フェニル エチル レゾルシノール。 【楽天市場】フェニルエチルレゾルシノール(シムホワイト377)(0.1g):ナチュラス

美白の真実、4%しか知らない新事実!ハイドロキノンの2,100倍の美白効果を持つスーパー成分とは?|PRTIMES|時事メディカル

フェニル エチル レゾルシノール

粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されていることと化粧品への配合可否は無関係です。 粧工連はリストへの収載と国内・国外規制との関係については関知しないとしています。 医薬品の成分は配合禁止です(例外:旧化粧品種別許可基準に収載の成分、2001年4月より前に化粧品の配合成分として承認を受けているものおよび薬食審査発第0524001号「化粧品に配合可能な医薬品の成分について」に収載の成分は医薬品の成分であってもその前例範囲内で配合可能)。 生物由来原料基準に適合しない原料、化審法の第一種特定化学物質/第二種特定化学物質、化粧品基準別表1(ネガティブリスト)の成分は配合禁止です。 化粧品基準別表2(ネガティブリスト)の成分は制限を守って配合する。 防腐剤として使ってよいのは化粧品基準別表3(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。 紫外線吸収剤として使ってよいのは化粧品基準別表4(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。 タール色素として使ってよいのは「医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令」の成分だけです(例外:赤色219号及び黄色204号については毛髪及び爪のみ)。 本情報は化粧品技術者を対象に作成した専門的なものであり、一般の方が理解できるように配慮したものではないことに十分ご留意下さい。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 有 久光工房および参加企業は商品化、商業可能性、使用目的についての適切性に関する一切の保証責任を負いません。 また、過失を含むいかなる場合であっても 有 久光工房および参加企業はこれに起因するいかなる損害について一切の責任を負いません。

次の

スーパーホワイト377VC

フェニル エチル レゾルシノール

株式会社ドクターシーラボ 株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:石原智美)は、美白に関するアンケート調査を行い、知っている美白成分を尋ねたところ、約6割の方が「ビタミンC誘導体」と回答しました。 次いで近年よく耳にする「ハイドロキノン」「トラネキサム酸」が上位にランクイン。 しかし、そのハイドロキノンの2,100倍も美白効果があると言われている「WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)」を知る方は、たった4%。 まだ知られていない美白成分の真実をお伝えします。 美白ケアの認知度は、ビタミンC誘導体が No. 「美白ケアに良い」とされる成分について調査したところ、「ビタミンC誘導体」との回答が全体の6割以上を占め、一番認知度が高いことがわかりました。 続いて、ハイドロキノン、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸という結果に。 シミは一度できるとどんどん濃くなり目立つため、肌悩みの中でも常に上位に挙がります。 毎年多くの美白ケア商品が発売され、消費者の関心が高いことがわかります。 しかし、認知度とは別に一番効く美白成分を知りたいと思う女性も多いはず。 そこでシミの原因となるメラニンの生成を引き起こすチロシナーゼ活性阻害効果がハイドロキノンの2,100倍も有する成分「WHITE377(フェニルエチルレゾルシノール)」の美白作用や特長をご紹介します。 調査概要:Webアンケート/2019年3月11~14日/15歳~59歳 女性 ハイドロキノンの2,100倍!「WHITE377」(フェニルエチルレゾルシノール)とは?! 「WHITE377」(フェニルエチルレゾルシノール)の最大の特長は美白効果の高さと肌に対する安全性です。 ヨーロッパアカマツ(常緑針葉樹)に含まれるポリフェノール成分ピノシルビンをもとに開発された美白成分。 メラニンを生成させる酵素チロシナーゼの働きを抑える効果がハイドロキノンの2,100倍、アルブチンの7,000倍、コウジ酸・アスコルビン酸Naの2,400倍もの力を誇ります。 また、高い抗酸化力を有し、チロシナーゼを活性化させる活性酸素も強力に除去。 つまりシミを作らせないダブルの働き。 さらに、表皮モデルを用いた試験ではコウジ酸の10倍以上のメラニン減少効果も認められました。 脅威的な美白作用にもかかわらず、皮膚への刺激は少なく、安全性がとても高いスーパー成分です。 「WHITE377」の力を最大限発揮させる相乗効果とは? 「WHITE377」 (フェニルエチルレゾルシノール)自体の美白力の高さが実証されましたが、さらに、ある成分をプラスするとさらなる相乗効果が生まれることが新たに判明しました。 7倍の美白効果(チロシナーゼ活性阻害効果)が確認されました。

