ソフトバンク 乗り換え お得。 ソフトバンクに携帯乗り換え(MNP)で高額キャッシュバックをもらう方法

ソフトバンクエアーから乗り換える場合におすすめの快適ネット回線まとめ|やさしくねっと.

ソフトバンク 乗り換え お得

新auピタットプランN :使った分だけ支払う• auフラットプラン7プラスN :7GBまで使い放題• auフラットプラン20N :20GBまで使い放題• auフラットプランMAXプランPro :上限なしの使い放題• auフラットプラン25 NetflixパックN• auデータMAXプラン Netflixパック auの料金プランが多いため、「使った分だけ支払うプラン」と「使い放題プラン」の2つづつ比較していきます。 ミニモンスターと新auピタットプランNの料金比較 ソフトバンクの「ミニモンスター」とauの「新auピタットプランN」は、どちらも使った分だけ支払うプランです。 公平に比較するため、割引やキャンペーンなしの月額料金を比べています。 ソフトバンク au ~1GB 3,980円 2,980円 1~2GB 5,980円 4,480円 2~3GB 7,480円 4,480円 3~4GB 8,480円 4,480円 4~7GB 8,480円 5,980円 ソフトバンクとauの月額料金を比較した結果、 全容量においてauの方が安いという結果になりました。 ソフトバンクで1GB以上使うと5,980円になり、auで4GB以上使った場合と同じ金額になってしまいます。 家にインターネット回線を引いている方や、あまりネットを使わない方なら、auに乗り換えた方が断然安くなるでしょう。 無制限に使えるのであればポケットWiFiや光回線を契約する必要もなくなるので、全体の通信費も節約できませすね。 ソフトバンクとauの通話料金比較 続いて、ソフトバンクとauの通話オプションを比較していきます。 3キャリアで見るとソフトバンクだけ通話オプションが安く、ドコモとauは全く同じ料金です。 通話メインの携帯を契約したい方には、通話オプション料金が安いソフトバンクがおすすめです。 一方、通話はそこまでしない・LINEの無料通話で十分という方には、基本料金が安いauの方が安いのでおすすめします。 ソフトバンクとauの家族割引比較 ソフトバンクもauの家族割引も、家族で契約している人数が多いほど月額料金から割引が受けられるサービスです。 サービス名:家族割プラス• 対象プラン: auデータMAXプラン Netflixパック 新auピタットプランN auフラットプラン7プラスN auデータMAXプランPro ソフトバンクとauそれぞれの割引額を見てみましょう。 回線数 ソフトバンク au 1人 0円 0円 2人 500円 500円~1,000円 3人 1,500円 1,000円 4人 2,000円 1,000円 au auデータMAXプラン Netflixパック その他割引対象料金プラン 2回線 1,000円 500円 3回線以上 1,000円 1,000円 ソフトバンクは最大2,000円まで割引されるため、割引額で見るとソフトバンクの方がお得です。 ですが、 ソフトバンクの家族割引は適用条件がやや難しいため、総合的に見るとauとお得度はあまり変わりません。 反対にauは対象プランが4つもあるため、家族1人1人に合わせて料金プランを選んでも割引が適用されます。 総合的に考えると、ソフトバンクとauの家族割引は引き分けです。 【結論】ソフトバンクからauに乗り換えるべき人 結論から言うと、 ほぼ全員がソフトバンクからauに乗り換えるべきでした。 通信料金を安くしたい人• 家族全員で同じ携帯キャリアを契約したい人 ギガをあまり使わない人も使う人も、基本料金はauの方が安いという結果でした。 家族割引においても、割引額と適用されやすさを考えるとauはかなりお得です。 唯一通話オプションはソフトバンクの方が安いため、電話をよくする方、通話用に2台目の携帯を持ちたい方にはソフトバンクがおすすめです。 逆に言うと、上記に当てはまらない方は auに乗り換えた方がスマホ代が節約できてお得になります。 ソフトバンクからau乗り換えの注意点 月額料金を比較すると、全体的にソフトバンクよりもauの方が安いことがわかりました。 この項では、auに乗り換える前に確認したい、乗り換え時の注意点を解説します。 乗り換えにかかる費用 実際にauからソフトバンクに乗り換えるには、どのくらいお金がかかるのでしょうか? 乗り換えにかかる費用は、以下の通りです。 乗り換えにかかる費用• 契約解除料 違約金 :0~9,500円• MNP転出手数料:3,000~5,000円• 契約事務手数料:0~3,000円• 「乗り換えの費用高すぎる! 