本当に素敵な恋愛小説。 恋愛小説の恋愛をしたいけど現実は違う!と思う時に思い出してほしい

【まとめ】30代独身サラリーマンが泣ける恋愛小説のあらすじと感想|おうちで楽しく過ごそう

本当に素敵な恋愛小説

青春のあの頃を思い出して・・・泣きたい。 もしくは、ピュアな恋愛を疑似体験して泣きたい。 そんなふうに思って、小説を読むことって結構ありますよね? もちろんテレビドラマでも映画でもいいんですが、かっこいい男優さんや美人の女優さんが演じているより、やはり妄想の世界で感動したい。 そんなときには、やはり小説が一番です。 というわけでここでは、そんな時に思いっきり泣ける青春恋愛小説をご紹介いたします。 1|それは桜のような恋だった(著者:広瀬未依/双葉文庫) 大学二年背に夏休みにであった、二人の男女が織りなすラブストーリー。 一見平凡な二人の人間の出会いから別れまでのストーリのようでいて、そこには運命としか言い表せない不思議でそして感動的な結末が待っています。 またこの小説には、桜の花の成分であるエフェドリンというものが引き起こすファンタジーの要素もあり。 この作品は、著者の手による京都を舞台とした恋愛ファンタジー者の第3作目に当たるもので、京都という土地柄が、なんとなく日本的情緒を印象的にし、またファンタジー要素も増してくれている素敵な一冊です。 日本情緒やファンタジックな恋愛が好きな人はもちろんのこと、恋愛というものの純粋で真っ直ぐな気持ちに浸りたい人にもおすすめな、上質かつ優しい恋愛小説です。 2|塩の街(著者:有川浩/角川文庫) 有川浩の自衛隊物の一つで、そのSFと軍事をかけ合わせたストーリーが魅力に一冊。 しかし、そんなある意味泣ける恋愛小説の定義から大きく離れているような作品にかかわらず、その中に流れている恋愛要素はそれこそ少女漫画のようにピュアで真っ直ぐなもの。 滅びゆく世界という究極の舞台設定の中で、世界を救おうと奮闘する自衛隊員と、ともに行動する女子高生の間に芽生える恋心。 そして、その究極の世界の中で強く結びついていく二人。 いわゆる泣ける小説と言われるもののように、涙が枯れるほどということはありませんが、あまりにピュアで真っ直ぐな恋愛感情にホロリと涙溢れるそんな作品です。 ハッピーエンドです、っていうのもなんですが、そんなところも高評価ですね。 3|君の膵臓をたべたい(著者:住野よる/双葉社) もうみなさんご存知の超人気ビッグタイトルである『キミスイ』こと君の膵臓をたべたい。 きっと様々な媒体でもう何度も泣ける名作として紹介されてきているだろう作品ではありますが、やはり、泣ける毎作を紹介する時にこの作品を避けて通るわけには行きませんよね。 作品の中、そこかしこに感じられる、迫り来る絶対的な『死』という悲劇の匂い。 そんな死の匂いの中で、それに抗うように明るく青春を謳歌し恋愛を味わおうとする主人公の姿は、それだけでも、もはや涙腺は崩壊気味。 そして、最後にたどり着いた、予定通りの結末。 クライマックスから結末への流れは、まさにこの小説を名作たらしめていると言ってもいいものですので、ぜひ味わってみてください。 4|桜のような僕の恋人(著者:宇山圭佑/集英社文庫) 桜という花は、本当に日本人の心をくすぐる最高のマクガフィンだと感じる小説。 誰もが目を奪われる美しさ、誰もが思わず見とれてしまう景色、そして誰もがその儚くも短い花の一生に寂しさを感じる、そんな花。 そんな日本人の桜に対する思いをこの小説では本当に巧みに儚い恋愛に投影している作品です。 ただ純粋に一人の女性を愛し、そばにいたいと思い続ける男と愛しているからこそ、ある病のせいでその男性のそばにはいたくないと強く願う女性。 そんな二人が織りなす切なくも清々しい恋愛の姿。 短くも美しい人生を精一杯に生きた女性の桜のような姿とその桜を見つめ見守った男の姿に温かい涙が止まりません。 5|ぼくは明日、昨日の君とデートする(著者:七月隆文/宝島文庫) この話の内容をどれくらい説明するのが正しいのか、なかなか難しいのですが。 京都の美大に通う主人公と、主人公に一目惚れされることをきっかけに仲良くない交際を始めるという本当にピュアで優しい恋愛のスタートを切った二人の話。 