再生 可能 エネルギー 電子 申請 システム。 太陽光発電の名義を変更したい!知っておくべき手続きの流れや必要書類

太陽光発電の名義を変更したい!知っておくべき手続きの流れや必要書類

再生 可能 エネルギー 電子 申請 システム

まずは、以下のガイダンスページをご覧ください。 ・ ここでは、次のとおり用語を定義します。 用語 定義 事業者 認定を受けようとしている、又は認定を受けた再生可能エネルギー発電事業者をいいます。 登録者 (電子申請の場合) 認定申請の手続を行っている、又は行った者をいいます。 代行事業者に手続を委任する場合は代行事業者が、事業者本人が手続を行う場合は事業者がこれに当たります。 申請者 (紙申請の場合) 代行事業者が提出する場合であっても事業者が申請者となります。 太陽光発電、風力発電(リプレース設備除く)、水力発電(リプレース設備除く)、地熱発電(リプレース設備除く)は、電子申請システムを利用した手続きが可能です。 審査の迅速化のため電子申請システムのご利用にご協力ください。 (入力内容に不備があると、認定までの期間が長くなりますので、ご留意ください。 申請にあたり、必ず事業計画策定ガイドラインをご確認ください。 (200401更新)• (200401更新)• (200401更新)• (200401更新)• (200401更新) ・(190603更新) ・(190603更新)• 「 」にユーザ情報を登録し、ログインIDを取得してください。 旧システムにて「登録者」としてログインID・パスワードを付与されている方は、当該ログインID・パスワードにて、本システムにログインできます。 電子システムで認定申請を行う方が登録してください。 事業者本人でも代行事業者でも可能です。 登録方法については、を参照してください。 申請手続で必要となるため、登録者のメールアドレスの登録は必須です。 「 」にログインし、操作マニュアルを確認のうえ申請情報を入力し、添付書類をPDF又はZIP形式でアップロードし、申請内容を登録してください。

次の

令和2年度神奈川県蓄電システム導入費補助金

再生 可能 エネルギー 電子 申請 システム

そもそも再生可能エネルギーの電子申請とは? 2017年4月に固定価格買取制度(FIT)が改正されました。 発電機材を導入した方にとって、大きな変更点は認定の仕組みです。 太陽光発電などの発電機材を購入し発電した電気を売却する場合、電力会社や国からの認定を受ける必要があります。 改正以前はこの申請手続きを購入者に代わり機材の販売業者が行っていました。 改正以降は購入者自身が申請手続きを行う必要があります。 再生可能エネルギーの電子申請とは、この申請手続きをインターネットで行うことです。 パソコンやスマートフォン、タブレット端末など一般的なインターネット接続端末があれば利用できます。 申請自体は郵送による書類送付でも可能です。 では郵送で送る書面の様式がダウンロードできます。 再生可能エネルギー電子申請のメリット 再生可能エネルギー電子申請は、書面のダウンロードや記入、郵送といった手間がないため手続きがスムーズです。 運転開始時・電力増加時、毎年一度の定期報告もインターネットで行えます。 定期報告も郵送で行えますが、インターネットが利用できる環境があれば電子申請をするのがおすすめです。 再生可能エネルギー電子申請のやり方を解説 再生可能エネルギー電子申請の方法を以下で詳しく解説します。 改正以降は発電設備の購入者が行うことになりましたが、現在も基本的な情報の登録は設備の販売業者が代行することが多いようです。 自分で申請を行う場合、メールアドレスを取得しておく必要があります。 日常的に利用しているメールアドレスがあればそちらでも問題ありません。 インターネット端末からにアクセスします。 初めて電子申請を行う場合、トップページ右上の「新規登録」をクリックしてください。 登録情報を入力する画面に移ります。 赤字で「必須」と記載されている項目は、必ず入力しなければならない情報です。 また、 登録者が「個人」か「法人」か「公共法人」かによって入力する情報が異なるため注意してください。 すべて入力し終えたら、ページ下部の「内容確認」をクリックします。 入力情報が改めて表示されるため間違いがないことを確認してください。 間違いは「修正」をクリックして入力し直します。 間違いがなければ「登録」をクリックし、登録申請を行います。 登録申請後は、入力したメールアドレスに環境省からのメールが自動送信されます。 メール本文に記載されたURLをクリックし、パスワードの設定画面を開いてください。 メールをパソコンに転送してURLをクリックし、手続きを続けることもできます。 メールにはログインの際に入力するユーザー名が記載されているため、控えておいてください。 なお、 販売業者が登録作業を代行した場合、購入者はメールを確認しパスワードを変更する作業から行います。 リンク先ではパスワードを設定します。 ページ内にパスワードの条件が記載されているため、条件に合った任意のパスワードを設定してください。 「新しいパスワード」「新しいパスワードの確認」に希望のパスワードを入力し、最後に「パスワードの変更」をクリックします。 その後、マイページに遷移すれば新規登録は完了です。 マイページにログインするためには、トップページ右上の「ログイン」をクリックしてください。 クリック後の画面では、ログインIDとパスワードが求められます。 メールで送られてきたユーザー名と登録時に決めたパスワードを入力してください。 入力後、「ログイン」をクリックします。 マイページに遷移します。 ここから設備の認定申請や申請の進捗確認が可能です。 作業終了後は右上の「ログアウト」をクリックし、トップページに戻ります。 この作業についても、多くの場合は販売業者が途中まで代行します。 個人が申請手続きを行う際には住民票の写し・住民票記載事項証明書・戸籍謄本・戸籍抄本のうち1点の書類提出が必要です。 法人の場合は法人登記簿謄本、印鑑証明書、不動産登記簿謄本が求められます。 電子申請ではこれら書類のファイルをアップロードして提出します。 申請を行う際は、マイページ左メニューの「設備認定申請入力」をクリックします。 「出力区分」と「設備利用者区分」を選択してください。 なお、 50kW以上の太陽光発電については紙媒体での書類提出が求められます。 必要情報を記入し、ページ下部の「内容確認」をクリックします。 「内容確認」をクリックし、間違いがなければ「保存して次に進む」をクリックします。 次の画面では書類の提出を行います。 必要書類をPDFでアップロードしてください。 複数のファイルがある場合は一つのフォルダにまとめ、ZIP形式に圧縮して添付します。 添付後、ページ下部の「申請」をクリックしてください。 多くの場合、ここまでの作業を販売業者が行います。 上記の作業まで完了すると、設備設置者のメールアドレスにメールが届きます。 メール本文に記載されている申請IDと承諾コードを控え、マイページトップの「認定申請一覧」をクリックしてください。 その後に表示されるページで申請を検索します。 控えていた申請IDを入力し、「検索」をクリックしてください。 該当の申請を見つけ「参照」をクリックします。 最後にメールに記載されていた承諾コードを入力すれば、申請終了です。 申請後、審査が完了し認定されるまでは3カ月程度要します。 認定されるとメールで通知が届き、マイページにて認定通知書がダウンロード可能になります。 電子申請は煩雑な再生可能エネルギーの登録申請手続きがスムーズに行える方法です。 太陽光発電を導入し、売電を考えている方はぜひ利用してください。

