食べ放題 バスツアー。 『カニ食べ放題&飲み放題!城崎温泉バスツアー』行ってきました!

食べ放題付きツアー

食べ放題 バスツアー

茨城:つくば• 茨城:ひたち・大洗• 茨城:水戸• 山梨:河口湖• 山梨:甲府・石和• 静岡:伊豆• 静岡:土肥• 群馬:富岡• 群馬:伊香保• 京都:洛中• 京都:洛南• 沖縄:南部• 沖縄:北部• 青森市• 長野:中野• 北海道:札幌• 山梨:北杜• 静岡:掛川• 石川:小松• 大分:別府• 大分:由布院• 佐賀:嬉野• 長崎:雲仙• 鹿児島:霧島• 鹿児島:桜島• 鹿児島:指宿• 熊本:阿蘇• 長野:諏訪• 茨城:鹿島• 茨城:佐原• 長野:武石• 佐賀:佐賀• 鹿児島:南薩• 鹿児島:鹿児島• 鹿児島:日置• 北海道:小樽• 福井:福井• 大分:佐伯• 大分:豊後• 鹿児島:中薩摩• 鹿児島:南薩摩• 大分:津九見• 大分:杵築• 茨城:潮来• 長野:長野• 静岡:河津• 群馬:みなかみ• 静岡:御殿場• 群馬:草津• 熱海・湯河原• 館林・前橋• 愛知:名古屋市内• 大阪:大阪• 奈良:奈良• 奈良:大和郡山• 滋賀:滋賀• 京都:洛北• 京都:洛西• 京都:宇治• 京都:伏見• 兵庫:神戸市内• 兵庫:淡路島• 兵庫:兵庫• 宮城:仙台• 長野:北部• 福岡:北九州• 和歌山• 三重・南紀• 岐阜:岐阜• 兵庫:姫路• 青森:十和田・奥入瀬• 沖縄:中部• 岡山:岡山• 新潟:十日市• 福島:福島• 茨城:茨城• 福岡:秋月• 山口:萩市• 茨城:土浦• 京都:嵐山• 長崎:佐世保• 長崎:長崎市• 福岡:久留米• 佐賀県:北部• 宮崎:高千穂• 三重県 近畿 この条件で検索.

次の

【催行中止】春満喫!二郎いちご食べ放題&六甲高山植物園の花々を楽しむバスツアー

食べ放題 バスツアー

初めに添乗員さんから、ツアーの流れや注意事項についての説明があるので、初めての参加の方も安心です。 この日帰りバスツアーは人気も高く、今回のご参加は3世代ファミリー、カップル、グループと合計42名様で満席となりました。 途中、サービスエリアに立ち寄って一度休憩を取ってから、まずは最初の観光地「」に到着です。 配られたチラシには、試飲リストや試飲チケットなどが印刷されていて、否応なしに気分が盛り上がります。 会場に案内されると、景気の良い鏡開き体験からスタート!なんだかめでたい気持ちになれますね。 お連れ様がいらっしゃればシャッターチャンスです。 歴代の内閣総理大臣から贈られたという「国酒」の書が並びます。 それだけ実力のある酒造だということがうかがえますね! その後は直売所へと移動。 直売所の建物も、蔵のようで趣があります。 ここでついにお楽しみの試飲タイムです! どのお酒も美味しいですが、特に人気だったのはゆず酒。 ジュースみたいに飲みやすい口当たりが、女性に好評となっていました。 ゆず酒に日本酒で作ったソフトクリームが浮かんだ逸品。 ここでしか食べられない味わいです。 お子様にはアルコールが0. 5%以下の大吟醸ソフトクリームもありますよ。 譽國光の酒造りにも使われている地下水は、ここから湧き出しています。 おいしいお水なので、みなさんペットボトルに入れて持ち帰っていらっしゃいました。 酒造を後にすると、ついに今回のツアーのメイン!カニ食べ放題会場、「」に到着です。 原田農園ではカニ食べ放題以外にも、フルーツ狩りやお花摘みなども行っており、駐車場にはたくさんの観光バスが停まっていました。 バスツアーで人気のスポットだということがよくわかりますね。 今回のカニ食べ放題の会場はこちらです。 各テーブルには、セットメニューが用意されています。 これだけでもとっても美味しそうですね。 お待ちかねのカニ食べ放題はこちら!ケースに詰められた山のような焼きガニ。 更にスイーツも食べ放題。 小さめサイズのケーキなど、お口直しにぴったりですね。 お食事の後は、腹ごなしもかねて原田農園でのお買い物タイムを楽しんでいただきました。 お土産一番人気は原田農園オリジナルのバームクーヘン「はらだのくーへん」です。 手軽に買える、カットクーヘンも。 個包装されているので、職場などで配るおみやげにも良いですね。 その後、原田農園が運営するイチゴハウスへ移動し、イチゴ狩りがスタート。 イチゴ狩りでは珍しい「高設栽培」を採用しているため、しゃがまずに摘めます。 腰がラクなので、ご年配の方にも安心です。 イチゴ狩りはシーズン終盤とはなりますが、まだまだ真っ赤に熟したイチゴがたくさんありますよ。 いちご狩りの次は、最終目的地「伊香保温泉」……に行く前に、群馬土産が何でも揃う「」へ立ち寄ります! イチオシは下仁田ねぎのようで、そちらこちらに下仁田ねぎ関連の商品が並んでいました。 店外には、こんにゃく芋キャッチャーなる珍しいキャッチャーゲームがあります。 本物ではなくレプリカのこんにゃく芋ですが、これをゲットできたら本物のこんにゃくなど豪華製品と交換できるのです。 そしてついに最終観光地、「」へ。 80分の滞在となりました。 まずは、365段の石段を上り、伊香保神社へ向かいます。 階段には、現在何段目なのかが表示されているので、それを励みに頑張って上っていきます。 階段の両サイドには、お土産屋さんなどのお店がずらりと軒を連ねています。 365段目に到達しました! 伊香保神社に着いて、お参りをしました。 頂上までは15分~20分くらいです。 帰りはゆっくり、お見せを覗きながら下りていきます。 途中には「 勝月堂」というおまんじゅう屋さんがあります。 創業明治43年。 100年もの歴史ある老舗です。 名物の「湯乃花まんじゅう」は全国に広がる温泉まんじゅうの発祥とも言われています。 黒糖の旨味と北海道十勝産の小豆が味わえる、こだわりのおまんじゅうは、バラ売りもしているので気軽に楽しめますよ。 滞在時間が80分とたっぷりあって散策だけでは時間が余ってしまい、せっかくなので日帰り入浴へと向かいました。 こちら「石段の湯」は入浴料410円で、タオルの販売は200円。 何も持ってきていない手ぶらでも、気軽に温泉が堪能できます。 安価ながら成分の濃い、本格的な温泉となっています。 湯上がりにしばらく散策をして、ほてった体をやすめたところで、今回の日帰りバスツアーは終了です。