次の

ハイドロキノン以上?フェニルエチルレゾルシノールの美白効果

フェニル エチル レゾルシノール

4- n-Butylresorcinol• 4-Butyl-benzol-1,3-diol 識別情報 特性 C 10H 14O 2 166. ルシノール(Rucinol)は美白成分のひとつ。 4-n-ブチルレゾルシノール 4-n-butylresorcinol。 の4位にブチル基を結合させた誘導体。 が開発、日本で1998年に医薬部外品の美白有効成分として承認された。 同じく美白成分で一般にW377と呼ばれるフェニルエチルレゾルシノール Phenylethyl resorcinol)についても記す。 開発 [ ] では、チロシナーゼ阻害作用が見られたものの、皮膚刺激性があった。 1995年にレゾルシノールから合成されたルシノールでは細胞傷害なくの活性を阻害し、チロシンの酸化によるの合成を抑制することが発見された。 が開発し、日本で1998年に医薬部外品の美白有効成分として承認されたが、特性がよかったためにポーラの開発陣にとっては次の美白成分開発のハードルが上がってしまった。 有効性 [ ] にて、44名に紫外線B波(UVB)を照射し21日後、0. の28名に対する3か月間の RCT では、0. 黄色味と赤味を減少した。 RCTで、肝斑の20名の韓国人女性が参加し4週間後、8週間後で共に0. RCTで、肝斑の23名が参加し8週後、0. 実験条件はルシノールでは偽薬と比較されているが、やではハイドロキノンと比較されている(リンク先参照)。 11名の手のに対して、CO 2レーザー照射後にルシノールかを塗布したRCTでは、4週後に2つの成分に差はなかった。 RCTで、31名で溶解型のパッチを施し、メラニン色素を減少させるのに偽薬と比較して2倍以上有効であった。 副作用 [ ] 高濃度では皮膚への刺激性がある。 フェニルエチルレゾルシノール [ ] 別の化合物としてフェニルエチルレゾルシノール Phenylethyl resorcinol、一般にW377の名がある は、レゾルシノールから合成されるフェノール化合物で、同様にチロシナーゼ活性を阻害する特性がある。 2007年にアジア人で0. 水溶性が低く光に暴露された際の安定性が低いため、リン脂質、エタノール、水からなるエトソーム化や 、ナノ化によって改良が試行錯誤されている。 、肝斑 に使用した研究があるが、偽薬対照は設けられておらず、フェニルエチルレゾルシノールのほかにグリセロリン酸二ナトリウム、L-ロイシン、ウンデシレノイルフェニルアラニンを配合したクリームであり、日焼け止めも毎日使用されている。 フェニルエチルレゾルシノール単独の有効性ではない。 出典 [ ]• T JAPAN. 2019年6月18日閲覧。 2010-2. Annals of dermatology 22 1 : 21—25. Khemis, A. Kaiafa, C. Queille-Roussel, L. Duteil, J. Ortonne 2007-5. The British journal of dermatology 156 5 : 997—1004. Sun Young Huh, Jung-Won Shin, Jung-Im Na, Chang-Hun Huh et al. 2010-4. The Journal of dermatology 37 4 : 311—315. Francesca Romana Grippaudo, Pier Paolo Di Russo 2016-12. Journal of cosmetic dermatology 15 4 : 413—419. Suyong Kim, Huisuk Yang, Miroo Kim, Ji Hwoon Baek et al. 2016-3. Journal of cosmetic dermatology 15 1 : 16—23. BioMed research international 2017: 8310979. Vielhaber, G. ; Schmaus, G. ; Jacobs, K. ; et al. 2007. International Journal of Cosmetic Science 29 1 : 65—66. Michi Gohara, Akiko Yagami, Kayoko Suzuki et al. 2013-11. Contact dermatitis 69 5 : 319—320. Maria-Antonia Pastor-Nieto, Paloma Sanchez-Pedreno et al. 2016-10. Contact dermatitis 75 4 : 250—253. Bo-Sik Kim, Young-Guk Na, Jae-Hwan Choi et al. 2017-8. Nanomaterials Basel, Switzerland 7 9. Frank Dreher, Zoe D. Draelos, Michael H. Gold et al. 2013-3. Journal of cosmetic dermatology 12 1 : 12—17. Michael H. Gold, Julie Biron 2011-9. Journal of cosmetic dermatology 10 3 : 189—196.

次の