うた コン 観覧 募集。 童謡こどもの歌コンクール

うたコン 観覧当たった!!

うた コン 観覧 募集

スポンサーリンク NHKうたコン 1階の座席で観覧? はっきりいうと、 1階の座席や良い座席を獲得できるような方法、もしくは裏技のようなものはありません。 しかし、 1階の座席を獲得できる確率が高くなる方法はあります。 (出来ればNHKホールへの 入場が始まる1時間前くらいまで) NHK側は「早めに並んでも、必ずしも1階席になるとは限らない」とアナウンスしています。 これは、もし早く来たものが良い席を取れるということになると、かなり早く(例えば番組の前日から)並ぶ人が出てきてしまうかもしれません。 そういったことを抑制するために、また早く来られない人にも不公平がないように、あるいは 「平等に券を配布している」と言うためにも、このようにアナウンスしているのかもしれません。 とはいっても やはり 「早めに並べば1階席になるのでは・・・」 と思い、私は15時ごろ並んだことがあります(その時はまだ私より前に数人しか並んでいませんでした)。 しかし結局、この時の座席は 2階席でした。 だから、「早めに並んでも、遅く並んでも確率は同じでは?」と思うかも知れませんが、やはり早めに来たほうが1階席を獲得できる確率は高くなると思われます。 というは、NHK側とすれば、番組当日どのくらいの観客の方が来られるのか分かりません。 また1枚の当選ハガキで2名まで入場できますが、当選ハガキ1枚持っている方が1名で入場するのか、あるいは知り合いを誘って2名で入場するのか、NHK側には分かりません。 列の並び具合で、ある程度、当日の観客の数は把握できるでしょうが、やはり、はっきりと当日の観客の人数というのは、19時半過ぎの受付終了後に集計するまで分かりません。 受付開始から1階席、2階席、3階席と同じ枚数ずつ順々に配っていたら、もし観客の人数が極端に少ない日だった場合、1階席、2階席、3階席それぞれに、同じ程度の空席が出来てしまいます。 テレビに映ることの多い1階席に空席があれば、テレビを見ている人も、この番組は人気ないのだろうか、と勘違いしてしまいますし、また視聴していて気持ちの盛り上がりを欠いてしまいます。 その上、NHKホールの会場でも別の階の観覧席の方から、「何で1階に空席があるんだ!」や、「1階席に空席があるのだったら、そこに座らせてほしい!」などとクレームの原因にもなってしまいます。 そういったことから、NHKホールへの入場開始から1階席、2階席、3階席の券を混ぜて配りながらも、1階席の座席の券というのは、大部分を早めに配ってしまうだろうと思われます。 そして、次に2階の座席の大部分を配ってしまい、空席が出るのは、3階席になるように調整しているものと思われます。 私も受付終了となる19時半近くにNHKホールに到着したことが何度かありますが、座席は3階席で、しかも3階席後方列の席でした。 そのため1階席の座席券を獲得するには、あまりに早く並ぶ必要はないと思いますが、少なくとも入場受付開始(18時45分)が始まる1時間少し前くらいまで、 だいたい 17時30分ごろまでには、NHKホールに到着して、列に並んでおいた方がいいと思います。 もちろんこれは確率の問題なので、この17時30分より前に並んだところで、1階席になるとは限りませんし、この時間を過ぎて並んでも1階席になることもあると思います。 『うたコン』は生放送が基本なので、放送事故やハプニングがあるとそのままテレビに流れてしまい、取り返しがつきません。 またそのようなことで放送が途中でストップする事態になれば、大問題となるだろう思われます。 そのため、1階の座席、特に前列でテレビに映りそうなところの座席は、歌番組に似つかわしくないような奇抜な服装をしていたり、何かトラブルを起こしそうな雰囲気の方は、やはりそのような座席から、はずすようにしていると思います。 座席指定券を渡す受付の職員の方は、人数だけを確認して、不公平がないように、基本的に顔を見ずに座席指定券を次々に渡しているように見えます。 とはいっても、1階の座席、特に前列はテレビに映ることも、歌手の方が観客席の通路で歌うこともあるので、やはりそういったテレビに映るような座席の券を配る時は、少なくとも人を見て配っているものと思われます。 その時に奇抜な服装をしていたり、何かトラブルを起こしそうな雰囲気の人だったら、1階席の券を渡される順番だったとして、3階席の券に変えて渡されるかもしれません。 もちろんこのことに関しては、観覧されるほとんどの方は 特に問題なく、気にする必要の無いことだと思いますが・・・。