」と感じる方が大半でしょう。 でも、安心してください。 これらの費用は 乗り換えのタイミングを調整するだけで、大幅に安くすることができます。 乗り換えにかかる費用とそれを安くする方法について、順番に見ていきましょう。 契約解除料 契約解除料は、一般的に解約金と呼ばれる費用です。 契約解除料は、更新月以外で解約や乗り換えをすると発生します。 2年更新で契約した場合、 2年後の3ヶ月間が契約更新月にあたります。 例えば、2017年9月に2年更新で契約した場合は、2019年9月~11月が契約更新月です。 契約更新月以外で解約・乗り換えを行うと、料金プランによって0~9,500円の契約解除料が必要になります。 自分の更新月はマイページから確認可能です。 My SoftBankにログインすると、「ご契約内容確認・変更」の2ページ目に「契約満了月は〇年〇月です」と記載されています。 この契約満了月から3ヶ月以内であれば解約金がかかりません。 ちなみに、2019年10月以降に違約金が1,000円に引き下げられましたが、こちらは2019年10月以降に新料金プランに加入した方が対象です。 つまり、 ソフトバンクの旧プランに加入している方は最大で9,500円の違約金がかかります。 そのため、乗り換えるタイミングに気を付ける必要があるのです。 MNP転出費用 MNP転出費用とは、電話番号そのままで他社に乗り換える際にかかる費用です。 これはソフトバンクだからかかる費用というわけではなく、どの携帯会社から乗り換える際もかかります。 一般的なMNP転出費用は3,000円が相場価格となっており、ソフトバンクも3,000円です。 契約事務手数料 契約事務手数料は、新しく携帯会社と契約する際に発生する費用です。 今回の場合は、auに払う費用になります。 こちらもMNP転出費用同様、どこの携帯会社と契約してもかかる費用です。 端末料金の残債 ソフトバンクで購入した端末の分割払いが終わっていない場合、乗り換え時に残りの端末代を一括で支払う必要があります。 分割払いがいくら残っているのかわからない方は、My SoftBank マイページ から確認できます。 乗り換えるべきタイミング 乗り換えにかかる費用は、乗り換えの時期・タイミングを選ぶだけで大幅に安くすることができます。 結論から申し上げると、乗り換えのベストタイミングはこちらです。 乗り換えのベストタイミング• 契約更新月• 日割り計算がないので月の末日 契約解除料でご説明した通り、更新月以外で乗り換えると違約金が発生してしまいます。 そのため、 契約更新月に乗り換えるのが賢い選択です。 さらに、ソフトバンクには基本料金の日割り計算がありません。 日割り計算というのは、解約した日~月末までの日数分の基本料金が返金されることです。 ソフトバンクにはこの日割り計算がないため、 月初に乗り換えても月末に乗り換えても、1ヶ月分の基本料金が請求されます。 つまり、基本料金の無駄な請求を抑えたければ、月末ギリギリまでソフトバンクを使ってからauに乗り換えるのがベストです。 ソフトバンクからauに乗り換える方法 ソフトバンクからauにMNP乗り換えする方法・手順を見ていきます。 初めて携帯キャリアを乗り換える方も、手順を見ていけば誰でも必ずできます。 この項を参考にして、ぜひauデビューしてみましょう! 手順1. データのバックアップをとる 乗り換える前に、今現在使っているiPhone・Androidのデータバックアップをとっておきましょう。 不要になったスマホは、 auに乗り換える時に「下取りプログラム」で下取りに出すことができます。 下取りを利用すれば新機種を安く購入できるかもしれませんので、積極的に活用してみてください。 手順2. ソフトバンクでMNP予約番号を発行する ソフトバンクからauに乗り換えるには、 1 電話番号を引き継いで乗り換える方法と、 2 電話番号を引き継がずに乗り換える方法の2種類があります。 前者で乗り換えることを、MNP ナンバーポータビリティ といいます。 本記事では、MNPでソフトバンクからauに乗り換える方法を解説していきます。 電話番号そのままで乗り換えるには、 ソフトバンクで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。 ソフトバンクで発行してもらった「MNP予約番号」をauに伝えることで、電話番号を引き継ぐことができるのです。 MNP予約番号は、電話・インターネット・店舗どこからでも取得できます。 