バンドリss八幡 - バンドリ ss 八幡

バンドリss八幡 八幡「……なあ雪ノ下」 雪乃「何かしら兄さん」【俺ガイルss/アニメss】

バンドリss八幡

バンドリss八幡 バンドリ ss

八幡「……なあ雪ノ下」 雪乃「何かしら兄さん」【俺ガイルss/アニメss】

バンドリss八幡 雪乃「あなたたち部室でナニしてるの!?馬鹿なの?死ぬの?」いろは「なにってフェ八幡「言わせねえよ!?」

八幡「……なあ雪ノ下」 雪乃「何かしら兄さん」【俺ガイルss/アニメss】

バンドリss八幡 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Delusion story

バンドリss八幡 比企谷八幡とバンドリ少女たち

バンドリss八幡 八幡「……なあ雪ノ下」 雪乃「何かしら兄さん」【俺ガイルss/アニメss】

バンドリss八幡 雪乃「あなたたち部室でナニしてるの!?馬鹿なの?死ぬの?」いろは「なにってフェ八幡「言わせねえよ!?」

バンドリss八幡 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Delusion story

八幡「いい加減にしろよ!!」 雪乃「ひっ……」【俺ガイルss/アニメss】

バンドリss八幡 比企谷八幡とバンドリ少女たち

雪乃「あなたたち部室でナニしてるの!?馬鹿なの?死ぬの?」いろは「なにってフェ八幡「言わせねえよ!?」

バンドリss八幡 バンドリ ss

結衣「ヒッキーに可愛いって言ってほしかったんだもん……」八幡「う……そ、そうか……」 【俺ガイルss/アニメss】

まあ、うん。

  • 八幡が1年間限定で渋谷凛のプロデューサーになるというクロスオーバーSSです。

  • あの男は、たまに卑怯。

  • アニメストアってやつ」 八幡「ああ、あれね」 八幡(妹が面と向かってこんなセリフ言ってきたら『残念な娘かな?』って思っちまうが) 八幡(でもよくよく考えると小町って適性あるんじゃね? 主に声的な意味で) 小町「再開したらまた一緒に見よっか」 八幡「いいんじゃねぇの。

バンドリ ss 八幡

ぼーっとしてて」 結衣「もう、らしくないよ! ほら、一緒に行こう」 雪ノ下「ええ」 八幡「ただいまー」 小町「お帰りー! 雪乃さん、どうだった?」 八幡「気味が悪い」 小町「ってことは成功したんだ」 八幡「まあ、一応はな」 小町「成功した割には浮かない顔してどうしたの?」 八幡「いや、前の方が良かったなって」 小町「ええー!? もしかしてお兄ちゃんってM?」 八幡「んなわけねぇだろ。

  • どちらが可愛いと思う?」 八幡(そそくさと読書に戻ろうとした俺に、天罰のごとく雪ノ下から同じ質問が返ってきた) 結衣「……!」 八幡(どちらを選んでも角が立つ……どうにか差し障りなくやり過ごしたいが、俺に『どちらも可愛い』などと浮ついた台詞を吐けようはずもない。

  • 俺だって、一人の時間の方が好きってだけで、別に友だち嫌いってわけじゃないからな」 雪乃「ええ、その友達ができなかっただけなのよね。

  • いろはの誕生日に八幡は・・・なにげないやりとりが気になってしまいます。

バンドリss八幡

トピック• 玄関越しに聞こえたのは、とても怯えて憔悴しきった声だった 八幡(そして問題解決に向けて、俺は動き出した 八幡(その時に取ったいくつかの対策の一つとして、雪ノ下が俺の家に。

  • なら分かりやすくストレートに伝えればいいわね) 友希那「ごめんなさい、なんて言えばいいか少し考えていたわ。

  • 「比企谷くんは部室で待っていてちょうだい。

  • もっと彼女の気持ちを慮りなさい」 八幡「これ俺が悪いのか?」 終 元スレ. あんなの、本気で言ってないってすぐ分かるだろうが」 いろは「え?」 雪乃「一色さんの下の名前はいろは……だから168点。

