コロナ 大げさ - 堀江貴文氏、日本国内のコロナ反応に「騒ぎすぎ」

大げさ コロナ なぜ、風邪(コロナ)の流行で世界がこんなに騒ぐのだろう?

年末なのに、コロナごっこが止まらない。マスコミテレビ新聞の高笑い。

大げさ コロナ 大げさな新型コロナウィルス報道は悪!過剰な自粛が人を殺す!

インドでのコロナ危機はでっち上げ!

大げさ コロナ 今だから話そう!田舎のコロナ事情。コロナ感染より怖いものは・・・

コロナって、正直大げさですか?

大げさ コロナ インドでのコロナ危機はでっち上げ!

大げさ コロナ 石田ゆり子が新型コロナ報道に異例のコメント→もう民放ワイドショーなんて邪魔でしかない。

医師が明かす「コロナを恐れる必要がない理由」 死亡者は前年比減少、治療法も大きく進歩

大げさ コロナ 新型コロナで「情報汚染」されたメディアが報じない「5つの真実」(松村 むつみ)

年末なのに、コロナごっこが止まらない。マスコミテレビ新聞の高笑い。

大げさ コロナ 今回のコロナウイルス騒ぎ、大げさだと思ってるんですが甘く見すぎですかね

大げさ コロナ 医師が明かす「コロナを恐れる必要がない理由」 死亡者は前年比減少、治療法も大きく進歩

石田ゆり子が新型コロナ報道に異例のコメント→もう民放ワイドショーなんて邪魔でしかない。

大げさ コロナ コロナって、正直大げさですか?

コロナって、正直大げさですか?

大げさ コロナ 「コロナ死4000人vs.肺炎死10万人」という数字をどう読むべきか コロナはどれくらい怖い病気なのか

医師が明かす「コロナを恐れる必要がない理由」 死亡者は前年比減少、治療法も大きく進歩

「コロナ死4000人vs.肺炎死10万人」という数字をどう読むべきか コロナはどれくらい怖い病気なのか

以上、パンデミック、パンデミックと騒ぎ立てる日本のマスコミや自治体の強迫神経症ぶりを指摘してきました。

  • この国が発する情報は疑ってかかるべきだ。

  • タマ 濃厚接触しているならまだしも、道を歩いてるだけで「あぶない」と騒ぐ低能が多いこと多いこと。

  • 空気感染する可能性はあるが未確定 国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられるものの、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

医者の僕でも、コロナウイルスをナメていたが、間違っていた。

  • (崩壊させたのが自分達なので当たり前でしょうが) そして当時、医療制度を叩いて飯を食ってきたマスコミも、この10年間ほとんど警告を発していません。

  • その映像とともに、日本の何十倍にも相当するヨーロッパの感染者数が日々報じられれば、それを明日はわが身と思う人が増えるのも、不思議ではない。

  • しかし、いまではマスクや消毒液の品切れは地方の隅々にまで拡大したのか(九州で初の感染者は2月20日福岡で)。

「コロナ死4000人vs.肺炎死10万人」という数字をどう読むべきか コロナはどれくらい怖い病気なのか

インフルエンザも同じですが、ウイルスは「感染する人が多ければ多いほど、ウイルスが変化する」と言う特性があります。

  • あらかじめこれに対応しておかねばならない。

  • そうしたら自殺者がどれだけ出るか、想像してみてください」と異論を唱え、「多くの人たちは、満員電車に乗ったり、がちゃがちゃした場所に行ったりとか、睡眠や栄養を十分にとらなかったりとか、まずはその対策をしなさいよ」と繰り返した。

  • もう一度、気を引き締めて対処しないといけませんね。

新型コロナウイルス騒ぎすぎで分かるバカの特徴|ミスターコンプレックス|note

日本でもふだんからマスクをしない人はいまもつけないしつけたがりません(先日も先生くらいの年代の地方政治家が悶着を起こしていましたね)。

  • それについては追って考えることとし、医療現場の現況についての話を聞こう。

  • 咳やくしゃみのある電車やエレベーターなどは感染するかも知れませんね。

  • 3日目に受診しました。

石田ゆり子が新型コロナ報道に異例のコメント→もう民放ワイドショーなんて邪魔でしかない。

それでもイギリス政府はイギリス国民に以前のような自由と権利を与えていないのです。

  • イルカウォッチングだけでなく、我が家もゲストハウスを経営してるので客商売。

  • 「おじいちゃん、おばあちゃんにうつるといけないから離れててね」 って言われるでしょ?(高齢者が死んでもかまわない場合は除いて) 感染力を考えれば距離とって手洗い・うがい。

  • 高齢者施設や医療機関でも、感染者が一人出たら、大勢に広がる前に検査をして対処できるようになりました」 こうして感染者の大幅な増加を免れることができていたわけだ。

コロナって、正直大げさですか?

今年の春以来、メディアを通して最も耳にし、同時に目にする機会が多かった語の一つが「感染者」または「感染者数」であったことは、疑う余地がない。

  • かなりエラーがでると思うんですね 今回のサンプルは本当に汚いサンプルでやっているので どんな配列が同位でつながるか?どんなものが出ているかわからない状態だと思いますよ それをまあ何とかつないだとなっているんですが これが本当に信用できますか?ということなんですね でーこの彼らの遺伝子をWHOがCovid19と名前をつけて、もう教科書みたいにしちゃったんですよ これが世界のスタンダードになっちゃったんですよ H: その遺伝子配列 O: えー 遺伝子配列 中国のグループが決めた遺伝子配列がです これ誰も検証していないんですよ実は H: え?! O: 正しいかどうかは? H: 普通検証しますよね? O: 検証しないんです。

  • これおかしいと思わない人はいないでしょう。

  • 同時に、人と人が顔を突き合わせながらチームを組んで仕事をすることのメリットも再認識された。




2021 cdn.snowboardermag.com