保 江 邦夫 ブログ - 「保江邦夫 ほら」 ブログ検索 皆声

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫」 ブログ検索

ブログ 保 江 邦夫 プロフィール

プロフィール

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫」 ブログ検索

ブログ 保 江 邦夫 僕のハイアーセルフに会いました

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫 ほら」

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫」 ブログ検索

「保江邦夫 並木良和」 ブログ検索 皆声

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫 ほら」

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫 並木良和」

ブログ 保 江 邦夫 僕のハイアーセルフに会いました

ブログ 保 江 邦夫 「保江邦夫 並木良和」

「保江邦夫 ほら」 ブログ検索 皆声

脱線したわぁー さておき この日の自分ブログでわたしは って書いてたんだけども 書きながらも失礼な事を言っちゃってるなぁと思ってたのね でも本当にそう思ったから書いたのだけども。

  • 六芒星の記号はシリウスを表し龍の起源もシリウス星と関係がある。

  • 私達を奇想天外な事実に案内して下さる、 理論物理学の 保 江 邦夫博士 ですが、今回は沖縄の昔の話です。

  • Hara Yukoさんの素晴らしいサイキック・アートの詳細については、彼女のホームページ『ヒーリング&アニマルコミュニケーション トリプルラブ』をご覧ください。

「保江邦夫」 ブログ検索 皆声

保江邦夫&サナート・クマラー. 2017年3月にノートルダム清心女子大学を定年退官。

  • 1990年頃より親交を持ったスペイン人隠遁者マリア・ヨパルト・エスタニスラウ神父よりキリスト伝来の活人術を授かり、これを冠光寺眞法と名づける。

  • Spiberは微生物を使ってタンパク質をつくる工場を新設する。

  • 陰陽師の蘆屋道満は六芒星を目印として使用していた。

僕のハイアーセルフに会いました

聖母マリアへの帰依により生還した後は、お礼参りに聖地ルルドへと旅する。

  • UFOや地球外知的生命体、ミリタリーのオタクを自称。

  • と、 全身の細胞は「ブドウ糖」を血液から吸い上げる事が出来ず、 血糖値が下がらない、と。

  • 彼は、大変有名なサイキックらしく、彼の本を読んで、これまた大変感銘を受けた。

プロフィール

それが、つい最近、5月3日になってやっとわかったのです。

  • のまとめ記事、 合気の科学 まとめ。

  • 矢作先生の本に大変感銘を受けて、何冊か読んだ。

  • カイコシルクは、再生医療用素材としても、医療分野に貢献する可能性! よろしくお願いいたします。

「保江邦夫 ほら」 ブログ検索 皆声

保 江 邦夫先生という物理学者さんの本 『願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方』の中に 「微生物が育む神の国」 って章. 素領域の集まりとしての空間は、それ自体で「神」として、我々人間や自然界に対峙しているのかもしれない。

  • 小学2年生のときに生まれて初めてUFOを目撃し、宇宙の星々や生命体に興味を抱くようになる。

  • 今というエネルギーをみても、まさにの私たち 一人一人は神だといえるのかもしれませんね。

  • その流れで知ったのが、矢作先生の友人という、 並木 良和さんだ。

僕のハイアーセルフに会いました

縄文人は山口県の田布施を中心に九州全体に散らばっていたのですが、それを熊襲 クマソ と歴史教科書には名前が残っています. 無事悲願を果たした後は、日本民族の覚醒のために活動を続けている。

  • 江 邦夫さんの本をよく読んでいて、その流れで、 保 江先生と親交の深い矢作直樹さんの名前を知った。

  • なお 機器への一年間の無償保証はもちろんのこと その後の機器修理に関しましては従来の元祖旧式機器と同様に 引き続き対応させていただきます。

  • 他にも色々なことが起こっています。

僕のハイアーセルフに会いました

懐かしいですよ. 『予定調和から連鎖調和へ』 アセンション後、世界はどう変わったか 保 江 邦夫 風雲舎. に混ぜる必要はありません。

  • URLは です。

  • それを聞いた僕には思い当たる節が大いにあり、なるほどと納得したものです。

  • その頃の僕は複数の霊能力者の方々から、アンドロメダ星雲で生まれた魂が銀河系のシリウス星系にやってきて宇宙艦隊のアシュタール司令官として活躍してきたと聞かされてきました。

プロフィール

ちなみに、僕のハイアーセルフのサイキック・アートを描いて下さったときにHara Yukoさんに降りてきたモチーフの中には、以下のような僕の知らなかったことも含まれていたようです。

  • また 当方はご使用に関する一切の責任を負いませんので 上記の旨をご理解、ご確認いただいた上でお問い合わせくださいますよう 何卒、宜しくお願い申し上げます。

  • 拙著で既に何度も紹介した話ばかりで恐縮ですが、太陽系の金星を経由して地球にやってきたサナート・クマラー(魔王尊)に鞍馬山の山中で命を救われ、その後に鞍馬寺の阿闍梨となった畑田天眞如さんには大変にかわいがっていただいております。

  • その中の一つに、重層とクエン酸を入れて飲むことを一年以上やっております。




2021 cdn.snowboardermag.com