阪急 電車。 阪急マルーン

阪急2800系電車

阪急 電車

作品概要 [ ] は、のから兵庫県のを経て阪急までを結ぶ。 との接続駅であり運転系統が分割される西宮北口駅から宝塚駅までは、所要わずか14分のミニ路線である。 この作品は、その宝塚 - 西宮北口間の8つの駅を舞台とし、その乗客が織り成す様々なエピソードを、1往復に当たる全16話で描写する。 の隔月刊の『papyrus』にて全6回連載され、に幻冬舎からが刊行された。 には版が発刊された。 それまでの有川の作品は、近未来、軍事、怪獣関係の設定を用いたものが多く存在するが、本作品では実世界を舞台にしている。 出身の作者は、大学時代に今津線の沿線に下宿していたが故、今津線が一番思い入れのある路線であるとのこと。 5月14日付の文庫部門で100万部を突破し、文庫部門12作目の100万部突破となった。 2008年4月、の番組『』の中の「ありがとうファミリー劇場」において、ラジオドラマが2週間連続放送された。 2008年7月から、誌『』にて作画による漫画版が連載を開始したが、同誌配信終了により1月号から『』に移籍し、2009年3月号を最後に休載、事実上の打ち切りとなっている。 8月、が映画化すると発表され、に公開された。 初出 [ ] 各章の駅名の後には(西宮北口方面行き)とあるのが正式名称だが、ここでは省略する。 (『papyrus』12号〈2007年4月〉)• (『papyrus』13号〈2007年6月〉)• (『papyrus』14号〈2007年8月〉)• (『papyrus』15号〈2007年10月〉)• 単行本:、、• 文庫版:、、 映画 [ ] 阪急電車 片道15分の奇跡 映画宣伝用ヘッドマーク 9300F - 梅田駅 『 阪急電車 片道15分の奇跡』(はんきゅうでんしゃ かたみちじゅうごふんのきせき)のタイトルで、ローカル電車を舞台としたハートフル映画である。 主演は、脚本は。 阪急電鉄やを始めとする約30社がバックアップし 、監督は、今作が劇場用映画デビューであり、阪急阪神ホールディングス傘下でもある制作部の三宅喜重で、関西テレビの社員が映画監督になるのは今回が初となる。 また、日本の放送業界では初めて、異なるネットワークに加盟する民放テレビ局(同じのKTVと)が共同で製作に関わった。 公開は80スクリーンと中規模ながら、舞台地近辺の劇場を中心に多くの動員があり、興行収入11. 4億円を記録した。 キャスト [ ] 出身地が阪急沿線の場合は府県名・都市名を掲載、沿線外ではあるが、大阪、京都、兵庫のいずれかの府県の場合は府県名のみを掲載。 高瀬 翔子 -• 森岡 ミサ - (兵庫県神戸市出身)• 萩原 時江 - (若い頃の時江 - )• 伊藤 康江 - (兵庫県尼崎市出身)• 権田原 美帆 - (大阪府堺市出身)• 門田 悦子 - (兵庫県伊丹市出身)• 萩原 亜美 - (兵庫県西宮市出身)• 小坂 圭一 -• カツヤ -• マユミ - (友情出演)(兵庫県宝塚市出身)• 羽田 健介 - (友情出演)(兵庫県西宮市出身)• 披露宴の会場係 - (特別出演)• 小峰 比奈子 -• 小林駅の駅員 -• 門田 悦子の友達 - (京都府京都市出身)• 樋口 翔子 - (大阪府枚方市出身)• 健吾 -• 遠山 竜太 - (京都府城陽市出身)• その他 - (兵庫県神戸市出身)、(読売テレビアナウンサー)、(読売テレビ報道記者、兵庫県西宮市出身)、(関西テレビアナウンサー、大阪府吹田市出身)、(関西テレビアナウンサー)、、橋本千枝子、(大阪府箕面市出身)、 スタッフ [ ]• 脚本 -• 監督 - ()• 音楽 -• 主題歌 - (大阪府吹田市出身)「」()• 製作者 - 、松下康、、、桐畑敏春、中村仁、• エグゼクティブプロデューサー - 籏啓祝、服部洋、小玉圭太、若林常夫、三宅容介、伊藤隆範、村上博保• チーフプロデューサー - (関西テレビ)• プロデューサー - 沖貴子(関西テレビ)、田村勇気()• ラインプロデューサー - 岩本勤• 撮影 - 池田英孝• B班撮影 - 横山和明• 照明 - 原田洋明• 録音 - 郡弘道• 美術 - 松本知恵• 装飾 - 藤田徹• VE - 吉岡辰沖、中村寿昌• 衣装 - 会田昌子• スタイリスト(中谷担当) - 中村みのり• 衣装デザイン(宮本・芦田担当) - 伊藤佐智子• 記録 - 木村晃子• 編集 -• 監督補 - 宮崎暁夫• 助監督 - 中西正茂• 制作担当 - 大谷弘• 音響効果 - 岡瀬晶彦• VFX - 、• ロケ協力 - ひょうごロケ支援ネット、神戸フィルムオフィス、、 ほか• キャメラ - EOS MOVIE(協力:)• 技術協力 -• スタジオ -• Special Thanks - 、およびグループ各社• 製作 - 「阪急電車」製作委員会(関西テレビ、電通、、、、、)• 製作プロダクション - コクーン• 配給 - プロモーション・封切り [ ] に行われた試写会では、が上映会場となった。 