コロナ禍 葬儀。 【withコロナ】葬儀は密葬で済ませたと葉書、香典等はどうしたらよいだろう?

第29回:コロナ禍により葬儀、葬儀業界はどう変わるか 大規模葬儀に利益依存している葬儀社は非常に厳しくなる

コロナ禍 葬儀

中国武漢で発生した新型コロナウイルスは、全世界に蔓延して数多くの犠牲者が出ています。 日本でも4月8日ついに安倍首相が「緊急事態宣言」を発するに至ってしまいました。 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象となり、各都府県は「密閉」「密集」「密接」の3密を防ぐために、法律を根拠とした住民に対する要望を出せるようになりました。 宣言以前も不要不急の外出を控える要請は出されていましたので、国が宣言によって何かが大きく変わるという訳ではないのですが、事態の重要性、緊急性を日本国民1人ひとりが強く認識することには繋がったのではないかと思います。 宣言の対象となる都府県を中心に全国規模で、イベントなど大人数が集まる場の自粛や事業の休業などの要請が出されています。 葬儀や法要も多くの人が集まる場です。 こんな状況下では、葬儀や法要はどのように営めばよいのでしょうか。 葬儀や法要に延期・中止という選択肢はない まず始めに葬儀や法要に自粛が求められているのか、についてです。 国も各自治体も、葬儀や法要を名指しして自粛の要請はしていません。 自粛が求められている大人数が集まる場には該当するのでしょうが、人の死は時と場合を選んでくれるものではありません。 そしてその死を悼むことは人としての権利であり義務でもあると考えています。 葬儀や法要と同様に感染を広げる可能性が高いという3密に該当する大人数が集まる場としては、結婚式の披露宴をあげることができます。 ニュースで結婚式の披露宴を延期することにしたカップルを何組も紹介しています。 人生の大切な門出にコロナウイルス感染という汚点を残したくないから、断腸の思いで延期を決断されたのだろうと思います。 一方で葬儀や法要は披露宴とは異なり延期という選択肢はないに等しいです。 まして中止ということも考えられません。 斎場や葬儀社は感染防止を徹底している 公営の斎場や民間の葬儀社のホームページを見ると、延期や中止という選択肢がない以上、どの斎場も葬儀社も通常営業を行っています。 ただし、感染防止のために館内の除菌を頻繁に行い、スタッフは必ずマスクを着用し、各所には消毒液を配置し参列者がいつでも除菌できるようにし、式場や控室は通常より頻繁に空気の入れ替えを行うなど、徹底した感染予防対策を施しているようです。 しかし、参列者の中に1人でも感染者がいた場合は手の施しようがありません。 葬儀会場がクラスターになる危険性 近年は、家族葬、直葬などの小さな葬儀が増えていますが、3月以降はより小さな葬儀が増えているのだそうです。 最小限の参列者のみで葬儀を行い、一般会葬者がいる場合は、焼香のみをお願いするといったように。 故人を見送る、たった一度だけ、やり直しのきかない葬儀なので、多くの故人と縁ある人に会葬してほしい、とは誰もが考えることでしょう。 しかし、愛媛県が発表3月31日の事例をみると葬儀会場にはクラスターとなる危険性が潜んでいることが分かります。 これは栃木県から愛媛県の葬儀に参列した人が感染しており、通夜、葬儀、会食の場を介して複数人にウィルスを感染させたという事例です。 人に感染させない、自分が感染しないためには、葬儀は最小限の規模で営まざるを得ないと思います。 愛媛の事例の場合では、遠隔地からの移動中にももしかしたら感染させているかもしれません。 どれほど縁が深くても遠方の人を参列者として招くことは厳に謹んでほしいことだと思います。 後日お別れの場を設けてはいかがでしょう 葬儀社の中には「後日葬」「後葬」といって、後日お別れの場を設けることを提案するところもあるようです。 著名人が亡くなったときに、葬儀は近親者のみで営み、日を改めて多くの人が参列できる「お別れの会」を設けるというスタイルですね。 これであれば、結婚式の披露宴だけを延期することができるのと同様に延期できることになります。 手間も費用も余計にかかってしまいますが、故人とのお別れの場を大切に考えた場合には、最良の方法だと言えそうです。 最後に法要についてです。 法要は日が限られるために、「お別れの会」にあたる会を改めて設けるということは難しいと思います。 四十九日や一周忌、三回忌の法要であれば、できれば多くの縁ある人に、故人を弔ってほしいところではありますが、ここは感染させない、感染しないことを最優先に考えて、最小限のものとされることをお勧めします。

