生理 中 の 筋 トレ。 膣圧・締まりをよくしたい!簡単3ステップの膣トレで”名器”をゲット

膣圧・締まりをよくしたい!簡単3ステップの膣トレで”名器”をゲット

生理 中 の 筋 トレ

月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つのうちにダイエットに関係してくる時期というのが黄体期に関係性があります。 黄体期は生理周期の排卵期が終わってから次に生理が始まるまでの間の期間ですが黄体期は排卵期で排卵された卵子が成長し黄体化することで女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステン)が大量に分泌される時期にあります。 こういった時期には月経前症候群が出やすくなる時期のために・・・・• 基礎体温が上がる• 身体がだるく感じる• 太りやすくなる• イライラしやすくなる こういった状態にあることでダイエットには適さない時期だということなのです。 特にこの黄体期がダイエットに適さない時期だといわれるところには、 体内にコレステロールを多く蓄えようとする時期のために痩せにくいのです。 こういった月経前症候群がでやすい時期は黄体ホルモンとエストロゲンのバランスが崩れてしまっているために心が不安定になりダイエットには向かず、太りやすいのです。 生理中に痩せる理由 生理周期でみた場合にダイエットに適している時期と言うのは確かにあります。 生理周期に合わせてみるとこうなります。 痩せやすい時期• 痩せにくい時期• 太りやすい時期 つまり痩せやすい時期にダイエットをすることでしっかりと痩せることができるようになります。 この痩せやすい時期というのは生理が終わって高温期に入る前、 生理が終わる 頃から 排卵期 までの2週間程度の期間が最も身体の体調がよく、新陳代謝もいい時期のために痩せやすい時期なのです。 生理中にやってはいけないこと 激しい運動 生理中にしてはいけないことの一つとして激しい運動になります。 生理中は心も体も敏感な時期にあるために身体に負担をかけるようなことはもちろん疲労を感じるような運動をすることは避けなければなりません。 これは生理中にホルモンバランスの乱れによって不安定な時期でもあるためにどうしても ストレスになってしまうのです。 こういった時期に激しい運動をするとただ苦痛でしかないのです。 チョコレート 生理中にチョコレートを食べることによって良いことはテオブロミンという成分が心を安定させてくれる効果がある一方で糖分が多い食べ物でもあります。 チョコレートは糖分が多いために血糖値を上昇しやすく太りやすくしてしまう可能性があります。 またチョコレートにはチョコレートの甘味には身体を冷やしてしまうために逆に生理痛を重くしてしまう恐れも考えられます。 どうしてもチョコレートを欲する時は ビターなものを選ぶといいでしょう。 暴飲暴食 生理前になると黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が盛んになってきます。 こういった時期は身体も心も不安定な時期のために太りやすい時期と言われており、特に食欲をコントロールすることがうまくできなくなってくる時期でもあります。 これは身体が妊娠しやすい状態を作るための時期になるために、食欲が湧いてくるのです。 その理由には黄体ホルモンが分泌することによって血糖値が下っていくわけですが血糖値を安定させようとアドレナリンが分泌されます。 このアドレナリンが失われた栄養を補おうとすることで食欲が増進してしまうのです。 この時期は食欲を増進するだけでなく同時に身体に栄養を蓄えようとするために体重が増えやすく、個人差はありますが1Kg~3Kgほどの体重の増えるようになるのです。 