コロナ 営業 自粛。 【コメダ】新型コロナ感染拡大に伴う休業・営業時間短縮について(2020年4月)

自粛下の「営業の自由」って 5席のバー、開け続けた :朝日新聞デジタル

コロナ 営業 自粛

都内から「遠征」する客も? 「コロナが騒がれてからは若い年代の方が少し増えたかと思われます。 スタッフからの連絡では、最近は県外のナンバーもよく見られるそうです。 都内の方は自主休業をされているホテルが多いそうで、その影響でひっそりとやっている所に集まっているのかと思われます」 そう証言するのは、神奈川県内のあるラブホテルで働く従業員だ。 投稿フォームにメールがあったことをきっかけに、ゴールデンウイークさなかの5月5日、ツイッターのダイレクトメッセージを通じて話を聞いた。 この従業員が言うように、新型コロナウイルスの流行以後、都内などのラブホテルでは、営業を自粛する動きが。 たとえば、首都圏などに展開するホテルバリアングループでは、新宿エリアの3店舗で、4月6日以降臨時休業を実施している。 ネット検索の件数推移をまとめる「Googleトレンド」のデータも、こうした状況の傍証となる。 過去のデータを見ると、例年ゴールデンウイークやお盆、クリスマス~年末など、繁忙期に合わせて検索件数は上昇する。 利用動向と、ネット上での検索行動は、かなり連動しているようだ。 さて、2020年はと言うと、2月あたりからその数値は目立って減少傾向にある。 特に3月末あたりからは、さらにその数字を減らす。 さすがに、人々の足はかなり遠のいているようだ。 「忙しい」が目立つ従業員のつぶやき 一方で、それほど変化のないところもあるようだ。 上記の従業員は、 「元々コロナの前から夜は満室になる事が多かったのですが、コロナ騒動が始まってからも客足に変わりはなく、スタッフの何人かは客足が減るものと考えていましたが、そんな事はなく、相変わらず夜は満室になる事が多いです」 と説明する。 ツイッター上に、ラブホテルで働く人たちがその愚痴などを書き込む際によく使われる「#ラブホ従業員のつぶやき」というハッシュタグがある。 GW中の、このハッシュタグを使ってつぶやかれたツイートを探ってみると、閑古鳥を嘆く声ばかりでなく、忙しさを嘆く声も目立つ。 「クソ忙しいぞ... 緊急事態宣言ってもう終わったん?忙しいぞ。 満室だ。 やっと休憩」 「むしろラブホテルは外出自粛要請が出てから昼間の休憩が倍増してる現実。 都知事さん達わかってる?」 「ゴールデンウィークっていつまで?笑 満室だぜ?泣」 外国人労働者が支える実情 営業を続けるホテルでは、消毒の徹底など、感染対策を強調するところも多い。 ただ、この従業員が務めるホテルでは、それが十分でないと訴える。 「当ホテルではいつも通りの清掃。 いつも通りの清掃というのは、お客様が使われた物を綺麗に整頓し、性行為に使われたベットのシーツや包布等を新しい物に入れ替える。 お客様が出てから10分~15分程の換気をしながら部屋の簡易的な掃除、もはや掃除というよりも元に戻すだけの作業です。 お客様がどこに触れ、何を使ったかまで把握出来ないような場所で1つ1つアルコールを使って消毒をする事などなく、見た目だけ戻すのみです」 ビジネスホテルなどとは違い、「回転率」が高いのも不安材料だ。 結局、この従業員は仕事を休んでいる。 ほかのスタッフにも同様の動きがあるようだが、そのしわ寄せは、なかなか休みづらい外国人スタッフに。 「日本人で仕事が選べるのだから、今働くべきではないですよ」と背中を押してくれたというが、そんな彼らがシフトを支える状況に、従業員は心を痛める。 「このような状況で、ラブホテルが不要不急の用事に入るのかと来店されるお客様や世間様に問いたいです。 パチンコ店のように、大衆の目に晒されるような場所でないから大丈夫、などの思考を止めていただきたいと思います」 <J-CASTニュースでは、新型コロナウイルス流行に伴い、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」「#現場を知って」といった声を受け付けています。 からご連絡ください>.