ネットでのMNP予約番号発行手順• [ソフトバンクホームページ]• [モバイル]• [サポート]• [料金・ご契約関連]• [ご契約内容の確認・変更]• [解約・休止のお手続き]• [解約・MNPで他社へ変更する]• [MNP転出・解約をご希望されるお客様]• [My Softbankでお手続き] 手順3. auで乗り換え手続きをする ソフトバンクでMNP予約番号を発行してもらったら、auでMNP乗り換え手続きを行います。 手続き自体は店舗でもWEB上でもできますが、 なるべく安くauに乗り換えたいならauオンラインショップでの手続きがおすすめです。 auオンラインショップを使えば、3,000円の事務手数料が0円になる上、オンライン限定の割引キャンペーンが実施されていることもあります。 加えて、店舗は営業時間内に行く必要がありますが、オンラインショップは24時間受付可能です。 料金・時間どちらをとってもオンラインショップの方がお得です。 乗り換えに必要な書類 ソフトバンクからau乗り換えに必要な書類は、以下の通りです。 乗り換えの必要書類• MNP予約番号• 本人確認書類• 健康保険証• 住民基本台帳カード 顔写真があるもの• 在留カード または 外国人登録証明書 手順4. 新機種にデータ移行する 乗り換え手続きが終わったら、最後に機種変更した新しい機種にデータを移行させましょう。 データ移行手続きが無事完了したら、ぜひauの下取りプログラムに出してみてください。 au乗り換えで使える最新キャンペーン auにMNP乗り換えする時に使いたい、最新割引キャンペーンをまとめました。 キャンペーンを使えば、普通に機種変更するよりも数倍安くなることもあります。 ソフトバンクからauに乗り換える前に、使えるキャンペーンがないか確認してみましょう。 auの学割 25歳以下対象• そのため、15歳以下という限られた対象者のみ割引を受けることができます。 一方25歳以下対象の学割は、5種類の料金プランから選ぶことができます。 とてもお得なauの学割ですが、1つ注意点があります。 auの学割はオンラインショップには対応しておらず、 店頭での申し込みのみとなっています。 25歳以下でauに乗り換えようと思っている方は、オンラインショップ限定のキャンペーンがないか確認してから店頭で申し込むようにしましょう。 au Online Shop お得割 新規・乗りかえ 2020年2月1日 土 ~ 「au Online Shop お得割」は、不定期で開催される割引キャンペーンです。 名前がよく似た「au Online Shop お得割 機種変更 」も開催中ですが、対象機種や割引額が違うので注意してください。 新規契約・乗り換え向けのキャンペーンは機種変更よりも対象機種が多い上に、割引額も 最大22,000円と高額です。 キャンペーン対象となっている機種も多いので、誰しも気になる端末の1つか2つはあるのではないでしょうか? 機種変更するスマホ選びで悩んでいる方は、割引で安く購入できるスマホの中から選ぶのも1つの手ですね。 下取りプログラム 乗りかえ ドコモやソフトバンクからauに乗り換える際、旧端末を下取りに出すと新端末が安く購入できるキャンペーンです。 下取り対象端末は幅広く、かなり古い端末も下取りしてくれます。 iPhone・Androidスマホどちらも対象となっており、 最大で67,100円相当のポイントがもらえます。 もらったポイントは、次回機種変更時に使うことが可能です。 フリマアプリやオークションと違い、 画面割れの状態が悪い端末も下取りしてくれる点がポイントです。 「端末の初期化や発送が面倒」という方は、下取りで手軽に確実に買い取ってもらうことをおすすめします。 アップグレードプログラムNX プログラム利用手順• auの対象スマホを36分割で購入し、プログラムに加入する 無料• 25ヶ月目以降に機種変更すると、残りの12ヶ月分の支払いが不要になる• もし25ヶ月目以降に機種変更したい端末がなかった場合は、36回分払い終えれば機種変更する必要はありません。 端末は24回払いが一般的でしたが、36回払いなら月々の負担も減るのでありがたいですね。 アップグレードプログラムNX自体は無料ですが、適用するには 事前の申し込みが必要です。 機種購入時にしか加入できないので、事前に申し込むかどうか考えてから機種変更しましょう。 ネットとのセット割以外で、割引が永年続くのはとても珍しいです。 ガラケーからスマホに変えることで逆に月額料金が安くなる可能性もあるので、一度プラン変更の検討をおすすめします。 ソフトバンクからau乗り換えでスマホ代を安く! ソフトバンクからau乗り換えはお得なのか、という点に焦点を当てて解説してきました。 した通り、ソフトバンクは月額料金が高いです。 そのため、ソフトバンクにしなければいけない利用がない限りは、ドコモ・au・格安SIMに乗り換えることをおすすめします。 本記事ではソフトバンクからauへの乗り換え方法を解説しましたが、さらに料金を安くしたい場合はソフトバンク回線の格安SIMもおすすめです。 記事もご覧ください。