生理前にやるべきダイエット 食事 生理前に食欲が増進することは避けられないことかもしれません。 しかし、食欲が湧くからといって欲求に任されて食事を食べてしまえば、体重だけでなく、必要以上に脂肪の蓄積に繋がりかねないことになってしまいます。 こういったことにならないためには、生理前の食欲を抑える方法として 食事は空腹を感じさせない状態を作ることにあります。 ここでの空腹とはあくまで強い空腹感を作らないことです。 空腹をただ我慢することはかえって食欲が増進されるだけのために食事のときはゆっくりよく噛んで食事をすることをおすすめします。 よく噛むということはそれだけでダイエット効果があり、噛む回数を重ねることで満腹中枢を刺激することによって、少ない量で満足感を得ることができるようになります。 運動 生理前は個人差によるところが大きいですが身体のだるさやイライラなど体調不良に悩みやすい時期でもあります。 こういった時期にいくら運動をしても逆にストレスを抱える原因になりかねません。 しかも運動をこの時期にしてもダイエット効果はほとんど期待することができないのです。 これは体重が落ちないどころか逆に太ってしまったなんてこともあります。 こういった生理前の時期に必要な運動はなく、部屋で行えるようなストレッチをすることがおすすめです。 その他ではヨガもおすすめできる運動です。 ヨガの効果• 老廃物を出すことによって肌がキレイになる• 基礎代謝を上げることができる• 血液の循環がよくなり肩こりを解消• 冷え症を改善できる• 月経による不快症状を緩和できる• 病気の予防ができる• 自律神経の活動を整える• 姿勢がよくなり脂肪が付きにくくなる また半身浴などもおすすめです。 半身浴効果• むくみの解消• 脂肪燃焼が早まる• 美容効果がある• 疲れがとれる• 質の良い睡眠がとれる 生理中にやるべきこと 現状維持 生理中の時期は何より一番きつい時期でもあるために無理なダイエットは控える方がよいです。 そのためにストレスを受けにくい、感じにくい時間の過ごし方をすることが一番よいとされています。 特に生理中にダイエットをしてしまうと思っている以上に効果は薄く、いい成果が現れないだけでなく、大きなストレスになってしまう可能性があります。 こういった時期は自律神経の乱れによることが原因なので食事や運動に少しばかり気にかけ意識する程度で過ごすことが大切です。 軽めの運動 生理中におこなう運動はやはり激しい運動は控えなければなりません。 生理中に激しい運動や筋トレなどを行うと身体への負担も大きくかえってただ疲れストレスになりかねません。 こういった生理中に行う運動は、軽めの運動がおすすめです。 ストレッチやヨガ、ウォーキング、軽めのジョギング程度であれば心配はないでしょう。 またこうした軽めの運動を行うことで生理中のイライラを緩和させることもできるためにおすすめです。 そしてあくまで生理中の期間は 体重を意識して落とそうとせずに現状を維持させることだけに集中しましょう。 食事 生理中はホルモンの関係上どうしても体重がおちにくい時期なので、あくまで今の状態をキープさせることにだけ集中!!ただ生理中は無理な食事制限もそこまで必要はありません。 ただ食事で意識的にしなければならないことは温かい食べ物を意識して摂るようにする事と、生理前と違う点では体温が下がりやすい時期なので、温かい食べ物や温かいスープなどで身体を温めるようにしてください。 また貧血になりやすいために食事の中では鉄分を含む食べ物を摂ることも必要です。 鉄分の多い食材• カツオ• マグロ• レバー• ひじき• 小松菜• ほうれん草• プルーン またこういった食材を摂ることも大切なことですが生理中の食事は特に一日3食は必ず摂るようにしなければなりません。 