コスタリカ コーディネーター 加瀬。 魅惑のコスタリカ大自然探訪

Welcome to Costa Rica コスタリカ情報サイト

コスタリカ コーディネーター 加瀬

どうも、加瀬です。 1カ月弱、ブログを放置していました。 友人の家業を手伝い、イッテQのロケに呼ばれなどの日々を過ごしており、準備その他で少し忙しかったのです。 6月中旬のロケは中岡さんのQtube、今年2月にイモトさんとコロンビアで行われたロケ以来だから、かれこれ4か月ぶりのロケ。 ここ数年で4か月もロケが無かったのは珍しい。 そして中岡ですが、最後にお会いしたのは、2019年のイモトさんの結婚発表、生放送のスタジオ以来だから約8カ月ぶり。 少し痩せた感じがした。 作成には1日半、構想1日半、合計3日間を要しました。 職人の友人と2人作ったのですが、いや、メインで作ったのは職人の友人でして、私は材料を買いに行ったり、とがっている部分を怪我しないようにヤスリで削ったりなど、サブ的な動きでした。 作成を手伝ってくれた友人には感謝です。 腹筋でスイカを割る動画については、実は中岡さんも私も、やるまえは楽勝で幾つも割れるねと話していたのですが、実際にやってみたら全然われない、そして本当に痛い。 もう一回と言われたら躊躇してしまう痛みでして、メキシコで中岡さんとタッグを組んで行ったプロレスに匹敵するくらいの痛さだった。 撮影の合間で、中岡さんとはガチで髪の毛が薄くなってきたことについて話し合った。 私も齢47歳となり、少しずつだが額の広がりを感じる今日この頃。 なんとかならないかな~。 撮影中に腹筋崩壊をした場面は幾つもあったのですが、あれはロケに参加をした人の特権なのかなと。 ロケが終わり最後の食事時、 「やっぱりロケって楽しいよね~。 」 という話で終わりました。 ちゃんちゃん。 おしまい。 kasekazuki 日本に到着して2カ月が過ぎた。 成田到着後に厳しい検査があるかと予想していたのだが、自己申告のみという緩さに対して私は驚き、そして不安になる。 私は 3月12日から15日の間、アメリカはたニューヨークの周辺に滞在していた。 セントラルパークに仮設死体置き場を設置していた時期だったが、あの時点ではその後の惨事を想像している人は本当に少数であり、皆が甘く考えていた。 その後ニューヨークは激変した。 3月16日にジムや映画館など50人以上の集会が不可となり、飲食業はテイクアウトのみ。 そして3月21日には薬局やスーパーマーケットなどを除いて閉鎖、感染者数が1万人を一気に超えたわけです失業者が300万人が増加とニュースで流れる。 更に4月に入ると、感染者も死者数もドンドン増えていった。 そして私が帰国した3月下旬の日本は、悪化する少し前のニューヨークと非常に様子が似ていた。 友人知人に伝えても、どうも対岸の火事というか緊張感も無く、お見合いパーティーに行くやつ、結婚式に参加するやつ、転勤する人のお別れ飲み会など、なんとも呑気な状況であり、多分に日本もニューヨークのようになるのだろうかと思い不安で不安で仕方なかったが、日本はニューヨークのようにはならなかった。 どうして死者が少なかったのかは、今後の研究で明らかになっていくのでしょう。 さて日本に到着後だが、東京の感染が酷いという情報が飛び交っていたので、成田空港より国内線で大阪の伊丹空港へ移動、空港から近くのウィークリーマンションを借りた。 出かけるのは食料買い出しの為など 必要最小限とした生活を4月20日まで続け、熱も咳も味覚の変化も無い健康体を維持した後、やっと人と会うようになった、勿論、距離を置いてであり、人数も2-3人だけであり、それ以外は自粛をしている。 つまり今も必要最低限の外出しかしていない。 日本に到着してから最初の数週間は辛くなかった。 コスタリカでは日本食の確保が難しく、私にとって日本のスーパーマーケットは宝の島というか、へンゼルとグレーテルのお菓子の家というか、天国って感じだ。 しかし、そのような生活も1か月もすると飽きてくる。 あれが食べたい、これが食べたいと頭に思い浮かばないので、コスタリカのスタッフとリモート会議を開き、 加瀬:「何が食べたい?、日本から持ち込みが可能不可能は除いて考えてみて。 」 などと、如何にもお土産で持っていくような言い方で話しかけた。 すると色々でてくるでてくる。 私は「ふむふむ、それは美味しそうだ。 