次の

ソフトバンクから格安スマホに変えるなら、Y!mobileでなくUQモバイルを選ぶべき理由

ソフトバンク 乗り換え お得

<乗り換えるデメリット> ・乗り換え費用がかかる可能性が高い ・ソフトバンクの独自サービスが使えなくなる それでは、各メリット・デメリットを詳しく解説していきます。 機種代金はソフトバンクの方が安い場合もありますが、月々の料金はauの方が安いため、総額として安くなる可能性があります。 auとソフトバンクの料金プランを比較 各社の料金プランを比較した表が以下になります。 ちなみに、大容量プランはソフトバンクのほうが安くなっていますが、 auはデータ容量無制限となっているのでそこまで大きな差額とはいえないでしょう。 もし、この差額が気になるのであれば、auにはソフトバンク同様、主要SNSがカウントフリーになる「 auフラットプラン7プラスN」も用意されています。 「auフラットプラン7プラスN」は最大ギガ数が7GBになるものの、料金は安く利用できるので、主にSNSを利用するユーザーにオススメです。 auとソフトバンクの機種代を比較 次に、auとソフトバンクで販売されているiPhone 11シリーズ・Xperia 5の本体価格を比較してみましょう。 auのデータ無制限プラン「auデータMAXプランPro」は、毎月どれだけデータ通信をおこなっても 追加料金や速度制限がかかりません。 よって、オンラインゲームやYouTubeなどを長時間楽しみたい人にオススメなプランとなっています。 auのデータ無制限プランが気になる人は、auデータMAXプランProについて詳しく解説している下記の記事もあわせてご覧ください。 そのため、ソフトバンクからauに乗り換える人は契約時に乗り換え費用がかかる可能性が高くなります。 ただし、解約違約金は更新月にソフトバンクを解約することで無料にできますし、MNP転出料は乗り換え時に電話番号を新しくすることで支払う必要がなくなります。 また、 契約事務手数料もオンラインショップを利用すれば無料になるので、乗り換え費用を抑えたい人は、以上の部分に気をつけて乗り換えを検討してみてください。 <乗り換えの際に必要なもの> ・使用していたソフトバンク端末 ・免許証やパスポートなどの本人確認書類 ・数字4桁の暗証番号 ・auの支払先として登録するためのクレジットカードや通帳、またはキャッシュカード そのほかにも、写真や電話帳などの重要なデータをバックアップしておくことも大切です。 iPhoneユーザーは、iTunesやiCloudでバックアップができます。 また、AndroidユーザーはSDカードやパソコンなどにデータを移すとバックアップができるので、忘れずに行っておきましょう。 MNP予約番号は、Web・電話・ソフトバンクショップのどの窓口からでも取得できます。 一方、電話からMNP予約番号を取得する場合は、本人確認の手段として 契約時にご自身で設定した数字4桁の暗証番号が必要です。 忘れてしまった場合は、電話番号や氏名などを使い、暗証番号を利用しない方法で本人確認をしてもらうことも可能です。 ただし、MNP予約番号は 発行から15日以内にauへ伝えなければ失効してしまうので、発行後はすぐに手続きを行ってください。 万が一失効してしまった場合は、上記3つの窓口から再発行が可能です。 auの新規契約は、オンラインショップ・auショップ・家電量販店の3つから手続きできます。 auの新規契約はauオンラインショップがオススメ! auで新規契約する際は、 契約事務手数料がかからないauオンラインショップの利用がオススメです。 auオンラインショップを利用すれば、乗り換え費用を節約できるだけでなく、新規契約をしたauスマホも自宅に配送されるので、手間も省けます。 オンラインショップでの契約方法は以下のとおりです。 「契約種別を選択してください」というメッセージが出るので、「他社から乗り換え MNP 」を選択してください。 2.購入方法を選択する 購入方法を選択 「au Online Shopで契約・購入」もしくは「商品を予約して店舗で契約・購入」のいずれかを選択できます。 