不幸 が あっ た 時 の 正月。 喪中の正月。お供え(鏡餅)・料理・門松は用意して良い?

正月飾りは喪中の場合NG?祖母や親戚など範囲によって違う?

不幸 が あっ た 時 の 正月

家に不幸があると、遺族の方の気持ちだけでなく、神棚のお祀りにも影響します。 悲しみに沈んだ気が、神様にも届いてしまうためです。 悲しみの気が届かないようにするには、「神棚封じ」が必要です。 家の中で不幸があったことをお伝えした後におこないましょう。 神棚の扉を閉めて、宮形の正面に白い半紙をつけることで封印します。 決して画鋲などで穴をあけるようなことはせず、テープなどで優しく隠してください。 封じている間は、お供えや拝礼といった行為も慎み、神棚に触れないようにします。 封印は、遺族の手で行なうよりも、第三者にやってもらうほうが良いと言われています。 しかし、遺族が行なう例も増えてきていますので、その時々の事情に応じて対応すると良いのではないでしょうか。 神棚封じを行なう理由は 神道の考えでは、死は穢れと捉えられます。 この場合の穢れは、生の活力が失われた状態のことを指します。 大事な家族の不幸によって、家の中は「気が枯れた」状態となります。 悲しみによって生の活力が衰えている遺族の方も同様です。 この死の穢れが神様に影響しないよう、神棚封じを行なうのです。 ここで注意しておきたいのは、決して「神罰が下るから近づいてはならない」という意味ではないことです。 あくまで、神様に近づくことで影響が及ばないよう配慮するためのものです。 静かに喪に服し、少しずつ活力を取り戻した後に、再びお祀りするようにしましょう。 神棚封じは身内のどの範囲まで 範囲は、厳密に言えば、同じ家に住む家族かどうかという点で違いが生じてきます。 家族の場合 神様は、神棚を通して祀る家を見守ります。 そのため、同じ家の家族が亡くなった場合は、神棚封じが必要となります。 忌中は触れることを控え、忌が明けたら白紙をはずして、再びお祀りします。 忌中は神域への立ち入りも遠慮した方が良いため、新年の御神札を授かりに神社へ行くことはできません。 一般的には忌明けを待って交換をします。 しかし、御神札を授かることは可能です。 地方によっては、神社に入らずに授けてもらえるところもありますし、お正月の行事などが終わったあとに神社に相談して受けることも可能です。 ただし、すぐに交換はせず、袋にいれたまま保管しておきます。 忌が明けたら、袋から取り出して御神札を取り換えます。 親戚の場合 身内であっても、別の家に住む親戚の場合は、自宅の神棚を封じることはありません。 自宅の神棚は、そのままお祀りし、お供えや拝礼も通常通り行っても大丈夫です。 新年の御神札も、例年通り受けることができます。 しかし、交換をする人に関しては、亡くなった親戚の方と、血縁的に遠い人間が行った方が良いとされています。 いつ封印を解くのか 神棚封じは、忌みが明けるまで続けます。 仏教では四十九日と決められていますが、神道の場合は、五十日間となっています。 忌中は拝礼やお供え、祭事なども行わず、神棚に触れることは控えましょう。 忌明けとなる五十日目を迎えたら、半紙をはずし、宮形の扉を開けて封印を解きましょう。

次の

喪中の時のお正月の過ごし方とは?正月飾りや挨拶はしていい?