次の

新型コロナ禍の中で葬儀はどう営むべきなのでしょうか|終活Style

コロナ禍 葬儀

コロナ禍での、県外からの葬儀参列について。 夫の祖父が肺炎で亡くなりました。 自宅で元々患っていた肺炎が悪化し、運ばれた病院で、3週間ほど入院してました。 1週間ちょっと前のPCR検 査ではコロナウイルス陰性だったらしいのですが、入院していた病院が、まさかのニュースで院内クラスター感染と報道されている横浜市内の病院です。 夫の父親 祖父の息子 や祖母、叔母などは、コロナ陰性が分かったあと一度面会し、また亡くなった直後に面会、また、何度か病院に出入りしています。 祖父の主治医だった医師は、院内感染の騒ぎで自宅待機になったそうです。 以上の状況ですが、葬儀を執り行うことが決まりました。 我が家は車で5時間ほどの県外に住んでいるのですが、夫はおじいちゃん子だったのもあり、葬儀に参列したいと言っています。 我が家には、生後数ヶ月の赤ちゃんもおり、私としては、行きたい気持ちは十分に分かるし、行かせてあげたい気持ちもありますが、 いろいろなことを考えると、あまりにリスクが高い気がして、行くべきではないと思い、夫にその旨を話しました。 が、言いたいことはわかるけど、十分気をつけるし、行きたいから行く、の一点張りです。 もしそれでも行くなら、2週間ホテルなどで自主隔離してほしいと伝えましたが、それでも行くと。 もちろん強制的に行かせないなんてことは出来ませんが、どうにかして防ぐ方法はないかと悩んでいます。 どうしたらいいのでしょうか…。 さぞ、ご不安なことかと思います。 私も、低月齢の乳児を育てているので、お気持ちお察しします。 私も、その場合なら行くべきではないと判断して止めると思います。 亡くなられたおじいさんが陰性だったとは言っても、ウイルスは目に見えない分どこに潜んでいるか分からないので面会された方々が感染していないと言う保証はありません。 報道でも検査して陰性でもその後陽性になったというパターンも有りますし。 また、万が一旦那さんが出席され、感染してしまった場合、世間からはかなり冷ややかな目で見られる事を覚悟した方が良いかと思います。 冠婚葬祭は当事者から見れば必要な外出ですが、周囲の人から見れば不要不急とも言われかねない状況です。 まして、クラスター発生した病院の入院患者ともなればなおのことです。 コロナ疎開や葬儀参列後に感染が判明した人たちは、高確率で世間からバッシングを受ける事があります。 その覚悟が、果たして旦那さんに有るのか、そのバッシングに大切な家族を巻き込む可能性は考えていないのでしょうか。 とはいえ、大切な方を亡くされた悲しみも理解できます。 冠婚葬祭絡みの悩みは、どんな選択をしても結局モヤモヤするだろうなと思います。 ただ、おじいちゃん子だったなら、きっとおじいさん自身も旦那さんにとても愛情を注いでいたと思います。 そんなおじいさんが、自分のせいで大切な孫やそのお嫁さん、そして小さなひ孫が命の危険に晒される事があっては後悔するのではないでしょうか。 そう言った事を伝えてみてもいいような気はします。 あるいは、ダンナさんのご親族の方で相談できる人は居ないでしょうか? 乳児がいる家庭なので、行かせたい気持ちは山々だがやはり不安であると伝えてみてはどうでしょうか。 その方も参加に賛成なら、ホテルで自主隔離の上で過ごしてもらうしかないかと。 ただ、あまりに不参加を強制しては、後に夫婦間の溝に繋がる可能性も有ると思います。 旦那さんの意思がかたいようであれば、やはり自主隔離の上で参加してもらう事になるかと思います。 その場合、旦那さんには、万が一感染してしまった場合、職場や自主隔離先のホテルにも迷惑をかける可能性がある事やこの時期に感染リスクが高い事を行ったと周りに知られればバッシングを受ける可能性がある事をよく理解してもらう必要があると思います。 絶対にかからないなんて保証はどこにもありませんからね。 十分に気をつけているはずの医療従事者も感染していますし、感染した芸能人の中には、まさか自分が感染するなんて、と発言している人も居ます。 というか、この時期に葬儀を、それもコロナ感染に近いところでやるなんて、ちょっと驚きです。 お祖父様が亡くなられたのですね、お悔やみ申し上げます。 こちら先々週に県内で親戚の葬儀がありました。 正直言うとこんな時期にか…と。 自分の立場上、行かないという選択肢はない、というよりは出来なかったです。 親戚皆県内に住んでいるとはいえ、コロナが心配だから来なくてもいいよという事は一切言われず。 一応は全国で何番目かに感染者が多い県なんですけどね ーー; なので家族葬にしようという選択もなかったのでしょう。 喪主様が故人様の気持ちを尊重してのことだったのか、参列された方はそこそこ多かったです。 ゾッとしました。 話は反れましたが、旦那さんが葬儀へ行かれるのはかなり心配ですよね… 質問者さんやお子さんの事を考えず、自分の事しか考えていない。 とはいえ、おじいちゃん子だったのですよね。 葬儀へ行ってお別れの言葉を伝えたい気持ちもわかります…。 代案とは言えませんが、電報を送られるのはいかがでしょうか? 伝えづらいですが、旦那さんのお母さんやお父さんに事情を説明して旦那さんを説得してもらうなど。 双方納得できる解決策事が見つかることを願っております。

