週刊 文春 スクープ - 週刊文春の取材力や取材方法!なぜスクープできるか理由や取材費についても

スクープ 週刊 文春 【文春砲】週刊文春のスクープ!やりすぎTOP24ランキング【2021最新版】

週刊文春2021年6月3日号

スクープ 週刊 文春 週刊文春2021年6月3日号

スクープ 週刊 文春 週刊文春はなぜスクープを連発するのか?

スクープ 週刊 文春 「週刊文春」がスクープを連発できる秘密

スクープ 週刊 文春 森友自殺“遺書公開” スクープ記者が明かした「私がNHKを辞めた理由」

週刊文春はなぜスクープを連発するのか?

スクープ 週刊 文春 週刊文春はなぜスクープを連発するのか?

週刊文春はなぜスクープを連発するのか?

スクープ 週刊 文春 週刊文春2021年6月3日号

なぜ週刊文春だけに日本を揺るがすスキャンダルが集まるのか サロン系雑誌が「文春砲」になるまで

スクープ 週刊 文春 なぜ週刊文春だけに日本を揺るがすスキャンダルが集まるのか サロン系雑誌が「文春砲」になるまで

スクープなのに「週刊文春」と言いたくない?テレビ局の記事引用で見る大手マスコミのダメダメぶり(水島宏明)

スクープ 週刊 文春 「週刊文春」がスクープを連発できる秘密

スクープ 週刊 文春 日本で最も恐れられる雑誌、なぜ『週刊文春』ばかりがスクープを取れるのか?

『週刊文春』スクープ連発の舞台裏を探る(篠田博之)

また、所属事務所と良い関係を築いている出版社にリークをすることで「手柄をあげさせて恩を売る」ことも出来るのだ。

  • ・編集長は「いること」に意味がある。

  • ・週刊文春の取材は違法で敗訴している 週刊文春の取材内容は虚偽であり、名誉毀損やプライバシーや肖像権を侵害しており違法だとして、裁判で敗訴している例はあります。

  • そしてさらに驚いたのは、宮内庁がホームページでその内容を全くの事実無根と強く抗議したことだ。

文春流スクープ取材の基本は「手紙」!相手の心を動かす交渉術とは

そして、 徐々に変化していますが もし裁判を起こした場合には「小さいやつ」などと新たな誹謗中傷を受けてしまうこともあります。

  • 人はしばしば相手の置かれた立場によって態度を変える。

  • 有名税とイメージ保護のために訴えにくい 芸能人といえども、プライバシーや肖像権があります。

  • 詩織って女性は何者なのか。

文春流スクープ取材の基本は「手紙」!相手の心を動かす交渉術とは

余談だが、前にこの番組に出演した時に、いま服役中の「黒子のバスケ」脅迫犯の渡邊受刑者から「獄中でラジオを聞きました」と手紙が届いた。

  • 一色氏をめぐるそうした情報は『週刊新潮』2月4日号に「甘利大臣を落とし穴にハメた『怪しすぎる情報源』の正体」と題して大きく報じられた。

  • 震災半年で避難所を閉鎖しようとする神戸市に対し、神戸局の記者が家族まで総出で避難所での聞き取り調査を行い、避難所を出られない被災者の思いを私が右代表でリポートした。

  • (文中一部敬称略). 週刊誌記者のネタの見つけ方 私は現在、とある女性週刊誌の編集部で記者として働いています。

「週刊文春」がスクープを連発できる秘密

その意味において週刊文春はスクープを報じることができるだけでなく、知名度も高くタレコミをした人の目的を果たしやすい週刊誌です。

  • 1月28日号では「ジャニーズ首脳 実名告白」という見出しが掲げられた。

  • 強引なだけでは、人の心は動かせません。

  • 昨年10月8日号に掲載された春画が問題となって、新谷編集長は「休養」という名の事実上の謹慎を申し渡された。

文春流スクープ取材の基本は「手紙」!相手の心を動かす交渉術とは

『文春』発行元である文藝春秋は、老舗月刊誌『文藝春秋』などの安定的な収益源を持ち、経営も安定しており、他誌は『文春』のような贅沢な取材はできない。

  • 森友文書の改竄をやらされて、自殺に追い込まれた近畿財務局の赤木俊夫さんの遺書にしたって、あれを『文春』が載せなかったら世の中に出なかったかもしれない。

  • 8名ずつの5班に分かれている。

  • 週刊誌のスクープ取材の基本は、相手の心を動かす「手紙」だった! 週刊文春がスクープを連発できるための取材力や取材方法とはどのようなものでしょうか? 週刊文春の取材力・なぜスクープできるか理由は?:4つのポイント 芸能人や政治家・大手企業のスクープ記事といえば週刊文春と言っても過言ではありません。

週刊文春はなぜ訴えられない?取材は違法やなぜ潰れないか理由についても

準公人である芸能人も、社会的な影響力の大きさなどから同じように個人の権利よりも 「知る権利」や「報道の自由」が優先されると考えられています。

  • 週刊文春は同じ「文芸出版社系」の週刊誌であるため、一番のライバル。

  • 下世話だと指摘されることも多い『文春』の報道姿勢だが、その実態は闘う男たちの矜持によって支えられていた。

  • 40名のうち社員は15名で、25名は1年契約で毎年契約を更改する特派記者。

「週刊文春」がスクープを連発できる秘密

』のキャスター読み原稿) 「緊急事態宣言が出されている中、東京高検の黒川弘務検事長が都内で新聞社の社員と麻雀をしていたことが分かりました。

  • 先述の「8名ずつの5班」は、あくまでネタ出しにおける便宜上の班分け。

  • 『週刊文春』のスクープ直後から自民党関係者が着目したのは、一色氏と甘利大臣秘書らのやりとりが膨大に録音されていたといった事情で、彼らは当初、このスキャンダルは最初から政治的に仕掛けられたものではないかと考えたようだ。

  • そのあたりの攻防は当然、『週刊文春』も予測のうえで、「報道ステーション」が最初の報道で『週刊文春』の名前を出さずに内容を紹介したというので法務部と相談のうえ抗議を行っている。




2021 cdn.snowboardermag.com