そんな甘い、そしてなんとなく若い二人のままごとを見ているような恋愛の描写が続いていく中、話は急展開します。 二人のうち女性の方に大きな秘密があったのです。 そこからのお話は、もうただただ切なくもどかしい思いに駆られるストーリー。 しかし、だからこそその恋愛の底にある相手を思いやる気持ちに胸を打たれ涙が溢れ出します。 本当に京都ってこういう話が似合いますよね。 6|失恋延長戦(著者:山本幸久/祥伝社文庫) 話はいきなりの失恋から始まります。 放送部員として活動をする主人公の真弓子は、ある日大きな失敗をしてしまったことで落ち込んでいたところに、大河原という男子生徒に声をほめられ恋におちます。 しかし、大河原は直後、後輩の女生徒と交際をスタート。 そんな愛する人とその恋人を遠くで見つめることしか出来ない真弓子と、そんな真弓子の良き相談相手というか、ぐちを聞いてくれる愛犬のベンジャミン。 きっと誰もがどこかの時点で感じたことのある、どうにもならない濃いのもどかさ。 かなわないからこそ美しい失恋の美学というものを感じることができると同時に、かつて青春の真ん中にいた自分に思いを馳せながらも切ない涙の流れる傑作です。 7|ボクたちはみんな大人になれなかった(著者:燃え殻/新潮社) 遠い昔、そんなふうに思えてしまう90年代の恋人たちを描いた傑作。 90年代から現代までの文明の進み方は、これまで誰も経験したことのない歴史上類を見ないスピードであったことを痛切に感じます。 そしてそのことがいかに切なく、そして輝いていたのかを思い出させてくれる名作。 SNSどころかネット、いやそれこそ携帯電話ですらろくに普及していなかったあの頃、バイトの文通欄をきっかけに、すれ違いの恐怖の中で待ち合わせて始まった恋愛。 そして今の時代から見れば、奇跡のような出会いで始まった恋愛の美しさといったら・・・。 そんな過去の恋愛の階層で綴られていくこの物語の背後には、常に『もう戻らない日々』という切なさが張り付いてているのです。 8|100回泣くこと(著者:中村航/小学館文庫) とにかく涙腺が痛くなるほど泣ける恋愛小説。 そういう言い方をすると音もこもないのですが、やはり恋愛の相手が嫁遺伝国をされて病気でシンでいくことをストーリーの根幹とした恋愛小説は、当たり前のように泣けます。 しかし、大切なのは、その死がただの無駄な生ではなかったと思わせてくれるかどうかです。 その点において、この小説がもたらしてくれる感動と涙は、死という絶対不可避な結末に向かっていくことによって生まれてくる、それだからこその価値をしっかりと感じさせてくれます。 この物語が提起した、愛する人の死が与えてくれる姓の意味はきっとあなたの心に深い傷跡を残します。 しかしそれは、心地よくも消えない、一つの愛の形なのです。 9|八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。 (著者:天沢夏月/メディアワークス文庫) 今流行りの長いタイトルに、メディアワークス文庫ということで・・・つまりラノベ。 しかし、こういったタイトルの小説やライトノベルに偏見のある人にもぜひ読んでほしい、最高に心を引く舞台設定の中で繰り広げられる切なくも温かい物語です。 高校二年の夏、主人公の愛した人は心臓の病気でなくなります。 そして、それから四年経ってもまだ、主人公はその恋愛を引きずっていたのですが、なんと当時の交換日記に4年前に死んだ彼女からの返事が書き込まれたのです。 それを気に、なんとか彼女をしという運命から引き離そうと奮闘する主人公。 物語はそんな主人公の必至で切ない思いが心に迫り、そしてラストシーンでそのすべてが一気に涙として噴出する、そんな小説です。 10|しずかな日々(著者:椰月美智子/講談社文庫) 青春と言うには少し幼い、何気ない小学生の冴えない平凡な日々。 野間児童文芸賞を受賞したことからもわかるように、これは児童文学というカテゴリーに入るのですが、とにかく底に綴られてい何気ない日常が、もう心にぐっとくる物語。 あの頃あたりまえにあったもの、何一つ素晴らしいとも美しいとも感じなかったもの。 