小町「お兄ちゃん、買い締め禁止でしょ!?」八幡「マッカンはマスクのように不足してないからいいんだよ。」【俺ガイルss/アニメss】

八幡「………」 雪ノ下「っ……その目で見ないでくれるかしら」 八幡 自分の家のフローリングのせいでこけちゃったよこの子……やべぇ…ここ笑っていいところなんだろうか 雪ノ下「………早く帰りなさい…」 八幡「……救急箱どこだよ」 雪ノ下「………」 八幡「役者不足だけども今日一日は俺がお前の兄貴なんだろ……ほら、雪乃は座ってろ」 雪ノ下「………」 八幡「……な?」 雪ノ下「…分かったわ……兄さん」 八幡「んじゃ帰るわ」 八幡 もう12時前なんだけどな……これ帰れるのか俺 雪ノ下「……比企谷君」 八幡「ん?」 雪ノ下「今日は……礼を言っておくわ」 八幡「……別にいらねえよ、飯も風呂も頂いたんだから礼を言うのはこっちだ」 雪ノ下「………」 八幡「だから……ありがとな、雪ノ下」 雪ノ下「……に、兄さんなら…」 八幡 あれ?まだ続くんですか雪ノ下さん…? 雪ノ下「妹の頭を…」ポンッ… 八幡「これでいいか……正直な所恥ずかしいんだぞこんな王道な奴…」 雪ノ下「………ふふっ…比企谷君の分際で生意気ね」 八幡「そりゃどうも」 雪ノ下「また、明日……比企谷君」ニコッ これが雪ノ下との一日だけの兄妹関係の終わりだった 後日 八幡「………」 小町「どしたのお兄ちゃん?」 八幡「………」ス… 小町「………」ヒュンッ 八幡「………」ス… 小町「………」ヒュンッ 八幡「なんで避けるんだよ!」 小町「なんでそんなウザったいことするのお兄ちゃん!?色々こじらせすぎ!」 どうやら偽者の妹は頭ナデナデを嫌がるらしい、これだから偽者 リアル の妹は 終 八幡「……雪ノ下ってそういえば妹属性あったよな」. そんなことがあるはずがない」 八幡「だいたいどうして俺はの前に?いや、そもそもその前俺は……」 八幡「記憶が、ない………………あ」ハッ ガバッ 雪ノ下「……やっと目が覚めたようね、比企谷君」 八幡「……部室か。