」 と、皆が見えないのを良い事にメモをした。 そのおかげで食の楽しみが増えた。 そんな生活が続いたおかげで、 体重は5KG程度は増えたかな?最近、ズボンやベルトが縮んでしまったみたいだ、てへへ。 そういうわけでダイエットをするかと思う今日この頃。 おしまい。 kasekazuki オニギリ山とチケット探しをする。 とりあえずコスタリカを出国しよう、アメリカを目指そう。 アメリカにさえたどり着けば、その後は何とかなるだろう。 殆どのフライトはキャンセルだったが、1社だけコスタリカ発の便を飛ばしていた会社があった。 それが、Spirit Airline。 ちなみに3月22日のコスタリカ出国便の状況は、 0:00amから7:45amはこんな感じ。 7:45am以後の便も殆どキャンセル。 速攻でSPIRIT航空のチケットを購入、そして数時間後に確認をしたらSold out 売り切れ だった。 コスタリカ出国の便が大量キャンセルになった事、そして 21日にコスタリカ政府がResidencia 外国人がコスタリカに住める許可 を持った外国人が24日以後にコスタリカを出国した場合、 Residencia を取り上げると発表。 こ れは海外に行った人間がコスタリカに再入国した時に、コロナウィルスを持ってくる可能性があり、それを防ぐ為の処置。 21日の日中、空港は凄い行列。 空港が閉鎖される前に出国しようとする人が集中したのだ。 考える事は皆同じだな。 便は夜中なので、ギリギリまでフライトが本当に飛ぶか確認。 問題ないようなので空港へ移動、コスタリカの空港へ到着すると昼間は空港へ入る前も大行列だったが、夜は混んでいない。 泣いている外国人旅行者と思われる女子が結構な数でいた。 Spirit航空のスタッフに、どうして御社だけ飛ばせたかと言うと、フライトに対するコストが他の会社よりも安い為、飛ばしても赤字にならないらしい。 しかし私たちが乗るフライトがラスト2であり、明日からはSpirit航空も欠航となる。 私もギリギリのタ出国だった。 コスタリカの空港がフライトのキャンセルにてガラガラだったからか、予定よりも随分早くテイクオフ。 よってアメリカのフォートローダーデールハリウッド空港には、予定時間よりかなり早く到着。 予定ではニューヨークへ飛び1泊して、翌日の便で成田へ行く予定であったが、早く到着したことにより、デンバー経由の成田行きに間に合うかもしれない。 可能であればニューヨークは避けたい。 ユナイテッド航空のカウンターへ行き交渉、こんなご時世からかスムーズにコチラの要望は受け入れられたのだが、担当してくれたおじいさんが不慣れな為なのか、手続きが遅いったりゃありゃしない。 新しいエアーチケットを受け取ると、かなりギリギリの時間。 スーツケースを引っ張りながらターミナルを移動。 冬なのに汗だくとなる。 という感じで、やっとのこと日本へ帰国出来ましたとさ。 おしまい。 kasekazuki 実は3月23日から日本に滞在してたりする。 元々3月末まで有効なコスタリカから日本行きのエアーチケットを所持しており、3月20日にコスタリカ出発で手配していた。 私の本業は旅行業と、スペイン語圏内をメインとする海外ロケのコーディネート。 しかし3月は団体旅行は全てキャンセル、個人旅行は三月中旬以降は殆どキャンセル、某イッテQのロケもキャンセル。 やることは生産性がゼロの空しいキャンセル作業のみ。 そして コスタリカ政府は、空港を含む国境を近々閉鎖するというニュースも流れていた。 多分にしばらくコスタリカでは仕事が無いと予測し、コスタリカに居ても暇を持て余すだけになる、予定通りに20日の便で日本へ向かった方が良いだろうと考えた。 そんな出発日の前日にあたる19日に午後4時頃、コスタリカを旅行中のお客様から、Eメールが届く。 3月の後半は殆どのツアーがキャンセルとなったのだが、1組だけ、名古屋から新婚旅行のお客様が来ていたのです。 そのお客様からのe-mailでしたが、航空会社からフライトがキャンセルになったと連絡があったという内容で、帰国便が未定という事。 私も自分のフライトが心配になり確認をしたが、私の方は予定通り。 しかし客のフライトにトラブルが発生したら、 私が居ない状況で弊社スタッフが対応できるか?お客さんは無事に 戻れるか?と心配になったので、とりあえず私の出発も1日延ばして様子を見るとにした。 