育ち すぎ た アロエ。 収穫したアロエでアロエヨーグルトを作ります。

保存が難しいアロエですが、アロエ酒にすれば長期保存が可能です。

育ち すぎ た アロエ

2016年12月16日 はどういうタイミングで剪定なり株分けをすればよいのでしょうか? 投稿者 Everandaさん 投稿日時: 2011-8-21 0:32の過去ののお困りの際にお役に立てる情報かと思う記事がきちんと見れない状態でしたため、こちらのブログの方へそのままの状態で移設させていただきました。 こんばんは。 掲示板を初めて利用させていただきます。 キダチアロエが育ちすぎてどうしたらよいか困っています。 以前、別の鉢植えを他で教えてもらって子株の株分けをしてみたのですが、中央の親株が枯れてしまいました。 そこで、 1.親株はあきらめるものなのでしょうか 2.ここまで大きくならないようにするにはどういうタイミングで剪定なり株分けをすればよいのでしょうか? 教えて下さい。 よろしくお願いします。 投稿者 かけとさん 投稿日時: 2011-8-21 21:13 1については、そんなことはないです。 たまたま親株は失敗してしまったのでしょうね。 2ですが、挿し木するにしても株分けするにしても、よい時期は春から夏の間です。 秋もできないわけではないですが……。 時期によっては失敗することもあります。 ただ、これは挿し木、株分けに適した時期であって、大きくさせたくないタイミングではありません。 少し質問が分からないのですが、タイミングによって育たなくなることはないので、できるだけ切り詰めるか小さい子株を選び、それを毎年するしかないのでは。 しかし、大きくさせたくない、というのは今の管理のままだと難しい話になるでしょうね。 Everandaさんがよい管理をしているので、アロエももじゃもじゃ殖えてどんどん大きくなるのですから。 まあ……小さい鉢で何年も植え替えない、みずやりを滅多にしない、冬ギリギリの寒さの中に置くとか、いじめぬくと育ちが悪くなりますが……。 あと、肥料は与えないことです。 土も赤玉土だけとか。 快適であるほどぐんぐん育つのですから。 やってみると分かると思いますが、かなり成長のスピードは変わりますよ。 株の状態も変わりますし、かわいそうだと思ったらできませんけど……。 投稿者 Everandaさん 投稿日時: 2011-8-21 22:07 ありがとうございます。 よい管理と言っていただいて、うれしいやら・・複雑です・・。 家の中で動物を飼っているので冬も屋内にはいれず、がんばってもらっていますが、その他の環境を悪化させるのは確かにかわいそうで出来そうにありません。 2の質問ですが、切り詰め方を教えていただけたらと思って書きました。 親株を残して子株を切り詰めるのか、ゴーヤなどのように延びる先端をカットすれば上にはのびにくいとか、もしあれば教えていただけたらといます。 