ラノベ売上スレ。 ライトノベル累計発行部数一覧&ランキング

ライトノベル累計発行部数一覧&ランキング

ラノベ売上スレ

コミカライズの勢い止まらず 2017年から顕著だったライトノベルのコミカライズへの流れは、2018年も止まらず、勢いを増しながら刊行数を伸ばしています。 文字媒体のラノベをビジュアル化して、原作を読んだラノベファンも、漫画から入ったコミックファンも取り入れて大きな市場に成長していきました。 26タイトルのラノベ原作テレビアニメ 一昨年の18タイトル、昨年の20タイトルからさらに増えて、多くのラノベ原作アニメが放送されました。 『』『』『』などビッグタイトルから『』『』など勢いのある話題作に注目が集まりました。 『』『』『』は、近年ではめずらしく2クール放送で長くメディア展開をつづけています。 劇場版展開では、『』『』『』が2019年以降に予定されており、今後の動向から目が離せません。 『』5年ぶり新作書き下ろし短編が話題に。 『』刊行から20年の節目にアニメ化決定。 『』生誕30周年記念企画。 懐かしさと新しさを兼ね備えたライトノベルに、往年のファンは喜びを爆発させています。 ライトノベルと「コラボ」 料理ラノベとリアル飲食店が手を組んだり、『』のラッピング列車が運行したり、『』のリアル謎解きゲームが開催したりと、コラボレーションイベントが盛んにおこなわれました。 ラノベを読み、アパレルブランドに身を包み、作中の食べ物に舌鼓を打つことも、新たな楽しみとなりつつあります。 アニメ化中止 『』が著者のヘイト発言が問題視され、アニメの制作と放送が中止となりました。 書籍も今後の刊行が未定となるなど、大きなニュースとして報じられました。 バーチャルYouTuberの波はライトノベル界隈にも VTuberが爆発的な進化を遂げて、市民権を得た2018年。 ラノベ愛を語るラノベ好きVTuber、書店のラノベ担当VTuber、ラノベ編集者VTuberが登場し、SNSを中心に話題はとどまるところを知りません。 誰が見てもかわいい。 インターネットの文化に新たな一ページを刻みました。 ネット小説プラットフォームの多様化 ライトノベル業界になくてはならないものとして成長してきた小説投稿サイトは、2018年にも新たな展開を見せてきました。 小説家になろうをはじめ、オープン2周年を迎えたカクヨム、講談社が運営するNOVEL DAYS、新進気鋭のマグネット!など、それぞれ特徴を持った投稿サイトが読者を楽しませてくれます。 各レーベル新人賞が熱い 小説投稿サイトとはまた違ったフレッシュさを持って生まれる新人賞作品が熱いです。 投稿作品全体のレベル底上げが進むなか、新たなラノベ作家による色鮮やかなライトノベルが刊行されています。 芽吹いた才能を確かめるべく、新人賞を読み漁ってみるのもいかがですか? 年上ヒロイン・お姉さんヒロイン・お母さんヒロイン 『』『』『』など、年上ヒロインとの甘い日常を味わえるラノベが多く刊行されました。 2019年には『』のアニメ化も決まっており、年上人気は爆発寸前です。 年下のバブみをこよなく愛するあなたなら、年上ヒロインの甘やかしにもとろけられるはず。 ライトノベルのお姉さんを力の限りおすすめします。 記事自体がラノベのおすすめ紹介にもなっているので、気になる本があったら読んでみてくださいね。