祖父の家、風鈴の縁側、冷えたスイカとラジオ体操、もう二度と手に入ることのない、そんな当たり前の日常の坦々とした描写が、心に感動の渦を巻きます。 そして、そんな日々を生きた自分の今が、より浮き彫りになる。 あの頃ただそれだけですごいと思っていた大人がいかに平凡であるかを知ったいま、あの頃平凡であったものの素晴らしさを認識することが、まるであわせ鏡のように、心を締め付けてくるのです。 11|君と会えたから・・・(著者:喜多川泰/ディスカヴァー・トゥエンティワン) とにかくシンプルで、余計な装飾や無駄な盛り上げのないスマートな物語。 しかも話自体もとても短く、そこにあるのは壮大なストーリーなどでは決して無いにもかかわらず、溢れ出る涙を止めることが出来ない、その上、読後の余韻は前後編の長編を読んだかのように深く長い。 ストリーは無気力で平凡な日々を送っていた少年のもとに一人の少女が現れることでスタートします。 そして、うまれる恋心、彼女のひみつ。 こういった展開は青春小説系の感動ものにとってはある意味王道であり、言葉は悪いものの、いわゆるテンプレ展開であるにもかかわらず、そのどれとも違う味わいがある作品です。 12|夜の果てまで(著者:盛田隆二/角川文庫) 始終暗い雰囲気がつきまとう、爽やかさとはかけ離れた恋愛小説。 それもそのはず、この物語の主軸となる恋愛は、『不倫』であり、決して社会的に許されることのない恋愛の形の中で、その関係に耽溺していく二人の人間の様を描いているからです。 しかも、その物語の視点は、不倫の当事者である大学生と、その相手である女性の義理の息子。 どこまでも報われることのない、恋愛の姿を、義理の息子の視点で描く残酷さと切なさは、まさんこの小説の味わいの大きな特徴の一つ。 内容は、まさに大人の純愛。 しかし、そこには若い感性で見つめた大人の恋の形に戸惑う、まさに青春の形があるのです。 13|カラフル(著者:森絵都/文春文庫) 命の尊さを知るとき、人は多いに涙するものですが、この本は特にそこに特化した作品。 自殺した主人公が、人生のやり直しの権利を与えられ、中学生の男の子の身体に曲がりしてしまうという奇想天外な設定で始まる物語は、まさに、命の授業のような一冊。 一度祈り知恵諦めた人間がたどり着く、衝撃のラスト。 人生というものがいかに過酷で残酷で、そしてだからこそ輝く命の尊さを知ることのできる作品。 道に迷った大人も、そしてこれから釈迦に出ていく人にも読んでほしい、人生の真理を描いた作品です。 14|天国までの49日間(著者:櫻井千姫/スターツ出版文庫) いじめによって自殺した14歳の少女。 そんな少女を待ち受けていたのは、天国か地獄かを選ぶ49日間の、死んでもいない生きてもいない、宙ぶらりんな状態で過ごす日々だった。 そんな奇妙な設定のこの小説は、少女が見つめる生きているという事実の確認。 話の内容の重さの割には、文章が読みやすく読む手の進みが早い小説ですが、最後に現れる結末に、突然溢れる涙をこらえることが出来ない、そんな小説です。 青春期、痛いほど鋭敏だった感受性。 そんな心を引きずったまま死を選んだ少女の、世界の真実を知る49日間の物語です。 15|聖の青春(著者:大崎善生/講談社文庫) 実在の棋士村山聖の生涯を描いた作品。 西の村山東の羽生と、現在の永世7冠であり国民栄誉賞受賞者である羽生善治と並び称されるほどの天才であった彼の、煌めく閃光のように壮絶で短い人生の軌跡。 少し異質な世界のはなしではあるものの、間違いなくそこにあるのは燃え上がる青春のカタチです。 数々の棋士と戦い、そして、決して彼を見逃してはくれない病気との戦いの中で、彼が生きてきたその棋士としての姿、人間としての魂のきらめき。 清々しくも悲しく、人間臭くも崇高なその生き様は、涙なしでは読めない傑作です。 涙は心の汗 涙は心の汗といいますよね。 それは涙が恥ずかしい人たちの言い訳のように思われていますが、実は涙は心に溜まったストレスを流してくれるという・・・確かに身体にとっての汗に近い役割を持っています。 そんな心の汗である涙を最近流していないなら、是非流しておきましょう。 あなたの心に淀んだストレスがスッキリと流れていってくれるに違いありません。