また植え替えても同じくらい大きなアロエ鉢が増えるのはちょっと辛いです。 投稿者 かけとさん 投稿日時: 2011-8-22 19:47 親株を残すと上にぐんぐんのびますよ。 親株をカットしたらわき芽がうじゃうじゃ出ますよ。 どちらがよいですか……? 強い植物です。 いずれ大きくなりますし、それ以上に子株がすごいことになります。 残念ですが、かわいそうと思っていると、言い方が悪いですが始末ができなくて増える一方なんです……。 アロエを薬や美容目的で利用されているなら、どんどん使ってあげるのがよいかと……。 とりあえず大きくなるのが困るのでしたら、植替えの時に土くらいは変えたほうがいいのではないでしょうか。 今どんな用土で植えられているのか分かりませんが、ふかふかした腐葉土などが入っている土だとよく成長します。 硬くてぱらぱらした乾きやすい土がいいです。 いじめないにしても、みずやりも減らして大丈夫ですよ。 様子を見て、少しずつでも減らしてみては? 投稿者 Everandaさん 投稿日時: 2011-8-22 21:58 どちらかを選ばないといけないのですね。 ここ数年植え替えをしていないので、次にするときは土を考えます。 (今はアロエ用の土です。 )ありがとうございました。 投稿者 ゲストのガーデナーさん 投稿日時: 2012-5-30 20:27 1)簡単にお答致します。 まず親株は枯れた所から切断数日間乾燥そしてさし木をします。 緑のとこまでカット。 枯れた所は捨てる。 2)御自分でどこまで育てるか決めて茎を切断、乾燥、さし木これを行えば大きくなりません。 投稿者 ばんざいうさぎさん 投稿日時: 2012-5-31 13:36 株の更新をおこなうしかないですね。 これは仕立て直して株を小さくすると言う事。 育ちをなるべく遅くしたいなら子株を数株育てて、親株と余分な子株は収穫して利用します。 有る程度の大きさを保ちたいなら、親株の茎の途中から茎を切り離し葉を数枚取って茎をむき出しにして数日放置して切り口を乾かしてから、あまり大きくない鉢に挿し、根の張り具合を見ながら適宜植え替えしておく。 いずれにしても、屋外なら梅雨明けからが更新の時期ですね。 収穫した茎や葉は、薬効があるのでだいたい一年以上薬剤を使っていなければ食べたり外用に使えます。 細かく刻んで天日干しにしてアロエ茶に(苦みは弱くなります)、緑の部分を剥いて透明な部分をヨーグルトなどに混ぜて食べ食感を楽しむ(市販の食用のアロエは巨大なベラ種ですが、キダキ種も可食部は少ないものの同様に使えます)、皮膚が赤くなる程度の軽い火傷や軽い擦り傷なら患部を清潔にし透明な部分を当てたりと、元々は薬草として栽培していたものなのでいろいろな民間療法の使い方があります。

