ビゴ 鎌倉。 【鎌倉】大通りから路地裏まで。高レベルなパンに出会える鎌倉ベーカリー19選

鎌倉で「絶対行きたいパン屋」はココ!鎌倉駅から徒歩20分圏内のオススメ5店(1/3)

ビゴ 鎌倉

働く主婦が自由な時間を作ろうと思ったとき、 家族の協力が無いとなかなかできないものですよね。 そして、ちょっとの努力も必要だったりするもの。 今日は朝から早起きをして、1人の時間を作らせてもらいました。 まずは、最大限の努力をして朝5時半の最寄り駅発の電車に飛び乗って〜、、、 鎌倉に来ましたー! 神社仏閣が多いこの街。 住みたいですよ!住みたいですよ!!私。 でも、その願いは当分叶わないので 住んだら活躍する事間違いなし、もしくは旅行で行った時に 朝の時間を有効活用できるお店に行ってきました。 『モン・ペシェ・ミニョン』 朝7時〜オープンしているパン屋さんです。 なかなかこの時間から空いているカフェは少ないので、 朝活したい人におすすめのお店です! 鎌倉駅に到着した私、駅ロータリーのバスの数に驚きました。 お店に行くには、 「岐れ道」のバス停まで行かなくてはならない。 しかし「岐れ道」ってなんて読むのかさえ分からなかった私。 人に伺うのも恥ずかしかったので、バスの路線図を確認しに行きました。 バス停の名前をぐぐっと見渡すと、 ありました!!この赤丸が駅で、赤四角枠がそこを通る路線。 鎌倉駅東口を降りて斜め右前にあるバス停から出発する路線。 ちょうどバスが止まっていたので、乗り込もうとした時、、、 私の乗ったことがあるバスとは違う乗り方に若干の戸惑いを覚えました。 バスの真ん中あたりにあるドアが開いているので、そこから入り、 ICカードをピピッとかざします。 そう、乗る時と出る時にピピッとICカードをかざして、 距離によって金額が変わるパターンです。 (都電は乗るときに一回だけピピッとするものですよね。 ありがたいなー。 なんて思いながら外を見ていると、 「鶴岡八幡宮」を通り過ぎ、2駅後がいよいよ 「岐れ道」。 バスの案内を聞いて知りました。 この読み方は 「わかれみち」でした。 私はクロックムッシュと桃のガレットをピックアップして、 レジでコーヒーを注文。 中のハムの塩気も絶妙でした。 桃のガレットの中はしっとり、パイの端部分はさっくり。 バターの香ばしい香りと、桃の甘さずっぱさが程よいです。 2階にいると、店員さんの「いらっしゃいませ」の声が 何度か1階から聞こえてきましたが、 朝の時間はテイクアウトされるお客様が多いようで、 2階のカフェには私だけ。