次の

日帰りバスツアー特集

食べ放題 バスツアー

【~7:45】集合・出発 集合場所は「西梅田バス暫定駐車場」。 20分前に到着し、受付を済ませて待つこと15分でバスに搭乗。 参加者全員に迷惑がかかる時間厳守のバスツアー15分前にはもうかなりの人数が集まっていました。 出発予定時間の5分前、順次バスへ乗車開始。 座席表を確認して自分達の席へ。 トイレ付きのバスで、トイレは一番奥。 今回の席は9列目。 ちょうど9列目の席からシートピッチ(座席の前後間隔)が広く、ゆったりしていました。 JRで遅れが出ていたようで、10分遅れの「8:55」に出発。 電車の遅延なので仕方ないですが、参加者全員に迷惑が掛かるので、時間に余裕をもって集合した方がいいですね。 温泉にも入りたかったけど時間が1時間と少ないので街の散策のみ。 大谿川(おおたにがわ)の美しい形式を楽しみながらまずはJR「城崎駅」駅前へ。 「御所の湯」の前にお目当ての「城崎スイーツ」がありましたが、残念ながらお店は定休日。 バス駐車場に戻りながら、途中で立ち寄ったソフトクリーム専門店「 そふと工房」で「 黄金のカニソフト」(680円)という名前も味も気になるソフトクリームを購入。 テーブルにセッティングされていた茹でカニはスカスカでしたが、並んでいる茹でガニは新鮮で身の入りも良かったです。 「かに」も好きですが、「渡辺水産」で買ってしまったので今回は購入せず。 他も美味しかったので「 但馬ミックス」もついでに購入しました。 もう一つ気に入ったのが新商品の「 わさびあられ」。 こちらも購入。 ちょっと安過ぎ?と思っていましたが、そこはしっかり食材レベルなどで調整されていました。 食べ放題として陳列されているカニなどで美味しいのもありましたが、最初にテーブルに用意されていたのが「いつ作ったの?」心配になるくらいのカピカピっぷり。 鍋なんかは早く用意していてもまだいいですが、お寿司など鮮度が大事なので、ある程度考えて用意してもらいたいもんです… 常連さんなんかは、席に着くなりテーブルの料理には目もくれず大皿の方に向かっていました。 追加で料理がガンガン用意されていた感じもないので、大皿なども鮮度的にはそれほど新鮮ではないようでしたが、テーブルに並べられていたのよりはマシ。 種類が豊富なのもツアーの売りにしていましたが、茹でカニやウニ、イクラを集中して食べる方がお得な感じでした。 今回のツアーは料理よりむしろ、ビールが飲み放題というのが嬉しかったです!食べ放題って言ってもそれ程食べれないし、カニを肴にビールや日本酒でワイワイ。 時間が遅いほど鮮度が落ちていくみたい…「食べ放題ツアー」のバスツアーは初めてでしたが、昼食時間が遅いはちょっと注意が必要かも。 ビールをたっぷり飲んだのでトイレが近くなりましたが、バスの移動時間は1~2時間。 次の目的地・休憩までなんとか我慢ができました。 我慢できなくても、バスにトイレが付いていたので心強かったです。 常連さんから他のツアーのことやオススメツアーなどいろいろ教えてもらいとっても勉強になりました。

次の