ケノン 脱毛 器 顔。 ケノンで顔脱毛!その効果は?レベル・やり方・口コミを徹底解説

ケノンで顔を脱毛したら毛穴が引き締まる?|HORONBLOG

ケノン 脱毛 器 顔

効果を早く実感したい方• 自動で照射レベルを変えたい方• 手の甲、肘などの細かい部分も脱毛したい方 シルクエキスパートはサロンと同じ「 IPL方式」を採用しており、1週間に1回のお手入れで、たった4週間後に効果を実感できます。 搭載されている フラッシュ自動調節システムは世界唯一の技術で 肌のトーンを自動で識別し、肌の色に合わせた光エネルギーを照射します。 前の型番は若干安くなったりしていますが、 PL-5137から肌の色に合わせて光を自動照射する機能や、本体が女性に握りやすいサイズ感になったりと大きなモデルチェンジがあるので最新型「 PL-5137」がおすすめの理由です。 価格 シルクエキスパート PL-5137 は、8,2280円に対し、ケノンは公式サイトでは69,800円で購入できます。 価格面からはケノンがお得ですが、「カートリッジ交換」が必要なので、ランニングコストがかかる場合もあります。 使用範囲 ほぼ同等の範囲ですね。 2つともVラインは対応していますが、IOラインはメーカが推奨していません。 ネットの口コミをみると ケノンはIOラインも照射できるけど、シルクエキスパートは肌のトーン識別で反応が無いみたいです。 VIOすべて脱毛したい方はケノンでもできますが 推奨していません 、IOは反応しないなどの安全な機能がついている脱毛機を求めている方はシルクエキスパートをおすすめします。 ケア間隔 シルクエキスパートは週に1回できるので、「効果がないからじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、理由があるんです。 毛の成長サイクルには個人差があり、体の部位によっても異なりますが、一般的には18~24ケ月といわれています。 通常、ワキ、ひざ下およびビキニラインは時間がかかります。 毛の成長期に最も効果が発揮されるため、より効果を得るためには繰り返しのケアが必要になります。 これらの理由から、使い初めの4~12週間は週に1度のお手入れをおすすめしています。 ブラウン公式サイトから 使い始めは週1回使用することが出来るのでシルクエキスパートは効果が早く実感できるそうです。 ケノンは週2・3週間に1回の感覚を推奨しています。 公式サイトの理由としては・・・ 使い始めは、2~3週間に1回程度の利用を目安として下さい。 その後は、発毛のサイクルに合わせてお使い下さい。 ケノンよくある質問集から とりあえず、発育のサイクルに合わせてくださいって感じですね。

次の

【自宅で簡単】顔におすすめの家庭用脱毛器ランキングと選び方!

ケノン 脱毛 器 顔

そこで今回はケノンの照射開始~効果が出始めるまでの平均回数と、完了までに何回の照射が必要だったかの平均回数をご紹介したいと思います。 ケノンの平均回数:効果が出始めるまで ケノンで脱毛した場合、 効果が出始めたと感じるまでの回数の平均は以下のようです。 部位 平均回数 顔(髭) 2~3回(5~7回) ワキ 1~4回 腕・脚 2~5回 VIO 5~8回 腕や脚などの部位ではだいたい1~2ヶ月くらいで毛が生えにくくなってきた実感をする人が多いです。 VIOや毛の濃い部分は、5~8回程度の照射してようやく効果が出るかもしれません。 顔は毛は濃くないことが多いですが、産毛に反応しないので顔も効果が出るまでは時間がかかるかもしれません。 効果が出るまでの回数に関する口コミ• 私は部分脱毛で脇だけでしたが、 だいたい4回目で効果が出たと思います。 「生えてくる本数が減ってきたな」と感じました (20代女性/主婦)• 全身の脱毛をケノンでやっていたけど、 部位によって全然効果の出るタイミングは違う印象。 回数は覚えていない (20代女性/学生)• お腹の脱毛をしていましたが、 3回目くらいで効果を感じたと思います。 割と早く脱毛効果が分かりました( 40代女性/OL)• VIOの脱毛だけやっていました。 5か6回目くらいにチラホラ抜けてきたかな (30代女性/OL)• 髭以外は 4~5回目くらいで効果が出始めてきたと思います。 でも髭は結構時間がかかりました (30代男性/会社員) 男性の髭はVIOと同じくらい時間がかかるかもしれません。 濃くて太くて痛みも強いので照射レベルを上げられずに効果が出るのが遅くなってしまうことも。 基本的に3~4回前後で効果を感じられる人が多いようです。 ケノンで脱毛が完了するまでの平均回数 完了のラインが難しいですが、 脱毛完了までの平均回数はだいたい20回以上になります。 部位 平均回数 顔(髭) 20~30回 ワキ 15~30回 腕・脚 20~40回 VIO 30~50回 ワキは効果が出やすく完了までも早いですが、VIOなど濃くて敏感な部位は他の部位より時間がかかるかもしれません。 また保湿ケアや照射の仕方でも効果の出方は変わってきます。 正しい方法でアフターケアもきちんとすることが大切です。 「回数が多くて長い期間かかるのか…」と思った人もいるかもしれませんが、ケノンは2週に1回のペースでできるので脱毛サロンよりも圧倒的に完了までの期間は早いですよ(もっと早いペースでやっている人もいますし)。 サロンで20回するなら2年以上かかりますが、ケノンなら1年かかりません。 完了するまでの回数に関する口コミ• 明確な完了は分からないけど、 20回くらいで毛も生えてこなくなったから定期的にはしなくなったと思う (30代女性/主婦)• 腕の脱毛は18回くらいで完了しました。 元もそこまで濃い方ではなかったけど毛穴もスッキリ引き締まりました (20代女性/OL)• 私は全身で 25~30回くらいしたと思います。 今でもたまに照射しています。 自己処理はほぼしなくて良くなっています (20代女性/美容関係)• 30回で終わりにした。 剃ってないけどそこまで生えてこないし、生えてきてもまた照射すれば生えてこなくなる (10代男性/学生)• 18回照射したところだけど、VIOはまだまだ完了しなさそう…。 他にも上で説明したように、• 脱毛部位• 肌の色• 照射の仕方• アフターケア などなど 様々な要因で脱毛の回数は変わってきます。 自分だけ効果が出るのが早かったり遅かったりすることで心配になることはありませんので、何度も言いますが 回数はあくまで目安として考えてください。

次の

ケノンで脱毛した時の平均回数は?