次の

ソープランドなどに都が休業要請、デリヘルは触れず

コロナ 営業 自粛

こんにちは・・ 今朝いきなり真っ黒なリクルートスーツ着て飛び込み営業に来た人がいました。。 飛び込み営業の度胸は称賛にあたい! 「よく頑張る社員さんだな・・」と思いました。 一方、「この時期に飛び込み営業はちょっとまずいんじゃないかな・・」という想いも・・ 新型コロナの影響で、大企業はテレワークを推奨。 感染拡大防止のため、外出や人混みは避けるよう自粛ムード。 リク〇ートスタッフさんは営業熱心だな. と思いつつ、来た方の話し方や身なりを見ていると、どうもたどたどしい・・ もしやと思い、聞いてみると、、やっぱり・・ インターン生でした・・ とても、残念でした。。 「こんな学生に営業させるとは!」ということではなく、これから有望で貴重な大学生をこの時期に、飛び込み営業させる会社に失望ということ。。 一体何を考えているのやら・・ 確かに、この時期は卒業や就職などで、求人が増える時期ではあります。 スタッフを必要とされている方もいるでしょう。 そして、派遣する側からすれば、今が書き入れ時、ここを逃すのはもったいない。。 よくわかります。 ただ、仕方ないですよね。 感染拡大したら大変ですから。 状況が状況がゆえに少し、おとなしくしておいた方が良いかと。 ましてや、飛び込み営業など、不特定多数の方の会社へお邪魔するわけで、いろいろな方と接します。 わけわからぬ輩がいきなり、(しかもインターン生)飛び込んできたらちょっと怖いですよね。 最近はコロナウイルスをばらまく輩もいましたので。 また、インターン生にやらせるくらいの仕事なら、今やらなくてもいいのでは??と思うのは私だけでしょうか・・ 少し収まってからでもよかったのではないかと。 もし、その方が、感染でもしていたらと思うと。。 かなりばらまいちゃいますよね。 もうちょっと、マスクなり対策していくべきだし、断りを入れるべき。 そして、そのような教育をせずに、いきなり飛び込ませる。 やらせた会社は無責任。 来られた側も、「えっ!!」ってなりますよね・・ 営業で来た方に聞いたら、やっぱり新型コロナの影響を懸念される方がいたそうです。 そりゃそうだ・・ みんな、外出を自粛しているのに、飛び込み営業はちょっと常識外れかと・・ 相手を気遣えない人材会社も大したことないですね。 従業員はただのコマとしか見てないんでしょう・・ 良い勉強にはなりますが、相手に与える影響も考えてもらいたいもの。 私の塾生には周囲の状況を踏まえた行動と、相手の気持ちを考えて行動できる力をつけてもらいたい。 ただ、上司から言われた場合どうするのか? 自分が正しいと思うことを貫くのか?上司の言うことを聞くのか? どんな行動に出るのが正しいのか? 難しいですね・・皆さんならどうしますか?• Tagged , , ,• 投稿ナビゲーション.

次の

【コメダ】新型コロナ感染拡大に伴う休業・営業時間短縮について(2020年4月)

コロナ 営業 自粛

コロナ騒動の余波を受ける外食も一律ではない。 サイゼリヤは中国の店舗休業が打撃、鳥貴族は自助努力で健闘している(写真:サイゼリヤは風間仁一郎、鳥貴族は記者撮影) 新型コロナウイルス禍で、街は自粛ムード一色。 個々の企業も輸出・内需問わず、かつてない打撃に見舞われている。 そうした中、3月16日発売のでは、全上場企業3778社に対し、担当記者が新型コロナウイルスの影響や企業業績の進捗状況などを総力取材。 独自の業績予想を立てている。 前号の1集新春号とまったく異なるのは、今号では記事中に「肺炎」の記述がある企業が663社にものぼったことだ。 7社に1社の割合となった。 感染拡大が止まらない未知のウイルスを恐れ、消費者に身近な外食企業の業績にも深く影を落としている。 中国の店舗休業が直撃したサイゼリヤとゼンショー 外食不振を象徴する1つが、低価格のイタリアンを国内外でチェーン展開する サイゼリヤだ。 国内の店舗では、2019年12月に発売した「アロスティチーニ(ラムの串焼き)」や「田舎風やわらかキャベツのスープ」といった新商品がヒットし、今年1~2月は前年比で既存店客数が3~4%伸びる好調だった。 『会社四季報』(2020年2集春号)は3月16日(月)発売。 書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします ただし、サイゼリヤが稼ぐ営業利益のうち約45%は、海外の店舗によるもの。 海外で運営する411店舗のうち、上海133店、広州118店、北京80店(いずれも2019年8月末時点)と、大多数の店舗を中国に構えている。 そうした中国の店舗は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1月下旬の春節以降、大半の店舗が休業に追いこまれた。 2月最終週から順次営業を再開しているものの、平常時のような客足は見込めないだろう。 「売上高や利益への影響はまだ不明」(IR担当者)とするが、サイゼリヤの業績に急ブレーキがかかっていることは確実である。 また中国で「すき家」412店舗を運営する ゼンショーホールディングスも、「グループ全体で国内外約9800店舗あるため、全体業績に与える影響は小さい」(広報・IR担当者)としながらも、2月は約140店舗を休業したうえ、外出禁止令の影響によって営業中の店舗も客足が激減したという。 もちろん、まさに国内で、新型コロナウイルスが強烈な逆風となっている外食チェーンも存在する。 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを展開する ロイヤルホールディングスである。

次の