全裸監督 相関図。 全裸監督はヌード満載極上エンタメドラマ!感想とネタバレ

Netflix『全裸監督』が傑作である理由。女性が搾取される構図、AV業界の負の側面も描いていた

全裸監督 相関図

お待たせしました。 お待たせし過ぎたかもしれません。 とにかく話題が沸騰しているのが、8月8日から配信がスタートした山田孝之主演のネットフリックスオリジナルドラマ「全裸監督」である。 これが実に面白い。 筆者の周囲でも全8話を一気見してしまった人が続出している。 これ、お金もらって書いてるんじゃなくて、本当のことなんだから! 主人公のAV監督・村西とおると彼が闊歩した80年代のAV業界が、とても地上波では表現できないようなエロとバイオレンス、そしてとんでもなく予算のかかったセットと豪華キャストによって描き出される。 実話をベースにしているが、リアルなドキュメンタリーというよりは、「人間活劇」とでも呼ぶべき作品に仕上がっている。 堂々と真正面からファックシーンを演じる村西役の山田孝之のカメレオンっぷりがすごいし、伝説のAV女優・黒木香役をオーディションで勝ち取った森田望智の覚悟の決めっぷりもすごい。 SMのビニ本撮影を見て思わずあそこをしごいてしまう玉山鉄二も最高だった。 しかも、予定冊数に到達次第終了とのこと。 なんだよ、手に入らないのかよ! と思ったアナタ、大丈夫。 8月16日に発売された「BRUTUS特別編集 合本 危険な読書」の「ビニ本」こと「全裸監督」ガイドブックが付録してついてくるのだ。 ちゃんとビニール部分もそのまんま。 カバーは挑発的なまなざしの黒木香……じゃなくて、森田望智。 表紙含めて24ページのガイドブックなれど、人物相関図、エピソードガイド、プロダクションノート、森田望智インタビュー、村西とおるの実像をめぐる特集、80年代をめぐる泉麻人とみうらじゅんの対談、安田理央による80年代風俗年表、そして真打ち山田孝之インタビューが盛り込まれている。 これをタダで配ったんだから、ネットフリックスの「全裸監督」に賭ける意気込みが伝わってくる。 さらに本誌には脚本家チームの座談会に、武正晴総監督のインタビューもついている。 というか、これがオマケで、本体のほうは本来の「危険な読書」ネタがびっちり。 これで815円(税別)は安い! 黒木香を間近で見た武監督 プロダクションノートによると、もともとの発想は「日本のAV業界を舞台に、『ブギーナイツ』や『ラリー・フリント』のようなエンタメ作品を作りたい」というものだったそう。 そんなことを考えていたネットフリックスのディレクターが、村西とおるの半生を描いた評伝「全裸監督」と出会って企画がスタートした。 脚本家チームが招集されると同時に、山田孝之にアタック。 脚本もできていない状態ながら、山田はその場で快諾した上、脚本会議にも参加することを決めたのだから、その決断力と臭覚がすごい。 また、脚本家チームが方向性などで悩んでいると、ネットフリックスオリジナルシリーズ「ナルコス」の脚本に関わったジェイソン・ジョージを日本に呼んできて、ワークショップを開いてもらったというのだから、あらためて手間も金もかかっていると思わざるを得ない。 総監督の武正晴が実際に80年代のレンタルビデオショップで店員をしていて村西とおるブームを直撃していたり、「朝まで生テレビ!」の観覧席に座る学生エキストラで黒木香を間近で見たことがあったりというエピソードもいちいち面白い。 いずれ本格的な「全裸監督」ガイドブックが出ることを期待しつつ、まずはこの「ビニ本」を手に入れよう。 未視聴の人はネットフリックスに入会して、ぜひとも「全裸監督」を観ることをおすすめする。 (大山くまお)• 関連記事.