次の

アロエの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します

育ち すぎ た アロエ

こんばんは。 3年ほど前に普通サイズで買ったアロエが二鉢、サイズ10号鉢ですが大きくなっていくものの、何かに使う方法もわからずそのままにしていたら、とうとう親株1m弱、周りから子株が10本ほど出てしまい細い葉でひょろひょろにあちこちに伸び、鉢が転びそうです。 何にせよ一度植え替えをかねて掘り返さないといけないとは思っているのですが 1.前回同じくらいサイズのアロエを土ごと新聞紙にあけて、横から出ている子株を剥がすように取ったら親株が枯れてしまいました。 いくつかは残さないといけないのでしょうか?剥がすのではなく、正しい取り方があるのでしょうか? 2.たくさんの子株が出るとひょろひょろになるので、それを避けて本数少なく育てるのに剪定するならどこからきったらよいですか? 本当は地面に植えてどこまで育つか見たいのですが当方、東向きのベランダで、直植えはできません。 よろしくお願いします。 こんにちは >サイズ10号鉢 直径30センチの鉢ですか?1号につき3センチですよ。 ひょろひょろに育つと言うのがどうもよく分かりませんが、どうも生育不良のようですね。 「アロエ」で画像検索をしてご自身のものと比べた時、どのような違いがあるでしょうか? アロエの株分けは子株の根本をカッターナイフなどで切り離し、切り口を乾燥させてから挿し芽をします。 同じく伸びすぎた親株も切り取って挿し芽をして高さを下げたりします。 いずれにしても、これからは越冬の準備に入る時期で、上記の作業を行うのは適しません。 通常4月下旬から6月上旬に行うことになります。 沖縄や南西諸島、小笠原以外の地域なら現状のまま越冬するしかないと思います。 A ベストアンサー 不夜城は種間交雑種ですので食用に適さない場合もあり注意が必要です。 食用時の効能は一般的に下剤効果があるので便秘などに効くと言いますが 胃炎や大腸の色素沈着などあまり良くない話もあります。 また、アロエの副作用は「日本薬局方」に大量の服用は腹部の仙痛と骨盤内の臓器の充血を起こすので、 妊娠時、月経時、腎炎、痔疾の場合などには注意を要すとあります。 外用に使う場合、傷ややけどの患部に皮を剥いで貼るのが一般的ですが アレルギー体質の人はパッチテストなどを行ってから使うようにしてください。 子株の件に関しては親株を処分するか 子株を処分するかして数を保つのが一般的です。 勿体無い、可愛そうという気持ちも解りますが 30個というのは少し放置しすぎですねw 植物を育てるには思いやりだけでなく、おもいきりも大切です。 A ベストアンサー 剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。 開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の 先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。 もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。 サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら どうでしょう。 1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で 植えているので、全て丸型に刈りこんでます。 剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。 剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、 メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー と言います。 利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも 楽に切れる事です。 難点としては重たいのと価格が高い事です。 家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思 います。 画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると 思いますよ。 エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて も疲れ難いですね。 コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方 でも使えるはずです。 僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。 それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し ては誰よりも上手いと勝手に思っています。 丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。 横は何とか出来る のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。 いかにして波のように させないかが至難の業です。 剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。 開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の 先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。 もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。 サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら どうでしょう。 1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で 植えているので、全て丸型に刈りこんでます。 剪定をする時の道具ですが、手刈りをする... A ベストアンサー どうして芝生の中にアロエが生えて来るのでしょうか。 本当にアロエで 間違いありませんか。 アロエとは違う植物かも知れません。 芝生を張った時に整地をしますが、その時にアロエの根が残っていたと しても、芝生の中にあるため育つ事は考えられません。 現物を見ていないので何とも言いにくいのですが、その物体がアロエと 仮定して申しますが、アロエなら乾燥に強いので水遣りを控えれば枯れ るはずです。 しかしその前に芝生が枯れますから、水遣りを控えても無 駄になってしまいます。 除草剤ですが、芝生には芝生専用の除草剤があります。 芝生専用以外の 除草剤を使用すると、雑草だけでなく芝生も一緒に枯れてしまいます。 ラウンドアップは芝生には使用出来ませんので、使用すると芝生も枯れ てしまうでしょうね。 またアロエはユリ科の多肉植物ですから、アロエ に有効な除草剤は現時点では市販されていません。 芝生専用の除草剤を 使用しても、たぶん枯れないと思いますよ。 アロエは繁殖率が高いので、根元から切っても根元にいる子株によって 繁殖し続けます。 