本劇場で映画イベントが開かれるのは、劇場創設以来初めてであった。 映画の試写会は直後であったが、を関西に在住していたため経験していた原作者の有川浩は、「自粛は被災地を救わない。 阪神・淡路を経験した私たちはそのことを知っています。 エンターテインメントを楽しむことを後ろめたいと思わないでください。 映画1本分、本一冊分、自分は経済を回すのだと思って楽しんでください。 張り詰めた糸が切れてしまわないために、気持ちのゆとりを作るためにエンタメはあるのです」と、経験者の立場から自粛ムードに揺れる世相について語った。 その思いは中谷美紀ら出演者が受け継ぎ、全国の映画館で舞台挨拶を行った際に、繰り返し述べられたという。 戸田恵梨香、相武紗季、鈴木亮平ら、関西出身の出演者のなかには被災した経験を持つ者もいる。 2011年4月6日から、阪急電鉄の一部車両に映画公開をPRするヘッドマークが掲出された。 2011年4月29日から3ほか日本全国の東宝系劇場で公開されたが、関西では4月23日から先行上映された。 関西地区32スクリーン先行上映ながら、2011年4月23・24日の初日2日間で興収5,815万4,800円、動員4万4,166人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第7位となっている。 全国80スクリーンに拡大公開された第2週には第6位にランクインしている。 上映館数が83スクリーンと少ない劇場館数ながら6月15日に興行収入10億円を突破したと発表。 に発表された興行収入は11. 4億円。 また、舞台となった阪急今津線沿線の西宮OSでは、興行47日目時点で動員数7万6,346人を記録し、同館においてそれまでトップだった『』での全116日間で7万6,029人という記録を超えた。 田崎真珠(現:)• (交通関連部門・関西地区)• グループ• PURELA• 公開記念特番 [ ] 映画公開を記念して、関西地区で先行封切りされた2011年4月23日、15:00 - 15:30に関西テレビにて特番が放送された。 特設ブースから公開生放送を行い、番組中では舞台挨拶の模様、出演者・監督・阪急電鉄関係者へのインタビュー、ロケーション撮影時の模様などが採りあげられた。 受賞 [ ]• 第36回 助演女優賞(2011年) - 宮本信子• (2011年)• 優秀主演女優賞 - 中谷美紀• 優秀助演女優賞 - 宮本信子• 第21回(2011年)• 助演女優賞 - 宮本信子• 新人監督賞 - 三宅喜重 スピンオフドラマ [ ] 『 阪急電車〜片道15分の奇跡〜 征志とユキの物語』が、2011年4月1日から29日の間の毎週金曜日に全5話が、「」にて配信された。 また、2011年5月1日の25:40 - 26:10に同番組が関西テレビにて放送された。 キャスト(スピンオフ) [ ]• 征志:• ユキ: スタッフ(スピンオフ) [ ]• 監督・脚本:宮崎暁夫• 製作:KDDI、関西テレビ• 主題歌:「Tears On Earth」 EMI MUSIC JAPAN 脚注 [ ]• WEBオリスタ. 2012年5月10日. 2016年1月21日時点のよりアーカイブ。 2016年1月21日閲覧。 - 映画. com、2010年8月4日• 、サンケイスポーツ、2010年9月7日• - MSN産経ニュース、2010年9月14日。 関西先行上映の前後には、撮影でのメイキング映像を共同で利用しながら、KTV・ytvで独自に関連番組を制作・放送した。 映画の本編には、・(いずれもKTVアナウンサー)・・(いずれもytvアナウンサー)がワンシーンずつ出演している。 (、2011年3月31日)• - シネマトゥデイ(2011年4月27日付)• - シネマトゥデイ(2011年5月4日付)• 、映画『阪急電車』製作委員会、2011年6月15日。 、映画『阪急電車』製作委員会、2011年6月15日。 最新映連発表資料. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 3 2012年1月. 2012年1月26日閲覧。 島村幸恵 2011年6月15日. シネマトゥデイ. 2013年11月10日閲覧。 2011年3月27日• シネマ報知. 2011年11月29日. 2011年11月29日閲覧。 日本アカデミー賞公式サイト 2012年3月5日参照。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (『阪急電車〜片道15分の奇跡〜 征史とユキの物語』の予告編と第1話を公開している)• - (英語).