そして3月20日の早朝7時、お客様からからフライト変更があり出発の目途が出来たと連絡があり、その3時間後の午前11時、再度フライトがキャンセルになったと連絡があった。 サンホセ国際空港の情報を見ると、フライトのキャンセルだらけ。 これはグズグズしていたらお客様がコスタリカを出国できない可能性が十分考えられると予想した。 結果として、現時点で帰国できる便を再購入して、帰国後に元の航空会社と返金交渉という事になった。 では、私と同じ便で予約しようと航空会社のwebをチェックすると、なんと私のフライトもキャンセルされていた。 おー、なんてこったい。 俺も出国できなくなるのか? 加瀬:「オニギリ山!チケット探しをするぞ!」 オニギリ山とは、弊社日本人男性スタッフの若手ホープである。 事務仕事は出来るが人間的に疑問に思う部分が多すぎる人物であり、彼については今後、色々書いていこうと考えている。 我々2名によるエアーチケット探しが始まった。 つづく。 kasekazuki コロナウィルスにより、各国とも外出禁止令などが発令されました。 コスタリカも同じで、 ビーチへ行くと罰金約9万円、街歩きは罰金1万6千円などの罰則効果もあり、人は外に出なくなりました。 人が外に出なくなったので、世界中の国で街に野生動物が出てくるようになり、ニュースとなりました。 イギリスではヤギ、タイではサルなどが街に現れ、苦しい状況の中でも優しいニュースが流れていましたが、コスタリカも同様に野生動物が出てきました。 日ごろは人々で賑わうビーチはジャガーが闊歩をしだしました。 怖くてビーチに行けないと思うかもしれませんが、ジャガーは臆病なので逃げます。 でもやはり怖いからビーチには行かなくなるかな。 街中には別の野生動物が現れた。 ピューマ。 こいつはジャガーのように臆病じゃないから怖い、人間によって来る。 実は私は過去に2回ほど、こいつにジリジリと寄ってこられた事があり、非常に怖かった思い出があるのだ。 怖いので街を1人で歩けない。 おしまい。 kasekazuki 前回の続き。 前回の記事を読まれていない人は、先にそちらを読まれた方が良いかと。 では続けます。 イモトさんから結婚をすると発表からあったが、全く周囲のリアクションが無い。 誰も言葉を発さないので、年長者の私が先陣を切った。 加瀬:「それはネタ?」 イモト:「いや、本当に結婚をします。 」 加瀬:「本当?」 イモト:「本当に本当です。 」 加瀬:「そうか、それは良かったねー。 おめでとう!相手は誰なの?」 ここで石崎さんが、今回のロケについて話し出した。 石崎:「今回のロケですが、皆さんは何をするか、さっぱりわからないでしょ?」 私はコーディネーターなので、いつもはロケで何をするのかを把握している。 でも今回は全く聞かされていない。 実は、この中にイモトの結婚相手がいるんですよ。 」 加瀬:「えーーーー!」 イモト:「おっ、いいねー、そのリアクション 笑。 」 ちなみに、「えーーーー!」と声を出したのは私だけだった。 後から聞いたのだが、NYを拠点としているコーディネーターのアミンは驚いて声が出なかったらしい。 美容師の福永さんは冷静でして 福永:「驚きましたけど、ハサミなど、何も持ってこなくて良いと言われていたし、私が呼ばれたのも妙だし、何かあると思ってましたから。 」 福永、若いのにスゲーなと思った。 俺なぞ言われたまま、世界中のコーディネーターを集めてイベントをするって信じていたからな。 石崎:「で、クイズ方式にして、誰が結婚相手かを当てるってロケなんです。 」 加瀬はこのように考えました。 「アミンはアリと言えばありだが年下だし、石崎さんは無いだろうな.......。 」 石崎さんはイモトさんが出たばかりのペーペー時代に、仕事とは言え酷いキツイ扱いをしていたのを見てきただけに、ここに恋愛感情が生まれるとは思えなかったのです。 更に加瀬は考えました。 「諸々の理由からコージさんは無いだろうし、小谷さんは俺と同じ噛ませ犬だろう。 藤野さんは同年7月にイモトさんのロケをコスタリカで行ったが、そんな素振りは全くなかった。 つまり本命は福永さんだな?」 私の隣に座っていた福永さんだろうなとみていたその時に 石崎:「まあ、僕なんですけどね。 」 加瀬:「えーーーーーーー!!」 最初の「えーーーー!」の3倍くらい大きな声が出た。 