アロエの根元付近を広めに掘り、子株ごと除去するし か手はありません。 除去した部分には穴が開いたように見えますが、芝生はホフク性の植物 ですから、暫くすれば穴は自然に塞がります。 それにしても不思議でなりません。 どうしてアロエが生えるのでしょう かね。 芝生が張られている場所には、以前にはアロエが植えてなかった でしょうか。 考えられるのはそれだけです。 どうして芝生の中にアロエが生えて来るのでしょうか。 本当にアロエで 間違いありませんか。 アロエとは違う植物かも知れません。 芝生を張った時に整地をしますが、その時にアロエの根が残っていたと しても、芝生の中にあるため育つ事は考えられません。 現物を見ていないので何とも言いにくいのですが、その物体がアロエと 仮定して申しますが、アロエなら乾燥に強いので水遣りを控えれば枯れ るはずです。 しかしその前に芝生が枯れますから、水遣りを控えても無 駄になってしまいます。 除草剤ですが、芝生に... A ベストアンサー 薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用 すれば短期間で枯らす事が出来ます。 まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。 電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下 さい。 現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。 この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫 駆除に使用する農薬です。 家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ ば、それを使用されて下さい。 なければホームセンターで一番容器の小 さい物を1つと、スポイトを購入して下さい。 スポイトで農薬の原液を穴に注入し、穴を粘土やガムテープで止めて下 さい。 要は薬剤が気化しないようにするためと、謝って動物がなめない ようにするためです。 このまま1週間から10日放置をし、再び薬剤を 注入します。 2~3回程度繰り返せば、後は薬害により枯れるのを待つ だけです。 一気に枯らす事は出来ませんが、この方法だとシロアリ発生 防止にもなりますし、枯れた時点で根はスカスカになるので、撤去する 時は楽です。 除草剤では液が流れ出て地面に浸透した部分は、除草剤の成分が消える までは何も育たなくなります。 除草剤は使用しない方がいいですね。 農薬は外に流れ出ないようにするのがポイントで、ドリルで穴を開けて から薬剤が流れ出るようなら、その穴は使用しないで別に穴を開けるよ うにします。 薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用 すれば短期間で枯らす事が出来ます。 まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。 電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下 さい。 現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。 この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫 駆除に使用する農薬です。 家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ ば、それを使用されて下さい。 なければホームセンターで一番容器の小... A ベストアンサー 家庭菜園にて肥料として使っています。 キャベツの場合 ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。 過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。 あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。 仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。 ほかにも同様のやり方で育つものとして、 トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。 土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。 もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。 Q 7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。 (今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。 カモミールは夏枯れました) 苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。 根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。 掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。 既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、 また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。 また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。 あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。 回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。 よろしくお願いします。 7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。 (今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。 カモミールは夏枯れました) 苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。 根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ... A ベストアンサー 園芸は土つくりです。 表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。 その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。 wikipedia. 業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。 問題は質問者様の後々の管理です。 そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。 