また 一日3食の食事のバランスをしっかりと摂ることも必要なことです。 特に朝の時間に食事を摂るか摂らないかでは一日をダイエットとして見た場合に大きく効果が変わってきます。 朝食を食べる効果には大きく5つの効果があります。 集中力がアップする• 排便作用が活性化する• 低体温の改善• 食べ過ぎを予防できる• 脂肪の蓄積を予防できる こういった効果が朝食を摂ることで効果があります。 特に生理中であっても普段のダイエットであっても朝食を摂ることでその日の一日の代謝の上がり方が大きく変わってくるために 必ず朝食は食べるようにしなければならないです。 また食べる時に意識することは水分をしっかりと飲むことや食事の食べる順番を意識することも必要なことです。 食べる順番は 「野菜」「タンパク質」「脂肪」の順で食べるようにしましょう。 この食べる順番で多いなポイントが野菜を始めに食べることにあります。 野菜を始めに食べることによって血糖値の上昇を緩やかにさせる効果があるために野菜を先に食べなければなりません。 しかもこの血糖値の緩やかな上昇効果は昼、夕の食事の血糖値までも緩やかにさせてくれる効果がります。 スポンサードリンク 朝の食事で野菜を先に食べるだけでその日の一日の食事の血糖値が上がりにくくする効果があるのです。 水分 黄体期にある時は、食欲の増進とともに太りやすい時期であるために、この期間でやせることは難しいです。 しかし、生理が終わって次の排卵日までの排卵期は代謝が良くなる期間で心と体のバランスがとれる時期のために、それまでの期間ではむくみを和らげるために、利尿作用のある食材を食べる事以外にもこまめな水分補給は必要になります。 生理中はむくむことは仕方のないことかもしれませんが、むくむからといって 水分を摂らないようなことをすると逆効果になってしまいます。 生理中にむくむのはあくまで生理中の一時的な期間であって、生理後にはしっかりとむくみも取れるようになります。 そのためには、ミネラルウォーターなどの水分を摂ることで代謝を上げる効果や代謝を上げることによって脂肪が燃焼しやすくなる効果もあります。 また水分を摂ることで身体に溜まった老廃物も排出することができます。 生理後にやるべきダイエット 生理後から排卵日までの期間は最も痩せることができる時期でもあります。 「痩せ期」「ダイエット期」と呼ばれるほど大きな成果を期待する期間なのです。 生理が終わってからの7日間が「卵胞期」と呼ばれる期間でこの時期こそ期待できるわけです。 こういった期間にやるべきダイエットは食事と運動と大きく2つにわけることができます。 食事 生理後の食事で気をつけるポイントは糖質や脂質を摂り過ぎないようにすることです。 ただ完全に制限するといったことはよくないために低脂肪で高タンパク質な食材を食べるように心がけるとよいです。 おすすめタンパク質食材• 赤身肉• 鶏のささみ• カツオ• 大豆食品 生理後は脂肪が燃焼しやすい時期と同時に筋肉をつけやすい時期でもあります。 そのために タンパク質を摂る必要があるのです。 また大豆製品からも量質なタンパク質を摂ることができます。 特に大豆には大豆イソフラボンが含まれているために、食事で摂ることで吸収され、血中に入るとエストロゲンと感知するそうで女性ホルモンと似た構造を持つイソフラボンを摂ることが女性ホルモンの減少をサポートする効果があります。 美肌効果のアップ• バストアップ• 骨密度を保つ• 肥満予防 また野菜や海藻類を積極的に摂ることで女性ホルモンの働きかけを助ける効果もあるために ビタミンやミネラルをしっかりと摂ることも必要です。 運動 生理後は特に運動をすることで大きく痩せることができる期間です。 特に脂肪燃焼効果の高い 有酸素運動をとり入れることで効果的になります。 