オンラインショップで契約を完結したい人は、前者の「au Online Shopで契約・購入」を選択し、商品をカートに入れてください。 3.契約者情報を入力する 契約者情報を入力 「新規契約 MNP 」のページでは、契約者氏名や住所などの必要事項と、auで利用する数字4桁の暗証番号を設定します。 最後に、ソフトバンクから取得したMNP予約番号と電話番号、および有効期限を入力する欄もあるので、間違えないよう正しく入力してください。 4.本人確認書類をアップロードする 本人確認書類をアップロード 決済情報を入力したあとは、本人確認書類のアップロードを行います。 パスポートは本人確認書類として利用できないので、注意してください。 本人確認書類のアップロードが完了すると、注文および契約は完了です。 後日auからスマホがご自宅に配送されるので、設定を行ってください。 以上のように、auオンラインショップは自宅に居ながら簡単に手続きができます。 しかし、オンラインショップではすべての手続きを自分でしなければならないので、途中でわからないことがあってもその場で誰かに聞くことはできません。 サポートが必要な人は、auショップや家電量販店に行くとスタッフの方が一緒に手続きを行ってくれるので、ご自身にとって使いやすい窓口を利用してみてください。 しかし 「スマ放題」のような旧プランを契約している人は、更新月での乗り換えがお得です。 旧プランを利用中なら更新月がオススメ ソフトバンクの旧スマホプランを契約している人は、更新月以外に解約をすると 9,500円の解約違約金が発生します。 そのため、旧プランを契約しているのであれば、更新月での乗り換えがオススメです。 ちなみに、ソフトバンクの料金は日割りで計算されないので、 締め日近くまで使ってから解約をしたほうがお得です。 締め日は人によって10日・20日・月末と違うので、請求書で確認をしておきましょう。 1,000円なら無理に更新月を待つ必要はないので、基本的にいつ乗り換えても問題ありません。 ただし、スマホを分割払いで購入している人は、解約時に支払いが残っていると解約後も支払いが続くので、注意してくださいね。 ソフトバンクからauへの乗り換えはキャンペーンでさらにお得になる! ソフトバンクからauへの乗り換えはキャンペーンでさらにお得になる! 現在auでは、端末代や月額料金が安くなるお得なキャンペーンを多数実施しているので、ソフトバンクからauに乗り換える際は、ぜひ利用してみましょう。 この項目では、乗り換え時に利用できるauの最新キャンペーンをご紹介していきます。 かえトクプログラム かえトクプログラム 「かえトクプログラム」とは、2020年2月より開始した残価設定型の端末購入プログラムとなります。 これまでのアップグレードプログラムと違う点は、「残価」が設定されているところです。 25ヶ月目に使っていた機種の回収、新機種への買い替えを行うと、24回目の最終回支払い分が免除になるプログラムになります。 下の例からもわかるように、このキャンペーンを利用すると96,600円のスマホでも実費負担は57,960円で済むので、一定のサイクルで新機種に買い換えてる人にとっては端末代がお得になります。 かえトクプログラムの支払いイメージ この「かえトクプログラム」はauユーザー以外でも無料で利用することが可能です。 端末の機種購入で検討している場合は、あらかじめ設定されている残価を確認して検討してみるといいでしょう。 下取りプログラム 下取りプログラム 「下取りプログラム」とは、乗り換えと同時にauスマホまたはiPhone、タブレット、ケータイを購入すると、 これまで使用してきた他社端末を下取りしてくれるキャンペーンです。 「下取りプログラム」に加入すると、端末代から下取り額が引かれるので、高額なスマホやタブレットなども比較的安く手に入ります。 ただし、還元額は時期によって多少変動します。 2020年1月現在の最高下取り額は、iPhone XS Max 512GB の67,100円です。 画面割れを起こしても最大19,800円で買い取ってもらえるので、乗り換える際はぜひ利用したいです。 家族割プラス 「家族割プラス」とは、対象プランを契約している 家族の人数に応じて毎月の料金が安くなるキャンペーンです。 ただし、対象プランを契約していても原則同一住所に住んでいなければ「家族割プラス」の対象にはならないので、注意をしてください。 家族割プラス 2回線の場合 ただし、同時契約回線が3つ以上になると、契約プランにかかわらず割引額は永年1,000円となるので、auユーザーの多いご家庭は大変お得です。 家族割プラス 3回線以上の場合 適用条件や割引額など、より深く知りたい場合は、家族割プラスについて詳しく解説している記事もあわせてご覧ください。