次の

「全裸監督」山田孝之、園子温らNetflix注目作の裏側語る。「呪怨」新作も

全裸監督 相関図

ネットフリックスドラマ「全裸監督」のプロモーションで渋谷駅前に設置されたビニ本自販機。 撮影:伊藤有 「お待たせしました。 お待たせしすぎたかもしれません」 独特のセリフまわしと声色が耳に残る、「AVの帝王」という呼び名を持つ昭和のトリックスター・村西とおる。 その半生を題材に、俳優・山田孝之主演で送るネットフリックスのドラマ作品「全裸監督」が、8日の配信開始以来、SNSを中心に大いに話題になっている。 「えっ、渋谷にビニ本自販機が置いてある」 「ビニ本」自販機設置場所は、スクランブル交差点のすぐ近く。 写真中央の赤いフレームのグリコの巨大ディスプレイの裏あたり。 撮影:伊藤有 作中の前半で、山田孝之扮する村西とおるは、昭和時代に「ビニ本」と呼ばれる、ビニール袋で包装されて自販機や書店で販売された「成人向け写真集」の販売を手がけ、ひと騒動を起こすことになる。 しかし、「ビニ本」は失われた昭和遺産では……そんなツッコミを逆手にとったのか、8月16日、突如、渋谷駅前の「MAGNET by SHIBUYA109」に、ビニ本の自販機が登場した。 ネットフリックスが「全裸監督」プロモーションとして仕掛けたものだ。 のビニ本を当時の自販機で!? "危険なドラマ『全裸監督』オフィシャルガイドブック by ブルータス"を、渋谷マグネット出入り口近辺で配布中。 裏表紙にあるクレジット。 上がBRUTUS MOOK版、下がビニ本自販機版。 撮影:伊藤有 これから「ビニ本」を入手しようという人にはちょっとした注意がある。 表紙だ。 BRUTUS MOOK版は「森田望智版」。 つまり、 「山田孝之版」が手に入るのはビニ本自販機だけ。 山田孝之版がレアなのだ。 もし自販機に出くわしたら、山田孝之版をまず手に入れて、コンプリートしたい人はBRUTUS MOOK版も忘れずに。 どの場所で自販機を設置するかは非公開 ネットフリックス広報に確認したところ、どの場所で「ビニ本」自販機を設置するのかは非公開。 ただし来週以降、渋谷以外の場所でも実施する予定はあるという(別の関係者の話では、新宿では……という話もあった)。 同様に配布用の刷部数についても答えられないとのことだったが、「一定数の用意はしています」とのことだった。 「全裸監督」は8月16日、ヒットを受けてシーズン2の制作決定がアナウンスされた。

次の

「全裸監督」山田孝之、園子温らNetflix注目作の裏側語る。「呪怨」新作も

全裸監督 相関図

森田望智さん 森田さんは、当初はAV撮影のシーンで「みんなインフルエンザになって延期しないかな……」と思い悩んでいたとのことだが「私ができないところを見て、武監督が躊躇もなく男優の方と お手本で 絡んでくださったりして、そういう姿を見た時に『私なんでこんなに恥ずかしがっていたんだろう』と思えてきました。 武監督からはずっと活力をいただいて、リハーサルを繰り返し、徐々に撮影を乗り越えました」と振り返った。 森田さん起用について武 総監督は「村西さんが黒木さんと出会ったかのように僕らもそういう女優さんに出会いたいと思ってオーディションをして、そこに彼女は見事な腋毛を生やして現れました。 それだけ が起用の理由 ではないですが『この人は黒木さんになるな』と思った」とのこと。 武 総監督は「何度も何度も台本を直し、撮影に入ってもなかなか終わらなくて、粘って粘って……」と制作の苦労を振り返りながらも「 '80年代当時に タイムスリップするようで、毎日朝を迎えるのが楽しみだった珍しい現場。 エキストラの人を一人一人作っていくことも含めて、どんどん当時の色んなことを思い出して、今とつながっていく。 それを演者が面白おかしくしてくれたことが監督冥利に尽きる」と語った。 この作品は世界190カ国以上で配信されることになり、'80年代当時のアダルト業界を、どこまで踏み込んで描いたか気になるところだが、撮影前に武 総監督らは「ハラスメント講習」を受けたとのこと。 登壇したキャスト陣の演技について武 総監督は「とにかく 作品を観れば ビックリしますよ、ここにいる4人は。 普通の人間が、どんどん変わっていく様が本当に見事。 ぜひ観ていただきたい」と自信を見せた。 ただ、最終的にこのシーンはカットされてしまったという。 シンを取り巻く世界について「夢を追う若者たちの無謀さと、出会い、別れという、なんだか犯罪とは真逆の、未来に向かって突き進む若者と、得体の知れない大人が交錯することがすごく不思議な空気感」と表現。 撮影を続けていくにつれ「何が本当で何が嘘か分からなくなってくる。 園さんのセリフ回し、言葉の使い方ももそうなんですが、村田を演じる椎名さんを見ていると、怖いけど笑っちゃう。 バイオレンスなシーンも、生活の流れと全く変わらない瞬間にある。 映画を作っているんだけど、何の作品を作っているかどんどん分からなくなってくるような感覚が正直ありました」と今回の撮影を振り返った。 実写版「Cowboy Bebop」や、「呪怨」新作も配信予定 上記以外にも、今後配信のオリジナル作品や、ライセンス作品などが紹介された。 オリジナル映画は、クリス・ヘムズワース主演の作品 タイトル未定 が2020年に配信予定。 ある抗争に巻き込まれ囚われた少年を救う任務に、ヘムズワース演じる主人公が挑む。 「Wonderland」 原題 は、ピーター・バーグ監督、マーク・ウォルバーグ主演。 元警察官の私立探偵が、ある事件の調査をきっかけに、ボストンの裏社会へ引き戻される。 2020年配信予定。 実写化が決定している「Cowboy Bebop カウボーイ・ビバップ 」の主演は、スター・トレックなどに出演するジョン・チョー。 エピソードは10話構成で、アニメ版の監督である渡辺信一郎もコンサルタントとして参加する。 このイベントで初解禁となった作品は「呪怨」の新たなオリジナルシリーズで、初のドラマ化。 同作品に関する情報は今後順次公開される予定。 オリジナルではなくライセンス作品として、宇多田ヒカルの2018年のツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」が6月26日から配信開始されることも発表された。

次の