これはエストロゲンが多く分泌されている時期というのは身体にある老廃物や水分脂肪燃焼が活発に行われるようになるためです。 この時期に有酸素運動をすることで、より脂肪分解酵素の量が増えていくために脂肪燃焼することができ痩せることができるようになるのです。 そしてさらに効果を高める運動が筋トレになります。 筋トレを行う目的は、身体に筋肉をつけることで、身体の脂肪をより燃焼させてくれる働きがあります。 また筋肉が作られることで基礎代謝も高くなり、一日の消費カロリーも基礎代謝が低い状態の時とは大きく消費されるカロリーも変わってきます。 基礎代謝を上げることは太りにくく痩せやすい体質に変えることになります。 生理後は脂肪燃焼しやすい時期と同時に筋肉が作られやすい時期でもあるので 筋トレと有酸素運動を行うことでより大きなダイエット効果を狙うことができるようになります。 おすすめの有酸素運動と筋トレはこちら「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」 また、生理中に筋トレを考えている場合は、あくまでも無理のない範囲で行うことが求められます。 生理前はそもそも脂肪を貯め込もうとする力が強くなる時期です。 しかし、この時期を過ぎると、女性ホルモンの分泌が下がる時期に入ります。 この時期に筋トレをすることで筋肉をつけやすくできる時期のために、適度な筋トレであればむくみの血行を促進させることにもなり、むくみも解消することができるようになります。 「筋トレは毎日しない!女性が効果を出す自重トレーニング」 睡眠は意外と大事なこと 生理中に眠気がくるのは身体の変化に起こることが原因ですが、生理中にしっかりと寝ているはずなのに、とにかく眠たいと感じる人がかなり多くあります。 その理由には黄体ホルモンが関係していて生理前はこの黄体ホルモンが活発になることで就寝時も眠りに付きにくくなります。 そして生理中になるとこの黄体ホルモンの分泌が低下するために低体温が続き、眠たくなります。 じつはこのホルモンの働きには睡眠薬と同じくらいの効果があると言われています。 こういった眠気を少しでも和らげるために必要なことが3つあります。 体内時計のリセット 体内時計とは人が一日の周期でリズムを刻むために備わっている時計で、意識をしていなくてもに中は活動状態になり、夜間は休息状態にと切り替わるリズムが自然と備わっています。 これが生活習慣の乱れや暴飲暴食、運動不足などによって乱れてしまいます。 こういった改善と同時に、太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができるために、この仕組みをうまく使ってみるといいでしょう。 質の良い睡眠を準備する 質のよい睡眠をとるためには、黄体ホルモンによる低体温の状態を少しでも体温を上げるだけでもかわってきます。 寝る前に3時間ほど適度な運動を行うなどをしたり入浴をすることで体温を上げるなどすることで効果があります。 また入浴は半身浴でぬるめのお湯でしっくりと入ることでゆっくりと温めることがポイントです。 また寝具にも気を使うといいでしょう。 寝やすい枕や寝具をそろえることでも効果は変わってきます。 また寝つきやリラックス効果を得るためにアロマを焚くこともおすすめです。 昼間に眠気が止まらない時は! 昼間にどうしても眠気が強く集中できないなどがあれば、空いた時間を利用して5分、10分程度だけでも眠るだけでも効果があります。 ただ、昼寝として長い時間寝てしまうと目覚めも悪くなり逆効果になるので気をつけましょう。 まとめ 生理中、生理前そして生理後の過ごし方でダイエットの成果は大きく変わってきます。 その時々の生理の状態でうまくダイエットに繋げていくとただ体重が減っただけでなく美容面でも大きな効果を期待することができるでしょう。