次の

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えはお得か節約主婦が検証

ソフトバンク 乗り換え お得

MNP予約番号発行手数料:3,000円• 事務手数料:0~3,000円 MNP予約番号発行手数料はソフトバンク、事務手数料はドコモに支払う料金となっています。 「MNP予約番号」とは、電話番号を変えずに乗り換える際に必要な番号です。 電話番号そのままで乗り換えるためには、MNP予約番号の発行手数料が3,000円かかります。 事務手数料は、ドコモに乗り換える際にかかる費用です。 ドコモショップで乗り換え手続きをした場合、契約プランによって2,000~3,000円の事務手数料がかかります。 しかし、ドコモオンラインショップで手続きするだけで、この 事務手数料を0円にすることができるんです!つまり、。 インターネットから乗り換えを行うだけで安くなるなんて、とてもお得ですね。 次の項では、具体的な乗り換え手順をご紹介します。 ソフトバンクからドコモに乗り換える方法・手順 では、具体的にどのように乗り換え手続きを行うのか、乗り換えにかかる料金についても詳しく見ていきましょう。 手順1. ソフトバンクでMNP予約番号を発行する ドコモで乗り換え手続きをするのはもちろんですが、その前にソフトバンクでMNP予約番号を発行してもらう必要があります。 MNP予約番号は、ドコモ乗り換え後に今まで使用していた電話番号を引き継ぐ上で必要なものです。 必ず手続きを済ませておきましょう。 MNP予約番号を発行する方法として、 電話・店舗・ネットの3パターンがあります。 MNP予約番号• 本人確認書類• キャッシュカード・預金通帳・クレジットカードのいずれか1点 端末の分割料金や月々の支払い方法を登録するため、乗り換えの際にはャッシュカード・預金通帳・クレジットカードのいずれか1点を持参しましょう。 乗り換え手続きは、ドコモ店舗とドコモオンラインショップどちらでも手続き可能です。 ですが、前述の通りドコモオンラインショップは事務手数料が0円になるので、 安く乗り換えたいならネットがおすすめです。 待ち時間なく、自分の都合の良い時にスマホで簡単に手続きできます。 【2020年6月】ドコモのキャンペーン最新情報 ドコモオンラインショップで実施中の最新キャンペーンをまとめました。 ぜひキャンペーンを活用してお得に機種変更しましょう! 5G WELCOME割 出典: ドコモは、 5G対応のスマートフォン全7機種を「5G WELCOME割」の対象機種として、新規契約または乗り換え MNP 契約で 最大22,000円、契約変更 FOMAやXiからの機種変更 では 最大5,500円の割引を実施します。 5G WELCOME割の対象5Gスマホは以下の通りです。 【5G WELCOME割対象端末】• Galaxy S20 5G• AQUOS R5G• LG V60 ThinQ 5G• Xperia 1 II• arrows 5G ドコモ5Gスマホの本体価格・割引|早見表 ドコモで発表された2020年春夏モデル全7機種の本体価格・5G WELCOME割の早見表をまとめました。 また、ドコモオンラインショップでは 頭金や事務手数料が無料になるため、上記の本体代金以外の費用は一切かかりません。 この機会に、ドコモの5Gスマホの購入を検討している方はぜひ一度ドコモオンラインショップに遊びに行ってみてくださいね。 5Gギガホ割 出典:• 受付期間:2020年3月25日 水 ~• 割引内容:「5Gギガホ」の契約で最大6ヶ月間1,000円割引 5Gギガホ割は、ドコモの新料金プラン「5Gギガホ」の割引キャンペーンです。 「5Gギガホ」を契約すると最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引になります。 5Gギガホの月額料金は7,480円なので、最大6ヶ月間 6,480円で利用できます。 毎月7GB以上使う場合は「5Gギガライト」よりも、 毎月最大100GBまで使える「5Gギガホ」がおすすめです。 今なら、 データ量無制限キャンペーンを実施しているので実質ギガ使い放題となっています。 最新5Gスマホをお得に購入出来て、さらにギガ使い放題になるので機種変更を検討している方は今がチャンスです。 5Gギガホ音声割 出典:• 受付期間:2020年3月25日 水 ~• 割引内容:割引内容:最大12ヶ月間700円割引• 対象料金プラン:5Gギガホ• 対象音声オプション:かけ放題・5分通話無料 5Gギガホは、家族間の通話は無料となっていますが、家族以外との通話をお得にするには通話オプションを契約する必要があります。 