次の

コロナ禍で葬儀が激変! 「オンライン葬儀」「ドライブスルー弔問」の意外なメリット

コロナ禍 葬儀

コロナ禍での、県外からの葬儀参列について。 夫の祖父が肺炎で亡くなりました。 自宅で元々患っていた肺炎が悪化し、運ばれた病院で、3週間ほど入院してました。 1週間ちょっと前のPCR検 査ではコロナウイルス陰性だったらしいのですが、入院していた病院が、まさかのニュースで院内クラスター感染と報道されている横浜市内の病院です。 夫の父親 祖父の息子 や祖母、叔母などは、コロナ陰性が分かったあと一度面会し、また亡くなった直後に面会、また、何度か病院に出入りしています。 祖父の主治医だった医師は、院内感染の騒ぎで自宅待機になったそうです。 以上の状況ですが、葬儀を執り行うことが決まりました。 我が家は車で5時間ほどの県外に住んでいるのですが、夫はおじいちゃん子だったのもあり、葬儀に参列したいと言っています。 我が家には、生後数ヶ月の赤ちゃんもおり、私としては、行きたい気持ちは十分に分かるし、行かせてあげたい気持ちもありますが、 いろいろなことを考えると、あまりにリスクが高い気がして、行くべきではないと思い、夫にその旨を話しました。 が、言いたいことはわかるけど、十分気をつけるし、行きたいから行く、の一点張りです。 もしそれでも行くなら、2週間ホテルなどで自主隔離してほしいと伝えましたが、それでも行くと。 もちろん強制的に行かせないなんてことは出来ませんが、どうにかして防ぐ方法はないかと悩んでいます。 どうしたらいいのでしょうか…。 さぞ、ご不安なことかと思います。 私も、低月齢の乳児を育てているので、お気持ちお察しします。 私も、その場合なら行くべきではないと判断して止めると思います。 亡くなられたおじいさんが陰性だったとは言っても、ウイルスは目に見えない分どこに潜んでいるか分からないので面会された方々が感染していないと言う保証はありません。 報道でも検査して陰性でもその後陽性になったというパターンも有りますし。 また、万が一旦那さんが出席され、感染してしまった場合、世間からはかなり冷ややかな目で見られる事を覚悟した方が良いかと思います。 冠婚葬祭は当事者から見れば必要な外出ですが、周囲の人から見れば不要不急とも言われかねない状況です。 まして、クラスター発生した病院の入院患者ともなればなおのことです。 コロナ疎開や葬儀参列後に感染が判明した人たちは、高確率で世間からバッシングを受ける事があります。 その覚悟が、果たして旦那さんに有るのか、そのバッシングに大切な家族を巻き込む可能性は考えていないのでしょうか。 とはいえ、大切な方を亡くされた悲しみも理解できます。 