次の

膣圧・締まりをよくしたい!簡単3ステップの膣トレで”名器”をゲット

生理 中 の 筋 トレ

たしかに、セックス中に男性が気持ちよくなさそうだったり、「もっと締めて」と言われたりすると、 もしかして私の膣ってユルいのかなぁ…と不安になってしまいますね。 膣の締まり具合は体調や興奮度によって変わるので、指摘されたからといってユルいとは限りませんが、実は ただやみくもにギュッとすればいいわけではないんです。 締まりのいい膣とは、 内部が柔軟に動き、男性器をみっちり包んで吸いつくような膣のこと。 膣の中を柔らかく動かすためには、 膣の下にある骨盤底筋を鍛えて、膣圧を上げる膣トレがぴったりです。 膣トレをすると締まりがよくなるのはもちろん、下半身の血流がよくなって濡れやすく感じやすいカラダになるので、 彼もあなたも気持ちいい充実のラブタイムが過ごせますよ。 今回は、日常生活にとりいれやすい膣トレを3ステップにわけてご紹介。 産後の膣ケアや冷え性・便秘の方にもオススメなので、ぜひトライしてくださいね。 1)足を肩幅に開いて立つ 2)ゆっくりと息を吸い込みながら、肛門を引き締める 3)そのまま5秒間キープする 4)ゆっくりと息を吐き出しながら、力をゆるめる つづいて紹介するのは、 立った状態で肛門に力を入れたりゆるめたりする膣トレ。 膣を引き上げるイメージを持ちながら、 1日5セットを目安にはじめてみましょう。 「どうしても感覚がつかめない…」という方は、 膣トレグッズを使うのも方法の一つ。 膣内に挿入するだけでダイレクトに骨盤底筋を鍛えられるグッズで、ボール型やバーベル型など、さまざまな形や大きさ、重さの商品があります。 膣トレグッズを使えば、 膣の場所がわかりやすくなり簡単に感覚がつかめますし、 効果もすぐに表れやすいですよ。 1)肛門を前に向けるようにして座る 2)ゆっくりと呼吸しながらグーッと膣を締める 3)締め上げる状態を5~10秒キープ 4)ゆっくりと呼吸しながら膣をゆるめる STEP2で膣を締める感覚を掴んだら 、今度は膣だけに集中するトレーニングにトライ。 骨盤を前に少し傾けて肛門を前に向けるようにして腰かけ、座っているイスを引き上げるようなイメージで膣を締め上げましょう。 まずは1日3セットから、ゆっくりと膣を締めてゆるめる動作を繰り返してくださいね。 慣れてくると膣の動きをコントロールできるようになり、 セックスで相手の反応を楽しんだり男性器を感じやすくなれたりして、ラブタイムがさらに盛り上がりますよ。 STEP2の立った状態でする膣トレも、道具をあわせて行うとより効果的ですよ。 しかも、膣トレ専用グッズの使い方はとっても簡単で、 膣内に挿入するだけ。 球体が1~2個連なる「ボール型」と棒状の「バーベル型」の2つが主な形状で、 初心者の方は入れるだけで簡単に膣トレできる「ボール型」から利用するのがベスト。 「バーベル型」は引っかかる部分が少なく、抜け落ちてしまいやすいため、膣トレに慣れてきた上級者向けのアイテムです。 ただ、ボール型の膣トレグッズも種類がさまざまで、大きさや重さ、素材が違います。 「痛くて中に入らないよ…」 「すぐに抜けちゃってトレーニングできない!」 「お手入れが大変で使うのが面倒」 こんな失敗をしないように、初心者の方は下の3つの条件に当てはまるグッズを選ぶといいですよ。 直径34mmの球体が2つ連なっているボール型で、平均的な日本人女性の膣にあわせたサイズなので はじめてでもムリなく挿入できます。 重さはほどよく62. 5gと 抜け落ちる心配なく骨盤底筋を鍛えるのにベストですし、 医療用器具に使われるエラストマー素材で丸洗い可能なので、いつでも安全・清潔に使用OK。 LCインナーボールを使えば、膣をきゅっと締める感覚がすぐにつかめて、 初心者の方でも簡単に膣トレをスタートできますよ。 また、LCインナーボールは、 短期間で効果を実感できると利用者の評価が非常に高いです。 彼とのラブタイム以外にも、 下腹のたるみがなくなったり生理痛や尿漏れがなくなったりとうれしい変化があった方も…。 しかも、 膣トレグッズとは思えない可愛らしい見た目だから、うっかり彼や家族にみられてもバレる心配はありません。 最後に膣の締まりが気になる女性の皆様へ… 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 今回は、日常生活にとりいれやすい簡単な膣トレのやり方と、オススメの膣トレグッズをご紹介しました。 「彼に何も言われないから大丈夫」 「よくわからないけど自分はふつうだと思う」 こんな風に、 膣トレはまだしなくていいかなぁ…と考えている女性は要注意。 膣の締まり具合は自分で判断できませんし、「ユルい」と感じてもわざわざ女性に伝えない男性が多く、 セックスがマンネリ気味やレスになる可能性が高いです。 膣トレをして膣の締まりがよくなると、見たことがないほど相手が興奮したり求められる回数が増えたりと、明らかにラブタイムが変わります。 「自分の膣はふつう」だと思っている方は、 本当に気持ちのいいセックスを知らないだけかもしれませんよ。 女性誌やメディアで多数とりあげられ、膣トレが女性のたしなみとして広がると同時に、LCインナーボールの売上も急上昇。 多くの女性が、 LCインナーボールで膣の引き締め効果を実感しています。 しかも、LCラブコスメは中身がわからないようしっかり梱包してくれて、宛名・品名も選べるので、 家族や彼に内緒で受け取りたい方も安心して注文できますよ。

次の

生理中の筋トレはアリ?筋肉つきやすい?疑問解消とおすすめトレーニング紹介!

