サンダーバード メール 受信 できない。 Mozilla Thunderbird でメールサーバーに接続できない場合(個人向け製品)

thunderbirdで特定のアカウント受信不可

サンダーバード メール 受信 できない

カスペルスキーの証明書を手動でインポートする方法 手順 1 手順 2 以下の場所に保存されているファイル「 1. cert 」または「 fake Kaspersky Anti-Virus Personal Root Certificate. cer 」を、デスクトップ等のわかりやすい場所にコピーします。 入る数字はご利用の製品により異なります。 手順 4 [ 詳細 ] — [ 証明書 ] — [ 証明書を管理 ] の順にクリックします。 手順 5 [ 証明書マネージャー ] 画面が開くので、[ 認証局証明書 ] — [ インポート ] の順にクリックします。 cert 」または「 fake Kaspersky Anti-Virus Personal Root Certificate. cer 」を選択し、[ 開く ] をクリックします。 Mozilla Thunderbird を再起動し、問題が解決したかご確認ください。 手順 2 でコピーしたファイルは、削除して頂いて問題ありません。

次の

yahooメールをThunderbirdで受信する際の設定についての質問です。yahooメールで...

サンダーバード メール 受信 できない

メールの交換や振り分けは、私たちが日々行うことです。 特にビジネスで 国内外のクライアントと連絡を取り合うことは欠かせない仕事の一部であり、メールを振り分け整理をすることは、クライアントとの友好な関係を保つためには欠かせないことです。 多くのユーザーがThunderbirdメールソフトを使用していますが、その理由はThunderbirdメールソフトが フィルタリング処理機能を搭載していることにあります。 フィルタリング処理機能によって、Thunderbirdは迷惑メールの削除を学習しながら最終的にすべての迷惑メールをブッロクしてくれます。 Thunderbirdメールソフトの売りはこのフィルタリング処理機能です。 しかしフィルタ、つまり振り分けしたいメールは迷惑メールだけではありません。 受信トレイに送信される大半の電子メールは大切なものなので、それらをフォルダに仕分け、整理し、閲覧し易くすることも大切な振り分けです。 しかし受信トレイに溜まったメールを手動でフォルダに仕分け、振り分けるのは大仕事です。 メールの振り分けをグループごとに設定し、追加するため、ここでは 「クライアント」を例に取り上げます。 差出人が全て自分のクライアントの場合、別フォルダ「クライアント」にメールを振り分け、そのフィルタを追加します。 「フォルダ名」のボックスに「クライアント」と入力します。 メール振り分けの対象となる送信者を登録するため、右メニューから 「新規」を選択します。 「いずれかの条件に一致」にチェックを入れ、メール振り分けの対象となる送信者である クライアントのメールアドレスを「+」アイコンを押しながら追加し、入力します。 「メッセージフィルタ」画面に表示されている フィルタの中から編集したいフィルタを選択し、新しいメール振り分け対象者の新規登録を行うため、右メニューにある 「編集」を選択します。 メールの変更、また新しいメール振り分け対象者の新規登録を行うため、「条件」項目欄にある メール入力ボックスに、メール変更の必要なフィルタ、また新しいメール振り分け対象者のメールアドレスを入力し、 「OK」を選択します。 これで 振り分けの変更が適用されます。 Thunderbirdのメール振り分けができない場合の原因として考えられる2つ目は、 メールアドレスの入力の際に、余分な空白が入っていることです。 1つの要因はメールアドレスが名字と名前で構成されている場合、英文字入力モードでメールアドレスを入力する時に、 意図せずに、名字と名前の間に半角の空白を挿入してしまうことです。 もう1つ考えられる要因は、 スマホの予測変換機能です。 予測変換機能とは、何文字かを入力すると、 過去の履歴を元にして、関連する単語や語句を候補として表示する機能のことです。 この機能を使ってメールアドレスを入力すると、 選択した文字の後ろ、または文字と文字の間に半角スペースが自動的に挿入されてしまい、それに気づかずにフィルタ設定をすると、メールアドレスが認識されないので、メールの振り分けをすることはできません。

次の

Thunderbirdで特定のアドレスのメールのみ届きません。届かないメー...

サンダーバード メール 受信 できない

メールの交換や振り分けは、私たちが日々行うことです。 特にビジネスで 国内外のクライアントと連絡を取り合うことは欠かせない仕事の一部であり、メールを振り分け整理をすることは、クライアントとの友好な関係を保つためには欠かせないことです。 多くのユーザーがThunderbirdメールソフトを使用していますが、その理由はThunderbirdメールソフトが フィルタリング処理機能を搭載していることにあります。 フィルタリング処理機能によって、Thunderbirdは迷惑メールの削除を学習しながら最終的にすべての迷惑メールをブッロクしてくれます。 Thunderbirdメールソフトの売りはこのフィルタリング処理機能です。 しかしフィルタ、つまり振り分けしたいメールは迷惑メールだけではありません。 受信トレイに送信される大半の電子メールは大切なものなので、それらをフォルダに仕分け、整理し、閲覧し易くすることも大切な振り分けです。 しかし受信トレイに溜まったメールを手動でフォルダに仕分け、振り分けるのは大仕事です。 メールの振り分けをグループごとに設定し、追加するため、ここでは 「クライアント」を例に取り上げます。 差出人が全て自分のクライアントの場合、別フォルダ「クライアント」にメールを振り分け、そのフィルタを追加します。 「フォルダ名」のボックスに「クライアント」と入力します。 メール振り分けの対象となる送信者を登録するため、右メニューから 「新規」を選択します。 「いずれかの条件に一致」にチェックを入れ、メール振り分けの対象となる送信者である クライアントのメールアドレスを「+」アイコンを押しながら追加し、入力します。 「メッセージフィルタ」画面に表示されている フィルタの中から編集したいフィルタを選択し、新しいメール振り分け対象者の新規登録を行うため、右メニューにある 「編集」を選択します。 メールの変更、また新しいメール振り分け対象者の新規登録を行うため、「条件」項目欄にある メール入力ボックスに、メール変更の必要なフィルタ、また新しいメール振り分け対象者のメールアドレスを入力し、 「OK」を選択します。 これで 振り分けの変更が適用されます。 Thunderbirdのメール振り分けができない場合の原因として考えられる2つ目は、 メールアドレスの入力の際に、余分な空白が入っていることです。 1つの要因はメールアドレスが名字と名前で構成されている場合、英文字入力モードでメールアドレスを入力する時に、 意図せずに、名字と名前の間に半角の空白を挿入してしまうことです。 もう1つ考えられる要因は、 スマホの予測変換機能です。 予測変換機能とは、何文字かを入力すると、 過去の履歴を元にして、関連する単語や語句を候補として表示する機能のことです。 この機能を使ってメールアドレスを入力すると、 選択した文字の後ろ、または文字と文字の間に半角スペースが自動的に挿入されてしまい、それに気づかずにフィルタ設定をすると、メールアドレスが認識されないので、メールの振り分けをすることはできません。

次の