7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。 かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。 手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、 大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、 そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。 堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。 一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。 底の方の小石は排水のために故意に入れています。 あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。 情況から見れば良心的な施工だと思います。 植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。 季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。 また、土は必ず酸性に変わってきます。 消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。 これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。 (ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。 園芸は土つくりです。 表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。 その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。 wikipedia. 業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。 問題は質問者様の後々の管理です。 そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる... A ベストアンサー はじめまして、 アロエベラですか? アロエはユリ科の植物でサボテンの仲間になります。 寒さ&湿気を嫌います。 寒さと、水のやりすぎはダメのようです。 葉っぱの色が茶色っぽく変色するのはお水の 与えすぎかもしれませんね。 鉢の土が湿り過ぎるのもダメのようです。 それと、水受けのお皿にお水を与えてから たまっているのを、そのままにしておかないで お水は捨てたほうが良いようです。 bloom-s. htm Q 9月ごろからなぜか急に植物に興味が出て来た初心者です。 出かける度に1鉢、また1鉢、とお友達が増えて来ました。 ところで、問題のアロエは、不夜城というアロエで、土から背丈20センチ位の小さなヤツでした。 最初の頃に買ったものでアホな事に名前までつけていましたが、どうも最初から株がグラグラするな、と思っていたら何と、腐っていてボキッと折れちゃったのです。 加湿はいけない、と言う事は知っていたので、むしろ乾き過ぎかと思う位にしていましたが、そういう株を買って来てしまったようなのです。 できれば、何とか再生して欲しいと思い、腐った部分を新しいカッターで切ったら、株が小さかったので全部1枚ずつにバラバラになってしまったのです(悲!) この葉っぱ、切り口は乾かしてありますが、春まで待って、挿木できますか?もう、諦めた方がいいですか? Q 鉢植えで買って来てもう10年も庭の隅にほっていたアロエに、今年初めて花が咲きそうです。 見たことなかったので驚いて、(竹みたいに)枯れるんじゃないかと心配して検索したら、同じような質問がありました。 それによれば、種類によって咲く、環境が良かったり悪かったりで咲く、夏に水が少ないと咲きやすい(今年はまさにそうだと思います)。 いずれにしろ珍しい現象ではないことがわかりました。 火傷したときなどのために一本あれば、と思って買って来たアロエですが、幸いまだお世話になったことがなく、葉をちぎったこともありません。 ずいぶん長くなるのに、たいして大きくもなっていないようです。 よく枝分かれしてどんどん伸びてるアロエを見かけますが、普通はあんなに大きくはならないものでしょうか。 種類によるんでしょうか。 我が家のアロエは東急ハンズで買って来た、たてに縞の入った葉です。 栄養状態が悪いと花が咲く、というのに当てはまってないか少し心配です。 葉の部分をさわってもはりがないし(雨が降らないからかな?)、蜘蛛の巣がはったりしてて、あまり元気がないようにも見えます。 このまま放置して花を観賞してていいものかどうか、アドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。 鉢植えで買って来てもう10年も庭の隅にほっていたアロエに、今年初めて花が咲きそうです。 見たことなかったので驚いて、(竹みたいに)枯れるんじゃないかと心配して検索したら、同じような質問がありました。 それによれば、種類によって咲く、環境が良かったり悪かったりで咲く、夏に水が少ないと咲きやすい(今年はまさにそうだと思います)。 いずれにしろ珍しい現象ではないことがわかりました。 火傷したときなどのために一本あれば、と思って買って来たアロエですが、幸いまだお世話になったことがなく... A ベストアンサー そのアロエは不夜城という種類だと思います。 不夜城は薬草効果が普通種のキダチアロエの5倍で形が小ぶりで可愛いので観賞用としても有名ですね。 以前育てていた不夜城はキダチアロエに比べてあまり大きくはなりませんがキダチアロエに比べて果肉が多く苦味が少ないですし、うまく成長すれば毎年花が咲きます。 キダチアロエの花はなかなか咲きませんが不夜城は咲きやすく花色はオレンジです。 私のところに今あるキダチアロエは2年目で高さ50cm位で花が咲き始めそれ以降3年間毎年咲いていますが枯れることもなく元気ですよ。 夏場に水を切ると12月以降にオレンジ色の綺麗な花が咲きます。 確かに植物は状態が厳しい時に子孫を残そうと花を咲かせますが花後のケアーを確りすれば枯れることはありません。 アロエは結構丈夫な植物なので余り心配しなくても大丈夫だと思いますが蜘蛛の巣は取り除いて遣って今の季節に葉がシワシワの時は水を遣った方が良いでしょう。 下記サイトの下段の育て方をご参照下さい。 mars. dti. komeri. html そのアロエは不夜城という種類だと思います。 不夜城は薬草効果が普通種のキダチアロエの5倍で形が小ぶりで可愛いので観賞用としても有名ですね。 以前育てていた不夜城はキダチアロエに比べてあまり大きくはなりませんがキダチアロエに比べて果肉が多く苦味が少ないですし、うまく成長すれば毎年花が咲きます。 キダチアロエの花はなかなか咲きませんが不夜城は咲きやすく花色はオレンジです。 私のところに今あるキダチアロエは2年目で高さ50cm位で花が咲き始めそれ以降3年間毎年咲いていますが枯れる...