5Gギガホ音声割は、現行の通話オプション「かけ放題」「5分通話無料」の料金からそれぞれ 最大12ヶ月間700円割引になります。 割引額は以下の表の通りです。 通話オプション 月額料金 割引適用後の料金 オプション内容 かけ放題 1,700円 1,000円 国内通話かけ放題 5分通話無料 700円 0円 国内通話 5分以内:無料 5分超過分:30秒あたり20円 ギガホ割 出典:• 開催期間:201911月1日 金 ~3月31日 火• 適用条件:FOMAからXiへの変更または他社3G回線からXiへの乗り換え• はじめてスマホ購入キャンペーンは2020年3月31日までのお得なキャンペーンとなっているので、スマホへの乗り換えを検討している方は今がチャンスです! はじめてスマホ割 「はじめてスマホ割」はガラケー(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する方を対象とした割引サービスです。 その割引額は 月1000円。 割引期間は初回適用月から最大12ヶ月間なので、 1年で12,000円もお得になる計算です。 対象料金プランは以下の通りです。 ガラケーから初めてのスマホに変更する際にはぜひご利用ください。 ギガホ• ギガホ:定期契約なし• ギガライト• ギガライト:定期契約なし スマホおかえしプログラム 「」は、端末を36回払いで購入した場合、使用終了時に対象のスマホを返却すると、翌々月請求分以降の分割支払金が最大12回分不要になる割引サービスです。 例えば、108,000円のスマホの場合、 最大36,000円引きになります。 スマホの返却の受付は、ドコモショップもしくはドコモ取り扱い店舗にて、2019年8月下旬よりスタートします。 なお、利用可能期間は、対象機種の購入月の翌月を1ヵ月目として、購入から35カ月目の月末までとなります。 なお、ドコモが提示する条件にそってスマホを返却するのが条件となります。 返却時、査定条件を満たしていない場合は、20,000円 税抜 の故障時利用料を支払わなければならないケースがあるので気をつけてください。 端末購入割引• 2019年10月12日 土 ~ 他社スマホからドコモに乗り換える方 MNP が対象の割引キャンペーンです。 乗り換え時に対象機種を購入すると、 最大20,000円も端末代金から割引を受けることができます。 対象機種は、最新のiPhone SE 第2世代 〜キッズケータイまで幅広いです。 乗り換えだけでiPhoneが2万円も安く購入できるなんて、かなりお得ですよね。 は、対象機種を購入してドコモスマホを安くゲットしましょう。 下取りプログラム 2014年12月1日 月 から実施されているしてもらえるサービスです。 iPhoneやiPadをはじめ、ドコモのAndroidTMスマホやタブレット、ドコモ ケータイの、ほぼ全機種が下取り可能です。 【適用条件】• 携帯電話機などの購入時に、使用していた端末を下取りに出す• dポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブに加入している ソフトバンクとドコモの料金比較 ソフトバンクからドコモへ乗り換えをするなら、まずはしっかりと両社の利用料金について把握しておきましょう。 ソフトバンクとドコモ、それぞれの料金を詳しく見た上で料金プランを比較していきます。 ソフトバンクの料金プラン 出典:• ミニモンスター:2,980~7,480円• 1年目 2年目以降 ~1GB 1,980円 2,980円 ~2GB 3,980円 4,980円 ~5GB 5,980円 6,480円 5GB~ 6,480円 7,480円 月々の携帯料金を抑えたい場合、ミニモンスターの方がお得だと思われるかもしれません。 逆に言うと、5GBの料金で50GBを使うことができるのです。 ソフトバンクとドコモはどっちがお得? ソフトバンクとドコモは、結局どちらの方がお得なのでしょうか。 両者同じような料金プランですが、 なるべく安く使いたいならドコモがおすすめです。 その結果、月額料金が最低7,480円はかかってしまうのです。 それに対し、ドコモは7GBまでのライトユーザーと、7GB以上使うミドル~ヘビーユーザーとでプランが区別されています。 そのため、ライトユーザーも安くお得に使うことができます。 ネットをよく使うヘビーユーザーの方にはソフトバンクがおすすめですが、そこそこの使用でればドコモの方が安く済むでしょう。

次の