次の

株主優待乗車証

阪急 電車

ローカル電車の中で、お節介で投げた親切が波紋のように人の中で広がっていき、優しい世界が出来る・・そうだよね~皆が、ちょっと他人に親切にすれば、もっと気持ちの良い世界になるよね~で、最後の翔子とミサの台詞「なんか悪くないよね,この世界って」「はい、悪くないです」がすごく心に染みる映画。 今津線近辺が生活圏の私などには風景に馴染みがあって嬉しい(でも阪急今津線には、あんなガラの悪いおばちゃんは乗ってません、西川ヘレンさんのような方は、よく居られます)。 芸達者な方々ばかりですが、私が一番驚いたのが時江の若い頃を演じた 黒川芽以が、宮本信子と同じ顔の筋肉を使って笑う事・・女優さんの凄さに驚きました。 有村架純の友人役の子が「神戸にしてはおっとりした関西弁やな~」と思って調べたら京都出身だった、というくらい関西人は関西弁に敏感ですので(笑)• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

株主優待乗車証

阪急 電車

阪急電車に乗るとテンションが上がる 私は現在東京に住んでいますが、それまでは関西や名古屋に住んでいたこともあります。 JR、私鉄、地下鉄など、これまでかなりの数の電車を利用してきました。 その中で、断トツでイメージが良いのが阪急電車です。 私は鉄ヲタではないので、電車に対して愛着はそれ程ありません。 電車に乗るのは好きなのですが、珍しい車両に乗りたいとか、どうしてもあの路線に乗りたいとかいう欲求はありません。 基本的には、電車はただの移動手段としか思っていない、冷めた男なのです。 そんな私でも、阪急電車に乗るとテンションが上がります。 関西に行く機会があれば、阪急電車に乗りたくなります。 こんな気持ちになるのは、自分でも不思議なくらいです。 阪急電車は美しい 阪急電車と言えば、シンプルなマルーンのボディです。 阪急マルーンという色で、創業以来ずっとこの色のまま変わっていません。 他社だと近代的なデザインの車両にシフトしている印象がありますが、阪急電車は一貫して同じデザインを貫いています。 先日阪急電車に乗ったときに昔と同じだなと思ったのですが、本当に何も変わっていないのです。 全くブレない姿勢が素晴らしいです。 阪急電車が愛され続けている理由の一つに違いありません。 次は車内を見てみましょう。 車内もシンプルなデザインですが高級感が漂っています。 シートの色、通路の柄、木目調の壁と全く隙がありません。 調和のとれたデザインで、上品さを感じます。 けばけばしさが全くないところがいいです。 広告の数も少なく、車内がすっきりしています。 阪急電車では、「週刊誌の中吊り広告」は一切掲載しない方針だそうです。 こういうところにも、阪急電車のこだわりを感じます。 これほど洗練された車両は、阪急電車だけです。 外観、内装ともに、阪急電車は本当に美しいです。 阪急ブランドのイメージアップに、大きな影響を与えていると思います。 約30分で行けてしまうので意外と短い区間なのですが、各社それぞれ特色があり、味のある区間になっています。 どの路線に住んでも便利なのですが、私なら阪急沿線に住みたいです。 理由は、阪急電車に乗りたいからです。 たったこれだけの理由ですが、私が関西に住むとなったら、阪急沿線で家を探しますね。 私の分析によると、阪急電車には清楚でかわいいこが多いです。 (これから関西圏の大学に進学しようと考えている高校生諸君は頭に叩き込んでおくことをオススメします) 阪急電車は、一番山側を走っており、高級住宅街が多いことが影響しているのかもしれません。 乗客に変な人はあまりいない印象です。

次の