次の

小説を読もう!

本当に素敵な恋愛小説

お好きな所からどうぞ• 30代からの恋愛は? 10代の恋愛、20代の恋愛と違う所は、 経験です。 当たり前ですよね。 やっぱり、長く生きていると、いろんなことがあります。 男と女のことなんてほとんどわかってるんじゃないででしょうか。 ただ、好き!ってだけで、恋が始まるってのは、夢とか、幻想、熱病みたいなものです。 まだ何もわからない10代や20代独特の恋です。 30代になると現実をまず見てしまいます。 この人と結婚したら、年収が〇〇だから、この程度かな?とか、子供ができたら、きっとおしゃれもできそうにもないかな?なんてことを、すぐに考えちゃうんですよね。 でも、逆にそれが素敵な恋愛、幸せな結婚に結びついていきます。 まずは、原因探し。 こちらのEXCITEニュースの「」に、心理カウンセラーの伊藤憲治先生という方がお話しされています。 チョット引用させて頂くと、 私の周りの30代の女性は「恋愛ニート」と呼ばれる方が多くいます。 恋愛ニートとは恋愛に対して消極的で、恋愛することを放棄してしまったかに見える人を指します。 ~中略~ 恋愛を成功させるためにも、まずは恋愛ニート状態を脱する必要があるのではないでしょうか。 恋愛ニート、恋愛を放棄してしまった人・・・やはりそういうひとはおおいのかもしれません。 この記事では、恋愛ニートになるのは、3つのタイプの人がいると書かれています。 婚活疲れ• 失敗した恋愛• 仕事命で生きてきた あなたは、どのタイプになりますか? でも、よく考えてください!どのタイプの恋愛ニートも、原因は 気持ちなんですよね。 つまり、一般的にはもう30代だから恋愛も結婚もできないって言われていますが、すべて、 あなた自身が決めてることなんです。 婚活してもうまくいかないから、イヤになってきた• 嫌な振られ方をしたから、もうきずつくのはイヤ• 恋愛がなかったから仕事命にしてきた ってかんじです。 あなたが、自分でそう思い込んでいるだけです。 決して、30代になったからとか、若くないから、経験豊富だから、そういった原因で、恋愛できないわけじゃないんですよ。 あなたの気持ち次第なんです。 カンタンにいえば、毎回三振するプロ野球選手でも、気持ちさえあればホームランをうてるっていうことです。 ということは、気持ちを切り替えるだけで、恋愛体質にもどることができるんです。 とてもかんたんですよね。 しかも、ただでできます。 そこで、気持ちの切り替える方法をシェアします。 気持ちの切り替え方! 上に紹介したサイト、「」では、• 恋愛小説、漫画、映画を見る• 自分磨き• ゆとりの時間を作る• 出会いの場所に行く と、書かれています。 ネガティブから、ポジティブに自然に変わって行こう!ってことのようです。 「引き寄せの法則」って知っていますか?「思いは全てを引き寄せる」っていう考え方ですが、その代表的なサイト「」では、• ネガティブな思い込みをまず捨てる• 最高のイメージをする• 相手の幸せを考える• 与えるもの (セレンディピティより引用) と書かれています。 読んでみてもらえればわかりますが、あたりまえのことんなんです。 素直にうけとり、 素直に出していくということです。 こちらも、ネガティブな考えをやめよう!という事ですね。 婚活疲れ、恋愛失敗が続くと、だれでもココロがウニ状態になります。 とげだらけっていうことですね。 「えっ!今日きれいじゃん」 「(どうせおせじでしょ!何をたのみたいの?)あ、そう~?」 みたいなかんじです。 そうじゃなくて、まずはすなおに受け取って、それをみとめていきましょうということです。 何を認めるかって言うと、自分の気持ち、相手の気持ちです。 こころがトゲだらけでは、認められないんです。 こんなに頑張っているのに、なんで~?• 私のどこがいけないの~?• ふざけるな なんて、いつも相手のことを責めたりします。 逆に、彼氏がいないということは、これから素敵な彼氏が現れるはずだとか、その分仕事に頑張れたとか認めてあげましょう。 