冠婚葬祭絡みの悩みは、どんな選択をしても結局モヤモヤするだろうなと思います。 ただ、おじいちゃん子だったなら、きっとおじいさん自身も旦那さんにとても愛情を注いでいたと思います。 そんなおじいさんが、自分のせいで大切な孫やそのお嫁さん、そして小さなひ孫が命の危険に晒される事があっては後悔するのではないでしょうか。 そう言った事を伝えてみてもいいような気はします。 あるいは、ダンナさんのご親族の方で相談できる人は居ないでしょうか? 乳児がいる家庭なので、行かせたい気持ちは山々だがやはり不安であると伝えてみてはどうでしょうか。 その方も参加に賛成なら、ホテルで自主隔離の上で過ごしてもらうしかないかと。 ただ、あまりに不参加を強制しては、後に夫婦間の溝に繋がる可能性も有ると思います。 旦那さんの意思がかたいようであれば、やはり自主隔離の上で参加してもらう事になるかと思います。 その場合、旦那さんには、万が一感染してしまった場合、職場や自主隔離先のホテルにも迷惑をかける可能性がある事やこの時期に感染リスクが高い事を行ったと周りに知られればバッシングを受ける可能性がある事をよく理解してもらう必要があると思います。 絶対にかからないなんて保証はどこにもありませんからね。 十分に気をつけているはずの医療従事者も感染していますし、感染した芸能人の中には、まさか自分が感染するなんて、と発言している人も居ます。 というか、この時期に葬儀を、それもコロナ感染に近いところでやるなんて、ちょっと驚きです。 お祖父様が亡くなられたのですね、お悔やみ申し上げます。 こちら先々週に県内で親戚の葬儀がありました。 正直言うとこんな時期にか…と。 自分の立場上、行かないという選択肢はない、というよりは出来なかったです。 親戚皆県内に住んでいるとはいえ、コロナが心配だから来なくてもいいよという事は一切言われず。 一応は全国で何番目かに感染者が多い県なんですけどね ーー; なので家族葬にしようという選択もなかったのでしょう。 喪主様が故人様の気持ちを尊重してのことだったのか、参列された方はそこそこ多かったです。 ゾッとしました。 話は反れましたが、旦那さんが葬儀へ行かれるのはかなり心配ですよね… 質問者さんやお子さんの事を考えず、自分の事しか考えていない。 とはいえ、おじいちゃん子だったのですよね。 葬儀へ行ってお別れの言葉を伝えたい気持ちもわかります…。 代案とは言えませんが、電報を送られるのはいかがでしょうか? 伝えづらいですが、旦那さんのお母さんやお父さんに事情を説明して旦那さんを説得してもらうなど。 双方納得できる解決策事が見つかることを願っております。

次の