7. 49以下 【FP】ウィルマル バリオス.

次の