次の

うたコン 観覧当たった!!

うた コン 観覧 募集

スポンサーリンク NHKうたコン 1階の座席で観覧? はっきりいうと、 1階の座席や良い座席を獲得できるような方法、もしくは裏技のようなものはありません。 しかし、 1階の座席を獲得できる確率が高くなる方法はあります。 (出来ればNHKホールへの 入場が始まる1時間前くらいまで) NHK側は「早めに並んでも、必ずしも1階席になるとは限らない」とアナウンスしています。 これは、もし早く来たものが良い席を取れるということになると、かなり早く(例えば番組の前日から)並ぶ人が出てきてしまうかもしれません。 そういったことを抑制するために、また早く来られない人にも不公平がないように、あるいは 「平等に券を配布している」と言うためにも、このようにアナウンスしているのかもしれません。 とはいっても やはり 「早めに並べば1階席になるのでは・・・」 と思い、私は15時ごろ並んだことがあります(その時はまだ私より前に数人しか並んでいませんでした)。 しかし結局、この時の座席は 2階席でした。 だから、「早めに並んでも、遅く並んでも確率は同じでは?」と思うかも知れませんが、やはり早めに来たほうが1階席を獲得できる確率は高くなると思われます。 というは、NHK側とすれば、番組当日どのくらいの観客の方が来られるのか分かりません。 また1枚の当選ハガキで2名まで入場できますが、当選ハガキ1枚持っている方が1名で入場するのか、あるいは知り合いを誘って2名で入場するのか、NHK側には分かりません。 列の並び具合で、ある程度、当日の観客の数は把握できるでしょうが、やはり、はっきりと当日の観客の人数というのは、19時半過ぎの受付終了後に集計するまで分かりません。 受付開始から1階席、2階席、3階席と同じ枚数ずつ順々に配っていたら、もし観客の人数が極端に少ない日だった場合、1階席、2階席、3階席それぞれに、同じ程度の空席が出来てしまいます。 テレビに映ることの多い1階席に空席があれば、テレビを見ている人も、この番組は人気ないのだろうか、と勘違いしてしまいますし、また視聴していて気持ちの盛り上がりを欠いてしまいます。 その上、NHKホールの会場でも別の階の観覧席の方から、「何で1階に空席があるんだ!」や、「1階席に空席があるのだったら、そこに座らせてほしい!」などとクレームの原因にもなってしまいます。 そういったことから、NHKホールへの入場開始から1階席、2階席、3階席の券を混ぜて配りながらも、1階席の座席の券というのは、大部分を早めに配ってしまうだろうと思われます。 そして、次に2階の座席の大部分を配ってしまい、空席が出るのは、3階席になるように調整しているものと思われます。 私も受付終了となる19時半近くにNHKホールに到着したことが何度かありますが、座席は3階席で、しかも3階席後方列の席でした。 そのため1階席の座席券を獲得するには、あまりに早く並ぶ必要はないと思いますが、少なくとも入場受付開始(18時45分)が始まる1時間少し前くらいまで、 だいたい 17時30分ごろまでには、NHKホールに到着して、列に並んでおいた方がいいと思います。 もちろんこれは確率の問題なので、この17時30分より前に並んだところで、1階席になるとは限りませんし、この時間を過ぎて並んでも1階席になることもあると思います。 『うたコン』は生放送が基本なので、放送事故やハプニングがあるとそのままテレビに流れてしまい、取り返しがつきません。 またそのようなことで放送が途中でストップする事態になれば、大問題となるだろう思われます。 そのため、1階の座席、特に前列でテレビに映りそうなところの座席は、歌番組に似つかわしくないような奇抜な服装をしていたり、何かトラブルを起こしそうな雰囲気の方は、やはりそのような座席から、はずすようにしていると思います。 座席指定券を渡す受付の職員の方は、人数だけを確認して、不公平がないように、基本的に顔を見ずに座席指定券を次々に渡しているように見えます。 とはいっても、1階の座席、特に前列はテレビに映ることも、歌手の方が観客席の通路で歌うこともあるので、やはりそういったテレビに映るような座席の券を配る時は、少なくとも人を見て配っているものと思われます。 その時に奇抜な服装をしていたり、何かトラブルを起こしそうな雰囲気の人だったら、1階席の券を渡される順番だったとして、3階席の券に変えて渡されるかもしれません。 もちろんこのことに関しては、観覧されるほとんどの方は 特に問題なく、気にする必要の無いことだと思いますが・・・。