  • 「お前がユグドラシル最強と噂されてる男か?」 骸骨が鷹揚に青年に尋ねた。

  • じゃあまたね比企谷くんちゃんと講義受けるのよ」スタスタ 八幡「母ちゃんかよお前は。

  • 奉仕部に入部します」 これから、俺の高校生活は忙しくなりそうだ。

バンドリ 八幡 ss

どちらを選んでももう一方を傷つけてしまう、悪魔の質問だ) 雪乃「そうね………………」ジッ 八幡(顔に手を当て呟いた後、雪ノ下は押し黙ってしまった。

  • 今度こそビンゴのようだ) 沙希「ごめん。

  • これ八幡的にポイント高い!」 小町「え、なに。

  • おかげで勉強が遅れることもなかった。

八幡「いい加減にしろよ!!」 雪乃「ひっ……」【俺ガイルss/アニメss】

それに話が長くなるだろ」 教頭『蝶野先生おはようございます』 蝶野『おはようございます教頭先生』 教頭『どうでしたか昨日のお見合いは』 蝶野『ええ、私にはもったいない人だったのでやめておきました』 教頭『そうですか』 蝶野『それではこの後、授業があるので私はこれで』 教頭『いいな~蝶野先生ワシもお見合いしてみたい』 トイレ バリーン! 蝶野『うるせえんだよ!!あのハゲ教頭!!人の見合いのコト詮索しやがってぇー!!!』 鏡『』ボロ 蝶野『ケッ、あんなゲス男!それに昨日のお見合い男も私からクソミソにこけおろして断るつもりだたったのに先に断りやがって…あんな男こっちから願い下げなんだよクソが!!』 蝶野『はっ、いけないわ!私たらものすごい顔!化粧しなくちゃ!』パタパタ 蝶野『ああーイライラする!そうだ!いいことおもいついちゃた!ホホホ…』 廊下 モブ『蝶野先生美人だよな、あの泣きホクロも色ぽいし』 モブ2『けど知っているか?あの先生に退学させられた生徒が何人もいるらしいぜ』 モブ『マジかよ!』 モブ2『ああ、退学魔女リンリンって噂があるんだぜ』 2-F組 蝶野『…』ガラガラ 『規律、礼』 蝶野『さて、授業の前に… 今から持ち物検査をします!全員机の中の物を出しなさ~い!』 優美子『えっ、ウソ…マジ!』 結衣『…そんな』 姫菜『…ど、どうしようBL本がたくさん入っているのに』サァー 葉山『みんな落ち着くんだ!』 八幡(うわあ、まじかよ…ついにこのクラスからも退学者でるかもな… 今日はラノベではなく普通の小説だから、俺が目につけられる心配ねえだろ…) 八幡(他の奴はどうかはしらねえが…まあボッチの俺には関係ねえか) 蝶野(ホーホホホ!これよこれ!生徒達が慌て戸惑う姿を見るだけでほんとおもしろいわ~!) 蝶野(これが私の生き甲斐よ!胸がすう~とするわ!) 蝶野(さあでてこいタバコ、覚せい剤、コンドォォォォーーーム!!!!) 「!?」 蝶野『相模さんこれ何かしら』 蝶野『え、え~とこれは』 蝶野『…』ビリィィィィー 葉山『せ、先生いくらなんでも破るのは…』 蝶野『なあに~葉山くん先生に何かいいたい事でも?』 葉山『………』 八幡(さすがさわやさイケメンのリア充も逆らえないか…ムリはねえか) 蝶野『さて中身は…まあコンドーム。

  • まあ、うん。

  • お前らどうしたんだ?ちょっとおかしいぞ?」 いろは「そ、そうですよ!ちょっと怖いですぅ」 雪乃「比企ヶ谷君と一色さん、座ったら?」 八幡「あ、ああ」ガララ いろは「はい・・・」ガララ ガララ ストッ 雪乃「・・・あなた達、先週の土日で随分と距離が縮まったそうね?」 八幡・いろは「!」ビクッ 結衣「・・・ヒッキーといろはちゃん昨日もベタベタ引っ付いてたよね!」ゴゴゴゴ 結衣「回想どうぞ!」 雪乃「 展開がいきなりな事については触れないわよ・・・ 」 モワワワワ-ン 結衣「やっはろー!」ガラララ バン 八幡・いろは「!?」ビックゥゥゥゥ! 」八幡「やめろって! 俺が死んじゃうだろ社会的に!」(アニメSSブックス) 好きな主人公を第一位が八幡になっている凡夫です。

  • 台詞回しが上手で違和感なく読み進めることができます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Delusion story

今淹れるわ」 いろは「ありがとうございます!!」 八幡「…」 結衣「あ、あの。

  • 【比企谷家】 八幡「ふぁーあ……朝か。

  • ていうかゴミ以下」 八幡「真顔で本当のことを言うのやめろ」 小町「まあ、お兄ちゃん何だかんだでにはならなそうだけどね。

  • でもそんな外道に付け込まれる隙をつくったのは相模さんが普段からキチンとして学園生活送っていればそんなこと避けられたのよ」 結衣「そ、それはゆきのんみたいな優等生はそうだけど…」 八幡「仮に俺が介入した所で状況は変わらん…むしろ俺という犠牲者が一人増えて相模と一緒に退学だな…」 結衣「そんなの嫌だよ!ヒッキーが学校からいなくなるなんて!」 雪乃「由比ヶ浜さん今のは比企谷くんのたとえ話だからそこまで本気にしないで」 結衣「あ、そうか…もうヒッキーたら最初からそういってよ!」 八幡「いや、いっただろう」 雪乃(私も比企谷くんが学校からいなくなるなんてそんなの嫌よ!) 結衣「さっきの話を聞いて納得しちゃった ヒッキーが平塚先生でよかったということ」 雪乃「そうね。




2021 cdn.snowboardermag.com