次の

再生可能エネルギーの電子申請とは?やり方解説マニュアル|太陽光チャンネル

再生 可能 エネルギー 電子 申請 システム

九州電力などによる再生可能エネルギーの接続保留を解消するために、経済産業省は2015年1月26日付で省令を施行して新しいルールを導入した。 地域によって電力の供給量が需要を上回る場合には、電力会社が新ルールに基づいて発電設備の出力を制御することができる。 出力制御の順番は火力発電が最初で、それでも余剰電力が生じる場合には揚水式の水力発電に供給する。 その後にバイオマス、最後に太陽光と風力の発電設備の出力を制御するルールになっている(図1)。 太陽光の場合には出力制御の上限日数や時間数が決められているものの、東京・中部・関西を除く全国7地域では上限を超えて出力を制御することができる(「指定電気事業者制度」による)。 図1 発電設備の出力制御ルール(2015年1月26日から適用)。 出典:資源エネルギー庁 再生可能エネルギーを活用する発電事業者にとっては厳しいルールで、売電収入が大きく減少しかねない。 しかも出力制御の対象を選ぶのは電力会社である。 最優先で制御することになっている火力発電に対しても、現状のルールでは「安定供給を前提に必要な限度まで」と抽象的な表現にとどまっているため、電力会社の裁量で出力制御の範囲を決めることが可能だ。 そのうえで再生可能エネルギーの出力を制御するわけだが、数多くある発電設備に対して公平な条件を割り当てるのは現実的に難しい。 新ルールを策定した資源エネルギー庁も「出力制御の実際の適用にあたっては、電力会社の運用実務上の限界により、結果的に発電事業者ごとの制御日数に差異が発生すること等も一定程度許容せざるを得ないのではないか」と予想している。 発電事業者から見た公平性を確保することは極めて困難な状況だ。 とはいえ売電収入に影響する問題であり、発電事業者は電力会社の運用方法を注視せざるをえない。 加えて出力制御のシステム構成が電力会社に依存することになり、その方法によっては発電事業者のコスト負担が大きく増えてしまう。 資源エネルギー庁が想定している出力制御システムの構成は2通りある(図2)。 1つは発電事業者が専用通信回線を設置して電力会社のサーバーと接続する方法だ。 出力制御を実施する時に人手を要することもあってコストが増大する。 もう1つはインターネットや公衆通信ネットワークを使って、電力会社と発電事業者のサーバー間で連携する方法である。 この場合は電力会社が出力制御カレンダーをサーバーに用意して運用する必要があり、電力会社のコストが増える。

次の