次の

NHKうたコン 観覧募集申し込み、抽選で当たる(当選)確率はどのくらい?

うた コン 観覧 募集

観覧希望のハガキを出してみた その「BS日本のうた」は 全国各地で公開収録を行っていて、 観覧を希望する場合はハガキで応募することになります。 NHKの公開番組は、 「うたコン」の前身である「歌謡コンサート」時代に何度か観に行ったことがあります。 6月28日に神奈川県の相模原市で行われる公開収録。 なんとぜいたくなメンバーか。 島津亜矢はもちろん、この番組では毎度毎度素晴らしい歌唱を聴かせてくれる大江裕も注目ですが、 なんといってもおそらく新ユニット「みちのく娘!」としても なにかやってくれるであろう 工藤あやの&羽山みずき&津吹みゆ の3人がみたくて、NHK横浜へハガキを出してみたのです。 6月12日、返信ハガキが到着!するとやっぱり・・・ 5月28日が締め切りで、返信のハガキ (往復ハガキで応募します。 返信ハガキのほうに抽選結果が書いてある。 当選ならそれが入場券になる) が到着。 いちおう2枚出したんですけどね、 結果は2枚とも落選でした。 まあ、だからどうした、という話なんですけど、 ちょっと驚いたのは応募総数が22,180通、という部分。 調べてみると、会場である相模女子大学グリーンホールは 最大で1790席という規模らしい。 当選1通につき2人入場可、ということなので、 すると当選ハガキは単純に計算すると895通ということに。 いや、「歌謡コンサート」はけっこうポンポン当たっていた印象だったので、 実はけっこうナメてたんですよね。 これほど応募が多いとは思ってなかったです。 まあ、番組のクオリティやキャストの豪華さをみればそれも当たり前というもので、 私の考えが甘すぎました。 なかなか近くで開催されることはないので、 つぎに応募するときは気合をいれていっぱいハガキを出してみよう。 どうでもいい話でした。 この「新・BS日本のうた」は7月29日に放送される予定なので、 そのときはレビュー記事を書くつもりです。 「新・BS日本のうた」はNHKの各地の放送局が主催しているので、開催予定や応募方法などは実施する放送局のHPなどで確認することになります。 おおよそ2か月前に各地放送局のHPで案内されるとのこと。 インターネット環境がないと予定を確認できないのかな。 それもどうかと思うので、この辺はNHKはなんとかしたらどうか。 放送のエンディングとかで「~~市で開催の公開録音の観覧を募集中!」とテロップで出すとか。 インターネット環境がない、もしくは使いこなせない人もまだまだいるのだから、 公共放送たるNHKはそのへんをきちんとやってほしいものです。 なんでもかんでも「詳しくはWEBで!」「詳しくは検索!」なんてのは民放でだけ許されることでしょ。

次の