不幸 が あっ た 時 の 正月

葬儀後 作成日:2018年08月27日 更新日:2020年01月23日 喪中時のお正月の過ごし方は?控えること・行っても良いこと• この記事は小さなお葬式が書いています 日本では人が亡くなると、親族は一定期間喪に服して、日常とは異なった生活をするという風習があり、この期間を喪中と呼んでいます。 現在は、官公庁の服務規程に定めるが過ぎたら、普段の生活に戻ることがほとんどですが、正月祝いを控えるという風習は残っています。 喪中(もちゅう)には新年の挨拶で「おめでとう」と言わないことや、年賀状の差し出しを控えるということは、多くの人が認識している習わしでしょう。 ですが、お正月に行う風習は他にも色々あります。 喪中の年はそうした一切を行わないものなのでしょうか? この記事では、喪中時のお正月の過ごし方についてご紹介します。 【もくじ】 ・ ・ ・ 「忌中」と「喪中」の違い 「喪中」と似た言葉に「忌中(きちゅう)」というものがありますが、両者は意味が異なります。 死を穢(けが)れと考え、「忌」は穢れが強い期間、「喪」は穢れが薄まり、故人の死を偲ぶ期間とみなされています。 かつては、忌中の間は外出することも控えられていました。 現在でも結婚式を挙げるなど慶事は行わないことがマナーです。 喪中の期間も、現在はほぼ通常の生活が行われていますが、昔は喪服を着て過ごしていました。 喪中の期間 一般的には、忌中は四十九日の法要まで、喪中はほぼ一周忌まで、と考えられています。 喪中の期間は明治時代の法律を参考に、13ヶ月とされるケースもあるようです。 1年ということは、この期間に必ず年越しがあるため、故人が亡くなって最初の正月は、喪中として過ごすことになります。 故人との続柄によって喪中の範囲やその期間が変わり、一般的には 2親等までが喪中となることが多いようです。 喪中の範囲や期間について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 喪中の正月の過ごし方 喪中の年末年始は、正月の祝い事は控えて過ごします。 具体的には何を控えて、何は行っても良いのでしょうか。 ひとつずつ見ていきましょう。 年賀状・新年の挨拶 喪中の正月には、年賀状を出しません。 一般的にはいわゆる「喪中はがき」と呼ばれる、年賀状を欠礼する知らせを送ります。 喪中はがきには誰の喪に服しているのかを明記し、11月中旬から12月上旬に届くように発送するのがマナーです。 また、年始に人に会ったときも、「おめでとうございます」という挨拶は控え、「昨年はお世話になりました」や「今年もよろしくお願いします」などと挨拶するようにします。 正月飾り 喪中の正月には、正月飾りも控えます。 門松や鏡餅、しめ縄などは神道の習慣なので、神道の忌明けとなる五十日以降は飾っても問題ないという意見もありますが、実際には行わないのが一般的です。 特に家の外には正月飾りをしない方が良いでしょう。 年越しそば・おせち料理 おせち料理は正月の祝い料理なので、喪中のときは控えます。 特に、めでたいことを意味する鯛や海老、紅白のかまぼこなどは避けるようにしましょう。 ただ、そうしたものを除いたものであれば、普段の料理として食べても問題はありません。 お雑煮も、お供え物の餅を避けて、普段の食べ物として質素に食べるのであればいいでしょう。 一方、年越しそばについては、「長寿を願う」や「1年の厄を落とす」という意味で食べられているものであり、祝い事とは関係ありません。 そのため、喪中でも食べることができます。 初詣 一般的には、喪中の年は初詣を控える人が多いですが、厳密には神社とお寺で事情が異なります。 神道の忌中期間である50日間は、神社にお参りすることも、鳥居を潜ることもしてはいけないとされています。 そのため、50日を過ぎていなければ初詣で神社を参拝することはできません。 神社によっては喪中期間(13ヶ月)も参拝を禁じているところがあるので、やはり喪中の年は神社への初詣は控えた方がいいでしょう。 一方、お寺には死を穢れとする考えがないので、喪中に訪れても問題ありません。 年始にお参りして日ごろの感謝を祈りたい場合は、お寺を訪れるようにしましょう。 お年玉 お年玉も、もともとは神様からのおくり物を意味していたので、喪中には避けた方がいいと言えます。 しかし、近年は儀礼的な意味は薄れており、実家や親戚からの「お小遣い」の感覚で渡されていることが多いです。 子どもたちがお年玉を楽しみにしているので何かしてあげたいという場合は、おめでたい柄のポチ袋を避けたり、表書きを「 お小遣い」や「 書籍代」などにしたりして渡すのであれば良いのではないでしょうか。 喪中に年賀状が送られてきたら? 喪中であることを知らせることができなかった場合などに、年賀状が送られてくることがあります。 喪中の場合でも、年賀状を受け取ることは問題ないので、受け取りを拒否する必要はありません。 ただし、その返事は正月を祝う期間である松の内の 1月7日を過ぎてから、寒中見舞いという形で出すようにしましょう。 また、その際には「お知らせできずに申し訳ありませんでした」と一言添えると丁寧です。 年賀欠礼状を出すのが間に合わなかった場合も同様に、1月7日過ぎに寒中見舞いを送るといいでしょう。 喪中は故人を思う気持ちが大切 決まり事やマナーも大切ですが、喪中を過ごすのにやはり何より大切なのは、故人を思う気持ちです。 現代では忌明け後は普段通りに過ごすことが多いですが、年末年始に今一度故人を偲び、お墓に手を合わせてはいかがでしょうか。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀・法要全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

