北海道 ニュース コロナ ウイルス。 北海道、二つ目のクラスターか ライブバー関連で11人 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【北海道】新型コロナウイルス情報(函館メイン)

北海道 ニュース コロナ ウイルス

主要ニュース• 公式情報• - 北海道 道庁による公式発表や、道内の感染者数のグラフなど• - 北海道• - 北海道 保健福祉部 感染者の年代・性別・居住地など• - 北海道 教育委員会• - 北海道• - 北海道 支援情報や各相談窓口• - 北海道 保健福祉部• - 北海道• - 北海道 給付金や貸付、猶予などの各種支援情報• - 北海道 休業協力・感染リスク低減支援金など各種給付金や支援情報• - 北海道 資金繰りのご相談、各種支援策の紹介など「困りごと、不安」に応じた関連情報のまとめ• - 北海道 地域医療を守るため寄附金を募集• - 北海道 北海道民を対象にした道内旅行割引の対象施設 地域への影響• - 北海道テレビ放送 感染症対策を取り入れた暮らし スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

北海道のグループホームでクラスター 70代女性が死亡 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

北海道 ニュース コロナ ウイルス

小樽市で新たに感染が確認されたのは、いずれも小樽市在住の60代の男性と女性、70代の男性2人、80代の男性、年代が非公表の女性、それに年代と性別が非公表の3人の合わせて9人で、いずれも軽症か無症状だということです。 市によりますと、9人のうち7人は市内中心部ある繁華街、花園地区にある、昼間にカラオケができるスナックの利用客で、残りの2人のうち1人はこの店の経営者、もう1人は利用客の家族だということです。 市では、このスナックでクラスター=集団感染が発生したとしています。 また、7人はいずれもカラオケを楽しむサークルの仲間で、ほかのメンバーを含めた十数人で、毎週月曜日に、このスナックに集まっていたということです。 このスナックは広さが28平方メートルと手狭で、利用客の中には微熱がある状態で、来店した人もいたということで、市はこの利用客から感染が広がった可能性があるとみています。 迫俊哉市長は会見で「小樽市にとって、これまでにない件数が一度に発生し、市内での拡大について大きな危機感を抱いている。 小樽は観光都市なので、客を受け入れるすべての事業者に対し、感染の予防策を徹底するよう再度呼びかけていきたい」と述べました。 24日、北海道内で新たに感染が確認されたのは10人で、感染者がふた桁となったのは今月12日以来です。 北海道内の感染者はこれで延べ1210人、このうち死者は98人で、治療を終えた人は延べ1028人です。 北海道小樽市の花園地区にある、別のスナックの経営者は、困惑の表情を見せています。 この地区で営業する「SNACK霧子」は、1か月半の間、昼間は休業していましたが、今月から営業を再開しました。 再開後は、利用客がカラオケを利用したあとは、アルコールを含んだ布でマイクを毎回拭き取るほか、定期的にドアを開けて換気するなど感染予防策を徹底しています。 しかし、今回の感染拡大を受けて、親族からは休業するよう促す連絡が後を絶たないといいます。 店を経営する高橋純子さんは「小樽では、しばらく感染者が出ていなかったので、まさかと驚きました。 店側は消毒を徹底していてもウイルスは見えないので、どうなるか分からない。 利用客は今後絶対減ると思うし、この先の営業をどうするか、みんなと相談したい」と戸惑いの表情を見せていました。 北海道小樽市の花園地区にある別の店舗で、カラオケを利用している人たちからは不安の声が聞かれました。 このうち80代の女性は「この地区では、これまで1人も感染者が出てなかったので安心していましたが、やっぱり小樽まで発展したかという気持ちですね。 私もラジオでニュースを聞いたので、これから帰ります」と話していました。 また、60代の男性は「小樽は観光地なのになぜ感染者が出ないのかと、ずっと不思議でしたが、これから小樽でも感染が広がりそうで不安です。 市内で昼間にカラオケができる店の経営者は、かなり消毒を徹底しているので、感染者は出ないと思っていましたが、いろんな客が入ってくるので、自分自身で予防するしかないと思います」と話していました。

次の

北海道、二つ目のクラスターか ライブバー関連で11人 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

北海道 ニュース コロナ ウイルス

北海道内で二つ目となる新型コロナウイルスの小規模な感染者集団(クラスター)が見えてきた。 北海道最大の繁華街・ススキノのライブバー「シング・シング・シング」(南6西4)にかかわる感染者数が11日、11人になった。 北海道北見市の展示会にかかわる感染者数についても、少なくとも13人に上っており、クラスターとみられている。 北海道や札幌市は、感染経路などを調べている。 北海道と札幌市、旭川市は11日、いずれも日本国籍で30~70代の男女計7人の感染者を確認したと発表した。 道内で確認された感染者は計118人となった。 このうち50代の女性(112例目)は、「シング・シング・シング」に勤務する60代女性(79例目)の親族にあたる。 同じ親族の60代男性(110例目)の濃厚接触者でもあるという。 同店は約40平方メートルで、収容人数は最大30人。 ビルの地下にあり、換気は良くない。 歌手が生伴奏に合わせて歌うステージショーが人気で、お酒も楽しめる。 札幌市は、飛沫(ひまつ)感染のリスクもあったとみている。 また、別の50代の女性(115例目)は、札幌市中央区の斗南病院の看護師という。 3日に同病院を外来で受診した後に感染が判明した北大職員の60代男性(83例目)を担当した。 看護師は7日に呼吸苦や倦怠(けんたい)感の症状が出て、10日に感染が判明した。 斗南病院は11日、新規の外来を断り、予約患者には事情を説明して了承を得た場合にのみ診察。 12~16日の外来は休診にするという。 保健所では、感染者の男性が3日に受診した際に周囲にいた人を中心に、感染の状況を調べている。 一方、北見市内で開かれた生活関連商品展示会は準備期間を含めて2月13~15日に開かれ、約700人が来場したという。 (田之畑仁、芳垣文子、天野彩).

次の