さらには、なにかがたりないので、彼氏ができなかったということも認めましょう。 それは、出会いだったり、ファッションだったりメイク術だったり、いろいろです。 ありのままのあなたを受け入れてからが、恋愛ゲットのスタートです。 ココロをフラットにしましょう! 最後に紹介するのは、わたしも良く見るサイトの「」から、• 前向きに• 周りを大切に• きちんとした言葉づかい• 明るく大きな声 これがとてもたいせつで、これらを心がけるだけで、気持ちがかわってくるとはなされています。 気持ちが変わると、ことばがかわります。 ことばが変わると、顔が変わります。 顔がかわると、気持ちが変わります。 気持ちが変わると、行動が変わります。 行動が変わると、生活が変わります。 生活が変わると、人生が変わります。 かんたんですよね、人生を変えるってっておもいましょう。 まずは、あなたがおもわないとはじまりませんからね。 気持ちを変えていきましょう。 気持ちを変えるには、 笑顔と、明るい大きな声。 この二つで、人生は変わります。 お金とか、セミナーとか、環境じゃないんです。 これ、本当にたいせつです。 憶えておきましょう。 30代からの素敵な恋愛の始め方はこれ! 30代からの素敵な恋愛の始め方をシェアしてきました。 おわかりになってもらえたでしょうか。 30代からの恋愛は、ダメだとか、襲い、妥協しないと・・・などといわれていますが、まったくそんなことはないです。 今までの経験を使えば、かならず素敵な恋愛や幸せな結婚ができます。 そのために必要なことは、まずは あなたの気持ちを変えていくことです。 婚活疲れ?• キツイ失恋?• 仕事命? だから、何だって言うの?ってかんじです。 全て、あなたが考え、あなたが選んだことです。 他人のせいにしてはだめです。 周りからの情報に踊らされてはダメです。 婚活しようって思ったのは?• 失恋した恋を始めたのは?• 仕事で成功しようと思ったのは? 思い出してみてください。 すべてあなたがそう思ってそう感じたのがはじまりだったはずです。 それをいまさら人のせいにしても遅いです。 ですから、それをみとめてあげましょう。 逆にかんがえればプラスの面もあるはずです。 たとえば、• 結婚してたら離婚してたかも• 失恋して人の気持ちに敏感になった• 仕事で成功した などです。 もっといえば、今のあなたを作ったのは過去のあなたです。 もっと苦しいことが起きていたかもしれないのですが、それを乗り越えたのは過去のあなたです。 だったら、未来のあなたがしあわせになるにはいまのあなたががんばればイイだけじゃないでしょうか。 そのために必要なのは、今のあなたをみとめてあげることと、気持ちを切り替えることです。 今を最高だとおもえばいいんです。 今を最高だと思うことで、未来はもっと幸せになるはずです。 気持ちを切り替えるのはとてもかんたんです。 形からはいればだいじょうぶです。 つまり、 笑顔と 明るい大きな声 です。 この二つで気持ちは徐々に切り替わっていきます。 思い出してみてください。 気持ちが暗いときには、笑顔がなく、小さい声をしていませんか?逆をすればいいんです。 こころの中は逆でもしだいに変わっていきますから大丈夫です。 しかも、どちらも、ただです。 気持ちを変えるのになにかをかわないといけないとかないです。 あなたが、やるか、やらないか、それだけです。 がんばりましょう。 私は、いつもあなたを応援していますよ! 最後に、パートナーエージェントでは、EQ 心の知能指数 を用いて婚活偏差値を調べる診断テストとをやっています。 もちろん 無料でできますし、 パートナーエージェントに入らないといけないことはないですので、すぐに試してみることをおすすめします。 以上、30代からの素敵な恋のはじめ方でした。 ところで、素敵な恋愛を始めたあとには、素敵なボディもたいせつになります。 そのための秘訣をこちらに載せました。