ケノン 脱毛 器 顔

顔脱毛向きのカートリッジ• スリムカートリッジ(4. 5㎠)• ストロングカートリッジ(4. ラージカートリッジ(7. 0㎠)• プレミアムカートリッジ(7. 0㎠)• スーパープレミアムカートロッジ(7. 0㎠) 顔は凸凹が多く髪の生え際や目元に注意しながら慎重に照射していかなくてはなりません。 ですので照射面積が小さい4. 5㎠~7. 0㎠のカートリッジがおすすめです。 5㎠のカートリッジが最も照射しやすいですが、 標準サイズの7. 0㎠のカートリッジでも問題はありません。 ストロングカートリッジ 髭脱毛や濃い毛の場合はストロングカートリッジが断トツでおすすめです。 出力が高いので早く効果を出したいなら、ストロングカートリッジで顔脱毛するのがおすすめです。 ただしストロングカートリッジは出力が高いため痛みを感じやすく、肌も荒れやすい傾向があります。 そのためストロングカートリッジを使うなら、始めはレベルを低く設定して徐々に高くしていきましょう。 顔脱毛でおすすめではないカートリッジ 反対に顔脱毛で避けたいのは、エクストララージカートリッジです。 25cm2の最も大きい照射面積のカートリッジなので、背中のような広い範囲の脱毛では大活躍しますが、狭く凸凹した顔などの脱毛はやりにくいと感じるかもしれません。 ケノン顔脱毛でおすすめの照射レベル 顔はレベル7~10くらい 顔の脱毛でおすすめはレベル7~10です。 個人的にはレベル9あたりがおすすめですが、ヒゲ脱毛の場合はレベル10の最高レベルがおすすめです。 ただ顔脱毛をするときは、まずはテスト照射と同じように最も低いレベル1から始めましょう。 顔は敏感なので肌トラブルが起こりやすく、体の照射より痛みも強く感じやすいので、肌の状態の様子を見るためにも、まずは低いレベルで試すのがおすすめです。 ただ あまりに低いレベルだと産毛に効果が現れるのに時間がかかるので、徐々にレベルは上げていった方がいいと思います。 ケノン顔脱毛では手動モードに 顔の脱毛の際は、自動モードから手動モードに切り替えましょう。 自動モードで肌に密着してしまったときに髪の毛があっても勝手に照射がされてしまいます。 ケノン顔脱毛のおすすめの頻度 おすすめ頻度は7~14日に1回 ケノンの顔脱毛でおすすめの頻度は7~14日(1週~2週)に1回です。 個人的には週1回くらいがおすすめです。 ケノンが出している照射頻度の目安は2週に1回なので、それを守った脱毛の方が肌には安心かと思います。 顔脱毛の方法・やり方手順 顔の脱毛と言っても特に変わった方法でケノンを使っていくわけではありません。 顔のシェービングは身体の脱毛と同じように前日に済ませておきます。 脱毛前に化粧を落とす 化粧は脱毛前に落としておきましょう。 化粧をしたままだとムダ毛が隠れてしまい照射しても効果が下がってしまいます。 ヘアバンド・ゴムで髪をとめる 顔の脱毛中に髪が顔にかかると、照射がしにくいだけでなく、 光に当たった髪が焦げてしまうかもしれません。 ケノンユーザーの中には「顔の脱毛中に髪の毛がいつの間にかこげてて焦りました…」という口コミも。 ヘアバンドやゴムでしっかりとめておけば髪の毛の生え際ギリギリまでしっかり脱毛できるので、脱毛が終わったときに綺麗に見えます。 脱毛を始める前に必ずサングラスをかける 顔への照射で必ずしなければならないのがサングラス(身体のときもですが顔は特に)。 照射の光が目に直接入らないようにするために必要です。 顔は目に光が当たりやすい上、光が当たってしまった場合、かなり近距離から光を浴びてしまいます。 目元はケノンの照射禁止部位になっているのでサングラスをしていても照射してはいけません。 オプションで付いてきた場合、眉毛脱毛器を使う方法もあります。 顔脱毛後は保湿ケア&冷却ケア 化粧水だけでなくクリーム状の乳液などを使う 身体の脱毛にも言えることですが、脱毛後は水分がなくなりカラッカラの状態です。 顔は特に化粧をしたり人の目に触れるところなので集中的にケアしていかなくてはなりません。 いつものように化粧水を付けるだけでなく、 クリーム状の乳液などで時間が経っても乾燥しないように保湿していきましょう。 軽い火傷状態には冷却が必須 ケノンで顔の脱毛後は火照ったような日焼けしたような感覚になるかもしれません。 火照りをとるために冷却は必須です。 脱毛前後に冷却剤でクーリングをしますが、それでも足りない場合は 濡れタオルや水でもしっかり冷却をしましょう。 また、 冷たい化粧水、冷却コスメも販売されています。 自宅の冷蔵庫で化粧水を冷やしておいて使ってもいいかもしれません。 クーリングジェルをつかって火照りを防止もできますよ。

次の