次の

2018年間ベストセラーランキング <ラノベ>

ラノベ売上スレ

2019年 年間本ランキング 1位『転生したらスライムだった件』伏瀬 87万9734部 2位『小説 天気の子』新海誠 63万4151部 3位『ソードアート・オンライン』川原礫 61万5363部 4位『Re:ゼロから始める異世界生活』長月達平 55万202部 5位『「青春ブタ野郎」シリーズ』鴨志田一 53万6494部 6位『薬屋のひとりごと』日向夏 46万1024部 7位『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』大森藤ノ 43万4034部 8位『魔法科高校の劣等生』佐島勤 42万9217部 9位『ようこそ実力至上主義の教室へ』衣笠彰梧 42万573部 10位『鬼滅の刃 ノベライズ 』矢島綾 40万7640部 2018年 1. オーバーロード 推定売上部数807,693 2. この素晴らしい世界に祝福を! 推定売上部数630,889 3. 魔法科高校の劣等生 推定売上部数626,952 4. Re:ゼロから始める異世界生活 推定売上部数619,031 5. 転生したらスライムだった件 推定売上部数539,277 6. りゅうおうのおしごと! 推定売上部数478,242 7. ソードアート・オンライン プログレッシブ 推定売上部数426,794 8. ようこそ実力至上主義の教室へ 推定売上部数393,949 9. ソードアート・オンライン 推定売上部数371,626 10. シリーズ累計1000万部突破 終わりのセラフ シリーズ累計1000万部突破 ロードス島戦記 1000万部 フォーチュン・クエスト シリーズ累計発行部数900万部突破 この素晴らしい世界に祝福を! シリーズ累計900万部突破(小説・コミックス・関連書籍含む) カゲロウデイズ シリーズ累計860万部 灼眼のシャナ シリーズ累計850万部突破 緋弾のアリア シリーズ累計820万部 キノの旅 シリーズ累計800万部突破 オーバーロード シリーズ累計800万部 なんて素敵にジャパネスク シリーズ累計780万部突破 盾の勇者の成り上がり シリーズ累計730万部突破 バカとテストと召喚獣 シリーズ累計700万部突破 僕は友達が少ない 累計680万部突破 アルスラーン戦記 シリーズ累計680万部突破 心霊探偵八雲 シリーズ累計680万部突破 ビブリア古書堂の事件手帖 全世界シリーズ累計680万部突破 ゼロの使い魔 電撃コミックス 累計680万部 とある科学の超電磁砲 累計650万部突破 彩雲国物語 シリーズ累計600万部突破 ゴブリンスレイヤー 全世界シリーズ累計600万部突破 デート・ア・ライブ 累計600万部 生徒会シリーズ シリーズ累計560万部 デュラララ!! 性の共有. 結だし例えば鬼滅同期コレ掛. け2クールやってたのに盾の勇. 者みたく46冊以上もの刊行数の多さに任せてかなり極-限まで水-増ししてる発. 数オ-リコンでの実-売の方は 新刊の ラノベ1万部以下 コミカライズ5万部以下 もう全然ダメな感じ円-盤ありふれにすら負けちゃう上 KADOKAWAの決算で異世界チ一プ魔術師あとかと同列扱いと声ばかり.

次の

ライトノベル累計発行部数一覧&ランキング

ラノベ売上スレ

コミカライズの勢い止まらず 2017年から顕著だったライトノベルのコミカライズへの流れは、2018年も止まらず、勢いを増しながら刊行数を伸ばしています。 文字媒体のラノベをビジュアル化して、原作を読んだラノベファンも、漫画から入ったコミックファンも取り入れて大きな市場に成長していきました。 26タイトルのラノベ原作テレビアニメ 一昨年の18タイトル、昨年の20タイトルからさらに増えて、多くのラノベ原作アニメが放送されました。 『』『』『』などビッグタイトルから『』『』など勢いのある話題作に注目が集まりました。 『』『』『』は、近年ではめずらしく2クール放送で長くメディア展開をつづけています。 劇場版展開では、『』『』『』が2019年以降に予定されており、今後の動向から目が離せません。 『』5年ぶり新作書き下ろし短編が話題に。 『』刊行から20年の節目にアニメ化決定。 『』生誕30周年記念企画。 懐かしさと新しさを兼ね備えたライトノベルに、往年のファンは喜びを爆発させています。 ライトノベルと「コラボ」 料理ラノベとリアル飲食店が手を組んだり、『』のラッピング列車が運行したり、『』のリアル謎解きゲームが開催したりと、コラボレーションイベントが盛んにおこなわれました。 ラノベを読み、アパレルブランドに身を包み、作中の食べ物に舌鼓を打つことも、新たな楽しみとなりつつあります。 アニメ化中止 『』が著者のヘイト発言が問題視され、アニメの制作と放送が中止となりました。 書籍も今後の刊行が未定となるなど、大きなニュースとして報じられました。 バーチャルYouTuberの波はライトノベル界隈にも VTuberが爆発的な進化を遂げて、市民権を得た2018年。 ラノベ愛を語るラノベ好きVTuber、書店のラノベ担当VTuber、ラノベ編集者VTuberが登場し、SNSを中心に話題はとどまるところを知りません。 誰が見てもかわいい。 インターネットの文化に新たな一ページを刻みました。 ネット小説プラットフォームの多様化 ライトノベル業界になくてはならないものとして成長してきた小説投稿サイトは、2018年にも新たな展開を見せてきました。 小説家になろうをはじめ、オープン2周年を迎えたカクヨム、講談社が運営するNOVEL DAYS、新進気鋭のマグネット!など、それぞれ特徴を持った投稿サイトが読者を楽しませてくれます。 各レーベル新人賞が熱い 小説投稿サイトとはまた違ったフレッシュさを持って生まれる新人賞作品が熱いです。 投稿作品全体のレベル底上げが進むなか、新たなラノベ作家による色鮮やかなライトノベルが刊行されています。 芽吹いた才能を確かめるべく、新人賞を読み漁ってみるのもいかがですか? 年上ヒロイン・お姉さんヒロイン・お母さんヒロイン 『』『』『』など、年上ヒロインとの甘い日常を味わえるラノベが多く刊行されました。 2019年には『』のアニメ化も決まっており、年上人気は爆発寸前です。 年下のバブみをこよなく愛するあなたなら、年上ヒロインの甘やかしにもとろけられるはず。 ライトノベルのお姉さんを力の限りおすすめします。 記事自体がラノベのおすすめ紹介にもなっているので、気になる本があったら読んでみてくださいね。

次の