次の

小説家になろう【R18版】心ときめく恋愛小説ベスト12選。魅惑のムーンライトノベルズ

本当に素敵な恋愛小説

安定しない恋愛関係に文学は興味を示す。 不幸(呪われた)愛、恋• 実らない恋• 駆け引きとしての恋と愛 文学が関心を持つモノ 文学が関心を持つモノは、恋愛そのものではなく、恋愛によって浮き彫りにされる何かである。 恋愛を書くことで、そこに心理や人間関係のさまざまな様相が現れる• きらめき• 罪の意識 etc。 (私の解釈)人の不幸は蜜の味までは言わないけれど、他人のハッピーな恋愛話を読んでも、「はー?だからなに?」と思わずにはいられない。 これが成功本や指南書であっても、「私はこうして思い通りに、素敵なパートナーを手に入れて、幸せな結婚生活をしています」的な本は間違いなく売れていないはず。 性格の悪い私は、見ず知らずの人の幸せ話聞いても、なーんだ自慢話かよって思う。 (友人の幸せ話は喜べるけど) 恋する感情の経験は誰しもあって、切ない、苦い、鬱々、焦がれる、嫉妬などの経験は、どんなに幸せな恋愛や結婚しかしていなくても、少なからず経験はあるはずで、こういった思いは消化仕切れずに、ただ時間が解決しただけなので、本来必要な精神的な解決はなされていないことも多いはず。 ひいては、人はこれらの思いにフラッシュバックすることがあり、永遠のテーマ、普遍のテーマとなっていると解釈している。 恋愛と小説、時間の関係 恋愛の時間と小説の時間が合っているから、小説に向いている。 起承転結 起=文書の書き起こし 承=主題を展開 転=視点を変えて 結=全体をまとめる 恋愛の流れ 起=出会い 承=熱い恋 転=冷める 結=近年の小説の技法は、まとめない、バットエンドも、ハッピーエンドでもない終わり方が主流。 良い悪いという感覚は人によって違うからどちらとも取れる終わり方が好まれるようになってきた。 本当に現代小説を読むと、話がいきなり終了してしまって、えーどっちになったのだろう?と思うことばかりでなのだけど、これがそもそも技術で、いきなり突然終了することで、余韻を残す効果がある。 確かに読み終わった数日間も、いきなり終わった小説の、結末を考えている私がいるので、効果はあると確信している。 マゾヒズム• マゾヒズムの人と別れようとしても、逆にその冷たさが良くて別れられない。 (谷崎潤一郎)• 自分の愛が拒否されるほど盛り上がっていく。 旅行をするという位置づけがあると、読者が違和感なしに読める 感情• 深刻なことを、深刻に書かない、淡々と書く• 恋をしているとその対象の人は遠く感じるようになる 最後にちょっとだけ自分の思いを書いておくと、「恋をしているとその対象の人は遠く感じるようになる」は授業中に先生が言われたことではなく、私が感じたこと。 彼のことが好きなのか、それは恋なのか?って考えることはないだろうか。 例えば私だと、異性を好きになることってたくさんあるけれど、それが恋か単なる好きかって考えるときの一つの基準になっている。 恋をしているときは、どんなに近くに居ても遠く感じるし、考えている事が分からないし、知りたいと思うし、元々遠い存在であれば、さらに遠く手の届かない人のように感じる。 なんだか鬱々たる気持ちで一杯になる。 好きか恋かの判断は心の距離感で測れると思う。 意中の人が遠い存在のように感じたら、それは恋と言って間違いないだろう。 そんなわけで結構忙しいのですが、トライアスロン(ロタ島)があるからトレーニングもしなくちゃいけないし、トレーニングをすると疲れて眠くなっちゃうし、でーも、ロタ島に行く前までに全部提出をしちゃいたいと思っていて、ここ何日かは、夜中にウトウトと思いついては起きて、書きだしたりと、どうもおかしな眠りになっている。 でもちょっとずつは進んでいるし、なんとか間に合わせたいな-。 と言いながら移動販売で売られていた自然栽培野菜を買ってしまったので、ドンドン作らねば。 全部で2,000円。 大根の大きさから比較してもらうと、サツマイモやショウガがいかに大きいか分かってもらえるかなー。 レモンなんか12個も買ってしまった。 archive•

次の