ミュートス アキュラ - MUTHOS

アキュラ ミュートス ライトショアプラッキング ロッド選考

アキュラ ミュートス MUTHOS

アキュラ ミュートス ゼナック ロッド

アキュラ ミュートス ショア青物系人気ロッド、ゼナック「MUTHOS」のプロトモデルはどんなロッドなのか。

【ヤンゾーの美漁師ブログ。】 ミュートスアキュラ100H

アキュラ ミュートス ZENAQ(ゼナック) ロッド

アキュラ ミュートス ZENAQミュートス・アキュラ100HはショアGTに使えるか

アキュラ ミュートス MUTHOS

【受注生産】ゼナック ミュートスアキュラ

アキュラ ミュートス ショア青物系人気ロッド、ゼナック「MUTHOS」のプロトモデルはどんなロッドなのか。

ゼナック ロッド MUTHOS Accura 100HH (Kガイド) 【大型商品2】 ヨコオネットPayPayモール店

アキュラ ミュートス 【FishingDiary 〜釣楽道

アキュラ ミュートス ゼナックミュートスアキュラ100Hインプレ│近畿・能登の釣り

ZENAQ(ゼナック) ロッド MUTHOS Accura(ミュートスアキュラ) 100HH(RGガイドモデル) 【大型商品2】 ヨコオネットPayPayモール店

【ヤンゾーの美漁師ブログ。】 ミュートスアキュラ100H

そのため一見青物ロッドとしてはソフトに感じるロッドであるが、非常に楽な筋肉の動きで3ozクラスのジグを長時間楽に操作し続けることができるという大きなアドバンテージを実現。

  • 高次元に進化したこのロッドがこれからのショア青物のスタイルを牽引する。

  • なぜか? スポンサーリンク それは単に安いからというだけのことではなく(もちろんそれもあるけど…)ミュートスのKガイドシステムはノーマルタイプのものや他社ロッドよりもガイドが多く取り付けられているため、RGの良さも若干兼ね備えられているのだ。

  • 握力の消耗も防ぐ。

【受注生産】ゼナック ミュートスアキュラ

高次元に進化したこのロッドがこれからのショア青物のスタイルを牽引する RG Guide Model 商品一覧• 納期改善を目的として、MUTHOSの一部のモデルを一旦受注ストップし、受注方法を 「セグメントオーダー(数量限定受注)」に移行いたします。

  • また、 軽いルアー 30g程度 も投げることができ、バットはしっかりとしているので200gのジグもキャスト出来ます。

  • かかってほしいですねーなんでもいいから笑 いつ曲がるときがくるのか…笑 Android携帯からの投稿. なのでこちらが求めるスペックは 1、60gのジグを投げられる。

  • ガイドセッティングとグリップレングスもベイトロッド専用にセッティングしている。

MUTHOS

まあ、来年のシイラに間に合えばいいと考えれば、猶予は十分ありますがw お値段はRGガイドにするとほぼ6万円です。

  • フィールドテストでも50gのプラグから250gのジグまで全く不安なくキャストでき、フルドラグ10kg〜12kgでも不安感なくロッド操作が可能だった。

  • ミュートスアキュラ100Hを購入し、早速嫁の実家のある能登で実釣しました! 使用リール:16キャタリナ4500H PE4号 30gから200gの表記で今回は40g、60g、80g、95gのジグを使用しましたが、PE4号で40gはロッドとラインが勝ちすぎて飛距離はいまいちな感じでした。

  • ・スローピッチ系のジグなども扱いやすくなり、ショアジギングの新たな攻め方がより正確にできる。

ゼナックのミュートス アキュラはRGガイドとKガイドどっちがおすすめ?

それで、2月の横浜ジャパンフィッシングショーで開発者ご本人の熱意のこもったお話を伺えて、早速注文してみたロッドがあります。

  • シーバスをやってた頃、コロコロとロッドを変えていたのがようやく経験になった 笑 軽い力でキャストでき、ジグをしゃくるのも楽だし本当にいいロッドだと思う。

  • ヘビーな磯ヒラロッド・・・というのが第一印象です。

  • いずれもプロトモデルとなり、発売時期やスペックなどの詳細は未定ですが…ファンとしてはかなり楽しみです!. また、このロッドアクションのおかげで使えるルアーレンジも広く、比較的軽量ルアーにおいてもしっかりベリーに乗せて飛ばすことができる。

ゼナック ロッド インプレ 紹介

ただ僕はKガイドを購入して後々 「あの時、RGガイドにしてたらよかったな!」 と後悔したくなかったので 笑 RGガイドだとゼナックのロッドと一発でわかりますし、他にないデザインなのでカッコいいです。

  • 使ったわけじゃないので、使用感は依然として不明です。

  • 高弾性カーボンを採用し極力ブレを排除し、足場の悪い場所からでも狙った獲物を確実に捕獲できる筋肉質のシャフトに焼き上げた。

  • 今回はプラグは未使用ですが、ジグは60g〜80gがベストな感じでした。

ゼナックミュートスアキュラ100Hインプレ│近畿・能登の釣り

それにしても、いいロッドです。

  • これは僕の体格(160cm・55kg)や筋力によるのかもしれないが。

  • またジグをしゃくり疲れた時、リールシートに指を挟むのではなく、このヘキサゴングリップを握ってしゃくると疲れにくいです。

  • ですが、こちらも普通には買えず、入手は困難なのが問題です。

ショア青物系人気ロッド、ゼナック「MUTHOS」のプロトモデルはどんなロッドなのか。

僕の体重・筋力ではスクワットのようにして膝を曲げて体を沈める時にリーリングして、バットパワーで耐えているとロッドの反発力で浮いてきます。

  • まだまだ開発中とのことですが、シーバスロッドのようなフィーリングで魚が掛かればしっかり青物ロッドとして機能するというSonioの特長はそのまま継承されるようです! MUTHOS Accura 100HHH 30gほどのプラグから200gをフルキャストできる「Accura」の最もヘビーデューティモデルとして開発が進む100HHH。

  • また単純に硬いだけのブランク設計ではなく、必要に応じ曲がり反発するブランクは、少ないロッドワークでルアーを動かせる。

  • 2Kg@奄美諸島(2017年1月)釣行記は、 ロウニンアジ20Kgオーバー@悪石島(2016年10月)釣行記は、 セイルフィッシュ30Kg@マレーシア・ロンピン(2016年9月)釣行記は、 ロウニンアジ35Kg@諏訪之瀬島(2016年5月)釣行記は、 ロウニンアジ17Kg@請島(2015年12月)釣行記は、 ロウニンアジ6Kg@屋久島(2015年8月)釣行記は、. 詳細写真 写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

ZENAQミュートス・アキュラ100HはショアGTに使えるか

エアーインテーク 空気を充分に取り込みスムースにシャフトが伸びるようエンドキャップに組み込まれたエアーインテーク。

  • ティップが硬いのでジグを大きく跳ねさせることが出来ます。

  • 堤防だったら20キロぐらいまでなら、たぶんなんとかなるんじゃないだろうか。

  • まあアキュラのインプレについてはまた追々と。




2021 cdn.snowboardermag.com