周囲にいたニュージーランド人がギョっとして見たくらいだ。 加瀬:「びっくりした!いつから付き合ってるの?」 他にも色々お話を聞いたが、それはプライベートなことだしイモトさんが発表していないこともあるので、ココで書くことはしないが、ゆっくり時間をかけて好きになっていったんだね。 石崎:「このことはオンエアまでに超極秘にして欲しいのです、もし漏れたら加瀬さんを真っ先に疑います。 」 確かに、ロケの後にオンエアまで2週間ほど時間があったのですが、もう誰かに話したくて話したくて仕方なかった(笑)。 会社のスタッフや親からロケはどうでしたか?と聞かれても、適当にごまかしていたが、本当は、 「イモトさん、結婚するんやで!」 って言いたくて仕方なかった 笑。 一生懸命、我慢しました。 さて、ロケ自体は非常に楽しかった。 普通のイッテQのロケって朝から晩までって感じで大変なんですよ。 朝食と共に移動、部屋に戻るのは午前零時なんて珍しくない。 でもニュージーランドのロケは、1日1-2ネタくらいで、ロケ後は皆でラグビーごっこをしたり温泉でノンビリ過ごしたり、慰安旅行のようでした。 最終日の夜、円城寺APのイキな計らいで、ケーキで2人の結婚お祝いをしたのですが、イモトさんは可愛らしい女性の顔をしていました。 加瀬:「はじめて、イモトさんが可愛いって思った。 9年間で初めて。 」 イモト:「うるせーよ。 」 そんな感じのニュージーランドでした。 おしまい。 kasekazuki ブログをはじめました。 新型コロナウィルスの影響で仕事が全く無く、引きこもっているだけの生活で時間を持て余しており、ブログに楽しみを見出そうと思っています。 コスタリカで会社を設立したのが2003年。 それから今日まで殆ど休みが無いような生活を送ってきていたので、このあたりで少しスピードを落とすのも良いかと。 おかげさまで色々な面白い経験をさせて頂き、その話などを少しずつ書いていこうかと。 このブログを訪問してくださった皆様が、少しでも楽しいと感じて頂けるような文章を残していきたいと考えております。 それでは、早速ですが書いていきます。 初回はイッテQについて。 昨年の2019年11月24日のイッテQでイモトアヤコさんの結婚発表生放送がありました、ニュージーランドで行われたロケについて、現場で行われた身内の会話などを、少し書いてみます。 ニュージーランドの話が来た時、最初に思ったのが、 私:「どうして俺が必要なんだ?」 私はスペイン語圏を得意としており、英語圏で仕事の質を保てるとも思えない。 出来ない事は出来ないと言うのが私のスタンス。 そのように伝えると、アシスタントプロデューサー 今後はAP に、ニュージーランドは 特別企画で、これまでイモトがお世話になった世界中のコーディネーターを呼び、色々競技をするという。 勿論、これは私を呼ぶ為の真っ赤な嘘であったことは、後々判明するが、その時は知る由もなかった。 日本からのロケ隊が到着する1日前にニュージーランドに入国した。 遅延などで到着が遅れた場合、ロケ隊へ迷惑をかける事になるなど考慮すると、1日前には入国していたかった。 この判断は正しく、私の荷物はロストバゲッジをして1日遅れて到着した。 ロケ隊の到着日、少し前に空港へ向かい、1日遅れて届いたスーツケースを受け取り、皆の到着を待つ。 ロケ隊到着、イモトさんやディレクターの藤野さんとは4か月前の、コスタリカでのロケ以来の再会。 そしてレストランへの移動中の車内で、初めて会った方々と自己紹介を兼ねて話す。 ニューヨークから来たアミンは私と同業のコーディネーター。 そしてニュージーランドのコーディネーターさんもいる。 しかしニュージーランドの方は出役は無しと言っている。 世界中のコーディネーターを集めてウンヌンと聞いていたが、美容師の人も いるし、何をするのか謎が深まるのだが、まあ何とかなるだろうと、あまり 深く考えていなかった。 レストランに到着すると、挨拶と自己紹介の後に石崎さんから発表があった。 今回のロケは、いったい何をするのか皆さん全く知らないでしょう?という 話しから始まる。 その後、イモトさんから 「実はこの度、私イモトアヤコ、結婚することになりました。 」 しかし、皆が シーンとしている。 私もその時点では 「これは何のネタだ?」 と疑っていた。 つづく。 kasekazuki.