不幸があった場合の神棚封じ~親族の範囲と神を封印する理由と作法~ | 神棚と日本

不幸 が あっ た 時 の 正月

葬儀後 作成日:2018年08月27日 更新日:2020年01月23日 喪中時のお正月の過ごし方は?控えること・行っても良いこと• この記事は小さなお葬式が書いています 日本では人が亡くなると、親族は一定期間喪に服して、日常とは異なった生活をするという風習があり、この期間を喪中と呼んでいます。 現在は、官公庁の服務規程に定めるが過ぎたら、普段の生活に戻ることがほとんどですが、正月祝いを控えるという風習は残っています。 喪中(もちゅう)には新年の挨拶で「おめでとう」と言わないことや、年賀状の差し出しを控えるということは、多くの人が認識している習わしでしょう。 ですが、お正月に行う風習は他にも色々あります。 喪中の年はそうした一切を行わないものなのでしょうか? この記事では、喪中時のお正月の過ごし方についてご紹介します。 【もくじ】 ・ ・ ・ 「忌中」と「喪中」の違い 「喪中」と似た言葉に「忌中(きちゅう)」というものがありますが、両者は意味が異なります。 死を穢(けが)れと考え、「忌」は穢れが強い期間、「喪」は穢れが薄まり、故人の死を偲ぶ期間とみなされています。 かつては、忌中の間は外出することも控えられていました。 現在でも結婚式を挙げるなど慶事は行わないことがマナーです。 喪中の期間も、現在はほぼ通常の生活が行われていますが、昔は喪服を着て過ごしていました。 喪中の期間 一般的には、忌中は四十九日の法要まで、喪中はほぼ一周忌まで、と考えられています。 喪中の期間は明治時代の法律を参考に、13ヶ月とされるケースもあるようです。 1年ということは、この期間に必ず年越しがあるため、故人が亡くなって最初の正月は、喪中として過ごすことになります。 故人との続柄によって喪中の範囲やその期間が変わり、一般的には 2親等までが喪中となることが多いようです。 喪中の範囲や期間について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 喪中の正月の過ごし方 喪中の年末年始は、正月の祝い事は控えて過ごします。 具体的には何を控えて、何は行っても良いのでしょうか。 ひとつずつ見ていきましょう。 年賀状・新年の挨拶 喪中の正月には、年賀状を出しません。 一般的にはいわゆる「喪中はがき」と呼ばれる、年賀状を欠礼する知らせを送ります。 喪中はがきには誰の喪に服しているのかを明記し、11月中旬から12月上旬に届くように発送するのがマナーです。 また、年始に人に会ったときも、「おめでとうございます」という挨拶は控え、「昨年はお世話になりました」や「今年もよろしくお願いします」などと挨拶するようにします。 正月飾り 喪中の正月には、正月飾りも控えます。 門松や鏡餅、しめ縄などは神道の習慣なので、神道の忌明けとなる五十日以降は飾っても問題ないという意見もありますが、実際には行わないのが一般的です。 特に家の外には正月飾りをしない方が良いでしょう。 年越しそば・おせち料理 おせち料理は正月の祝い料理なので、喪中のときは控えます。 特に、めでたいことを意味する鯛や海老、紅白のかまぼこなどは避けるようにしましょう。 ただ、そうしたものを除いたものであれば、普段の料理として食べても問題はありません。 お雑煮も、お供え物の餅を避けて、普段の食べ物として質素に食べるのであればいいでしょう。 一方、年越しそばについては、「長寿を願う」や「1年の厄を落とす」という意味で食べられているものであり、祝い事とは関係ありません。 そのため、喪中でも食べることができます。 初詣 一般的には、喪中の年は初詣を控える人が多いですが、厳密には神社とお寺で事情が異なります。 神道の忌中期間である50日間は、神社にお参りすることも、鳥居を潜ることもしてはいけないとされています。 そのため、50日を過ぎていなければ初詣で神社を参拝することはできません。 神社によっては喪中期間(13ヶ月)も参拝を禁じているところがあるので、やはり喪中の年は神社への初詣は控えた方がいいでしょう。 一方、お寺には死を穢れとする考えがないので、喪中に訪れても問題ありません。 年始にお参りして日ごろの感謝を祈りたい場合は、お寺を訪れるようにしましょう。 お年玉 お年玉も、もともとは神様からのおくり物を意味していたので、喪中には避けた方がいいと言えます。 しかし、近年は儀礼的な意味は薄れており、実家や親戚からの「お小遣い」の感覚で渡されていることが多いです。 子どもたちがお年玉を楽しみにしているので何かしてあげたいという場合は、おめでたい柄のポチ袋を避けたり、表書きを「 お小遣い」や「 書籍代」などにしたりして渡すのであれば良いのではないでしょうか。 喪中に年賀状が送られてきたら? 喪中であることを知らせることができなかった場合などに、年賀状が送られてくることがあります。 喪中の場合でも、年賀状を受け取ることは問題ないので、受け取りを拒否する必要はありません。 ただし、その返事は正月を祝う期間である松の内の 1月7日を過ぎてから、寒中見舞いという形で出すようにしましょう。 また、その際には「お知らせできずに申し訳ありませんでした」と一言添えると丁寧です。 年賀欠礼状を出すのが間に合わなかった場合も同様に、1月7日過ぎに寒中見舞いを送るといいでしょう。 喪中は故人を思う気持ちが大切 決まり事やマナーも大切ですが、喪中を過ごすのにやはり何より大切なのは、故人を思う気持ちです。 現代では忌明け後は普段通りに過ごすことが多いですが、年末年始に今一度故人を偲び、お墓に手を合わせてはいかがでしょうか。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀・法要全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の