次の

教えて下さい アロエが育ちすぎです

育ち すぎ た アロエ

2016年12月16日 はどういうタイミングで剪定なり株分けをすればよいのでしょうか? 投稿者 Everandaさん 投稿日時: 2011-8-21 0:32の過去ののお困りの際にお役に立てる情報かと思う記事がきちんと見れない状態でしたため、こちらのブログの方へそのままの状態で移設させていただきました。 こんばんは。 掲示板を初めて利用させていただきます。 キダチアロエが育ちすぎてどうしたらよいか困っています。 以前、別の鉢植えを他で教えてもらって子株の株分けをしてみたのですが、中央の親株が枯れてしまいました。 そこで、 1.親株はあきらめるものなのでしょうか 2.ここまで大きくならないようにするにはどういうタイミングで剪定なり株分けをすればよいのでしょうか? 教えて下さい。 よろしくお願いします。 投稿者 かけとさん 投稿日時: 2011-8-21 21:13 1については、そんなことはないです。 たまたま親株は失敗してしまったのでしょうね。 2ですが、挿し木するにしても株分けするにしても、よい時期は春から夏の間です。 秋もできないわけではないですが……。 時期によっては失敗することもあります。 ただ、これは挿し木、株分けに適した時期であって、大きくさせたくないタイミングではありません。 少し質問が分からないのですが、タイミングによって育たなくなることはないので、できるだけ切り詰めるか小さい子株を選び、それを毎年するしかないのでは。 しかし、大きくさせたくない、というのは今の管理のままだと難しい話になるでしょうね。 Everandaさんがよい管理をしているので、アロエももじゃもじゃ殖えてどんどん大きくなるのですから。 まあ……小さい鉢で何年も植え替えない、みずやりを滅多にしない、冬ギリギリの寒さの中に置くとか、いじめぬくと育ちが悪くなりますが……。 あと、肥料は与えないことです。 土も赤玉土だけとか。 快適であるほどぐんぐん育つのですから。 やってみると分かると思いますが、かなり成長のスピードは変わりますよ。 株の状態も変わりますし、かわいそうだと思ったらできませんけど……。 投稿者 Everandaさん 投稿日時: 2011-8-21 22:07 ありがとうございます。 よい管理と言っていただいて、うれしいやら・・複雑です・・。 家の中で動物を飼っているので冬も屋内にはいれず、がんばってもらっていますが、その他の環境を悪化させるのは確かにかわいそうで出来そうにありません。 2の質問ですが、切り詰め方を教えていただけたらと思って書きました。 親株を残して子株を切り詰めるのか、ゴーヤなどのように延びる先端をカットすれば上にはのびにくいとか、もしあれば教えていただけたらといます。 また植え替えても同じくらい大きなアロエ鉢が増えるのはちょっと辛いです。 投稿者 かけとさん 投稿日時: 2011-8-22 19:47 親株を残すと上にぐんぐんのびますよ。 親株をカットしたらわき芽がうじゃうじゃ出ますよ。 どちらがよいですか……? 強い植物です。 いずれ大きくなりますし、それ以上に子株がすごいことになります。 残念ですが、かわいそうと思っていると、言い方が悪いですが始末ができなくて増える一方なんです……。 アロエを薬や美容目的で利用されているなら、どんどん使ってあげるのがよいかと……。 とりあえず大きくなるのが困るのでしたら、植替えの時に土くらいは変えたほうがいいのではないでしょうか。 今どんな用土で植えられているのか分かりませんが、ふかふかした腐葉土などが入っている土だとよく成長します。 硬くてぱらぱらした乾きやすい土がいいです。 いじめないにしても、みずやりも減らして大丈夫ですよ。 様子を見て、少しずつでも減らしてみては? 投稿者 Everandaさん 投稿日時: 2011-8-22 21:58 どちらかを選ばないといけないのですね。 ここ数年植え替えをしていないので、次にするときは土を考えます。 (今はアロエ用の土です。 )ありがとうございました。 投稿者 ゲストのガーデナーさん 投稿日時: 2012-5-30 20:27 1)簡単にお答致します。 まず親株は枯れた所から切断数日間乾燥そしてさし木をします。 緑のとこまでカット。 枯れた所は捨てる。 2)御自分でどこまで育てるか決めて茎を切断、乾燥、さし木これを行えば大きくなりません。 投稿者 ばんざいうさぎさん 投稿日時: 2012-5-31 13:36 株の更新をおこなうしかないですね。 これは仕立て直して株を小さくすると言う事。 育ちをなるべく遅くしたいなら子株を数株育てて、親株と余分な子株は収穫して利用します。 有る程度の大きさを保ちたいなら、親株の茎の途中から茎を切り離し葉を数枚取って茎をむき出しにして数日放置して切り口を乾かしてから、あまり大きくない鉢に挿し、根の張り具合を見ながら適宜植え替えしておく。 いずれにしても、屋外なら梅雨明けからが更新の時期ですね。 収穫した茎や葉は、薬効があるのでだいたい一年以上薬剤を使っていなければ食べたり外用に使えます。 細かく刻んで天日干しにしてアロエ茶に(苦みは弱くなります)、緑の部分を剥いて透明な部分をヨーグルトなどに混ぜて食べ食感を楽しむ(市販の食用のアロエは巨大なベラ種ですが、キダキ種も可食部は少ないものの同様に使えます)、皮膚が赤くなる程度の軽い火傷や軽い擦り傷なら患部を清潔にし透明な部分を当てたりと、元々は薬草として栽培していたものなのでいろいろな民間療法の使い方があります。

次の