次の

価格.com

コスタリカ コーディネーター 加瀬

コースのポイント コスタリカの面積は、九州と四国を合わせた面積より小さく、世界の陸地の僅か0. にもかかわらず、この国には地球上の全動植物種の5%が生息しています。 乾季の1〜3月はケツァール探索のベストシーズン。 そのケツァール遭遇率No. 1のサンヘラルド・デ・ドータに宿泊。 経験豊かな日本人ネイチャーガイドが同行します。 日本人女性として初のコスタリカ政府公認ガイド。 子育てや自然環境改善ボランティアとしても活躍中。 ボランティアの経験を元に、より深くコスタリカの自然について解説します。 自然だけでなく、生活に密接したコスタリカの社会事情もご案内します。 お1人様1大、現地にて双眼鏡を無料貸し出し 野生動物遭遇率が高い「カーニョ・ネグロ自然保護区」 ニカラグアとの国境にも近いカーニョネグロ野生保護区。 ボートに乗りながらカーニョネグロ川を進み、野生動物を観察します。 水鳥やホエザルなどの哺乳類、イグアナなどの爬虫類、世界一美しいトカゲと言われるグリーンバジリスクも多く生息しています。 独特の生態系の熱帯霧林・モンテベルデ コスタリカで最も有名な観光地であるモンテベルデ。 独特の生態系を持つ熱帯雲霧林が広がり、幻の鳥ケツァールの生息地としても知られています。 「ケツァール遭遇率No. 1」サンヘラルド・デ・ドータに宿泊 「世界で最も美しい鳥」ケツァールの好物であるリトル・アボカドの木が比較的多くあり、高確率でケツァールが観察出来る地、サンヘラルド・デ・ドータに宿泊。 1月〜3月は繁殖期で活動が活発になり、観測確率がより高くなります。 また、繁殖期のため、オスのケツァールに、鮮やかな色の長い飾り羽の尾羽が生える時期でもあります。 ミルキーブルーに輝く神秘の絶景「リオ・セレステの滝」 コスタリカ北部のカリブ側山麓に市するテノリオ火山国立公園。 ミラバジャス火山とテノリオ火山、2つの火山から流れリ川が合流し、化学反応を起こす事で宝石のような神秘的なミルキーブルーの色へと変わります。 鬱蒼と茂る森の中から水しぶきを上げながら落ちてゆくこの滝は、フランスの滝の美景を評価すうr組織において、2013年度の世界一の滝に選ばれています。

次の

イモト結婚を発表 お相手候補に「石崎D」も…候補7人の顔ぶれ/芸能/デイリースポーツ online

コスタリカ コーディネーター 加瀬

皆様こんにちは! 2019年11月24日、イッテQが放送され、番組内で「イモトアヤコ」さんの結婚が発表されましたね! 番組は緊急生放送で出演者の中で結婚のサプライズ発表があり、イモトさんであることが発表され、相手は41歳番組ディレクターの石崎史郎さんでした。 番組では結婚相手の「候補者」7人をVTRで紹介していました。 その中には、石崎ディレクターも入っています。 ほかには日本人の母、パキスタン人の父を持つアメリカのイケメンコーディネーター、アミン(28)、美容師・福永(35)、カメラマン・小谷(49)、コスタリカのコーディネーター・加瀬(46)、ブリリアン・コージ(31)、ディレクター・藤野(33)。 今回は 「石崎ディレクターの顔画像が気になる!イモトアヤコ結婚の理由は?」と題してお送りいたします。 イモトアヤコさんが 石崎さんを男性として意識するようになったのは南極大陸最高峰であるヴィンソン・マシフ登頂に挑んだ 2017年12月から。 このときは石崎さんが 高山病でリタイアしたときだったという。 この瞬間、 急に不安になったことに気付き、この人に支えて貰っていたことに気付いたイモト。 自分の 「好き」という気持ちに気付いたイモトだったが、気持ちを伝えてしまうと 関係性が崩れてしまうことや、たとえOKだったとしても気まずくなるのではないか心配していたようです。 2009年の「キリマンジャロ登山」で本音を話せるようになり信頼関係が生まれました。 交際のきっかけはイモトさんからの告白です。 石崎ディレクターは 全く恋愛感情がなかったようですが、イモトさんが手紙で好意を告げたり、結婚したいと交際0日でプロポーズ! 石崎ディレクターがイモトさんの思いに応える形で結婚がきまります。 おわりに さて皆様いかがでしたでしょうか? 今回は 「石崎ディレクターの顔画像が気になる!イモトアヤコ結婚の理由は?」と題してお送りさせていただきました。 これまで数々の世界を旅してきて、何度も窮地のロケをしていれば絆も深まっていくのは当然なのかなと感じました! 誰もが祝福するカップルだと思います! それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の