生理 中 の 筋 トレ

痛い、つらい。 でも、体重が増える生理中。 トレーニングやエクササイズは控えるべき? 生理中は身体も心もすべてがだるい、エクササイズなんてとんでもない! と思いますよね。 しかし一方で、エクササイズは生理痛を和らげるという話も聞きます。 さらに、せっかくエクササイズが習慣になりつつあるのに、途中でお休みするのはちょっと後ろめたい気も……、等々生理中の悩みや葛藤は人それぞれあると思います。 ガイドも本当のところ、生理中はずっと家でゴロゴロしたい派。 しかしながら、皆さんと同じように葛藤を抱えていました。 そこで、生理中のエクササイズは本当のところどうするべきか? 長年の疑問を解消するため、女性のカラダに詳しい、婦人科医の松村圭子先生にお話を聞いてきました。 生理中のストレッチやエクササイズとの上手な付き合い方 女性の悩みにきちんと答えてくださる、婦人科、美容皮膚科、皮膚科の「らら女性総合クリニック」院長 松村圭子先生。 松村圭子先生は、一般の診療だけでなく、検診や健康相談で「心と体の健康」、また美容分野の診療で「真の美」をサポートしてくれる我々女子にとってはとても心強い味方です。 では、早速先生のお話をご紹介しましょう。 ーー 生理中にエクササイズはした方がいいのでしょうか? 松村先生:結論から言えば、生理中だからといって特別に運動を制限する必要はないですよ。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 この冷えが痛みの原因にもなるのです。 ですから、 エクササイズで血行を良くするのはもちろんいいこと。 運動すると気分がいいな、ストレス解消になると思える人はいつも通りにエクササイズをしてOKです。 ストレスで痛みや体調不良が増長することもあります。 また、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 ーー人によっては生理前にイライラしたり、甘い物が食べたくなる人もいますが、これもいいのでしょうか? 松村先生:プロゲステロン、別名ブスホルモンは妊娠した時に赤ちゃんを守るために、お肉をつきやすくし、身体に有害な紫外線なども赤ちゃんに浴びさせないために自分が吸収しようとします。 でも、当の本人にとってはイライラするし、むくむし、嫌なことだらけ!。 摂り過ぎはよくありませんが、ひとかけらのチョコでハッピーになれるなら、問題はありません。 ーー 先生はどのようなエクササイズをオススメしますか? 松村先生:骨盤の歪みは冷えや生理痛の原因にもなります。 骨盤が歪んでいる女性が多いので、歪みを調整するようなやはオススメです。 また、リラクゼーションを兼ねて半身浴で体を温めてあげるのもオススメです。 生理前でイライラしたり、やる気が起きなくなっても、ちゃんとホルモンが働いている、身体が健康な証拠なんだ。 と認めてあげる事。 これが、生理と上手く付き合っていくコツですよ。 そもそも生理とは? 体をいたわる気持ちで、イライラせずにできる範囲の運動はまったく問題なし 先生のお話、女性としては心に響きますよね。 ここで、私たちの体の中で毎月起きている現象を、もう一度復習してみましょう。 女性の身体は、月に一度の排卵にあわせ、妊娠しやすいように子宮内膜の状態が整えられます。 妊娠しない場合は、子宮内膜が剥がれ落ち、出血を伴って排出されます。 これが生理です。 その生理を引き起こしているのが、 女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)。 このふたつのホルモンの分泌量の変化が、心と体に大きな影響を及ぼします。 生理終了から排卵までの間は、エストロゲンの分泌量が多く、心身ともに快適時期。 しかし、排卵を境に次の生理が始まる1週間前くらいからプロゲステロンの分泌が多くなり、むくみや冷え、イライラが絶好調になります。 このふたつのホルモンと上手に付き合っていくことがとても大切なんですね。 「生理中は自分に優しく」が基本です! 生理中のエクササイズもその日の気分やコンディションで決めるのが、一番自然なのかもしれません。 悩める女子の皆さん、生理中にゴロゴロしていても、やがてハツラツとした時期(卵胞期)がやってくるので、その時に気持ちを入れ替え、エクササイズに励みましょう。

次の