次の

Bergfeld 鎌倉本店 【UNIQUELY鎌倉】

ビゴ 鎌倉

「モン・ぺシェ・ミニョン ビゴの店」は鶴岡八幡宮の先にあります 鎌倉駅を降りてを通り、さらにその先にあるやを目指す途中。 「岐れ路」という交差点の右側にある 「モン・ペシェ・ミニョン」は、駅から歩くと16分ほどで到着できます。 パッと見パン屋さんだとはわかりづらい茶色い一軒家で、目の前が駐車場になっています。 入り口にはテラス席がいくつかあり、ワンちゃん連れのお客さんを見かけました 🙂 1階はテイクアウト&ドリンクの注文も 1階には様々なパンやお菓子、チーズ、ジャムなどが並んでいます。 イートインする場合はここでコーヒーや紅茶などのドリンク類の注文をしましょう。 2階にイートインコーナー(カフェ)あり 2階に上がると、テーブルやソファ席がいくつかと ちょっと狭いですが、テラス席があります。 濃厚な甘さでコーヒーが進んじゃいます! フレンチトースト(@280円)は、上がフランスパンらしくカリッとしていて、底のほうは卵感あってしっとり。 ついつい甘いパンばっかり食べてしまうけど、本当は具だくさんのサンドイッチもかなり惹かれたんです 😛 サンドイッチとドリンクのセットが確か700円で、それも次は食べてみたい! 「モン・ペシェ・ミニョン ビゴの店」の営業時間・アクセス・地図など 「モン・ペシェ・ミニョン ビゴの店」• 住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下4-3-17• アクセス:JR横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉駅」下車、東口より徒歩約16分/バスの場合「鎌20、23、24、36」に乗車約5分、「岐れ道」下車すぐ• 電話番号:0467-53-7805• 営業時間:7:00~19:00• 必ずご自身で確認の上ご利用下さい まとめ:モーニングや鎌倉散策の合間にぜひ行きたいパン屋さん! 鎌倉在住の私ですが、普段こっち側に来る機会がなくかなり久しぶりだったけど、やっぱり美味しいなと思いました 🙂 イートインコーナーがあって、コーヒーを飲みながらパンが食べられるって嬉しいですよね! 鶴岡八幡宮や鎌倉宮、さらにその先の浄妙寺、報国寺付近への観光・散策ついでに立ち寄るのもオススメですよ。

次の

【2020年版】鎌倉駅周辺のテイクアウト・デリバリーグルメ8選

ビゴ 鎌倉

働く主婦が自由な時間を作ろうと思ったとき、 家族の協力が無いとなかなかできないものですよね。 そして、ちょっとの努力も必要だったりするもの。 今日は朝から早起きをして、1人の時間を作らせてもらいました。 まずは、最大限の努力をして朝5時半の最寄り駅発の電車に飛び乗って〜、、、 鎌倉に来ましたー! 神社仏閣が多いこの街。 住みたいですよ!住みたいですよ!!私。 でも、その願いは当分叶わないので 住んだら活躍する事間違いなし、もしくは旅行で行った時に 朝の時間を有効活用できるお店に行ってきました。 『モン・ペシェ・ミニョン』 朝7時〜オープンしているパン屋さんです。 なかなかこの時間から空いているカフェは少ないので、 朝活したい人におすすめのお店です! 鎌倉駅に到着した私、駅ロータリーのバスの数に驚きました。 お店に行くには、 「岐れ道」のバス停まで行かなくてはならない。 しかし「岐れ道」ってなんて読むのかさえ分からなかった私。 人に伺うのも恥ずかしかったので、バスの路線図を確認しに行きました。 バス停の名前をぐぐっと見渡すと、 ありました!!この赤丸が駅で、赤四角枠がそこを通る路線。 鎌倉駅東口を降りて斜め右前にあるバス停から出発する路線。 ちょうどバスが止まっていたので、乗り込もうとした時、、、 私の乗ったことがあるバスとは違う乗り方に若干の戸惑いを覚えました。 バスの真ん中あたりにあるドアが開いているので、そこから入り、 ICカードをピピッとかざします。 そう、乗る時と出る時にピピッとICカードをかざして、 距離によって金額が変わるパターンです。 (都電は乗るときに一回だけピピッとするものですよね。 ありがたいなー。 なんて思いながら外を見ていると、 「鶴岡八幡宮」を通り過ぎ、2駅後がいよいよ 「岐れ道」。 バスの案内を聞いて知りました。 この読み方は 「わかれみち」でした。 私はクロックムッシュと桃のガレットをピックアップして、 レジでコーヒーを注文。 中のハムの塩気も絶妙でした。 桃のガレットの中はしっとり、パイの端部分はさっくり。 バターの香ばしい香りと、桃の甘さずっぱさが程よいです。 2階にいると、店員さんの「いらっしゃいませ」の声が 何度か1階から聞こえてきましたが、 朝の時間はテイクアウトされるお客様が多いようで、 2階のカフェには私だけ。

次の